Edit concept Question Editor Create issue ticket

上気道咳嗽症候群


提示

倦怠感
  • 高熱、悪寒(寒気)、全身倦怠(全身のだるさ)、筋肉痛などの全身症状は一般的に少なく、同様にウイルスで起こる インフルエンザ との違いでもあります。 一方、肺炎では38 を超える発熱が数日間に渡って持続し、悪寒や全身倦怠(全身のだるさ)に加え、呼吸困難感・息切れを伴う場合もあります。せき・痰がある場合には、色のついた痰(黄色、緑色、鉄さび色)もみられます。[saiseikai.or.jp]
  • 主な症状ですが、高熱、悪寒、頭痛、関節痛、倦怠などの全身症状のほか、せき、痰、呼吸困難、腹痛、下痢などがみられます。 インフルエンザの症状が疑われる際は、検査キットを用いて診断しますが、その結果は15分ほどで出ます。 治療については安静に努めながらの対症療法になります。 熱や痛みについては解熱薬、せきや喉の痛みには鎮せき去痰薬や気管支拡張薬などを用います。 また、感染初期であれば抗ウイルス薬による治療を行うこともあります。[tanakagaku-cl.com]
  • かぜ症候群、インフルエンザと肺炎の特徴 かぜ症候群 インフルエンザ 肺炎 発症時の症状 鼻咽頭の乾燥 徐々に悪化 頭痛、悪寒 急激に悪化 高熱、咳・痰、呼吸困難、胸痛、食欲不振、倦怠や悪寒、筋肉痛、関節痛、頭痛、呼吸数、脈が早くなる 上記症状がある場合とない場合がある。[self-medication.ne.jp]
  • のど、結膜、鼻、気管の粘膜の炎症によって、のどの痛み、結膜の充血、鼻水、咳がおこり、全身症状として発熱、頭痛、筋肉痛、倦怠などの症状があらわれます。通常3 4日で自然治癒します。抗生物質は効果がありません。 受診のタイミング 診療時間中に医療機関へ受診しましょう。ただし、高熱となり、呼吸が浅く速くなる、ゼイゼイと咳がひどく眠れない、痰が詰まる、顔色が悪い、急にぐったりするなどの様子が見られたときは、診療時間外でも病院へ受診しましょう。 ホームケア 活動度 家のなかでおとなしく過ごしましょう。[akamama.co.jp]
鼻漏
  • その他、 鼻水 、後(鼻水がのどに回る)、咳払いなどの症状を伴います。 上気道咳嗽症候群(後症候群) 副鼻腔炎(ちく膿症)の方の80%程度に後があり、そのうち40%程度にせきが認められたという報告があります。 咳がどうしてでるかというと、以下の2つのことが考えられております。 1)後(鼻がのどに回る)が、急性や慢性の喉頭炎、気管支炎を併発する。 2)後が、直接、喉頭や気管の咳受容体を化学的、物理的に刺激する。[urayasu-sekiguchiclinic.com]
  • 咳と痰が出る場合(湿性咳嗽) ・上気道咳嗽症候群(後に伴う咳)(ヒスタミンH1-拮抗薬) ・副鼻腔気管支症候群(去痰薬、マクロライド) ・後(ヒスタミンH1-拮抗薬、ステロイド、抗菌薬の局所投与)* ・慢性気管支炎(禁煙) ・限局性気管支拡張症(抗菌薬、切除) ・気管支喘息による気管支漏(ステロイド) ・非喘息性好酸球性気管支炎(ステロイド)** ・肺癌、とくに肺胞上皮癌(?)[yoshida-naika.net]
  • 【表6】後による咳嗽の診断基準案(きびしい基準とあまい基準は同じ) 8週間以上持続する、とくに夜間に多い湿性咳嗽で、プロトンポンプ阻害薬や気管支拡張薬が無効である。 副鼻腔炎による後の場合は、副鼻腔X線かCTで陰影を認める。 副鼻腔炎の場合、数週間のマクロライド系抗菌薬の内服で後と咳嗽が軽快もしくは消失する。[kubix.co.jp]
乾性咳嗽
  • 2.湿性咳嗽と乾性咳嗽 痰が多い状態で痰を排出するための咳を湿性咳嗽といい大部分が副鼻腔と気管支の慢性炎症に伴うものです。これに対して乾性咳嗽は痰のほとんどない文字通りの乾いた咳です。胸部X線写真やCT上肺炎やその他の疾患を認めずに数週間も長く乾いた咳が続く疾患として多いのが咳喘息、アトピー咳嗽、風邪症候群後持続性咳嗽(かぜを引いた後に咳が長引く状態)の3者です。 3.慢性乾性咳嗽をおこす3疾患の違いは 咳喘息、アトピー咳嗽、かぜ症候群後持続性咳嗽の3者を始めから厳密に区別することは困難です。[daiichihosp.jp]
鼻閉
  • ただし、鼻茸ができて、大きくなると慢性的なが起こる。 ③肥厚性鼻炎 では、鼻腔粘膜の慢性的な腫脹がみられるが、原因として、アレルギー性鼻炎がベースにあることが多い。体質的に、下甲介骨の発育が過剰で、鼻腔が狭い場合にを訴えることが多い。 ④鼻中隔彎曲 がの原因になるという説があるが、彎曲症の場合、凸出している側はになるが、反対側はかえって広くなるわけで、を訴えることは少ない。反対側に肥厚性鼻炎が起こると、を訴えるようになる。[ueda.ne.jp]
  • このような場合で、頑固なや鼻汁のある方は、内視鏡下鼻内副鼻腔手術を受けられることをおすすめします。 914-0124 福井県敦賀市市野々町2-35-2 TEL:0770-23-1300 FAX:0770-23-1500 もり耳鼻咽喉科アレルギー科クリニック[morij.net]
  • 医原性鼻炎、妊娠鼻炎 [小児の特徴] [1] 気道の免疫機能がまだ未熟である [2] 鼻腔や気管支が体格的に狭い [3] 鼻腔や気管支粘膜の異物排出機構である線毛運動が弱い [4] 特に2才以下の乳幼児では、自分で鼻をかんだり痰を排出したり出来ず、副鼻腔がまだ成長段階で小さく十分機能しない [5] 2才から7才頃は、アレルギー素因のある子どもはダニやホコリのアレルギーが目立ち始め、アデノイド、扁桃腺などのリンパ組織が過剰に反応しやすい こういったところより鼻炎、副鼻腔炎による膿性鼻汁がのどに落ち、[yamauchi-iin.com]
  • 【表9】かぜ症候群後遷延性咳嗽の診断基準(あまい基準) 1.治療前診断基準 かぜ様症状(鼻汁、くしゃみ、、発熱、流涙、咽頭痛、嗄声など)のあとから続く持続性咳嗽。 2.治療後診断基準 中枢性鎮咳薬、ヒスタミンH1-受容体拮抗薬、麦門冬湯、吸入および内服ステロイド薬、吸入抗コリン薬などが有効。治療後比較的すみやかに咳嗽が消失(4週間程度を目安と)する。 ページトップへ[kubix.co.jp]

