Edit concept Question Editor Create issue ticket

下大静脈症候群


提示

  • 孤立性腸骨動脈瘤手術症例の検討—人工肛門例の提示を含めて— 高橋宏明、杉本貴樹、北出貴嗣、三村剛史、西川宏信 日血外会誌14: 615-8, 2005 12. 上腸間膜動脈,両側腎動脈再建を要した腎上部腹部大動脈瘤の1手術例 腋窩動脈よりの一時的バイパス使用 三村剛史、杉本貴樹、北出貴嗣、高橋宏明 日血外会誌14: 559-62, 2005 13. 肺動脈弁原発乳頭状弾性線維腫の1手術例—本邦報告例の検討 田中亜紀子、杉本貴樹、北出貴嗣 日心血外会誌 34: 334-36, 2005 14.[awajimc.jp]
血管疾患
  • 前の文献 次の文献 今月の主題 内科医がよく遭遇する血管疾患 静脈疾患 上大静脈症候群・下大静脈閉塞症 島田 俊夫 1, 吉富 裕之 1, 清水 優美 1 1 島根医科大学第4内科 pp.884-888 発行日 1998年5月10日 Published Date 1998/5/10 DOI PDF (24899KB) 有料閲覧 文献概要 1ページ目 ポイント 上大静脈症候群・下大静脈閉塞症はそれぞれ特徴的な臨床症状を呈するため,その診断は容易である.[webview.isho.jp]
  • 血管疾患と治療 深部静脈血栓症 下肢の深部静脈に血栓(血の塊)ができて詰まってしまう病気です。前述した下肢静脈瘤は、下肢の表面の血管(表在静脈)におこります。深部静脈とは、下肢の深い部分(骨の近くと筋肉の中)にある血管です。なぜ、この深部静脈血栓が問題かですが、血栓が肺にとび肺血栓塞栓症になる場合があるからです。 長時間、脚を動かさないでいることや脱水などで起こす場合があり、飛行機で長時間旅行した時などエコノミークラス症候群などといわれ話題となっています。[pref.saitama.lg.jp]
  • 私が携わった静脈疾患と今後の課題 内田 發三 医療法人石川病院外科・血管外科 兵庫脈管疾患研究所 昭和39(1964)年 4 月,岡山大学医学部第二外科(当時の主任;砂田輝武教授,現在,腫瘍・胸部外科)へ入局した当時,教室では心臓血管外科,呼吸器外科,消化器外科などほとんどあらゆる疾患の手術が行われていた.その後,臨床研究生の折,Leriche症候群や下肢静脈瘤などの血管疾患を担当し,血管外科に興味を持ち始め,昭和45(1970)年 3 月から約 3 年間,ニューヨークのWesolowski, S[js-phlebology.org]
  • 血管疾患の既往のある方では頭蓋内出血が生じる可能性が高くなると考えられ、血栓溶解療法はしないことになっています。 手術直後の場合、手術部位からの出血が起こりうるのですが、血栓溶解薬を絶対に使ってはならないわけでなく、手術した臓器、手術後の日数、肺塞栓症の重症度などを考慮し、個々の症例ごとに使用するかどうかを判断します。 3.カテーテル治療 カテーテル(細い管)を使う治療法には、カテーテル血栓溶解療法、カテーテル血栓吸引術、さらに破砕術が含まれます。[ncvc.go.jp]
  • 津名医師会講演(2000.9.19 津名) 血管疾患に対する外科的治療 杉本貴樹 2. 洲本ロータリークラブ講演(2000.11.14 洲本) 血管病変の外科的治療 杉本貴樹 3. 三原医師会講演(2000.11.22 三原) 血管外科の臨床 杉本貴樹 4. 第45回兵庫県血管外科研究会(2001.1.20 神戸) 腹部大動脈瘤手術症例の検討 西川宏信、杉本貴樹、松森正術、豊田泰弘、前田裕巳、梅木雅彦、小山隆司、八田健、栗栖茂 5.[awajimc.jp]

精密検査

  • 精密検査が必要になるため、呼吸器内科、循環器内科の受診が必要。 治療方法と治療期間 1.原因疾患の治療 ・悪性腫瘍の場合…手術、放射線療法、化学療法 ・大動脈瘤の場合…手術 2.バイパス手術( ※5 ):人工血管等にて閉塞部にバイパス手術をおこなう。 3.カテーテル治療:バルーン拡張( ※6 )やステント留置( ※7 )で、詰まっているところを拡げる。 原因によっては、長期の治療、入院治療が必要になる。[fdoc.jp]

