Edit concept Question Editor Create issue ticket

下大静脈後尿管


治療

  • 診療スタッフ 診療部長 伊藤 敬一 職位 教授 専門分野 1)泌尿器科腹腔鏡手術(泌尿器科悪性腫瘍全般、腎盂尿管移行部狭窄症、腎移植ドナーなど) 2)局所進行性腎癌に対する手術治療(下大静脈塞栓を認める腎癌など) 3)泌尿器科高難度手術(精巣癌に対するリンパ節郭清、陰茎癌手術など) 4)泌尿器科悪性腫瘍に対する薬物治療 5)小径腎癌に対する焼灼治療 6)泌尿器科内分泌疾患(主に副腎腫瘍に対する手術治療) 資格等 日本泌尿器科学会専門医、指導医 日本がん治療認定医機構がん治療認定医 日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡技術認定医[ndmc.ac.jp]
  • 放射線、抗癌剤を組み合わせた集学的治療が必要です。 現段階での当院の治療方針 (2012,2) 基本の治療方針はまず腎尿管全摘術です。これに術前に抗癌剤、術後に抗癌剤または放射線治療を併用することがあります。術前にリンパ節転移を画像診断にて認めた時は術前抗がん剤治療がお勧めです。 摘出標本の病理診断にて転移を認めるときは、手術、放射線、抗癌剤を組み合わせた集学的治療が必要と思われます。[niigata-cc.jp]
  • 抗がん剤治療(化学療法) 転移のある症例では、抗がん剤の投与が第1選択となります。治療効果をみて手術や放射線照射を 併用します。また、転移のない進行がんの場合も、手術前に腫瘍を縮小させる目的や手術後に 再発を予防する目的で、抗がん剤治療を行うことがあります。しかし、この場合の治療効果について、 はっきりとした結論がでていないのが現状です。 BCG(弱毒結核菌)の注入 表在性がんに対する保存的治療として、弱毒結核菌であるBCGを尿路に注入する方法があります。[med.nihon-u.ac.jp]
  • について 誤ったもの の組み合わせを選べ(3). 1) 尿路結石の摘出のために現在最も広く行われている治療は,体外衝撃波結石破砕術である. 2) 体外衝撃波結石破砕術にて摘出不可能な場合は,観血的(開腹)手術により摘出する. 3) サンゴ状結石などの大きな腎結石は,体外衝撃波結石破砕術は適応とならないので,最初から経皮的内視鏡 下腎結石摘出術を行う. 4) シスチン結石や尿酸結石は薬物治療にてある程度,溶解治療や予防が可能である. 5) 尿路感染を合併する尿路結石は,まず尿路感染の治療を行い,次いで[home.hiroshima-u.ac.jp]

疫学

  • 田崎 新資 職位 学内講師 専門分野 慢性腎不全、前立腺癌 研究領域 ドコサヘキサエン酸の腎癌における抗腫瘍効果の解明 腎癌に対する全摘除術と部分切除術の使い分けの最適化 去勢抵抗性前立腺癌におけるアンドロゲンレセプターの発現量 局在の評価法の確立による治療の最適化 資格等 泌尿器科専門医・指導医 医学博士 所属学会 日本泌尿器科学会 日本泌尿器内視鏡学会 日本透析医学会 日本臨床腎移植学会 常勤医師 川口 真 職位 医学研究科医師 専門分野 泌尿器科全般、腎移植 研究領域 がんゲノム研究 遺伝疫学的解析[ndmc.ac.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • また、転移のない進行がんの場合も、手術前に腫瘍を縮小させる目的や手術後に 再発を予防する目的で、抗がん剤治療を行うことがあります。しかし、この場合の治療効果について、 はっきりとした結論がでていないのが現状です。 BCG(弱毒結核菌)の注入 表在性がんに対する保存的治療として、弱毒結核菌であるBCGを尿路に注入する方法があります。 放射線療法 他の疾患等により手術が受けられない場合や、転移のある症例に対して行うことがあります。[med.nihon-u.ac.jp]
  • また根治手術の結果、術後の再発の危険性が高いと思われる方(壁外浸潤やリンパ節転移が確認された方)には再発率を下げるために抗がん剤の予防投与や放射線治療をお勧めすることがあります。 他の臓器に転移している場合、手術のみで治すことはできません。放射線、抗癌剤を組み合わせた集学的治療が必要です。 現段階での当院の治療方針 (2012,2) 基本の治療方針はまず腎尿管全摘術です。これに術前に抗癌剤、術後に抗癌剤または放射線治療を併用することがあります。[niigata-cc.jp]
  • 溢流性尿失禁 c)腹圧性尿失禁 d)機能性尿失禁 e)反射性尿失禁 13)尿路結石の治療について 誤ったもの の組み合わせを選べ(3). 1) 尿路結石の摘出のために現在最も広く行われている治療は,体外衝撃波結石破砕術である. 2) 体外衝撃波結石破砕術にて摘出不可能な場合は,観血的(開腹)手術により摘出する. 3) サンゴ状結石などの大きな腎結石は,体外衝撃波結石破砕術は適応とならないので,最初から経皮的内視鏡 下腎結石摘出術を行う. 4) シスチン結石や尿酸結石は薬物治療にてある程度,溶解治療や予防[home.hiroshima-u.ac.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!