Edit concept Question Editor Create issue ticket

上気道感染症


提示

筋肉痛
  • 高熱、悪寒(寒気)、全身倦怠感(全身のだるさ)、筋肉などの全身症状は一般的に少なく、同様にウイルスで起こる インフルエンザ との違いでもあります。 一方、肺炎では38 を超える発熱が数日間に渡って持続し、悪寒や全身倦怠感(全身のだるさ)に加え、呼吸困難感・息切れを伴う場合もあります。せき・痰がある場合には、色のついた痰(黄色、緑色、鉄さび色)もみられます。[saiseikai.or.jp]
発熱
  • 発熱や痛みに対して グレードC1 (やっても良い) これらの症状に対して、患者さんの苦痛が強い場合に以下の薬剤が投与されますが、基本的には頓用で使います。 成人:酸性非ステロイド系抗炎症薬 小児:アセトアミノフェン(非ピリン系) 2. 鼻汁、鼻づまり、くしゃみに対して グレードC1 (やっても良い) 抗ヒスタミン薬、吸入副交感神経遮断薬、点鼻血管収縮薬などを短期間、回数を限って使用します。 3.[ebm.jp]
  • 7 10歳の子どもに多く、1 5週たってから、発熱、関節痛が現れます。 溶連菌の診断は、咽頭部から粘液をとって簡単に調べることができます(迅速診断)。まわりで流行している場合には注意が必要です。 昔から、かぜは万病のもとといわれていますが、現在でも通用することわざです。 「Web家庭の医学」は株式会社保健同人社のコンテンツです。Copyright (C) 2016 保健同人社 All Rights Reserved.[women.benesse.ne.jp]
  • 適応となるのは頭痛や顔面痛、発熱を伴っている場合である2)。 抗菌薬治療は急性中耳炎に準じる。 急性気管支炎の多くはウイルス感染によって起こり、抗菌薬処方は必要ない。発熱を伴っていれば肺炎と鑑別する必要がある。咳症状が遷延する場合は百日咳、マイコプラズマ、クラミジアなどの可能性がある2)。 4. 上気道炎の症状の意味と対症療法 発熱、咳、鼻汁などのかぜ症状は進化医学の観点から病原体の感染を受けたときの 宿主の正常な防衛反応と考えられ、原則として治療の必要はない。[kusakari-shounika.or.jp]
  • 潜伏期間 4 6日 症状 咳・発熱・鼻水 咳、鼻水、発熱などの風邪の症状を呈しますが、普通は1週間程度で良くなります。 重症化して気管支炎や肺炎になると、高熱、喘鳴(呼吸時に「ゼーゼー」「ヒューヒュー」というような音がする状態)や呼吸困難を伴うようになります。 発熱や咳が持続する場合は、気管支炎や肺炎の可能性がありますので、早めに受診しましょう。 ヒトメタニューモウイルスの検査 ヒトメタニューモウイルスの検査は簡単です。[mizuho-m.co.jp]
倦怠感
  • 高熱、悪寒(寒気)、全身倦怠(全身のだるさ)、筋肉痛などの全身症状は一般的に少なく、同様にウイルスで起こる インフルエンザ との違いでもあります。 一方、肺炎では38 を超える発熱が数日間に渡って持続し、悪寒や全身倦怠(全身のだるさ)に加え、呼吸困難感・息切れを伴う場合もあります。せき・痰がある場合には、色のついた痰(黄色、緑色、鉄さび色)もみられます。[saiseikai.or.jp]
  • 症状は咳、痰、血痰、全身倦怠などである。ほとんどが肺疾患であるが、リンパ節結核、骨、関節結核、腎・尿路結核、腸結核など を起こすこともある。 【 バイコマイシン耐性球菌 】 バンコマイシン(MRSAの治療に用いられる抗生物質)に耐性を獲得した腸球菌。腸球菌は本来ヒトや動物の腸内に常在する菌で、健康な人が保菌していても感染症を起こすことはない。[biseibutu.co.jp]
  • 主な症状としては咳嗽、倦怠、発熱、ときに頭痛などがあります。急性気管支炎や上気道感染症の症状は一般的に軽度で自然に治癒します。感染した小児のおよそ10%が肺炎を来すとされています。初期は乾いた咳嗽でやがて湿った咳嗽に変わります。咳は通常3〜4週間持続し、ときにゼーゼーすることもあります。 また、感染したおよそ10%の小児にいろいろな湿疹を来すことが知られています。 潜伏期 2〜3週間(1〜4週) 合併症 マイコプラズマ感染症には多彩な症状が知られています。[sakuragaokashonika.com]
