Edit concept Question Editor Create issue ticket

ライター症候群


提示

  • とTリンパ球の 活性化 (宮澤) 講義 16 T-B細胞間相互作用 (松村) 実習 実習 講義 22 膠原病・リウマチ 入門2 (泉山) 事例とその解説 事例 1 (12月16日・月曜日に提示) 29歳の男性。[med.kindai.ac.jp]
  • 作用機序 [6] [7] 明確な作用機序は未解明であるが、BCGはフィブロネクチンを介して腫瘍細胞内に取り込まれ、BCGを取り込んだ腫瘍細胞は直接的に抗原提示細胞として、あるいは間接的にマクロファージに貪食されることにより、BCG抗原及び/又は腫瘍特異抗原をTリンパ球に提示し、Tリンパ球の感作が成立する。細胞傷害性Tリンパ球は標的腫瘍細胞を直接に傷害し、Tリンパ球の産生する種々のサイトカインもまた、腫瘍細胞に傷害的に作用する。[kegg.jp]
排尿障害
  • おしっこが出なくなる排尿障害も起きます。また尿道から粘り気がある膿が出ることもあります。女性の場合、子宮頸管に炎症が起き、やはり痛みと膿が生じます。 結膜とは目の白目の部分です。結膜炎では白目が充血し、かゆみを伴います。 高血圧や 糖尿病 も恐い病気ですが、痛みはありません。しかしライター症候群はとにかく痛いのです。 国内では1%未満か ライター症候群は、欧米白人に多く発症率は7 14%といわれています。国内の発症率の詳しい数値は分かっていません。[hospita.jp]
関節炎
  • 執筆者: ライター症候群の解説(コラム) ライター症候群は、欧米では反応性関節(はんのうせいかんせつえん)と呼ばれ、「HLA‐B27や脊椎関節症(せきついかんせつしょう)を伴った微生物が関与した関節」と定義されています。 尿道炎(にょうどうえん)のあとに発症する型と、細菌性の下痢のあとに起こる型とに分けられます。どちらの型も無菌性尿道炎、結膜炎(けつまくえん)、無菌性下痢、関節を起こします。[medical.itp.ne.jp]
  • (1) 脊椎関節症 関節は微生物感染後、4 6週後に発症します。末梢関節は膝・足関節などの下肢の関節に多く、単関節あるいは少関節で、非対称性にみられます。仙腸関節は、約20%に発現し、通常は片側性で疼痛は軽い場合が多いとされます。腱付着部炎は約70%に発現し、踵骨周辺に多く、足底腱膜起始部、アキレス腱付着部に好発し、強い痛みを伴います。 (2)非淋菌性尿道炎、子宮頸管炎 軽度の排尿困難・排尿時痛と粘性膿性分泌物を伴います。[rheuma-net.or.jp]
関節痛
  • 関節と結膜炎症状の訴えあり。 文献報告 2000年1月にBCG膀胱内注入療法の重大な副作用としてイムノブラダー(BCG製剤)の添付文書にライター症候群が追加された。 ライター症候群とは関節以外の部位の微生物感染後に起こる無菌性、非化膿性関節炎であり、反応性関節炎の1疾患と考えられている。 病因は微生物感染を契機とした自己免疫性疾患であると考えられており、臨床症状としては典型的な末梢性関節炎、結膜炎、非感染症尿道炎に加え虹彩炎や粘膜皮膚病変、稀に心病変を示す。[sowa-p.com]
  • 症状的には腰痛、仙腸関節、まれに手足の関節を合併することもある。長期罹患により脊椎の可動域制限を来たす。骨関節外症状として、急性前部ぶどう膜炎が25 30%に起こりうる。またまれであるが、大動脈弁閉鎖不全、伝導障害、肺尖部に間質性肺炎を来たすことがある。 HLA-B27陽性率は90%であり診断に有用。MRIにて椎体内浮腫、椎体のびらんが認められ、早期診断の一助となる。 治療については関節リウマチに準ずる。[hmh.or.jp]
殿部痛
  • 分類基準(Amur、1990年) 腰部または背部の夜間痛あるいは同部位の朝のこわばり 1点 非対称性の少数関節炎(oligoarthritis) 2点 殿/左右交互の殿 1/2点 ソーセージ様の趾または指 2点 踵部痛または他の明確な付着部炎 2点 虹彩炎 2点 非淋菌性尿道炎または子宮頸管炎(関節炎発症前1 ヵ月) 1点 急性下痢(関節炎発症前1 ヵ月) 1点 乾癬および/または亀頭炎および/または炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎またはクローン病) 2点 仙腸関節炎(X 線変化両側性grade[hmh.or.jp]
かかとの痛み
  • ・膝やかかと痛み(多発性関節炎) 左右どちらかの足の膝やかかと痛みから始まることが多い ようです。痛みは消えず、徐々に広がり、ほかの関節も痛んできます。両足になることもありますが、右足ではかかとが痛い、左足では膝が痛いなど、 痛みが非対称性 なのが特徴です。ライター症候群の70%に、かかと部分(アキレス腱の付け根のあたり)に強い痛みが発症します。 ・無菌性尿道炎 尿道炎をおこし、膿状の分泌物が出ます。淋菌などに侵されている症状とそっくりなのですが、 淋菌は検出されません。[xn--68j8aqv5dzds056db4sb.com]
発熱
  • 39 以上の発熱、インフルエンザ様症状(38 以上の発熱が2日以上続く)、倦怠感[BCG感染] 発熱、から咳、呼吸困難[間質性肺炎] から咳、発疹[全身性遅延型過敏性反応] 頻尿、排尿痛、発熱[萎縮膀胱] 尿量減少、むくみ、食欲不振[腎不全] 目のかゆみや充血、関節の痛みや腫れ[ライター症候群(結膜炎、多発性関節炎など)] 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。[rad-ar.or.jp]
  • ・ 原因不明の発熱が続く。 ・ 手足が冷え易く、手指、足趾が白くなる。 ・ 血液検査でリウマトイド因子、抗核抗体が陽性と言われた。 ・ 弱い日差しでも皮膚が赤くなる、発熱が出る。 膠原病とは 発熱、関節痛、筋肉痛、皮疹を来す自己免疫疾患の総称です。 総称ですので診断名ではないことに注意が必要です。 個々の疾患によっては上記の全ての症状が出ないこと、上記以外の症状が出ることにも注意が必要です。[hikarigaoka-jadecom.jp]
