Edit concept Question Editor Create issue ticket

不全麻痺


精密検査

  • 経緯観察として治療を続けている最中、足の痺れが強く出たため改めて精密検査をしたところ、脊髄に腫瘍があることがわかり再び手術する事になりました。ご相談に来られた時は下肢不全麻痺になっておられ、自力で歩行が出来ず、常時車いすをお使いでした。 2 当センターの見解 ご本人は下半身の強い痺れと機能障害のため歩行が困難で、就労はできない状態でした。 長くお勤めしていた公務員のお仕事は休職を余儀なくされ、身の回りのことは奥様にサポートしてもらわないと生活できない状態でした。[saitama-shogai.com]

治療

  • 本契約により、世界中の人々の健康と生活の質を高めるため、他剤とは差別化された治療薬の開発にさらに取り組んでまいります」と述べています。 Altos 社 CEO の Roger Whiting は、「当社の主な目標は、胃不全麻痺治療薬 ATC-1906 を開発することです。当社が臨床第 1 相試験を通じて本薬の開発を継続しつつ、消化器系疾患における専門性を有する武田薬品と連携できることを嬉しく思います。本提携により、この重要な治療薬の開発が加速されるものと確信しています」と述べています。[takeda.com]
  • 現在、抗がん剤使用に伴う冷アロディニアの副作用に対する予防法や治療法は確立されておらず、この副作用を理由とする抗がん剤使用の中止や患者さんの生活の質の低下を防ぐことができる新たな治療薬の開発が切望されている。また、同社は東京大学大学院と共同研究を進めていく中で、TRPM8遮断薬が新規泌尿器疾患治療薬となる可能性も見い出している。開発段階としては2016年8月に前臨床開発段階に移行しており、現在はライセンス活動を展開している状況にある。 (執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川裕之) SF 配信元:[minkabu.jp]
  • 治療 神経へのダメージの程度により、神経麻痺は回復することがあります。よって、症状が出現して数ヶ月〜半年は、経過観察を行うことが多いです。声を高くすることを目的に、音声治療(ボイストレーニング)や手術を行います。 当院での取り組み 当院では、声帯の緊張を高め、声を高くする手術( 甲状軟骨形成術Ⅳ型 )を行なっています。また、症状に応じて他の喉頭形成術を組み合わせて行なっています。輪状軟骨と甲状軟骨をつなぐ筋肉(輪状甲状筋)は声の高さを調節する筋肉で、この筋肉が収縮することで高い声が出ます。[hiroshiba.com]

予防

  • 現在、抗がん剤使用に伴う冷アロディニアの副作用に対する予防法や治療法は確立されておらず、この副作用を理由とする抗がん剤使用の中止や患者さんの生活の質の低下を防ぐことができる新たな治療薬の開発が切望されている。また、同社は東京大学大学院と共同研究を進めていく中で、TRPM8遮断薬が新規泌尿器疾患治療薬となる可能性も見い出している。開発段階としては2016年8月に前臨床開発段階に移行しており、現在はライセンス活動を展開している状況にある。 (執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川裕之) SF 配信元:[minkabu.jp]
  • 尿路感染の予防には尿道カテーテルの清潔管理とともに患者さんの手の能力ならびに排尿機能から適切な排尿手段を選択することが重要です。 下肢静脈血栓症、拘縮、褥創などの予防に関してもできるだけ早期より離床、リハビリテーションを進め、動かない手足を動かしてあげることが重要になります。 回復期のリハビリテーション 両足の麻痺がある場合には、上肢を使ってのプッシュアップ動作、長座位(足を投げだして座る)の獲得が日常生活動作の獲得には重要で、上肢の筋力増強訓練が必要です。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!