Edit concept Question Editor Create issue ticket

レミエール症候群


提示

伝染性単核球症
  • 症、クリプトスポリジウムなど寄生性蠕虫感染症 エキノコックス症、日本住血吸虫症、フィラリア症、回虫症、広節裂頭条虫症などウイルス感染症 インフルエンザ、ウイルス性肝炎、ウイルス性髄膜炎、ウイルス性胃腸炎、ウイルス性結膜炎、後天性免疫不全症候群 (AIDS)、成人T細胞白血病、エボラ出血熱、黄熱、風邪症候群、狂犬病、サイトメガロウイルス感染症、重症急性呼吸器症候群 (SARS)、中東呼吸器症候群(MERS)、進行性多巣性白質脳症、水痘・帯状疱疹、単純疱疹、手足口病、デング熱、日本脳炎、伝染性紅斑、伝染[ja.wikipedia.org]

治療

  • 治療には抗凝固療法と組み合わせた長期の 抗生物質 療法が必要である。 ・起因菌はフソバクテリウムが最多。 ・1/3はpolymicrobial。 ・ 扁桃 ・ 扁桃 周囲から波及することが多い ・他には、肺、中耳、歯、副鼻腔なども原因になる。 ・ 原発 巣から、直接 lateral pharyngeal space に波及し、頸静脈の 血栓 性静脈炎に至る。 ・ 血栓 性静脈炎から、septic emboliが肺に飛ぶことが多い。 ・他には、肝臓、心嚢、脳、皮膚に飛ぶこともある。[jyoutoubyouinsougounaika.hatenablog.com]

疫学

  • 獣医感染症学 植物病理学 微生物/病原体/感染/感染経路 伝染病/法定伝染病/学校伝染病 感染症学/感染管理/感染制御学/公衆衛生学/疫学/感染症サーベイランス/予防接種 医学/歯学/獣医学 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律/検疫法 感染症の歴史/ 性感染症/性病 SEIRモデル 国立感染症情報センター(IDSC) FORTH(海外感染症情報) - 厚生労働省検疫所 アメリカ疾病管理予防センター(CDC) Disease Outbreak News - WHO 地球温暖化と感染症[ja.wikipedia.org]
性別分布
年齢分布

予防

  • 感染症を予防するための法律には以下のようなものがある。 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(通称「感染症法」、1999年4月1日施行) 伝染病予防法・性病予防法・エイズ予防法(1999年3月31日に廃止)・結核予防法(2007年3月31日に廃止)を統合。 検疫法 予防接種法 学校保健法 2010年には、約1000万人が感染症で死亡している。WHOは感染症による死者をICD分類で集計しており、2002年についてのデータを以下に示す。[ja.wikipedia.org]
  • エストロゲン投与は脳卒中予防にはならない ハC.M. Viscoli and Other. A Clinical Trial of Estrogen-Replacement Therapy after Ischemic Stroke. N Engl J Med. 2001; 345: 1243-9 骨粗鬆症の予防,更年期障害の治療の上に脳卒中の予防になれば,こんなうまい話はないのだが,そうではなかった.[square.umin.ac.jp]
  • 術後感染症と術後感染予防 P.723 2. AIDS関連の日和見感染症 P.729 3. 感染症により誘発される悪性腫瘍 P.736 XV 上巻の補遺 P.753 IV. ウイルス感染症 RNAウイルス感染症の補遺 P.755 ロタウイルス感染症 ( ロタウイルス性胃腸炎 ) P.755[molcom.jp]
  • 感染症特論 1 術後感染症と術後感染予防 竹末 芳生 723 2 AIDS関連の日和見感染症 今村 顕史 729 3 感染症により誘発される悪性腫瘍 安永純一朗 736 4 感染症により誘発される免疫疾患 西本 幸弘 742 5 病院感染 奥川 周 749 XV. 上巻の補遺 ロタウイルス感染症(ロタウイルス性胃腸炎) 川村 尚久 755[nippon-rinsho.co.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!