  • 主な自覚症状 可能性にかかっている重大な副作用 発熱(38 以上)、インフルエンザ様症状(38 以上の発熱が2日以上続く)、倦怠(けんたい)感 BCG感染(播種性BCG感染、局所性BCG感染、異所性BCG感染) 階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空咳(からせき)が出る、発熱 間質性肺炎 皮膚のかゆみ、蕁麻疹(じんましん)、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、目と口唇のまわりの腫(は)れ、息苦しさ、動悸(どうき)、ほてり、意識の混濁 全身性過敏症反応 尿がもれる、尿が[ganjoho.jp]
再発性多発軟骨炎
  • DM) 混合性結合組織病(MCTD) シェーグレン症候群(SS) 血管炎症候群:結節性多発動脈炎(PN)、顕微鏡的多発血管炎(mPA)、ウェゲナー肉芽腫症(WG)、 アレルギー性肉芽腫性血管炎(AGA:Churg-Strauss症候群(CSS))、 大動脈炎症候群(高安動脈炎)、側頭動脈炎など ベーチェット病 成人発症スティル病(AoSD) リウマチ性多発筋痛症(PMR) 強直性脊椎炎(AS) 乾癬性関節炎 掌蹠膿疱症性骨関節炎、SAPHO症候群 ライター症候群(反応性関節炎) RS3PE症候群 再発多発軟骨[hyo-med.ac.jp]
  • 性皮膚硬化型強皮症、限局皮膚硬化型強皮症) 多発筋炎 皮膚筋炎 混合性結合組織病 シェーグレン症候群 抗リン脂質抗体症候群 ベーチェット病 大動脈炎 側頭動脈炎 高安動脈炎 後腹膜線維症 血管炎 (多発血管炎、顕微鏡的多発血管炎、結節性多発動脈炎、アレルギー性肉芽腫性血管炎、大動脈炎、側頭動脈炎、ウェゲナー肉芽腫症、ヘノッホシェーンライン紫斑病、チャーグストラウス症候群、クリオグロブリン血症、コーガン症候群) リウマチ性多発筋痛症 悪性関節リウマチ ウェーバークリスチャン病 成人発症スティル病 再発多発軟骨[katsura.com]
  • 多臓器疾患 :腎臓、肺、心臓、神経、筋、消化器、眼、血液、皮膚、関節 年齢層が広い :どの年代でも起こりうる 全身性炎症性疾患 :発熱、体重減少、倦怠感、易疲労感 慢性疾患 :再発と寛解を繰り返す 表2.免疫・膠原病内科の対象疾患 全身性エリテマトーデス 高安動脈炎(大動脈炎症候群) シェーグレン症候群 変形性関節症 強皮症(全身性硬化症) 側頭動脈炎 強直性脊椎炎 骨粗鬆症 多発性筋炎および皮膚筋炎 顕微鏡的多発血管炎 ライター症候群 痛風および偽痛風 関節リウマチ 過敏性血管炎 乾癬性関節炎 再発多発軟骨[sapporo-rac.jp]
  • 対象となる疾患 関節リウマチ 悪性関節リウマチ 膠原病関連疾患 全身性エリテマトーデス(SLE)/強皮症/多発性筋炎/皮膚筋炎/混合性結合組織病(MCTD)/シェーグレン症候群/ベーチェット病/結節性多発動脈炎/顕微鏡的多発血管炎/多発血管炎性肉芽腫症(ウェゲナー肉芽腫症)/大動脈炎症候群(高安病)/側頭動脈炎/リウマチ性多発筋痛症/ RS3PE症候群/再発多発軟骨/成人発症型スティル病/抗リン脂質抗体症候群/強直性脊椎炎/ライター症候群/乾癬性関節炎/掌蹠膿疱性骨関節炎/SAPHO症候群/サルコイドーシス[sagamihara.hosp.go.jp]
倦怠感
  • 39 以上の発熱、インフルエンザ様症状(38 以上の発熱が2日以上続く)、倦怠[BCG感染] 発熱、から咳、呼吸困難[間質性肺炎] から咳、発疹[全身性遅延型過敏性反応] 頻尿、排尿痛、発熱[萎縮膀胱] 尿量減少、むくみ、食欲不振[腎不全] 目のかゆみや充血、関節の痛みや腫れ[ライター症候群(結膜炎、多発性関節炎など)] 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。[rad-ar.or.jp]
  • 表1.膠原病の特徴 原因不明 多臓器疾患 :腎臓、肺、心臓、神経、筋、消化器、眼、血液、皮膚、関節 年齢層が広い :どの年代でも起こりうる 全身性炎症性疾患 :発熱、体重減少、倦怠、易疲労感 慢性疾患 :再発と寛解を繰り返す 表2.免疫・膠原病内科の対象疾患 全身性エリテマトーデス 高安動脈炎(大動脈炎症候群) シェーグレン症候群 変形性関節症 強皮症(全身性硬化症) 側頭動脈炎 強直性脊椎炎 骨粗鬆症 多発性筋炎および皮膚筋炎 顕微鏡的多発血管炎 ライター症候群 痛風および偽痛風 関節リウマチ[sapporo-rac.jp]
  • 患者に対し副作用、例えば発熱、悪寒、倦怠、インフルエンザ様症状、疲労の増強に注意し、もしこれらの症状及び重篤な泌尿器における副作用、例えば灼熱感、排尿痛、尿意ひっ迫、頻尿又は関節痛、咳嗽、皮疹等があらわれた場合には直ちに医師に報告するよう指導すること。 本剤の使用開始に先立ちツベルクリン反応試験を実施しておくことが望ましい。 相互作用 併用禁忌 免疫抑制剤 免疫抑制量のステロイド剤 抗癌療法 (例えば細胞傷害性薬剤療法、放射線照射) 播種性BCG感染を招くおそれがある。[kegg.jp]
ウィップル病
  • 腸炎( 赤痢菌 、 サルモネラ 、 エルシニア 、 キャンピロバクター など)後のもの 尿道炎( クラミジア ・トラコマティスなど)後のもの 乾癬性関節炎 (関節症性乾癬、Psoriatic arthritis) 腸疾患性関節炎 (Enteropathic arthritis) 炎症性腸疾患( 潰瘍性大腸炎 、 クローン病 )に伴うもの ウィップル 、 SAPHO症候群 を含めることもある(HLA-B27の頻度が高いらしい)。[ja.wikipedia.org]

