Edit concept Question Editor Create issue ticket

偽膜性大腸炎


提示

発熱
  • 発熱については, 基本的には消化管に限局した感染症なので, 発熱のない症例も少なくないと思います。糞便検体中のtoxin A検出については, 最初にも述べましたが, toxin Aキットの感受性の問題, toxin A陰性・toxin B陽性 C. difficile による感染の問題により, toxin A陰性であってもCDADを否定できない場合があります。実はCDADは診断の難しい疾患です。[jarmam.gr.jp]
  • 抗生物質の投与後、数日 2・3週後に頻回の水様便、粘液便などがみられ、腹痛や38 を超える発熱などを引き起こすこともあります。 重症例では血液の混じった下痢になったり、低蛋白血症、電解質異常、麻痺性腸閉塞、中毒性巨大結腸症などを発症することもあります。[saiseikai.or.jp]
  • (症例2) 発熱の85歳男性。CLDM600mg2回/日・ABPC2g2回/日を開始。3日目に減量しCLDM300mg2回/日・ ABPC1g2回/日へ。5日目中止。2週間後に発熱、ABPC2g2回/日投与開始。4日目下痢、便培養CD のためバンコマイシン0.5g4回/日で内服開始。5日後CD-に。 (民医連新聞 第1342号 2004年10月18日)[min-iren.gr.jp]
  • 感染性腸炎の場合で、7〜10日間飲んでも下痢、腹痛、発熱などの症状改善が全くみられない時は、医師に相談してください。 飲み忘れた場合は、気がついた時にできるだけ早く飲んでください。ただし、次に飲む時間が近い場合は、忘れた分は飲まないで1回分をとばしてください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。 誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。 医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。[rad-ar.or.jp]
下痢
  • 下痢は, CDADの症状としては最も頻繁に認められる症状ですが, 血便や粘液便, さらにはイレウスとなり, 降便のない症例も報告されていますので, 下痢でなければCDADを否定できるかと言われれば否定できません。発熱については, 基本的には消化管に限局した感染症なので, 発熱のない症例も少なくないと思います。[jarmam.gr.jp]
  • 偽膜性大腸炎の症状 主な症状は下痢です。抗生物質の投与後、数日 2・3週後に頻回の水様便、粘液便などがみられ、腹痛や38 を超える発熱などを引き起こすこともあります。 重症例では血液の混じった下痢になったり、低蛋白血症、電解質異常、麻痺性腸閉塞、中毒性巨大結腸症などを発症することもあります。[saiseikai.or.jp]
  • 抗生剤の連続投与7日程度で生じるとされ、CLDMかABPCの投与で15 28%に下痢を発症、1 3%で菌を確認した報告も。日本での健常成人の保菌 率は平均7.6%(4.2 15.3%)。 欧米ではこの菌は院内感染下痢症の重要な原因菌であり、入院患者の約10%が感染した、という報告もあります。同時多発感染の防止には排泄物などの管理に注意が必要です。 当モニターには、やむをえず連続投与した事例で報告がありました。抗生剤投与には定期的なチェックや、必要に応じた調査・監視が求められます。[min-iren.gr.jp]
  • クロストリジウム・ディフィシル関連下痢症 (C. difficile associated diarrhea, CDAD) と呼ばれる炎症性下痢症の原因となる。潜在性のC. difficile 感染症 (CDI) は、しばしばインフルエンザ様症状と共通点があり、炎症性腸疾患患者の場合には腸炎の再燃を思わせる。C. difficile が産生する毒素は腹痛を伴う巨大結腸症や下痢を引き起こし、重篤となる場合もある。[ja.wikipedia.org]
  • 症状は下痢(ときに血性)であり,まれに進行して敗血症および急性腹症を来す。診断は便中の C. difficile 毒素の同定による。治療はメトロニダゾールまたはバンコマイシンの服用による。 C. difficile は抗菌薬関連大腸炎の最も一般的な原因菌であり,典型的には院内感染であるが,市中感染症例が増加している。 C. difficile 関連下痢症は,入院患者の最大8%に発生し,院内感染による下痢症例の20 30%の原因となっている。[msdmanuals.com]
腹痛
  • 毒素の作用によって腸管粘膜に障害を起こし、軽症では軟便、重症では激しい下痢、腹痛、高熱を伴います。 健康な成人の5 10%や小児の半数が無症候性保菌者といわれ、高齢者や長期入院患者、抗癌剤投与中の患者などでの院内感染の原因菌として大きな問題となっています。 C.difficile の検査法には、細菌培養検査と抗原検査があります。 C.difficile は空気にきわめて弱い偏性嫌気性菌のため、検体の採取、分離、培養には相当の注意が必要です。培養検査では必ず嫌気ポーターに採取し輸送してください。[crc-group.co.jp]
  • このような治療中に頻回の下痢や腹痛を認める場合は、合併症として偽膜性大腸炎を考慮する必要がある。 著者(発表者) 大谷裕ほか 所属施設名 松江市立病院腫瘍化学療法・一般外科ほか 表題(演題) ステロイドパルス療法中に発症した偽膜性腸炎によるS状結腸憩室穿孔の1例 雑誌名(学会名) 日本臨床外科学会雑誌 74(6) 1606-1610 (2013.6)[imic.or.jp]
激しい下痢
  • 毒素の作用によって腸管粘膜に障害を起こし、軽症では軟便、重症では激しい下痢、腹痛、高熱を伴います。 健康な成人の5 10%や小児の半数が無症候性保菌者といわれ、高齢者や長期入院患者、抗癌剤投与中の患者などでの院内感染の原因菌として大きな問題となっています。 C.difficile の検査法には、細菌培養検査と抗原検査があります。 C.difficile は空気にきわめて弱い偏性嫌気性菌のため、検体の採取、分離、培養には相当の注意が必要です。培養検査では必ず嫌気ポーターに採取し輸送してください。[crc-group.co.jp]

