Edit concept Question Editor Create issue ticket

低アルブミン血症


提示

栄養失調
  • 低アルブミン血症は慢性的な 栄養失調 の結果である可能性もある。 症状 [ 編集 ] 低アルブミン血症は 浸透圧 、特に 膠質浸透圧 の低下を来し、この膠質浸透圧が低下するため、循環血漿量が維持できずに水分が間質に流出してしまい、 浮腫 を来すことがある。 下肢 の浮腫は圧痕を伴うことが多い。(pitting edema と呼ばれる) 検査 [ 編集 ] 血清中アルブミンは、一般的な肝機能検査でしばしば測定される。日本では スクリーニング 検査に含まれていることが多い。[ja.wikipedia.org]
  • なお、目やにが多いのも、栄養失調の結果かも知れません。 飼い主様にはそのことをお話しして理解していただき。子犬の成長に合わせた食事量の決定法をお伝えしました。 私が用いている子犬の食事量の決め方ですが。基本的に食欲の程度と便の硬さを基準に考えています。 まず、子犬が来た時には。最初はそれまで世話をしていた人に伝えられた量の食事を与えます。 子犬が与えられた食事をあっという間に食べ終えて。その数時間後のお便がしっかりと硬いものであれば。 次から、食事毎にその量を5%から10%ずつ増やして行って。[greenpeas-ahp.co.jp]
下肢の浮腫
  • 下肢浮腫は圧痕を伴うことが多い。(pitting edema と呼ばれる) 検査 [ 編集 ] 血清中アルブミンは、一般的な肝機能検査でしばしば測定される。日本では スクリーニング 検査に含まれていることが多い。正常範囲は3.5 g/dL以上。 治療 [ 編集 ] 原疾患の治療が優先されるが、緊急性を要する低アルブミン血症の場合、 献血 アルブミン製剤や 遺伝子 組み換え合成アルブミン製剤が経静脈投与されることがある。アルブミンなどの蛋白質は 胃 で分解されるため、経口投与は不能。[ja.wikipedia.org]
下肢の浮腫
  • 下肢浮腫は圧痕を伴うことが多い。(pitting edema と呼ばれる) 検査 [ 編集 ] 血清中アルブミンは、一般的な肝機能検査でしばしば測定される。日本では スクリーニング 検査に含まれていることが多い。正常範囲は3.5 g/dL以上。 治療 [ 編集 ] 原疾患の治療が優先されるが、緊急性を要する低アルブミン血症の場合、 献血 アルブミン製剤や 遺伝子 組み換え合成アルブミン製剤が経静脈投与されることがある。アルブミンなどの蛋白質は 胃 で分解されるため、経口投与は不能。[ja.wikipedia.org]
胸水
  • その結果、お腹に水が溜まったり(腹水〔ふくすい〕)、 胸に水が溜まったり(胸水〔きょうすい〕)します。 このように、身体中に余計な水分が溜まってしまうような状態を「 浮腫 〔ふしゅ〕」と呼びます。 浮腫の治療としては、①安静にする、②塩分の摂取を制限する、③水分の摂取を制限するなどがあります。 余計な水分がとても多く浮腫が強い場合には、 ④利尿剤〔りにょうざい〕によって強制的に排尿を促し、浮腫の改善を図ります。[ketsukyo.or.jp]

精密検査

胸水
  • その結果、お腹に水が溜まったり(腹水〔ふくすい〕)、 胸に水が溜まったり(胸水〔きょうすい〕)します。 このように、身体中に余計な水分が溜まってしまうような状態を「 浮腫 〔ふしゅ〕」と呼びます。 浮腫の治療としては、①安静にする、②塩分の摂取を制限する、③水分の摂取を制限するなどがあります。 余計な水分がとても多く浮腫が強い場合には、 ④利尿剤〔りにょうざい〕によって強制的に排尿を促し、浮腫の改善を図ります。[ketsukyo.or.jp]

治療

  • 治療 [ 編集 ] 原疾患の治療が優先されるが、緊急性を要する低アルブミン血症の場合、 献血 アルブミン製剤や 遺伝子 組み換え合成アルブミン製剤が経静脈投与されることがある。アルブミンなどの蛋白質は 胃 で分解されるため、経口投与は不能。[ja.wikipedia.org]
  • 治療では、原因疾患に対する治療や、むくみに対する対処療法などが行われます。 原因 低アルブミン血症は、アルブミンの産生低下や体内からの喪失により引き起こされます。 産生低下 アルブミンの産生は肝臓で行われています。そのため、肝硬変などではアルブミンの産生量が低下し、低アルブミン血症が生じます。 肝硬変は、B型肝炎やC型肝炎といったウイルス感染症、アルコール、非アルコール性脂肪肝などにより生じます。[medicalnote.jp]

予防

  • 特にステロイド薬や免疫抑制薬の投与を受けている患者さんは、細胞性免疫の低下が著しく、薬剤の合併症、特に感染症の予防およびその治療がとても重要です。そのため、患者さんには感染リスクに応じて、肺炎球菌ワクチンや インフルエンザ をはじめとする不活化ワクチンの予防接種が推奨されています。 また、尿中に多量のタンパクが漏れているため、有効循環血漿量が低下し、血液は濃縮されています。[saiseikai.or.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!