  • 【症状】 自覚症状として鼻症状(鼻水、鼻づまり)、咽頭症状(咽頭痛)が主体で、発熱、頭痛、全身倦怠などがあります。下気道まで炎症が及ぶと下気道症状(せき、たん)が出現します。 【診断】 咽頭ぬぐい液などからウイルスを直接に分離同定するか、もしくは初診時と2週間後位の血液検体を用いて有意な抗体価上昇を認めれば診断できます。しかし、一般的には原因微生物の同定は困難な症例が多く、また、患者の身体所見から診断を下すことも少なくありません。[jrs.or.jp]
  • かぜ症候群 [ 編集 ] くしゃみ、 鼻水 、 鼻閉 、微熱、倦怠、 頭痛 、食欲不振といった漠然としたいくつかの症状が比較的緩徐に出現するのが特徴である。 ライノウイルス や コロナウイルス が原因であることが多く、基本的に 抗菌薬 を用いる必要はない。 自然回復日数は平均1.5週間。診断がついた場合は 対症療法 を行う。症状をとるには 漢方薬 が有効な場合が多い。その他には鼻づまりには 抗ヒスタミン薬 、熱、頭痛などには解熱 鎮痛薬 が用いられる。[ja.wikipedia.org]
悪寒
  • 高熱、悪寒(寒気)、全身倦怠感(全身のだるさ)、筋肉痛などの全身症状は一般的に少なく、同様にウイルスで起こる インフルエンザ との違いでもあります。 一方、肺炎では38 を超える発熱が数日間に渡って持続し、悪寒や全身倦怠感(全身のだるさ)に加え、呼吸困難感・息切れを伴う場合もあります。せき・痰がある場合には、色のついた痰(黄色、緑色、鉄さび色)もみられます。[saiseikai.or.jp]
  • 嘔気、嘔吐、悪寒を訴えた症例もあるが、38 以上の発熱は稀である。溶血性尿毒症を伴う例もある。 【 劇症型溶血性連鎖球菌 】 「人食いバクテリア」として恐れられた。咽頭炎、創傷感染、手術創感染などに引き続いて、突然の高熱、四肢の筋肉痛、嘔吐、下痢、血圧低下などの敗血症性ショックを呈する。早期に播種性血管内凝固症候群(DIC)から肝不全、腎不全、成人呼吸窮迫症候群(ARDS)などの多臓器不全を起こして死亡する。 【 炭疽 】 3型に分けられる。[biseibutu.co.jp]
  • インフルエンザの症状としては、急性の高熱、悪寒、 関節痛 、のどの痛み(ただし咽頭の発赤、腫脹はない)、咳、鼻水などがあげられる。通常は自然治癒するのだが高齢者は重症化し死に至ることもあるので 予防 が大切と言われている。 空気感染 ( 飛沫感染 )するため、感染者は5日間の就業停止が望ましいと言われている。特に高齢者との接触は避けたいところである。また抗菌薬の投与に 肺炎 の予防効果はないと言われている。治療薬として タミフル や リレンザ が有名である。[ja.wikipedia.org]
リンパ節腫脹
  • 局所の表在リンパ腫脹と痛み、特に腋下のリンパ腫脹が多い。4 5日後、いったん解熱した後、再び高熱が持続する。病原体は野兎病菌。哺乳類、鳥類の剥皮からの接触感染あるいは動物に噛まれたり保菌動物の調理によって汚染された器具から他の食材が汚染されての経口感染などがある。 【 鼠咬症 】 ネズミのほかマウス、ラット、リス、イタチ、ネコによるひっかき傷から感染、発症する。ネズミによる咬傷部はいったん治癒し、その1 3週間後、突然の高熱、頭痛、嘔吐、筋肉痛で発症する。[biseibutu.co.jp]
  • 熱が38度以上、咳がない、前頸部リンパ腫脹を認める、扁挑がはれている、または扁挑に浸出物がある、年齢が3 14歳であるという項目に対して該当する項目数を数える。なお年齢が45歳以上の場合は-1とする。合計点が1以下である場合は細菌性咽頭炎ではなく、2点以上である場合は咽頭培養、または(感度は落ちるものの) 溶連菌迅速検査 を用いて検査後、ペニシリンを投与して良いとされている。4点以上の場合はエンピリックにペニシリンを投与する場合もある。[ja.wikipedia.org]
疲労
