Edit concept Question Editor Create issue ticket

低ガンマグロブリン血症


提示

関節炎
  • ホーム ピグ アメブロ 芸能人ブログ 人気ブログ Ameba新規登録(無料) 高安病 線維筋痛症 脊椎関節 強直性脊椎炎と診断名をさまよい、現在は「ちょっと変わった関節リウマチ」です。他、原発性免疫不全症候群(低γグロブリン血症)、網膜中心静脈閉塞症という3つの難病と共に共存中です。[ameblo.jp]
  • 既往に,①2012年骨粗鬆症による胸椎圧迫骨折,②2015年原因不明の右脚関節で入院(CRP 4.0mg/dL,CA-RFと抗CCP抗体は正常),プレドニゾロン内服で軽快。 2016年6月に血糖が166mg/dLと高値(HbA1c 5.3%)だったため尿一般沈渣を調べたところ,尿蛋白(4 )・赤血球沈渣を多数認めました。2015年6月の尿検査では尿糖(2 ),尿蛋白(-),赤血球沈渣5 9,赤血球円柱1 4個。超音波,CTで両腎結石,総胆管結石を多数認めました。腎生検は患者が拒否し未施行。[jmedj.co.jp]
筋力低下
  • 2016-09-02 18:10:21 38 4 テーマ: 低γグロブリン血症 久々の激痛&筋力低下@原発性免疫不全症候群(低ガンマグロブリン血症) 2016-08-21 21:29:24 35 10 テーマ: 低γグロブリン血症 低ガンマグロブリン血症@つばさの会 2016-08-17 18:36:53 38 8 テーマ: 低γグロブリン血症 低ガンマグロブリン血症補充療法@RA膠原病内科受診 2016-07-13 21:29:49 37 6 テーマ: 低γグロブリン血症 RA膠原病科受診(グロベニン[ameblo.jp]
湿疹
  • 3) 他に大きな欠陥を付随した免疫不全症 (1)Wiskott-Aldrich症候群(WAS) 病因:X連鎖遺伝形式をとり、血小板減少と湿疹を合併する免疫不全症である。細胞内骨格の機能やシグナル伝達に関わるとされるWASP遺伝子の異常による。X連鎖血小板減少症は同じWASP遺伝子異常による。 臨床症状:血小板減少による出血傾向とアトピー性皮膚炎要の湿疹があり、細菌、真菌、ウイルスに対する易感染性を認める。 検査成績:血小板数は減少し、正常に比べてサイズも小さい。[med.u-toyama.ac.jp]
  • 3.湿疹 湿疹はアトピー性湿疹様で、難治である。 B.重要な検査所見 1.小型血小板を伴う血小板減少を伴う。 2.T細胞数の減少とCD3抗体刺激に対する反応低下が見られる。 3.B細胞では免疫グロブリンはIgM低下、IgA上昇、IgE上昇を認める。抗多糖類抗体、同種血球凝集素価などの特異抗体産生は低下する。 4.NK活性は半数で低下する。 5.補体価は正常とされるが、好中球および単球の遊走能は低下する例が多い。[nanbyou.or.jp]
  • 続きを見る フォロー 最新の記事 美容室へ@4/17(水) コンビニ人間@読書日記 和屋@久しぶりの居酒屋 あきひめが旨い@いちご 忙しい一日、図書館と市役所 皮膚科受診@角化性湿疹 sora(パン屋)と選挙 すみれのラーメン 線維筋痛症の痛みと「夜行観覧車」 令和(れいわ)ですね!![ameblo.jp]
体重減少
  • 小基準(検査6項目臨床5項目のうち一つの検査項目を含む2項目以上であること) 検査 ①CRP( 1mg/dl)、血沈( 15mm/時間) ②貧血(男性でHb ③血小板減少( 40万/ul) ④低アルブミン血症( ⑤腎機能障害(eGFR ⑥ポリクローナル高ガンマグロブリン血症(総ガンマグロブリン又はIgG 1700mg/dl) 臨床 ①症状:夜間の発汗、発熱( 38度)、体重減少、倦怠感(CTCAEリンパ腫スコアB症状で2以上) ②脾腫あるいは肝腫大 ③液貯留:浮腫、アナサルカ(全身性浮腫)腹水、胸水[imed3.med.osaka-u.ac.jp]
下痢
  • 多くは下痢・消化管感染症であり,キャンピロバクターなどに加えて,サルモネラなどの細胞内寄生菌,CMV腸炎などが報告されている。また結節性リンパ様増殖(nodular lymphoid hyperplasia: NLH),萎縮性胃炎,炎症性腸疾患も有名である。NLHは約8%の患者で認められる 10, 11) 。 5)肉芽腫性病変 肉芽種病変はリンパ組織,肺,肝臓や皮膚などに認められ,肺が最も多い。その頻度は8 22%とされている。[myschedule.jp]
肺炎
  • 書誌情報 症例 低γグロブリン血症を伴う肺炎を契機に診断されたGood症候群の1例 曽根原 圭 松尾 明美 JA長野厚生連南長野医療センター篠ノ井総合病院呼吸器内科 要旨 症例は82歳,女性.1年5ヶ月前,前縦隔腫瘤を指摘されていた.今回,発熱,咳嗽を主訴に当院を受診した.インフルエンザA型・肺炎球菌肺炎と診断し抗インフルエンザ薬,抗菌薬を投与したが,発熱は持続し呼吸状態も改善しなかった.数日後,低γグロブリン血症を認め,免疫グロブリンを補充したところ感染は改善した.後日,前縦隔腫瘍に対してCTガイド[journal.kyorin.co.jp]
  • 診断:副鼻腔炎や肺炎の反復に加えて毛細血管拡張症と運動失調を合併していれば診断可能であるが、乳時期には易感染性のみで診断は困難である。確定診断はATM遺伝子解析による。 合併症;悪性腫瘍の合併が多い。また気管支拡張症の合併も多い。 予後:悪性腫瘍や気道感染により小児期に死亡することが多い。 治療:感染予防のために投薬や免疫グロブリン投与が有効であるが、根本的治療はない。[med.u-toyama.ac.jp]
  • 低ガンマグロブリン血症では,肺炎球菌,インフルエンザ菌などのように夾膜をもち,食菌に抵抗性の細菌による感染に弱い. 長期的に抗癌剤を投与されている患者をケアする場合には,定期的にlgG,lgA,lgMを測定し,総ガンマグロブリン値0.5g/dl以下を一つの目安に,免疫グロブリン製剤の投与を検討する. Copyright 2001, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.[webview.isho.jp]

