Edit concept Question Editor Create issue ticket

伝染性単核球症


提示

腹部痛
  • 例えば、大学生くらいの年齢で、最近ボーイフレンドやガールフレンドができ、咽頭痛と上腹部の訴えがあれば可能性が出てきます。 診察で、肝臓や脾臓の肥大があり、痛みがあれば伝染性単核症の可能性はさらに高くなります。 血液検査では、リンパ球が増加し、非典型的リンパ球が見られるようになります。 モノスポットという血液検査、EBウイルスのIgMという抗体検査をすると伝染性単核症の診断がより確かなものになります。[sandiegoyuyu.com]
皮疹
  • 伝染性単核球症では抗生剤が無効であるばかりでなく、ペニシリンやセフェム系抗生剤で副反応としてを生じやすいので抗生剤治療を要する溶連菌感染と鑑別が必要となるわけです。 溶連菌性咽頭炎 は小児からの感染が多いので、子供との接触が病歴のポイントです。また伝染性単核球症の発症は寛徐ですので発症後3日程度経過してからの受診が多いのと対照的に 溶連菌性咽頭炎 は急性に経過しますので発症後すぐの受診が多いし、また数日で自然軽快することも鑑別点です。[ohashinaika.jp]
  • (ただし症状の発 疹 と関係のない を起こす関係から ペニシリン 系・セフェム系は添付文書にも使用禁忌と書かれている。) 重篤な合併症が発生した場合には ステロイド 薬 を使用する。 EBウイルス EB ウイルス は ヘルペス ウイルス 科 ガンマ ヘルペス ウイルス 亜科 リン フォ クリ プト属に属し、二本鎖 DNA を持つ ウイルス である。 他の ヘルペス ウイルス と違って 主 にB リン パ球に感染・潜伏するが、 健康 であれば重篤な感染症を起こさず、潜伏感染する。[dic.nicovideo.jp]
  • アンピシリン(ABPC)を 内服すると薬疹を生じて、鮮明な浸出性紅斑様や丘疹などを呈す。同時に赤血球沈降速度の亢進や、ポリクローナルな高ガンマグロブリン血症、リウマチ因 子、寒冷凝集素、抗核抗体の産生などが認められる。この現象はEBV によるIM のみならず、CMV によるIM においても認められる。 リンパ球増加は診断基準にも含まれており、特徴的な所見であるが、一部に白血球減少を認める場合もある。[niid.go.jp]
点状出血
  • 眼窩周囲浮腫および口蓋の出血を呈することがある。比較的頻度の低い所見としては,斑状丘疹状の発疹や,まれに黄疸などがある。 合併症 通常は完全に回復するが,合併症が劇的となることがある。 神経系合併症 はまれであるが,具体的には脳炎,痙攣発作,ギラン-バレー症候群,末梢神経障害,無菌性髄膜炎,脊髄炎,脳神経麻痺,精神病などがある。脳炎は小脳機能障害を呈することもあれば,単純ヘルペス脳炎に類似した全脳性かつ急速進行性の経過を辿ることもあるが,通常自然治癒する。[msdmanuals.com]
発熱
  • 一般に、発熱、咽頭痛、リンパ節腫脹の三徴を特徴とする。 1 - 2歳程度の幼少児の初感染では、発熱と口蓋扁桃の膿栓(白苔)を伴った腫脹・発赤が見られる程度で、特異的な症状が目立たないことが多い。このため、この年齢の児の初感染では伝染性単核球症と診断されないことが多く「扁桃炎」と診断されているものと思われる。2 - 3日で自然軽快してしまうので、それ以上の追究もほとんどされないものと思われる。血液検査を行えば、異型リンパ球の出現などから本疾患を疑え得る可能性はあり、血清診断は理論上可能である。[ja.wikipedia.org]
  • 発熱や咽頭痛、咽頭炎、頚部リンパ節腫脹、倦怠感、肝障害が比較的高頻度でみられます。発熱、咽頭痛で発症した若年者で扁桃に白苔が観察される場合は 溶連菌性咽頭炎 を鑑別します。伝染性単核球症では抗生剤が無効であるばかりでなく、ペニシリンやセフェム系抗生剤で副反応として皮疹を生じやすいので抗生剤治療を要する溶連菌感染と鑑別が必要となるわけです。 溶連菌性咽頭炎 は小児からの感染が多いので、子供との接触が病歴のポイントです。[ohashinaika.jp]
