Edit concept Question Editor Create issue ticket

乳房パジェット病


提示

乳頭分泌物
  • 乳がんによる乳頭分泌は、血液が混じったものが多い傾向にあります。その他、乳頭や乳輪の湿疹様のただれを症状とするものもあります。 検診によって発見される無症状の乳がんは数%以内です。骨や肺に転移し、手術不能の状態になって初めて病院を受診する例もあります。 痛みについて 乳がん局所の痛みは初期の段階では顕著ではありませんが、進行とともにさまざまな痛みを呈します。乳がんが骨転移を起こすと体動痛(歩く、立つ、座るなどの動作に伴う痛み)が起こることがあります。[shionogi.co.jp]
  • ・細胞診 乳腺の細胞検査には、穿刺吸引細胞診、乳汁(乳頭分泌)の細胞診などがありますが、最もよく行われている検査は穿刺吸引細胞診です。 穿刺吸引細胞診では、病変部に直接細い針を刺して、注射器で細胞を吸い出したものを顕微鏡で観察します。多くの場合は局所麻酔なしに行われ、超音波で確認しながら針を刺します。 ・組織診(針生検など) 針生検は、細胞診よりもやや太めの針を刺し、その中に組織の一部を入れて取り出す方法です。通常はマンモグラフィや超音波検査で、採取部位を確認しながら検査が行われます。[pref.gunma.jp]

精密検査

  • 検診 地域の乳がん検診で要精査となった患者さんの二次検診(精密検査)を行っています。 診断 デジタルマンモグラフィ、エラストグラムや血流ドップラー機能付き超音波装置、乳腺MRI、CT、PET、SPECT/CTなど最新の画像診断を備えており、マンモトーム(画像ガイド下吸引式組織生検システム)を用い病理診断を行っています。マンモトームは超音波ガイド下もしくはマンモグラフィガイド下で行いますが、特にマンモグラフィガイド下マンモトームは超音波検査で描出されない微小石灰化病変の組織採取に有用です。[international.saitama-med.ac.jp]
  • ・ 乳房に症状がある方(女性、男性、小児、どなたでも) ・ 精密検査を勧められた方 ・ 乳がんに関して治療法を相談したい方(セカンド・オピニオンを聞きたい方) ・ 乳がんの手術を終え、定期検診および投薬を希望する方、乳がんの手術後に悩みのある方(他の病院で手術された方も大丈夫です!遠慮なく来院してください。紹介状がなくても大丈夫ですよ。) 簡単にいえば「乳房の気になるひとはどんなことでもぜひいらっしゃってください」ということですね。[central.or.jp]

治療

  • 乳がん(治療) 時代とともに大きく変化したのが「乳がん」の治療です。昔は「大きく切りとって治す」という方針でしたが、今は「外科や放射線科が共同してできるだけ乳房を残す」という治療が行われるようになりました(乳房温存療法)。過度のリンパ節郭清は腕がしびれて腫れるため、現在は最小限にとどめる技術が導入されています(センチネルリンパ節生検)。薬物療法も世界の標準や日本のガイドラインに基づいて乳がんの専門医が行っています。 乳がん(治療) 時代とともに大きく変化したのが「乳がん」の治療です。[hosp.gifu-u.ac.jp]
  • 乳がんと診断されると、治療を開始する前に遠隔転移がないか調べます。それにはCT検査やMRI検査、腹部超音波検査などを行います。骨への転移がないか調べるために骨シンチグラフィを行います。病院によってはPET(ペット)検査を使って遠隔転移がないか調べることもあります。 乳がんの診断までの流れ 4 治療について 初期治療とは 乳がんと診断され、最初に受ける治療を『初期治療』といいます。初期治療には、手術、放射線治療といった局所治療と、化学療法、ホルモン療法、分子標的治療といった全身治療があります。[pref.gunma.jp]

疫学

  • 乳がんの疫学(えきがく) 乳がんの年間罹患(りかん)数は8万人を超え9万人に達しようとしており、日本人女性のがんのなかで最も多く、また年々増加し続けております。 女性の12人に1人が一生涯のうちに乳がんを発症すると言われています。 また日本人の乳がんの好発年齢は40歳-50歳であり子育てや仕事と社会的に見ても最も活動すべき年代に当たっています。 乳がんの症状 乳房のしこり(腫瘤(しゅりゅう)) 乳がんの約9割がしこりで発見されると言われています。[kansaimedical-hp.jp]
  • 疫学について 統計 わが国で乳がんと診断される女性は、1年間に4万人にのぼります。 年齢別にみた女性の乳がんの罹患(りかん)率は、30歳代から増加し始め、50歳前後にピークを迎え、その後は次第に減少します。 女性では、乳がんにかかる数は乳がんで死亡する人の数の3倍以上です。これは、女性の乳がんの生存率が比較的高いことと関連しています。男性の乳がんは、年間の死亡数で女性の乳がんの100分の1以下のまれながんですが、女性の乳がんに比べて生存率が低い(予後が悪い)ことが知られています。[pref.gunma.jp]
性別分布
年齢分布

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!