Edit concept Question Editor Create issue ticket

リー・フラウメニ症候群


治療

  • 治療適応範囲が広く、種類を問わない 抗がん剤・放射線治療・免疫療法など、どのがんの治療とも相乗効果があり、併用ができます。がんの種類、部位も問いません。 デメリットとしては、まだ自由診療のため高額の費用を考えなければいけないという点です。治療費は1クールで100万円 300万円ほどになります。クリニック側が治療費を自由に決められる為です。中には500万円以上の治療費を取っているクリニックなどもあり、遺伝子治療で高額の治療費を得ようとする不誠実なクリニックも存在しています。[menekiryoho.com]
  • 合併症 TP53遺伝子の異常を有する患者は、放射線による二次性悪性腫瘍の合併が知られており、可能な限り放射線治療を回避する必要がある。また、発がん性物質への暴露や喫煙もがん発症のリスクが高くなるため回避するか最小限にすることが推奨されている。 6. 治療法 リ・フラウメニ症候群関連腫瘍は放射線治療を最小限にとどめて、通常のがん治療を行う。ただし、乳がんの場合は、放射線治療を回避する目的で乳腺腫瘍摘出術よりも乳房切除術が推奨されている。[nanbyou.or.jp]

疫学

  • 疫学 リ・フラウメニ症候群は非常にまれで、世界での報告は400家系に満たない。しかしながら、最近のデータでは原因遺伝子であるTP53遺伝子の異常が2万分の1程度の高頻度で認められる可能性が示唆されている。 3. 原因 現在のところ、リ・フラウメニ症候群とリ・フラウメニ様症候群に関連が確認されている遺伝子はTP53遺伝子のみである。約70%のリ・フラウメニ症候群と約20%のリ・フラウメニ様症候群の患者は生殖細胞系列にこのTP53遺伝子の異常を有し、本症候群の主たる要因と考えられている。 4.[nanbyou.or.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • がんのあらゆるステージで治療が可能 予防、再発予防、再発中、末期まで使用できます。 正常細胞に影響を与えない 治療で使用するがんの抑制遺伝子は、正常細胞に元々備わっている遺伝子ですので、投与によって正常細胞へ影響を与えません。 抗がん剤や放射線治療の効果を増強させる 抗がん剤治療や放射線治療は、細胞分裂の際にDNAを損傷または転写阻害して細胞死に追い込みます。遺伝子治療もDNAが損傷された細胞を排除するので、抗がん剤や放射線治療の効果を増強させることができます。[menekiryoho.com]
  • 発見された場合には、予防として甲状腺摘出手術を受けることになるかもしれません。 生活習慣を意識することでがん予防できる 遺伝性がんを詳しく見てきましたが、ほとんどのがんは食生活や運動などの環境的要因が大きな原因となったがんです。 遺伝性がんは全体がんの約5%未満。 もし今記事を読んで、遺伝性がんの疑いが現れたなら遺伝子カウンセリングや遺伝子検査を受診してみるのもいいですね。 しかし、大多数の方は生活習慣を見直すことでがん予防をできます。[ganhoken-labo.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!