  • のどの痛み、肝機能障害などにより食欲が低下したり、重症例では発熱が1カ月以上続くこともあります。肝機能障害は軽度 中等度ですが、発熱第2週にピークになることが多いので、急性期と回復期の2回以上の検査を必ず受けてください。 【治療の方法】 自然に治る傾向の強い疾患なので、一般的には対症療法で十分です。サイトメガロウイルスによる重症例には抗ウイルス薬を用いることもあります。アンピシリンはアレルギーを起こしやすいので使われません。[yomidr.yomiuri.co.jp]
  • しかしながら,ときに発熱,間質性肺炎,汎血球減少,およびぶどう膜炎からなる症候群(慢性活動性EBV感染症)を引き起こすことがある。 症状と徴候 ほとんどの幼児において,EBVの初感染は無症状に経過する。伝染性単核球症の症状は,より年長の小児および成人で発生することが最も多い。 潜伏期間は約30 50日である。発熱,咽頭炎,およびリンパ節腫脹の三徴がほとんどの患者に現れる。疲労は数カ月間続くことがあるが,通常は最初の2 3週間で最大となる。[msdmanuals.com]
伝染性単核球症
  • 伝染における症状と所見: 図表 伝染における症状と所見の診断性能: 図表 伝染における血液検査の診断性能: 図表 伝染の末梢血液像: 図表 … 評価・治療の進め方 ※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。 病歴と身体所見で可能性がある場合は白血球分画および末梢血液像で白血球数、リンパ球数、異型リンパ球数を測定する。  スクリーニングとして下記の検査を行う。[clinicalsup.jp]
倦怠感
  • 一方成人での発症だと、 発熱 、全身倦怠や 咽頭痛 、 頭頸部 リン パ節の腫 脹 、発 疹 、肝脾腫、異形 リン パ球の出現などの症状が出る。 30 50 日の潜伏期間の後全身倦怠から始まり、2 3週間発熱が続くほか咽頭炎やアデノイドの腫 脹 を起こす。 感染経路 感染経路は口経由であり、飲み物の回し飲みだけでも伝染する。 歯科 治療で感染したという例もある。 感染症対策ができていない 歯医者 はさすがにどうかと思うが。[dic.nicovideo.jp]
  • 乳幼児期に感染してもほとんどは無症状だが、思春期以降に感染すると38 39度の高熱が2 4週間続くほか、全身の倦怠や喉の痛み、首のリンパ節の腫れといった症状が表れる。まれに脳炎や、白血球が他の血球を破壊してしまう「血球貪食症候群」などの重い合併症を引き起こすこともある。 感染が疑われたら、血中にEBウイルスの抗体があるかどうか調べる。EBウイルスの増殖を抑える抗ウイルス薬はまだない。また、EBウイルス感染者がペニシリン系の抗生物質を服用すると発疹が出るため使用は避ける。[medical.jiji.com]
リンパ節腫脹
  • 年長児から青年期、あるいはそれ以上の年齢で初感染した場合、発熱・全身倦怠感のほか、口蓋扁桃の発赤腫脹・咽頭痛、アデノイド腫脹による鼻閉、全身特に頚部のリンパ腫脹、肝脾腫がみられる。発疹を伴うこともあり、特にアミノベンジルペニシリン (ABPC) の投与は発疹を誘発するとされる。有熱期間は一般的なウイルス感染症よりも長く、5 - 7日程度続くことが多い。 ときに、悪性リンパ腫や亜急性壊死性リンパ節炎などとの鑑別を要する場合があり、以下に述べる血清診断や、リンパ節生検を行うこともある。[ja.wikipedia.org]
  • 発熱,咽頭炎,およびリンパ腫脹の三徴がほとんどの患者に現れる。疲労は数カ月間続くことがあるが,通常は最初の2 3週間で最大となる。発熱は通常,午後または夕方早くに39.5 付近でピークとなるが,40.5 まで達することもある。咽頭炎は重度で有痛性,および滲出性のことがあり,レンサ球菌咽頭炎に類似することがある。リンパ腫脹は通常は対称的で,どのリンパ節群にも起こりうるが,特に前頸部および後頸部リンパ節に多い。リンパ腫脹が唯一の症候である場合がある。[msdmanuals.com]