  • [誘因] 疲労やストレスの蓄積、睡眠不足、他の病気による抵抗力の低下、バランスの悪い食事など・・・よく、薄着をしたからかぜをひいた、とか布団から飛び出ていたからかぜをひいた、とか言いますが、これは気温差に対応できないと、体力、抵抗力の低下につながるということなので、普段から気温差に慣れることができれば、予防につながるでしょうか? [症状] 上気道の炎症になりますので、くしゃみ、鼻水、はなづまり、咽頭痛、咳、発熱などです。[yamauchi-iin.com]
  • インフルエンザ、インフルエンザ様疾患 [ 編集 ] 風邪とインフルエンザの違い [3] 風邪 (Cold) インフル (Flu) 発熱 まれ 頻出(37-38 ) 頭痛 まれ 頻出 疼痛 わずか 大部分、重度となりえる 疲労・脱力 時々 大部分, 2-3週続く 極度の疲労 なし 大部分 鼻汁 頻出 時々 くしゃみ 頻出 時々 のどの痛み 頻出 時々 インフルエンザウイルス による感染症である。[ja.wikipedia.org]
頭痛
  • 急激な高熱、頭痛、悪寒、倦怠感、筋肉痛、嘔吐などの強い全身症状と鼠径部、腋窩、頸部のリンパ節腫脹がみられ、それがこわれて膿瘍が形成される。 敗血症ペスト;ショック症状、汎発性血管内凝固症候群に引き続き、手足の壊死、紫斑、昏睡がみられる。約100%の頻度。 肺ペスト;高熱、激烈な頭痛、嘔吐、呼吸困難、泡沫上の鮮紅色の血痰などが認められる。 【 細菌性赤痢 】 血清学的にS.dysenteriae(A群)、S.flexneri(B群)、S.boydii(C群)、S.sonnei(D群)の4型がある。[biseibutu.co.jp]
  • 主な症状としては咳嗽、倦怠感、発熱、ときに頭痛などがあります。急性気管支炎や上気道感染症の症状は一般的に軽度で自然に治癒します。感染した小児のおよそ10%が肺炎を来すとされています。初期は乾いた咳嗽でやがて湿った咳嗽に変わります。咳は通常3〜4週間持続し、ときにゼーゼーすることもあります。 また、感染したおよそ10%の小児にいろいろな湿疹を来すことが知られています。 潜伏期 2〜3週間(1〜4週) 合併症 マイコプラズマ感染症には多彩な症状が知られています。[sakuragaokashonika.com]
  • 【症状】 自覚症状として鼻症状(鼻水、鼻づまり)、咽頭症状(咽頭痛)が主体で、発熱、頭痛、全身倦怠感などがあります。下気道まで炎症が及ぶと下気道症状(せき、たん)が出現します。 【診断】 咽頭ぬぐい液などからウイルスを直接に分離同定するか、もしくは初診時と2週間後位の血液検体を用いて有意な抗体価上昇を認めれば診断できます。しかし、一般的には原因微生物の同定は困難な症例が多く、また、患者の身体所見から診断を下すことも少なくありません。[jrs.or.jp]
  • ・発熱、咳、鼻汁、頭痛、関節痛などの症状は病原体に感染したときの宿主の正常な防衛反応であり、原則として対症療法の必要はない3)。苦痛や不安が強いときは安全性の高い薬剤を最小限に処方する。 ・上気道炎の診療で重要なことは、「安全で安心な医療」を実践することである。それには①菌血症や細菌性髄膜炎などの重症疾患を見逃さない。②不必要な薬は使わない。③病気の治療や予後、予防などについて適切な情報を提供する。の3点が重要である。 Ⅱ. 回答の解説 1.[kusakari-shounika.or.jp]
  • かぜ症候群 [ 編集 ] くしゃみ、 鼻水 、 鼻閉 、微熱、倦怠感、 頭痛 、食欲不振といった漠然としたいくつかの症状が比較的緩徐に出現するのが特徴である。 ライノウイルス や コロナウイルス が原因であることが多く、基本的に 抗菌薬 を用いる必要はない。 自然回復日数は平均1.5週間。診断がついた場合は 対症療法 を行う。症状をとるには 漢方薬 が有効な場合が多い。その他には鼻づまりには 抗ヒスタミン薬 、熱、頭痛などには解熱 鎮痛薬 が用いられる。[ja.wikipedia.org]
腹痛
