Edit concept Question Editor Create issue ticket

先天性僧帽弁狭窄


精密検査

  • 対して非チアノーゼ性心疾患は見た目にはわからず、大人になってから心電図検査での異常や、精密検査の結果、先天性心疾患があったと判明することがあります。非チアノーゼ性心疾患は先天性心疾患の60 70%を占め、病名としては 心房中隔欠損症 、 心室中隔欠損症 、房室中隔欠損症、 動脈管開存症 などがあります。 ※治療方法は、太字のものについて記載しています。[sk-kumamoto.jp]
  • 複雑な先天性心疾患をもつお子さんは小児循環器の専門医がいる大きな病院で診断や治療を受ける必要がありますが、当院では小児循環器専門医が心雑音の精密検査や川崎病のフォローから複雑な先天性心疾患の経過観察や術後のフォローまで連携機関と協力しながら実施しています。完全予約制ですので、まずはお気軽にご相談ください。 心室中隔欠損症 1.心室中隔欠損症ってなに?: 左右の心室を隔てる壁(心室中隔)の一部に穴(欠損孔)があるもので、穴の場所や大きさによって症状や治療方法が異なります。[myogadani-kids.com]

治療

  • 新生児期、乳児期より症状を呈する場合には早期からの治療介入が必要で、予後不良であることが少なくない。治療は、カテーテル治療か手術を行う。カテーテル治療は困難なことが多い。 2.原因 原因不明。先天的に僧帽弁輪や、乳頭筋、腱索の構造異常がある。 3.症状 肺静脈うっ血による肺水腫、肺高血圧を来し、体重増加不良、頻回の呼吸器感染症といった症状を呈する。進行すると心拍出量低下、浮腫などの右心不全症状が現れる。心房細動をはじめとする不整脈を呈することもある。[nanbyou.or.jp]
  • 6.どうやって治療するの?: 中等症以上の場合にはカテーテル治療(弁の内側で治療用の風船を広げて狭窄部を広げる)や外科手術の適応になりますが、最近は治療の効果と侵襲性や安全性のバランスからカテーテル治療が第1選択となることが多いです。カテーテル治療は新生児期に発症するような重症肺動脈弁狭窄症を除き生後6か月以降に行います。 7.合併症はあるの?: 肺動脈弁狭窄症が、より複雑な先天性心疾患の一つの所見として見られることはよく経験されます。 8.治療経過や予後は?[myogadani-kids.com]

予防

  • Q 新型インフルエンザにかかってしまったら、予防接種は受けなくてもいいのですか? A かかったインフルエンザが新型かどうかの確証はできませんが、現在(講演時)インフルエンザにかかった場合はほとんどが新型なので、予防接種は受けなくてもよろしいかと思います。 Q 基礎疾患のある人は優先順位が高いと言われていますが、弁膜症(手術済み)の場合はいかがでしょうか? A 弁膜症のみでは優先対象とはならず、症状に応じて優先となるかどうかが決まります。担当医とご相談ください。[junko.kanagawa-pho.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!