  • 咽頭所見に乏しく、頚部リンパ腫脹も目立ちません。平均発熱機関は19日(9から35日)ですが自然治癒しますので全身状態が良好であれば外来で経過観察します。 ブログカレンダー 2019年4月 月 火 水 木 金 土 日 « 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30[ohashinaika.jp]
  • 発熱・リンパ腫脹などの全身症状も伴います。 概要 クローナリティを持って増殖しているEpstein-Barr virus (EBV) 感染NK細胞が、蚊刺刺激により皮膚に浸潤、水疱形成、潰瘍、瘢痕化がみられる。発熱・リンパ腫脹などの全身症状も伴う。 疫学 不明、推定10-20人/年。 原因 通常、B細胞を標的とするEBVが、NK細胞に感染し増殖することが病因となると考えられるが、これらの細胞への感染機構は不明である。本症は、日本、韓国、中国北部などの東アジアの小児・若年成人に発症する。[med.nagoya-u.ac.jp]
疲労
  • Kaye , MD, Associate Professor, Division of Infectious Diseases, Department of Medicine, Brigham and Women’s Hospital, Harvard Medical School 伝染性単核球症は,エプスタイン-バーウイルス(EBV,ヒトヘルペスウイルス4型)により引き起こされ,疲労,発熱,咽頭炎,およびリンパ節腫脹を特徴とする。疲労は数週間から数カ月間続くことがある。[msdmanuals.com]
  • 伝染性単核症はヘルペスウイルスの一種であるエプスタイン・バール・ウイルス ( EBウイルス ) が感染源で、インフルエンザに似た症状と極度の疲労を引き起こす。 フェデラーは全豪オープンの準決勝でノヴァク・ジョコヴィッチに敗退したが、このような背景を考えると、この結果もまた違った見方ができよう。フェデラーは、 「伝染性単核症だと聞き、準決勝まで進めたことをいっそううれしく思いましたね。あのときに分かってたら、おそらくドクター・ストップがかかっていたでしょう」 と話す。[swissinfo.ch]
黄疸
  • 頻度の低い重度の合併症として,脳炎および他の神経症候,脾破裂,扁桃腫大による気道閉塞,溶血性貧血,血小板減少,黄疸などがある。 異種親和性抗体検査と,まれにEBV特異抗体検査を行う。 支持療法を行うとともに,力仕事やコンタクトスポーツを避けることを推奨する;抗ウイルス薬の適応はない。 切迫した気道閉塞,重度の血小板減少,溶血性貧血などの合併症には,コルチコステロイドを考慮する。[msdmanuals.com]
  • その他、肝臓や脾臓がはれ、発疹、黄疸がみられることもあり、まれには中枢神経の合併症を起こし意識障害が出現することもあります。 診断 症状と血液中に異型リンパ球といわれる単核の細胞が増えてくるためにこのような名前があります。 EBウイルスに対する血液中の抗体を測定して、確定診断します。 治療 特別な治療はありません。抗生物質も効果がありません。多くは2週から4週にかけて、自然に治癒します。[senoopc.jp]
  • 黄疸が約1割で見られます。命にかかわるようなことはほとんどありません。これらの症状は、通常1 2ヶ月で消えますが、EBウイルスは体内から全て消えてしまうわけではなく、一部はのどや血液中の細胞の中で休眠状態に入ります。そして、時々目覚めて、唾液の中に出てきます。この時の症状は通常はありません。 潜伏期間 30 50日 感染経路 唾液などによる経口感染や母子間の垂直感染です。以前にEBウイルスに感染したことがあれば、伝染性単核症の患者に接しても、自分が伝染性単核症になることはありません。[city.funabashi.lg.jp]
肝脾腫
  • 一方成人での発症だと、 発熱 、全身倦怠感や 咽頭痛 、 頭頸部 リン パ節の腫 脹 、発 疹 、、異形 リン パ球の出現などの症状が出る。 30 50 日の潜伏期間の後全身倦怠感から始まり、2 3週間発熱が続くほか咽頭炎やアデノイドの腫 脹 を起こす。 感染経路 感染経路は口経由であり、飲み物の回し飲みだけでも伝染する。 歯科 治療で感染したという例もある。 感染症対策ができていない 歯医者 はさすがにどうかと思うが。[dic.nicovideo.jp]