  • 腸炭疽;悪心、嘔吐、腹痛、血便などの腸感染症症状(出血性腸炎)を起こす。咽頭部感染では咽頭炎、嚥下性障害、発熱、頸部リンパ節腫脹がみられる。 肺炭疽;インフルエンザ様症状からリンパ節腫脹、縦隔炎から急激な呼吸困難、チアノーゼ、意識障害、昏睡をきたし、死に至る。髄膜炎もみられる場合がある。 【 破傷風 】 受傷部位の不快な緊張感と発熱(第1期)で発症し、徐々に開口障害、呼吸困難、胸痛、悪心・嘔吐、腹痛、顔面筋痙攣が出現し、数日間持続する。この間、意識は清明(第2期)である。[biseibutu.co.jp]
  • 症状 発熱・嘔吐・下痢・腹痛です。大量の白っぽい水様便が一日に何度も出ます。(注:アデノウイルスでも白色便を呈することがあります。)通常、発熱は2日間、嘔吐は2日目以降より減少します。下痢は1週間程度で治まりますが、2週間程度続くこともあります。 治療 ウイルスが原因なので特効薬はありません。脱水の予防と対症療法(吐き気止めや整腸剤)を行います。下痢で失われた水分と電解質を経口的に補うため、こまめに根気よく、少量ずつ補給することが大切となります。[tokeidai-mc.jp]
風邪
  • 風邪と勘違いしている人も多いようですが、猫に風邪という診断名はなく、風邪のような症状を示していればほぼこれら二つのウィルス感染症に間違いありません。 2018-10-18 UPDATE 目次 原因 1.ウィルス性鼻気管炎 ヘルペスウィルスが原因です。感染すると、一時は治癒してもその後再び症状が出ることがありますが、それは神経細胞の中にウィルスが入り、猫が一生ウィルスを持ち続けるためです。[irisplaza.co.jp]
  • 潜伏期間 4 6日 症状 咳・発熱・鼻水 咳、鼻水、発熱などの風邪の症状を呈しますが、普通は1週間程度で良くなります。 重症化して気管支炎や肺炎になると、高熱、喘鳴(呼吸時に「ゼーゼー」「ヒューヒュー」というような音がする状態)や呼吸困難を伴うようになります。 発熱や咳が持続する場合は、気管支炎や肺炎の可能性がありますので、早めに受診しましょう。 ヒトメタニューモウイルスの検査 ヒトメタニューモウイルスの検査は簡単です。[mizuho-m.co.jp]
風邪
  • 風邪と勘違いしている人も多いようですが、猫に風邪という診断名はなく、風邪のような症状を示していればほぼこれら二つのウィルス感染症に間違いありません。 2018-10-18 UPDATE 目次 原因 1.ウィルス性鼻気管炎 ヘルペスウィルスが原因です。感染すると、一時は治癒してもその後再び症状が出ることがありますが、それは神経細胞の中にウィルスが入り、猫が一生ウィルスを持ち続けるためです。[irisplaza.co.jp]
  • 潜伏期間 4 6日 症状 咳・発熱・鼻水 咳、鼻水、発熱などの風邪の症状を呈しますが、普通は1週間程度で良くなります。 重症化して気管支炎や肺炎になると、高熱、喘鳴(呼吸時に「ゼーゼー」「ヒューヒュー」というような音がする状態)や呼吸困難を伴うようになります。 発熱や咳が持続する場合は、気管支炎や肺炎の可能性がありますので、早めに受診しましょう。 ヒトメタニューモウイルスの検査 ヒトメタニューモウイルスの検査は簡単です。[mizuho-m.co.jp]
呼吸困難
  • 咳・痰に対して グレードA (強く勧める) 末梢性鎮咳薬 含嗽水、トローチ(咽頭痛、咽頭不快感を伴う咳に) グレードB (やったほうが良い) 末梢性鎮咳薬 去痰薬(痰を伴う咳に)、 気管支拡張薬(喘鳴や呼吸困難を伴う咳に) グレードC1 (やっても良い) 中枢性鎮咳薬 非麻薬性 デキストロメトルファン、 リン酸ジメモルファン、クロペラスチン グレードC2 (やらないほうが良い) 中枢性鎮咳薬 麻薬性 リン酸コデイン、リン酸ジヒドロコデイン 4.[ebm.jp]
  • 病名 炎症部位 症状 熱 風邪 上気道 くしゃみ、鼻水、せき、痰、咽頭痛など 37 台の微熱 インフルエンザ 全身感染 悪寒、関節痛、筋肉痛、腹部症状(B型) 38 以上の高熱(ワクチン接種者では微熱の場合もある) 肺炎 肺胞 悪寒、全身倦怠感、呼吸困難感、息切れ、色のついた痰(黄色、緑色、鉄さび色) 38 以上の高熱 予防のポイント 風邪、インフルエンザ、肺炎の主な原因はウイルスや細菌への感染です。感染しないための予防を行いましょう。[saiseikai.or.jp]