治療

  • 当院の取り組み 当鍼灸院のライター症候群の治療目的は、ライター症候群患者にできるかぎりの回復の機会を提供することとライター症候群の完全な回復までの時間を短縮することです。 ライター症候群 はなかなか治療方法がない現状の中、当針灸(鍼灸)院はライター症候群の針灸治療を取り組んできました。当鍼灸院は、ライター症候群の治療に力を入れて、試行錯誤の末、独自の針治療法を開発しました。良い成果を上げています。多くのライター症候群患者さんの症状の回復が見られました。[funinnfuikusyou.com]

予防

  • また、散瞳薬の点眼をして虹彩と水晶体が癒着するのを予防します。 経過はおおむね良好ですが、再発も多くみられます。原因が特定できる時は、併せてその治療を行うことが大切です。 【病気に気づいたらどうする】 すみやかに眼科を受診し、検査を受けて治療をする必要があります。炎症が起きている状態で放置すると、視力の回復が難しくなり、虹彩と水晶体の癒着を起こし、緑内障の原因になることもあります。 (C)法研[yomidr.yomiuri.co.jp]
  • 効能・効果及び用法・用量 効能効果 効能効果に関連する使用上の注意 本剤は癌の予防薬ではない。 浸潤性の 膀胱癌 (組織学的深達度T 2 以上)は本剤の適応外であるので、投与前に必ず生検等を実施し、浸潤性ではないことを確認してから投与を開始すること。 本剤の治療投与によって治癒したものに対する維持療法についての有効性・安全性は確立されていない。[kegg.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!