  • 発熱、咽頭痛、、リンパ節腫大などや異型リンパ球の出現、また抗VCA-IgM抗体 の陽性より小児不顕性感染による伝染性単核球症と診断されました。 本例はたまたま骨髄穿刺が施行されましたが、骨髄にも異型リンパ球(矢印)はみられましたが 6%位と少ないようでした。本型は末梢血の異型リンパ球が手掛かりになりますが、判定基準が 十分でないため同定に個人差が発生します。[beckmancoulter.co.jp]
肝腫大
  • 軽度のおよび肝の叩打痛を認めることがある。眼窩周囲浮腫および口蓋の点状出血を呈することがある。比較的頻度の低い所見としては,斑状丘疹状の発疹や,まれに黄疸などがある。 合併症 通常は完全に回復するが,合併症が劇的となることがある。 神経系合併症 はまれであるが,具体的には脳炎,痙攣発作,ギラン-バレー症候群,末梢神経障害,無菌性髄膜炎,脊髄炎,脳神経麻痺,精神病などがある。[msdmanuals.com]
  • 肝脾腫の頻度は表1 に示すとおりで、の方が頻度が高い。肝臓は肋骨弓下1〜2 横指触知されることが多い。脾腫に関しては、時に巨大脾腫から脾破裂に至ることもあるため、注意を要する。 合併症として認められる中枢神経症状には、無菌性髄膜炎、脳炎、急性片麻痺、Guillain‐Barre症候群、視神経炎、脳神経麻痺、末梢神経炎、 横断性脊髄炎、急性小脳失調、中枢神経系のリンパ腫などが含まれる。[niid.go.jp]
脾腫
  • および被膜腫脹に起因しうるが,両者は発症10 21日後に最大となる。外傷歴は,約半数にしか存在しない。破裂は通常有痛性であるが,ときに無痛性の低血圧を引き起こす。治療は 脾損傷 : 治療 を参照のこと。 呼吸器合併症 としては,まれに咽頭または気管傍リンパ節腫脹による上気道閉塞などがみられ,呼吸器系の合併症はコルチコステロイドに反応する可能性がある。臨床的には無症候性の間質性肺浸潤は小児に最もよくみられ,通常X線検査で確認できる。[msdmanuals.com]
  • 一方成人での発症だと、 発熱 、全身倦怠感や 咽頭痛 、 頭頸部 リン パ節の腫 脹 、発 疹 、肝、異形 リン パ球の出現などの症状が出る。 30 50 日の潜伏期間の後全身倦怠感から始まり、2 3週間発熱が続くほか咽頭炎やアデノイドの腫 脹 を起こす。 感染経路 感染経路は口経由であり、飲み物の回し飲みだけでも伝染する。 歯科 治療で感染したという例もある。 感染症対策ができていない 歯医者 はさすがにどうかと思うが。[dic.nicovideo.jp]
頸部リンパ節腫脹
  • 滲出性咽頭炎,前リンパ腫脹,および発熱は,A群 β 溶血性レンサ球菌によって引き起こされるものと臨床的に鑑別できないことがある。しかしながら,後頸部または全身のリンパ節腫脹もしくは肝脾腫があれば,伝染性単核球症が示唆される。さらに,中咽頭からレンサ球菌が検出されても,伝染性単核球症を除外できない。 急性HIV感染症(primary HIV infection)( ヒト免疫不全ウイルス (HIV) )は,急性EBV感染症に類似した病像を呈する。[msdmanuals.com]
頭痛
  • その近くのリンパ節がはれて痛みを伴い、発熱、倦怠感、頭痛なども伴う。約2 4週間で治る。 乳幼児は 、多数の口内炎(ヘルペス性歯肉口内炎)ができることがある。 アトピー性皮膚炎がある場合は 、皮膚のバリア機能が低下しているため、単純ヘルペスウイルスが皮膚に付着すると容易に感染し、顔や体の広範囲に水ぶくれが現れる。これをカポジ水痘様発疹症という。とくに初感染の場合はウイルスに対する免疫がないため、重症化し死亡することもある。 小児では 、口唇ヘルペス感染が多く、口唇周囲に水泡が出現する。[youteikai.com]
