Edit concept Question Editor Create issue ticket

低酸素性虚血性脳症


治療

  • 主な治療法 抗てんかん薬の内服の他、ビタミンB6の内服、副腎皮質刺激ホルモンACTHまたは甲状腺刺激ホルモン放出ホルモンTRHの注射やケトン食療法が行われる。 7. 研究班 年齢依存性てんかん性脳症の分子疫学と臨床像の解明[nanbyou.or.jp]
  • 最近、アルギニン点滴治療が脳卒中様発作の予防に有効である可能性が報告されています。 図2. ミトコンドリアの構造 B.染色体とその異常 染色体は遺伝子を収納する倉庫にあたる構造で、すべての細胞の核に存在します(図1)。ヒトの染色体数は正常では46本で、22対の常染色体と2個の性染色体(XXが女性、XYが男性)からなります。染色体の異常には、数的なものと構造的なものがあります。[igakuken.or.jp]

予防

  • インフルエンザ予防接種しますか? 隣のお部屋から失礼します。 もうすぐ生後6ヶ月になります。3歳の上の子は11月にインフルエンザの予防接種を予約しました。 生後6ヶ月から打てるとのことで一緒に予約したのですが、1歳未満の子は抗体がつきにくいから打ってもあんまり意味がないというようなことを聞きました。たしかに上の子のときは0歳の年は打たなかった気がします。 親や兄弟が予防しておけば感染する確率は低いと考えて打たなくてもいいかな?でもインフルエンザ脳症とか聞くと怖いし、どうしようか迷っています。[women.benesse.ne.jp]
  • 病気・予防接種 Q. 胎盤剥離で大量出血し、重症新生児仮死と診断されました。成長・発達が気がかりです。 (2016.1) (妊娠週数・月齢)0か月 胎児エコーで赤ちゃんの貧血が疑われ管理入院しました。36週5日で陣痛があり、陣痛室で大量出血しました。胎盤剥離でした。その時点で子宮口が10cm開いていたため、吸引分娩となりました。胎内で既に酸素が来ていなかったそうで、診断は「重症新生児仮死、低酸素性虚血性脳症疑い」でした。[mcfh.or.jp]
  • 最近、アルギニン点滴治療が脳卒中様発作の予防に有効である可能性が報告されています。 図2. ミトコンドリアの構造 B.染色体とその異常 染色体は遺伝子を収納する倉庫にあたる構造で、すべての細胞の核に存在します(図1)。ヒトの染色体数は正常では46本で、22対の常染色体と2個の性染色体(XXが女性、XYが男性)からなります。染色体の異常には、数的なものと構造的なものがあります。[igakuken.or.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!