精密検査

  • その他では(5)非典型的重症複合型免疫不全症(非典型的SCID)(例えばDNA ligase IV欠損症など)も比較的年長になってCVIDと診断され,後に精密検査で除外されることがある。 このようにCVIDと最終診断するには大変な労力が必要になる。除外は1つのパッケージとして行うべきであり,そのためにはamplicon sequencingにて関連遺伝子を網羅的に解析するのが本筋であると考えている。[myschedule.jp]

治療

  • 治療について ガンマ他のがんと同じように、病気の広がり(病期)に応じて治療をします(表2)。肺がんのように、患者さんの数が多くないので、研究が十分にされていません。そのため、治療法が確立しておらず、多くの施設が、それぞれの経験を加味して治療法を決定しています。 胸腺腫 ガンマ胸腺がんと比べて、進行が遅く、周囲の臓器への影響が出にくいです。早期に見つかり、手術治療を受ける機会も多いです。[ncc.go.jp]
  • ② 重症感染症〔じゅうしょうかんせんしょう〕 細菌感染症にかかった場合、通常は 抗生物質 の投与により治療します。しかし、白血病やがんで治療を受けている場合や大きな手術を受けた場合などでは、免疫力が低下していますので、感染症にかかりやすく重症化しやすくなるといわれています。そのような場合、抗生物質だけでは症状が改善しないことがあり、免疫グロブリン製剤が一緒に投与されることがあります。[ketsukyo.or.jp]

疫学

  • 疫学について 胸腺腫・胸腺がんは30歳以上(とくに40歳から70歳)に発症します。男女差はありません。胸腺腫は人口10万人あたり0.44から0.68人が罹患すると言われており、まれな疾患です。胸腺がんはさらにまれと言われています。 症状について 胸腺腫・胸腺がんは周囲の組織に直接影響を与えるほど大きくならない限りは無症状です。50%の患者さんで症状がない状況で見つかるとも言われています。[ncc.go.jp]
  • 疫学 人口10万人あたりの推計罹病率は 男性においては2.2、女性においては1.7 と報告さ れ、欧米白人に比較すると半分以下となります。年齢では加齢に伴い(特に50歳以降) 罹病率は高くなります(日本骨髄腫研究会は初診時年齢中央値男性65歳、女性67歳、 全体では66歳と報告しております)。 臨床症状 初診時主訴で最も多く見られるのが 骨痛 であり、貧血に伴う動悸、息切れ、全身倦怠 感によるものが続きます。[med.osaka-cu.ac.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • このため、感染症を予防する目的で、免疫グロブリン製剤による補充療法が不可欠となります。 続発性の低ガンマグロブリン血症に対しても、免疫グロブリン製剤が投与されることがあります。たとえば、造血幹細胞移植後や低体重出生児のように、一時的に血液中の免疫グロブリンGの量が少ない場合です。 大阪府立成人病センター顧問 正岡 徹先生 監修 ページトップ[ketsukyo.or.jp]
  • 基本情報 効能・効果 詳しく見る A型肝炎の予防 A型肝炎の症状の軽減 低ガンマグロブリン血症 麻疹の予防 麻疹の症状の軽減 ポリオの予防 ポリオの症状の軽減 無ガンマグロブリン血症 注意すべき副作用 詳しく見る ショック 、 悪寒 、 嘔気 、 発汗 、 腰痛 、 過敏症 、 発熱 、 発疹 、 疼痛 、 腫脹 用法・用量 (主なもの) 詳しく見る 1.無又は低ガンマグロブリン血症には、人免疫グロブリンとして体重1kg当たり100〜300mgを毎月1回筋肉内注射する 2.麻疹、A型肝炎及びポリオ[medical.nikkeibp.co.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!