  • 思春期や若い時に初めて感染した場合には、35 50%が、伝染性単核症になります 症状 発熱、だるさ、のどの痛み、頭痛。発熱は、発病から4 8日目が最も高熱で、以後は徐々に下がって来ます。首のリンパ節が腫れます。黄疸が約1割で見られます。命にかかわるようなことはほとんどありません。これらの症状は、通常1 2ヶ月で消えますが、EBウイルスは体内から全て消えてしまうわけではなく、一部はのどや血液中の細胞の中で休眠状態に入ります。そして、時々目覚めて、唾液の中に出てきます。[city.funabashi.lg.jp]
  • 症状は悪寒,発熱,頭痛,吐き気,咽頭痛,のどやリンパ節の腫れなどがある。血液検査では, リンパ球 以外の 白血球 の減少と,それによるリンパ球の相対的な増加がみられる。 血液中の 血清 反応をみるポール・バンネル試験で陽性であれば,この病気と診断される。治療は対症的で,抗ウイルス剤, グロブリン 製剤などが有効である。[kotobank.jp]
  • 発熱、頭痛、咽頭痛、関節痛に対しては解熱鎮痛剤を投与する。鎮痛剤のなかでアスピリンはライ症候群との関連も示唆されているので、アセトアミノフェンかイブプロフェンを選んで投与する。 2.抗菌薬療法 本来抗菌薬の適応はないが、調べてみると6人中2人に、溶連菌感染を合併していた。ある資料では、1/3に合併するという。咽頭培養、溶連菌抗原を検索し、抗菌薬を使用する。 EBウイルス感染症では、免疫応答が異常となり、抗体ができやすく、アレルギー反応が生じやすい。[jomf.or.jp]
末梢神経障害
  • 神経系合併症 はまれであるが,具体的には脳炎,痙攣発作,ギラン-バレー症候群,末梢神経障害,無菌性髄膜炎,脊髄炎,脳神経麻痺,精神病などがある。脳炎は小脳機能障害を呈することもあれば,単純ヘルペス脳炎に類似した全脳性かつ急速進行性の経過を辿ることもあるが,通常自然治癒する。 血液系の合併症 は,通常自然治癒する。具体的には顆粒球減少,血小板減少,溶血性貧血などがある。一過性で軽度の顆粒球減少または血小板減少は,約50%の患者に起こる;細菌感染または出血を伴う重症例の頻度はより低い。[msdmanuals.com]
ギラン・バレー症候群
  • 神経系合併症 はまれであるが,具体的には脳炎,痙攣発作,ギラン-バレー症候群,末梢神経障害,無菌性髄膜炎,脊髄炎,脳神経麻痺,精神病などがある。脳炎は小脳機能障害を呈することもあれば,単純ヘルペス脳炎に類似した全脳性かつ急速進行性の経過を辿ることもあるが,通常自然治癒する。 血液系の合併症 は,通常自然治癒する。具体的には顆粒球減少,血小板減少,溶血性貧血などがある。一過性で軽度の顆粒球減少または血小板減少は,約50%の患者に起こる;細菌感染または出血を伴う重症例の頻度はより低い。[msdmanuals.com]
吐き気
  • この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用) 主な副作用として、発熱、発疹、かゆみ、吐き気・嘔吐などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。 まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。 このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。[rad-ar.or.jp]
  • 症状は悪寒,発熱,頭痛,吐き気,咽頭痛,のどやリンパ節の腫れなどがある。血液検査では, リンパ球 以外の 白血球 の減少と,それによるリンパ球の相対的な増加がみられる。 血液中の 血清 反応をみるポール・バンネル試験で陽性であれば,この病気と診断される。治療は対症的で,抗ウイルス剤, グロブリン 製剤などが有効である。[kotobank.jp]
嘔吐
  • この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用) 主な副作用として、発熱、発疹、かゆみ、吐き気・嘔吐などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。 まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。 このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。[rad-ar.or.jp]
