Edit concept Question Editor Create issue ticket

ラフォラ病


治療

  • ラフォラ病との暫定診断でゾニサミドによる治療を開始したところ、ミオクロニー発作の頻度は減少した。 また、初診から 13 カ月後に発症した子宮蓄膿症の手術時に乳頭周囲の皮膚をバイオプシーし、病理組織学的に解析した。その結果、 立毛筋、汗腺上皮、乳腺上皮などに PAS 陽性、抗ラフォラ小体抗体陽性のラフォラ小体が検出 され、本症例はラフォラ病と確定診断された。 治療開始から 4 年が経過した現在、本症例において明らかな臨床症状の悪化・進行は認められていない。[blog.livedoor.jp]
  • 1年前にN大で放射線治療中に出てきた症状。 でも、その時はここまでじゃなかったので動画が撮れず口頭での説明…スルーされてた レベチラセタムを服用しては どうかと提案される。 今は1日3回の所、朝のみ服用。 (ゾニサミドは増量したの1日2回服用) コルチゾール検査の結果は ステロイドは足りてると。 脳腫瘍じゃなければ長生きできたでしょう。 肝臓の数値が高いですが ステロイド服用してるので想定内。 腎臓の数値が更に上昇 BUN57.4(9.2 29.2が基準値) 1ヶ月前は48.3。[ameblo.jp]

病態生理

  • 隼人) 経強膜シリコン義眼挿入術を実施した犬52眼における術後角膜潰瘍の回顧的検討(村松 勇一郎) 病的骨折を生じたT-CLLの犬の1例(中道 潤) 第10回日本獣医がん学会 (1月25・26日 大阪) リンパ腫と組織球性肉腫を併発したバーニーズ・マウンテンドッグの1例(市川 美佳) 肺内転移が疑われた肺腺癌の1例(古川 敬之) 悪性末梢神経鞘腫瘍と診断されたイヌの1例(中本 裕也) 脊髄・末梢神経腫瘍の外科(松永 悟) ゾエティスセミナー (1月21日 宇都宮) 猫のフィラリア症:犬とは異なる病態生理[jarmec.co.jp]

予防

  • 遺伝性疾患であるため、繁殖のコントロールが発生予防となるが、 中齢で発症する遺伝性疾患であるとい う特徴をブリーダーに理解してもらうことが、不信感をもたれることなく協力を得るためには特に重要である。 今回、国内でチワワにおいても本疾患が発生していることが明らかになり、他にも症例やキャリアが存在している可能性が高く、疑わしい症例については積極的な検査が望ましい と考えられた。 今後は、血統書を元にした家系調査や症例の長期予後の追跡をしていく予定である。[blog.livedoor.jp]
  • 慢性変性性房室弁疾患(僧帽弁閉鎖不全) 肥大型心筋症 動脈管開存症 肺動脈狭窄症 心室中隔欠損 その他先天性心疾患 フィラリア症 肺高血圧症 気管支軟化症 肺炎 喉頭麻痺 近年、医療技術や予防医療の進歩によりペットの寿命が長くなっています。 それに伴い、高齢で発生しやすい腫瘍の発生も増加傾向にあります。 腫瘍は全身のあらゆる部位に発生し、触知可能な皮膚にできることもあれば、触知困難な胸の中や骨の内部などにも発生します。[otakibashi.com]
  • 形質細胞性リンパ腫の犬の一例(石川 武史) 肝胆道系疾患の犬220例における胆汁細菌培養検査と薬剤感受性(鈴木 敬子) 頬部粘膜発生のリンパ管腫を認めた若齢犬の1例(中道 潤) メトロニダゾール中毒によりMRI検査で小脳に左右対称性の病変を認めた犬の1例(鬼頭 梨永) 子宮蓄膿症からの血行感染による脳膿瘍が疑われた犬の1例(佐藤 萌恵) 顕微鏡deディスカッション 急性巨核芽球性白血病を疑った汎血球減少症の犬の1例(田中 翔) vnER主催、メリアル・ジャパン共催セミナー (2月12日 亀戸) 予防[jarmec.co.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!