Edit concept Question Editor Create issue ticket

上腕橈骨癒合症


治療

  • 東大沢整形外科内科での治療および治療方針 薬物療法 注射や外用薬(湿布薬や塗り薬)、内服薬(消炎鎮痛剤)。 物理療法 電気治療(微弱電流・低・ 中周波)・超音波・鍼治療などを行い消炎鎮痛を企図します。 装具療法 エルボーバンドによる筋緊張緩和を企図します。 日常生活では、自宅で(特に炎症・痛みが強いとき)アイシング・安静をご指導いたします。再発防止のためにも、ストレッチなどは継続する事をお勧めします。[higashiohsawa.jp]

疫学

  • Regenerative Cellsを用いたハイブリッド型人工神経の研究 岡本 駿郎, 多田 薫, 八野田 愛, 山本 大樹, 土屋 弘行 日本手外科学会雑誌 32(1) 2-B Apr 2015 手における非結核性抗酸菌感染症の治療経験 納村 直希, 池田 和夫, 多田 薫 日本手外科学会雑誌 32(1) 2-5 Apr 2015 米粒体を伴った慢性腱鞘滑膜炎の検討 山本 大樹, 多田 薫, 岡本 駿郎, 八野田 愛, 土屋 弘行 日本手外科学会雑誌 32(1) 2-5 Apr 2015 手・肘の疫学[researchmap.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 早期にリハビリテーションを開始することにより、比較的短い治療期間で機能を回復することも可能ですし、拘縮(関節の動きが悪くなる)などの二次的合併症の予防にもなり、患者さまの負担が軽減されます。 手の外科では、医師の診断に基づいてセラピストが効果的なリハビリメニューを作成し、正しいリハビリテーション運動の方法を指導させていただきます。 ハンドセラピィを受けるには、医師の診断が必要です。ハンドセラピィのみの受診は行っておりませんのでご注意ください。 医師紹介[mcube.jp]
  • スポーツに起因する外傷・障害の治療はもとより、障害予防のための運動療法やメディカルチェックなどを行っています。 当院では、最先端の手術的治療はもとより、医師と理学療法士が協力して保存治療もしくは手術前後のリハビリテーションにも力をいれて行っております。単に外傷に対する治療を行うのみではなく、予防やスポーツ復帰を含めてトータルにスポーツ障害を捉えて診療を行っています。 【投球障害】 投球障害とは一般的に投球による肩や肘の障害をひとくくりにしたものであり、原因や程度は様々です。[shinshu-u.ac.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!