首の腫れ
  • 伝染性単核球症 EBウイルスによる感染が扁桃、アデノイドやリンパ節におこり、のどの痛み、発熱、腫れ、痛み、だるい、といった症状がでます。 EBウイルスは経口感染(直接口から口に感染がうつる)で、幼少期に70%が感染し抗体をもちますが、感染せず抗体を持っていない方がいます。そういった方に経口感染、発症が見られます。経口感染は口から口への直接の感染なので、キスなどによりそれをひきおこすことが多く、別名(kissing disease)とも言われます。[nomura-jibika.com]
咽頭痛
  • 発熱や咽頭、咽頭炎、頚部リンパ節腫脹、倦怠感、肝障害が比較的高頻度でみられます。発熱、咽頭で発症した若年者で扁桃に白苔が観察される場合は 溶連菌性咽頭炎 を鑑別します。伝染性単核球症では抗生剤が無効であるばかりでなく、ペニシリンやセフェム系抗生剤で副反応として皮疹を生じやすいので抗生剤治療を要する溶連菌感染と鑑別が必要となるわけです。 溶連菌性咽頭炎 は小児からの感染が多いので、子供との接触が病歴のポイントです。[ohashinaika.jp]
  • とにかく体力がなくなっているから、あまり疲れすぎないように様子を見ながらプレーをしていく」 ※病名:Glandular Fever(伝染性単核球症) 高熱、咽頭、腫脹したリンパ腺を、特に首に起こす急性のウイルス感染。[news.golfdigest.co.jp]
  • 症状は発熱、咽頭、頚部のリンパ節張が主で、著明な例では全身の表在リンパ節が腫れて痛みを伴います。 さらに脾臓の腫大、皮膚の発疹が見られることもあります。血液検査では異型リンパ球と呼ばれる大型のリンパ球(単核球)が増加することが特徴であり、伝染性単核球症の病名の由来となっています。 さらに多くの例でAST、ALT、LDH上昇など肝機能障害があります。 症状および検査値の異常はほぼ1ヵ月程度の経過で改善します。[watanabe-md.com]
  • 伝染性単核球症 (文責:宮下和也) 16歳のRさんは、 40 の高熱と激しい咽頭を訴えて受診しました。眼瞼に紅斑があり、 頚部のリンパ節がごりごり腫れ、扁桃腺は赤く腫れて膿がついています。 扁桃腺からは A群溶連菌 が検出され、一見、通常の A群溶連菌感染症 のようでしたが、血液 検査では、リンパ球が著増し、異型リンパ球の出現と著しい肝機能障害を認めました。 伝染性単核球症が疑われたため、安静の上、点滴で水分を補い、マクロライド系抗生剤の 投与を行いました。[miyashita.or.jp]
咽頭炎
  • 発熱や咽頭痛、咽頭、頚部リンパ節腫脹、倦怠感、肝障害が比較的高頻度でみられます。発熱、咽頭痛で発症した若年者で扁桃に白苔が観察される場合は 溶連菌性咽頭 を鑑別します。伝染性単核球症では抗生剤が無効であるばかりでなく、ペニシリンやセフェム系抗生剤で副反応として皮疹を生じやすいので抗生剤治療を要する溶連菌感染と鑑別が必要となるわけです。 溶連菌性咽頭 は小児からの感染が多いので、子供との接触が病歴のポイントです。[ohashinaika.jp]
  • 発熱,咽頭,およびリンパ節腫脹の三徴がほとんどの患者に現れる。疲労は数カ月間続くことがあるが,通常は最初の2 3週間で最大となる。発熱は通常,午後または夕方早くに39.5 付近でピークとなるが,40.5 まで達することもある。咽頭は重度で有痛性,および滲出性のことがあり,レンサ球菌咽頭に類似することがある。リンパ節腫脹は通常は対称的で,どのリンパ節群にも起こりうるが,特に前頸部および後頸部リンパ節に多い。リンパ節腫脹が唯一の症候である場合がある。[msdmanuals.com]
  • 概要 疾患のポイント: 伝染性単核球症はEpstein-Barr virus(以下EBV)の感染によって発症し、発熱、咽頭、リンパ節腫脹、倦怠感、異型リンパ球増多を特徴とする。発症時期は主に5 25歳に多く、咽頭痛で受診する16 20歳の8%を占めるとされている。脾腫、肝腫大、黄疸、脾破裂などの合併症を生じることがある。 EBVは唾液中に排出され、密な接触を介してヒトからヒトへと感染する。成人では90 95%が抗体陽性で既感染である。[clinicalsup.jp]
