Edit concept Question Editor Create issue ticket

リンパ芽球性リンパ腫


治療

  • ・よって、急性リンパ性白血病と同じ治療を行うことが標準治療。 ・標準治療については病院間での治療成績の格差はない(どこの病院で治療しても同じ)。 ・標準治療があるとは言え、非常に手強い病気。 ・いずれ骨髄移植が必要になるかもしれない。 ・治療期間は約2年。 先生の説明を聞いた僕は、すぐに質問しました。 「この病気の5年生存率は何%くらいでしょうか?」 すると先生は、 「40%くらいです」 と答えました。 僕は、本当にショックを受けました。[oceanbridge.jp]
  • 翻訳の記事内容や治療を推奨または保証するものではありません。 関連記事 レナリドミド リツキシマブはマントル細胞リンパ腫の初期治療として非常に有用 キャンサーコンサルタンツ (2016年1月1日) ブレンツキシマブ・ベドチンは高齢のホジキンリンパ腫患者の一次治療で高い抗腫瘍効果を示す キャンサーコンサルタンツ (2015年10月20日) 造血幹細胞移植後のブレンツキシマブ・ベドチンがホジキンリンパ腫の生存期間を改善 キャンサーコンサルタンツ (2015年5月24日)[cancerit.jp]
  • 1.検査 診断を行い、治療方針を決めるためには、さまざまな検査が行われます。検査は診断だけでなく、病型分類や、発症に伴うさまざまな異常や合併症の有無を確認する目的もあります。 代表的な検査は血液検査と骨髄穿刺で、治療開始後も定期的に検査を行い、治療効果を確認します。フィラデルフィア染色体にある異常な遺伝子(BCR-ABL融合遺伝子)を調べるための染色体検査や遺伝子検査も重要な検査です。 1)血液検査 血液中の細胞の増減を顕微鏡で詳しく調べます。[ganjoho.jp]
  • 閉じる 基礎知識 診療の流れ 検査・診断 治療の選択 治療 生活と療養 転移・再発 よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。[ganjoho.jp]

疫学

  • JSCT研究会 (Japan Study Group for Cell Therapy and Transplantation, JSCT) JSCT MM16 未治療多発性骨髄腫に対する新規薬剤を用いた寛解導入療法、自家末梢血幹細胞移植、地固め・維持療法の有効性と安全性を確認する第Ⅱ相臨床試験 日本血液学会 疫学調査「血液疾患登録」 詳しくはこちら なお、個別データの提供をご承諾いただけない場合は辞退することが可能ですので、主治医もしくは責任医師までご連絡ください。[hyogo-cc.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • そのため、発症にかかわる危険因子や予防法も明らかではありません。 【参考文献】 日本血液学会編「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年版」(金原出版) 日本血液学会、日本リンパ網内系学会編「造血器腫瘍取扱い規約 2010年3月(第1版)」(金原出版) Swerdlow, S.H. et al. eds.: WHO Classification of Tumours of Haematopoietic and Lymphoid Tissues., 2008; IARC.[ganjoho.jp]
  • がんが脳や脊髄まで拡がるのを予防するために用いられる場合、中枢神経系(CNS)保護療法またはCNS予防法と呼ばれます。髄注化学療法は経口または静注よる化学療法に加えて行われます。 詳しい情報については 急性リンパ芽球性白血病に対する承認薬 を参照してください。 放射線療法 放射線療法は高エネルギーX線やその他の種類の放射線を用いてがん細胞を殺すかまたは成長させないでおくがん治療のことです。放射線療法には2つのタイプがあります。外照射は体外の機械を用いてがんに放射線を照射する治療法です。[imic.or.jp]
  • また、中枢神経に浸潤することが多いので、予防的に髄腔内へ抗がん剤を注入するのが一般的です。 Ph1染色体陽性の急性リンパ性白血病は治療抵抗性のことが多く、治療に難渋していたのですが、分子標的治療薬の併用により成績の向上が期待できるようになっています。さらに、寛解後の最も強い地固め療法である同種造血幹細胞移植については後述します。 合併症 感染症と出血が最も頻度の高い合併症で、予防的に抗生剤を内服したり、血小板数が一定以上になるように血小板輸血を実施します。[kanden-hsp.jp]
  • 日本造血細胞移植学会 造血細胞移植医療の全国調査 HLA1座不適合非血縁者間骨髄移植における従来型GVHD予防法と抗ヒト胸腺細胞免疫グロブリン併用GVHD予防法の無作為割付比較試験 その他 骨髄不全患者を対象としたHLA-Aアレル欠失血球の検出(多施設共同研究) 同種造血幹細胞移植後患者の就労に関する実態調査(多施設共同研究) TP53変異陽性骨髄異形成症候群を対象としたアザシチジンと同種造血幹細胞移植の多施設共同非盲検無対照試験 高齢者古典的ホジキンリンパ腫の臨床病理学的特徴と治療に関する他施設共同後方視的観察研究[hyogo-cc.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!