  • 肺炭疽;インフルエンザ様症状からリンパ節腫脹、縦隔炎から急激な呼吸困難、チアノーゼ、意識障害、昏睡をきたし、死に至る。髄膜炎もみられる場合がある。 【 破傷風 】 受傷部位の不快な緊張感と発熱(第1期)で発症し、徐々に開口障害、呼吸困難、胸痛、悪心・嘔吐、腹痛、顔面筋痙攣が出現し、数日間持続する。この間、意識は清明(第2期)である。続いて、全身骨格筋強直性痙攣が反復出現し、1 3週間持続(第3期)する。窒息死をまぬがれれば徐々に回復(第4期)する。[biseibutu.co.jp]
  • 気管支から更に分かれた、細気管支に炎症が起こって、閉塞を招くようになると、喘鳴・多呼吸・陥没呼吸などの呼吸困難症状を呈するようになります。新生児では無呼吸に陥ることもあります。 治療 特別な治療法はなく、対症療法での改善を待ちます。呼吸困難があるときは入院治療になります。特に低月齢や免疫不全児、2500g未満の低出生体重児、心臓・呼吸器系に疾患のある赤ちゃんは注意を要します。 予防 大人がRSウイルスに感染しても軽微な鼻風邪程度で済むことが多いです。[tokeidai-mc.jp]
咽頭痛
  • 咽頭発赤・腫脹、咽頭に対して グレードA (強く勧める) 含嗽水、トローチ 5. 扁桃腫脹に対して グレードA (強く勧める) 高熱を伴ったり、膿性分泌物(膿栓、白苔)がみられる場合には、細菌感染の合併を考え抗菌薬を投与する 6.[ebm.jp]
  • 感染ルート 飛沫感染、接触感染 原因と症状 A群β溶血性連鎖球菌に感染して、咽頭・発熱・嘔気などが出現します。舌はときに赤くポツポツしてきます。四肢・体幹に発疹が出たり、頸部のリンパ節が腫れて、圧痛を伴うことも珍しくありません。溶連菌は何種類もあるので、何度も罹ります。 検査 咽喉の粘膜に菌がいるかどうかを、迅速診断キットで判定します。 治療 溶連菌に感受性のある抗生剤を7日‐14日くらい飲みます。通常、1-2日で解熱して咽頭が治まってきます。[tokeidai-mc.jp]
  • 肺炎の見極め方 いわゆる"かぜ"は、かぜ症候群と言われる諸症状(くしゃみ、鼻水、せき、痰、咽頭、37 台の微熱など)からなり、80 90%はウイルスが原因です。かぜ症候群は、上気道(鼻や喉の部分)感染症である急性上気道炎に対応し、上気道に炎症が起こります。高熱、悪寒(寒気)、全身倦怠感(全身のだるさ)、筋肉痛などの全身症状は一般的に少なく、同様にウイルスで起こる インフルエンザ との違いでもあります。[saiseikai.or.jp]
  • 【症状】 自覚症状として鼻症状(鼻水、鼻づまり)、咽頭症状(咽頭)が主体で、発熱、頭痛、全身倦怠感などがあります。下気道まで炎症が及ぶと下気道症状(せき、たん)が出現します。 【診断】 咽頭ぬぐい液などからウイルスを直接に分離同定するか、もしくは初診時と2週間後位の血液検体を用いて有意な抗体価上昇を認めれば診断できます。しかし、一般的には原因微生物の同定は困難な症例が多く、また、患者の身体所見から診断を下すことも少なくありません。[jrs.or.jp]
咳嗽
  • 主な症状としては咳嗽、倦怠感、発熱、ときに頭痛などがあります。急性気管支炎や上気道感染症の症状は一般的に軽度で自然に治癒します。感染した小児のおよそ10%が肺炎を来すとされています。初期は乾いた咳嗽でやがて湿った咳嗽に変わります。咳は通常3〜4週間持続し、ときにゼーゼーすることもあります。 また、感染したおよそ10%の小児にいろいろな湿疹を来すことが知られています。 潜伏期 2〜3週間(1〜4週) 合併症 マイコプラズマ感染症には多彩な症状が知られています。[sakuragaokashonika.com]
  • 慢性の経過をとるもの [ 編集 ] 感染後咳嗽 マイコプラズマ肺炎後などよく見られる病態である。感染症によって気道過敏性が亢進し咳が持続する病態である。治療はステロイド投与である(マクロライドも併用可能である)。プレドニン30mgまたは40mgを5日間投与すると改善する場合が多い。 結核 微熱、咳嗽、 全身倦怠感 、 寝汗 、 痰 、 胸痛 、 体重減少 など漠然とした症状が長引くのが特徴である。特に日本は先進国の中で結核が極めて 罹患率 が高いという特徴がある。[ja.wikipedia.org]