精密検査

  • 精密検査:8時間の睡眠ポリグラフィ(PSG)検査を行います。 減量、禁煙、飲酒を控える、過労の予防など生活習慣の改善が基本です。 中等症以上の方にはCPAP(持続陽圧呼吸)療法(保険適用)が第一選択です。鼻マスクから気道に空気を送り込み、睡眠中に起こる気道閉塞を防ぐことにより、効果は次の日から認められ、眠気が全く無くなる人もいます。 軽症の方には、口腔内装置(マウスピース)が有効な人もいます(診断書により保険適用)。[sas-care.jp]

治療

  • 治療につきましては、ウイルス性による扁桃炎の場合、風邪の時と同様の治療になります。 解熱剤を服用するほか、うがいをし、安静に努めることで、1週間ほどで治ります。 また、細菌性の扁桃炎の場合は、抗生剤の投与による治療が中心になります。 このほか症状を和らげるために解熱剤や消炎鎮痛薬、うがい薬などが用いられます。[tanakagaku-cl.com]
  • 特異的に効果のある薬剤はありますが治療的診断といって治療効果をみながら疾患の本態に迫ることになります。とはいってもこの3者には良く似たところがあります。 4.咳喘息とは? 喘息の症状のようにぜいぜいという喘鳴は認めませんが、気道の過敏性が亢進しており、気道が容易に咳発作をおこしやすい状態が病態の基本です。気管支拡張薬が治療に効果を発揮しますが いわゆる咳止めだけの処方ではほとんど効果が無いことが問題で、しかも放置するとこの疾患の40%が典型的な喘息に移行してしまう ことも問題です。[daiichihosp.jp]
  • 特に循環器疾患(狭心症、不整脈、高血圧など)のある患者さんは、睡眠時無呼吸症候群の専門医を紹介してもらい、 診断、治療を受けることが重要です。 専門医では、睡眠中の呼吸状態や酸素濃度を評価します。 治療は、nasal CPAPという呼吸補助装置(睡眠中にマスクをつけて鼻から陽圧の空気を送り込みます)を使ったり、 気道が広がるようなマウスピースを歯科口腔外科で作ってもらうなどして治療を行います。 治療により、いびき、日中の傾眠傾向、循環器疾患が改善されます。[doh-racenter.jp]
  • 心因性 (心療内科的治療) 気管支結核(抗結核薬) 肺癌、とくに中心型肺癌(癌に対する治療) * 欧米では、乾性咳嗽の原因とされている。 ** 原著では湿性咳嗽であるが、最近、乾性咳嗽の多いことが報告された。 ? 咳嗽発現の病態が不明であり、有効な治療法が確立されていない。[kubix.co.jp]

予防

  • ・食後や就寝前の歯磨きにより口腔内を清潔に保つことで、口腔内の雑菌による風邪やインフルエンザ、肺炎予防に繋がります。 ポイント 2 からだの抵抗力を高める 規則正しい生活や適度な運動を行い、喫煙者は禁煙をすることで、からだの抵抗力を高めましょう。 ポイント 3 予防接種を受ける 肺炎球菌は代表的肺炎の病原体であり、重症肺炎を起こす菌の代表です。高齢者の肺炎球菌ワクチン接種は大事な予防法です。予防接種を受けるタイミングは、インフルエンザ流行期に入る前が良いでしょう。[saiseikai.or.jp]
  • 抗インフルエンザ薬は、一定の条件(家庭内の罹患者あり、65歳以上など)付きで予防薬として使用することが認められていますが、保険適用外となります。諸事情で予防内服を希望される場合は、全額自費診療となることをご理解の上でご相談ください。 予防のために最も重要なのはインフルエンザワクチンの接種です。流行が本格化する前の11月 12月上旬頃に接種します。ワクチンによる発症予防効果は、流行年や年齢層などによっても異なりますが、約50 60%程度です。[e-clinic.gr.jp]
  • 問診(発作の既往など)や聴診(発作時には喘鳴) 胸部X線・アレルギー検査(IgE, RAST) 呼吸機能検査 吸入ステロイド薬により気道の炎症を治療し、気道の炎症を鎮静させて、気道の過敏性を改善して発作自体を予防します。 気管支拡張薬にて気道を広げる治療を行います。 発作が起こらないように、ピーク・フローメーターにて自己管理を行っていただきます。[sas-care.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!