精密検査

大腸炎
  • 参考文献 1 重篤副作用疾患別対応マニュアル 偽膜性大腸 (厚生労働省/2008年) 2 クロストリジウム・ディフィシル誘発性大腸 メルクマニュアル 家庭版 (2006年) 早期発見のポイント 抗生物質を服用していて、または、飲み終わって数日経ったあとで「頻繁に下痢がおきる」「粘性のある便」「お腹が張る」「腹痛」「発熱」「吐き気」などの症状がみられた場合は偽膜性大腸の疑いがありますので、早めに医師や薬剤師に連絡しましょう。[saiseikai.or.jp]
  • ] (5) 質問: [ CDトキシン検出 下痢・発熱 偽膜性大腸発症と考えられるのでしょうか??? ] 長々と書き綴ってしまいましたが, ご教授宜しくお願いします。 【回答】 まず, ここで質問されている“偽膜性大腸”は, Clostridium difficile 関連下痢症/腸炎 (CDAD) のことであると推察してお答えします。“偽膜性大腸”は, 病理学的診断名で, 内視鏡や病理解剖で消化管に偽膜形成が認められた場合に診断されます。[jarmam.gr.jp]
  • 偽膜性大腸は、抗生物質で他の菌が死滅し、結腸周辺で増殖したクロストリジウムディフィシル菌(CD)が毒素を出し、びらんなどが生じて起こります。 抗生剤の連続投与7日程度で生じるとされ、CLDMかABPCの投与で15 28%に下痢を発症、1 3%で菌を確認した報告も。日本での健常成人の保菌 率は平均7.6%(4.2 15.3%)。 欧米ではこの菌は院内感染下痢症の重要な原因菌であり、入院患者の約10%が感染した、という報告もあります。同時多発感染の防止には排泄物などの管理に注意が必要です。[min-iren.gr.jp]
  • クロストリジウム・ディフィシル腸炎(クロストリジウム・ディフィシルちょうえん、Clostridium difficile colitis)(CD腸炎) または偽膜性大腸(ぎまくせいだいちょうえん、Pseudomembranous colitis)とは、芽胞産生性偏性嫌気性細菌であるクロストリジウム・ディフィシル (Clostridium difficile) の異常増殖の結果として生じる大腸である。[ja.wikipedia.org]
  • 消化管内の Clostridium difficile が産生する毒素により,偽膜性大腸が引き起こされるが,典型的には抗菌薬の使用後に発生する。症状は下痢(ときに血性)であり,まれに進行して敗血症および急性腹症を来す。診断は便中の C. difficile 毒素の同定による。治療はメトロニダゾールまたはバンコマイシンの服用による。 C. difficile は抗菌薬関連大腸の最も一般的な原因菌であり,典型的には院内感染であるが,市中感染症例が増加している。[msdmanuals.com]

治療

  • 再発のほぼ半分は治療が不完全であったためによる再燃, 残りの半分が治療により C. diffcile が排除された後, 再び C. diffcile を新たに獲得して発症する再感染と言われています。ただし, 病院内で同一のクローンが流行している場合は, 再感染であっても同じクローンによる感染が2度3度と起こる可能性も低くありません。ご質問の検討症例の詳細が不明ですが, 全症例にバンコマイシン使用というのは, 適切な治療ではなかったかもしれません。[jarmam.gr.jp]
  • ,CDADの治療および予防においては,主に抗菌薬の補助療法としてプロバイオティクス製剤等が使用されている.プロバイオティクスには病原性細菌の生育阻害作用と腸内細菌叢の改善作用があることから, C. difficile 腸炎の予防や治療補助に有効であると考えられるが,その効果や作用機序はプロバイオティクスの菌種や菌株によって異なり,菌種あるいは菌株ごとの大規模臨床試験による科学的検証が望まれている.[doi.org]
  • 免疫抑制状態にある患者を治療する最後の手段は、免疫グロブリン療法 (IVIG) である。また、毒素に対する中和抗体としてベズロトクスマブ(商品名ジーンプラバ)が日米欧で承認されており、再発抑制のために上記治療薬と併用される。 治療におけるプロバイオティクスのエビデンスは不充分であるので、標準治療に上乗せして用いたり単独で用いてはならない。[ja.wikipedia.org]

予防

  • 福祉介護施設でも、 C.difficile による集団感染の発生事例や感染対策に関する必要な情報を入手し、職員間で情報の共有を図りながら、上記通知の内容や感染予防対策(消毒法など)を守って、自施設で C.difficile による集団感染が起きないよう、くれぐれも注意して下さい。 (2010.5.13) 第24回『クロストリジウム属菌による健康被害(感染症や食中毒など)の発生とその予防について(その1)』[pro.saraya.com]
  • また、細菌検査担当の技師が、ICTや感染対策に積極的に参加しており、多剤耐性菌など院内での感染予防にも気をつけています。 塗沫 検体をスライドガラスに塗沫して染色し、顕微鏡で菌を観察します。 皮膚の真菌検査や鼻汁好酸球検査は迅速で行っています。 培養 同定 検体を培地で培養した翌日、病原菌を選択し、菌の同定を行います。 菌の種類によって発育速度が違いますが、約2 3日の日数がかかります。 感受性 病原菌にどの抗生剤が効くかの検査を行います。[city.tosa.lg.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!