精密検査

白血球増加
  • 初期治療の効果判定 発熱 症状(呼吸数、痰、肺雑音) 白血球 抗菌薬投与終了の目安 解熱(目安としては37度以下) 白血球増加の改善(正常化が目安) CRPの改善(最高値の30%以下への低下) 胸部Xp写真の明らかな改善 基礎疾患がなければ上記項目4項目中3項目を満たした時点で、基礎疾患があれば4項目中3項目を満たした4日後に治療を終了する。[ja.wikipedia.org]

治療

  • インフルエンザウィルス アデノウィルス 百日咳菌 マイコプラズマ 肺炎クラミジア 治療方針 図2-1 臨床診断からみた治療方針 図2-2 患者背景からみた治療方針 通常、成人は1年間に3 4回の“かぜ症候群”に罹患し、鼻汁、咳、咽頭痛、発熱などの症状を示します。軽度の場合、罹患した患者さんの大部分は自宅療法で自然治癒するか、いわゆる“かぜ薬”としての売薬を服用します。また一部の患者さんは医師による診断・治療を希望するか、あるいは重大な病気ではないことを確認してもらうために医療機関を受診します。[ebm.jp]
  • A-DROPシステムの点数でどのような治療を行うべきかも述べられており、 A-DROPスコア 重症度 治療場所 0 軽症 外来 1 2 中等症 外来あるいは入院 3 重症 入院 4 5 超重症 ICU とされている。入院治療が必要なのは重症度で重症以上または、全身状態不良や外来治療不良の場合である。それ以外は外来でのフォローアップが可能である。その他の重症度のスコアとしてはPSI、CURB-65などが知られている。[ja.wikipedia.org]

疫学

  • 疫学】 かぜ症候群はあらゆる年齢層に発症し、健常な人の大半が罹患するごく普通の疾患です。 【原因】 かぜ症状群の原因微生物は、80 90%がウイルスといわれています。主な原因ウイルスとしては、ライノウイルス、コロナウイルスが多く、RSウイルス、パラインフルエンザウイルス、アデノウイルスなどが続きます。ウイルス以外では、一般細菌、肺炎マイコプラズマ、肺炎クラミドフィラなど特殊な細菌も原因となります。[jrs.or.jp]
  • 監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏 更新:2015/8/28[kansensho.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 口腔ケアはやっぱり大事 2014.10.15 水曜日 近年になって歯科衛生士による口腔ケアが肺炎や上気道炎などの呼吸器感染症予防にも有効であることがいわれております。歯科医院での専門の口腔ケアは齲蝕予防や歯周病予防に効果的なだけなく、口腔内細菌や日和見感染症起因微生物を減少させることにより、肺炎、上気道炎、インフルエンザの発症も抑制されることが示唆されています。[akita-da.or.jp]
  • ・食後や就寝前の歯磨きにより口腔内を清潔に保つことで、口腔内の雑菌による風邪やインフルエンザ、肺炎予防に繋がります。 ポイント 2 からだの抵抗力を高める 規則正しい生活や適度な運動を行い、喫煙者は禁煙をすることで、からだの抵抗力を高めましょう。 ポイント 3 予防接種を受ける 肺炎球菌は代表的肺炎の病原体であり、重症肺炎を起こす菌の代表です。高齢者の肺炎球菌ワクチン接種は大事な予防法です。予防接種を受けるタイミングは、インフルエンザ流行期に入る前が良いでしょう。[saiseikai.or.jp]
  • RSウイルス感染症の予防 RSウイルスはエンベロープをもち環境中では不安定で、石けん、消毒用アルコール、次亜塩素酸ナトリウムをふくむ塩素系消毒薬などにふれると容易に感染力を失います。 接触感染の予防には手洗いが、飛沫感染予防にはマスクの着用が有効です。 家族全員の手洗い、うがいも心がけてください。[nose-kids-cl.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!