治療

  • 最初にお読み下さい 医師紹介 クリニック概要 院内のご紹介 当院へのアクセス 他の医療機関の皆さまへ はじめてご来院される方へ 診察の流れ 診療・治療費用 遠方の方へ 下肢静脈瘤とは? 下肢静脈瘤の日帰り手術 潰瘍でお困りの方へ 再発でお困りの方へ 陰部静脈瘤の治療 クモの巣状静脈瘤の治療 下肢静脈瘤Q&A 下肢静脈瘤の写真 足のむくみと下肢静脈瘤 レーザー治療ってどんな 治療法?[kekkangeka.com]
  • 早産マーカーの検査 腟内の細菌検査 血液検査 切迫早産の治療 切迫早産 の治療の基本は 安静 と 治療薬 です。 軽症であれば自宅安静や通院治療も可能ですが、入院治療が必要なこともあります。おなかの張りが強く繰り返しおこる場合、大目の出血や破水を疑うような場合は診察が必要です。 常位胎盤早期剥離とは? 正常な分娩ではあかちゃんが生まれてから胎盤が子宮より剥離して子宮外へ排出されます。これを後産といいます。 これに反して妊娠中や分娩中に胎盤が子宮より剥離してしまうのが 常位胎盤早期剥離 です。[yuhookai.jp]
  • 治療方法と治療期間 1.原因疾患の治療 ・悪性腫瘍の場合…手術、放射線療法、化学療法 ・大動脈瘤の場合…手術 2.バイパス手術( ※5 ):人工血管等にて閉塞部にバイパス手術をおこなう。 3.カテーテル治療:バルーン拡張( ※6 )やステント留置( ※7 )で、詰まっているところを拡げる。 原因によっては、長期の治療、入院治療が必要になる。 治療の展望と予後 この症候群を治療することは可能だが、原因疾患の治療は個々の疾患の状態による。 進行癌(進行肺がんが多い)の場合は困難な場合が多い。[fdoc.jp]

疫学

  • 2)疫学 人口100万人あたりの急性PE発症率は1996年に28人であったのが2006年で62人となり2.25倍に増加している。米国と比較すると頻度は1/8程度となる。日本麻酔科学会のアンケート調査によるVTE発症率のデータでは手術1万件あたり2 3となっている。 3)検査と診断 VTEの臨床症状はDVTとPEの症状に分けられる。DVTの症状は下肢の腫脹・疼痛が主なものであるが、無症候性のものも多数あり、それがPEを発症しやすい。[jsth.org]
  • A 疫学・診断 1.疫学・病態生理 2.診断 B 治療 1.対症療法・薬物療法 2.化学療法 3.放射線療法 4.ステント留置 5.外科的治療 文献 1.疫学・病態生理 1)病態生理 上大静脈症候群は、上大静脈の血流閉塞によって生じる。閉塞は右肺もしくはリンパ節病変からの直接浸潤ないし壁外性の圧迫か、塞栓症によって起こる。双方がともに起こっていることもある。 上大静脈の閉塞が起こると側副血行路が形成される。側副血行路は、奇静脈、内胸静脈、外側胸静脈、傍脊柱および食道の静脈から発生する。[medical.nikkeibp.co.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • A 疫学・診断 1.疫学・病態生理 2.診断 B 治療 1.対症療法・薬物療法 2.化学療法 3.放射線療法 4.ステント留置 5.外科的治療 文献 1.疫学・病態生理 1)病態生理 上大静脈症候群は、上大静脈の血流閉塞によって生じる。閉塞は右肺もしくはリンパ節病変からの直接浸潤ないし壁外性の圧迫か、塞栓症によって起こる。双方がともに起こっていることもある。 上大静脈の閉塞が起こると側副血行路が形成される。側副血行路は、奇静脈、内胸静脈、外側胸静脈、傍脊柱および食道の静脈から発生する。[medical.nikkeibp.co.jp]

予防

  • その解決を目指し、日本でも2004年に静脈血栓塞栓症の予防ガイドラインが公表されました。予防の主な対象は手術を受ける患者さんです。 1.物理的予防予防法は、薬を使わない物理的予防法と、薬による予防法があります。物理的予防法には、何も道具を用いない方法と、道具や機械を必要とする方法があり、どちらも低下した脚の静脈内血液の流れをよくする方法です。 できるだけ早期に離床し、よく歩くことは、脚のポンプ機能を働かせて血液の流れを正常化させるという意味でも大切です。[ncvc.go.jp]
  • 来年から予防を欠かさず、20歳を目標に頑張って欲しいと思います。 下は摘出後の超音波所見です。 予防薬投与が大切 人間が作り出す薬には、多かれ少なかれ副作用が発生します。当院の方針は、出来るだけ薬は使用しないこと、使用した際には、出来る限り短期間であることを原則にしています。当然犬糸状虫の予防薬にも毒性はありますが、虫体が寄生することを鑑みると、予防が優先されます。[ishizaki-ah.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!