  • 30 50 日の潜伏期間の後全身倦怠感から始まり、2 3週間発熱が続くほか咽頭やアデノイドの腫 脹 を起こす。 感染経路 感染経路は口経由であり、飲み物の回し飲みだけでも伝染する。 歯科 治療で感染したという例もある。 感染症対策ができていない 歯医者 はさすがにどうかと思うが。 キス でも伝染ることから キス 病( kiss i ng dis eas e)とも呼ばれる。繰り返すが成人では症状が 重い 。 リア充 ざまぁ w それゆえ何か恥ずかしい印 象 を与えることがあるが、別の原因も多い。[dic.nicovideo.jp]

精密検査

  • 6週間の間に3度も体調を崩した後、フェデラーは2月にスイスとドバイで精密検査を受けた。その結果、伝染性単核症を患っていることが判明した。 その前には胃ウイルス 今年1月に開催された全豪オープンの前から、フェデラーはすでに全力投球できない状態だった。食中毒のために十分な準備ができなかったのだ。しかし、影響はおそらくこの伝染性単核症の方が大きいと思われる。 「医師によると、僕は少なくとも6週間前の昨年12月からこの病に侵されていたらしいのです」 とフェデラーは言う。[swissinfo.ch]
リンパ球増加
  • 4 6週間の長い潜伏期を経て発熱、咽頭扁桃炎、リンパ節腫脹、発疹、末梢リンパ増加、異型リンパ増加、肝機能異常、肝脾腫などを示す急性感染症です。また、中枢神経症状を呈する症例が認められます。発熱は高頻度に認められ、多くの場合38 以上の高熱が1 2週間持続します。扁桃には偽膜形成を認め、口蓋は発赤が著明で出血斑を認めることもあり、咽頭痛を伴います。リンパ節の腫脹は1 2週頃をピークとして全身に認められるものの、頚部が主となります。[srl.info]
  • 臨床症状 1), 3), 5), 8) (表1) 4 〜6週間の長い潜伏期を経て発熱、咽頭扁桃炎、リンパ節腫脹、発疹、末梢リンパ増加、異型リンパ増加、肝機能異常、肝脾腫などを示す急性感染症である。また、中枢神経症状を呈する症例が認められる。発熱は高頻度に認められ、多くの場合38 以上の高熱で1〜2週間持続する場合が多い。扁桃には偽膜形成を認め、口蓋は発赤が著明で出血斑を認めることもあり、咽頭痛を伴う。リンパ節の腫脹は1〜2週頃をピークとして全身に認められるものの、頚部が主である。 表1.[niid.go.jp]
白血球減少
  • 症状 発熱、脾腫、貧血、血小板減少、白血球減少、汎血球減少。 合併症 多臓器不全、DIC。 診断 診断基準はこちら。 治療法 軽症例はステロイドやサイクロスポリンAなどの免疫抑制療法が用いられる。重症例にはエトポシド、サイクロスポリンA,デキサメサゾンの3剤を用いた国際治療研究(HLH2004)が行われ、一定の効果を得ている。しかし、重症度の評価や再燃の予測が困難なため治療に難渋している。[med.nagoya-u.ac.jp]
  • リンパ球増加は診断基準にも含まれており、特徴的な所見であるが、一部に白血球減少を認める場合もある。異型リンパ球は、Bリンパ球増殖に対しておこった CD4 陽性細胞や、NK 細胞から産生されたサイトカインにより、CD8 陽性cytotoxic T lymphocyte (CTL)が活性化したものであるといわれている。10%から中には50%と著増する場合もあるが、中には数%以下の症例も認められる。CD4/CD8 比はCD4 陽性細胞の減少、CD8 陽性細胞の増加により1以下である場合が多い。[niid.go.jp]

治療

  • 治療法 感染症としての根治的治療法はなく、 風邪 などと同様に 姑息 的療法( 対症療法)がとられる。また、混合感染が起きることもあり、それを防ぐ 目 的で 抗生物質 を用いる。(ただし症状の発 疹 と関係のない皮 疹 を起こす関係から ペニシリン 系・セフェム系は添付文書にも使用禁忌と書かれている。) 重篤な合併症が発生した場合には ステロイド 薬 を使用する。[dic.nicovideo.jp]
  • 治療は 脾損傷 : 治療 を参照のこと。 呼吸器合併症 としては,まれに咽頭または気管傍リンパ節腫脹による上気道閉塞などがみられ,呼吸器系の合併症はコルチコステロイドに反応する可能性がある。臨床的には無症候性の間質性肺浸潤は小児に最もよくみられ,通常X線検査で確認できる。 肝合併症 としては,アミノトランスフェラーゼ値の上昇(正常の約2 3倍,3 4週間かけて正常に戻る)などがあり,このような合併症は約95%の患者に発生する。[msdmanuals.com]
  • 伝染性単核球症における症状と所見: 図表 伝染性単核球症における症状と所見の診断性能: 図表 伝染性単核球症における血液検査の診断性能: 図表 伝染性単核球症の末梢血液像: 図表 … 評価・治療の進め方 ※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。 病歴と身体所見で可能性がある場合は白血球分画および末梢血液像で白血球数、リンパ球数、異型リンパ球数を測定する。  スクリーニングとして下記の検査を行う。[clinicalsup.jp]

疫学

  • 疫学 報告は約25人/年、推定100人/年発症。 原因 EBVは我が国では成人の90%以上が感染している普遍的なウイルスである。初感染では、軽微な上気道感染のことが多いが、一部で伝染性単核症と呼ばれる良性熱性疾患を来す。ごく稀に、通常B細胞を標的とするEBVが、T細胞あるいはNK細胞に潜伏感染し、感染細胞が増殖し活性化した結果、臓器に浸潤・高サイトカイン血症に伴う全身の炎症を生じ、慢性活動性EBウイルス感染症を発症すると考えられている。[med.nagoya-u.ac.jp]
  • 自己免疫疾患には様々な原因と病態がありますが、全身性エリテマトーデス ※5 や多発性硬化症 ※6 といった疾患はEBウイルス の感染が関与していることが疫学調査などから示唆されていました。 EBウイルスはヒトに感染するヘルペスウイルスの仲間で、B細胞 ※7 によく感染します。初感染後は体内において終生保持されるウイルスで、成人の90%以上が感染している一般的なウイルスです。[resou.osaka-u.ac.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 病態生理 初期に上咽頭で増殖した後,ウイルスはB細胞に感染する。形態学的に異常な(異型)リンパ球が,感染症に反応するCD8陽性T細胞から主に発生する。 初感染後には,EBVは宿主内の主にB細胞に終生残存し,症状を伴わないまま中咽頭から間欠的に排出される。このウイルスは,EBV血清反応陽性の健康成人の15 25%で中咽頭分泌物中に検出される。ウイルス排出の頻度および力価は,易感染性患者(例,臓器同種移植レシピエント,HIV感染者)では上昇する。[msdmanuals.com]

予防

  • 深いキスをしている人ほど、この病気にかかりやすいことがわかっています」 治療法と予防法は? 治療方法はどういうものが考えられますか? 「勝手に治るので、治療はしません。治るまでじっと待つのが大事ですが、喉の痛みに対して痛み止めを処方するなどの対症療法を行うことがあります。症状に個人差が大きく、1 2週間ですっと治ってしまう方から、喉の痛みが引いても、半年から1年くらい全身の倦怠感が続く方までさまざまです。[alicey.jp]
  • 伝染性単核症の予防 予防としては、他人とコップなどを共有しない。回し飲みしない。キスをしない (恋人どうしては難しいですね) などですが、日本人の場合、20歳代で90%の人がEBウイルスの抗体を保有しているという報告があるので、過度な心配は不要かもしれません。 ただし、EBウイルス以外のウイルスによる伝染性単核症も存在するので、その場合はEBウイルスの抗体があっても感染することになります。[sandiegoyuyu.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!