Edit concept Question Editor Create issue ticket

ヤギ流産菌


治療

  • 治療・予防・リハビリテーション 本疾患の治療には,再燃を予防するため長期間(6 8週間以上)の治療が必要とされている.テトラサイクリン(ドキシサイクリン),アミノ配糖体(ゲンタマイシン),リファンピシン,ST合剤,およびキノロン系薬の中から2薬剤を併用した治療が推奨される.ワクチンは家畜には用いられているが,副作用が強いのでヒトには応用されていない.[松本哲哉] 文献 Corbell JM: Brucellosis: an overview.[kotobank.jp]
  • 4 診断方法、治療方法 確定診断 ・血液培養による菌分離が有効。 ・血清診断は試験管凝集反応。 ・特異的遺伝子のPCRも可能。 鑑別診断 インフルエンザ、野兎病、リステリア症、トキソプラズマ症など、その他の不明熱との鑑別が必要です。 治療法 成人の急性ブルセラ症に対するWHOの推奨治療法は、リファンピシリンとドキシサイクリンの6週間投与、小児にはリファンピシリンとコトリモキサゾールの併用を推奨しています。[pref.fukui.lg.jp]
  • [治療・予防] 治療には抗生物質が使われます。現在、弱毒変異株を用いたワクチンの開発が行われていますが実用化には至っていません。実際的には人のブルセラ症の予防は感染動物の根絶および乳と乳製品の適切な加熱処理、予防接種、および検査陽性動物の殺処分(Test and Slaughter)などを始めとした獣医学的な対策が有効です。これらの方法によって人のブルセラ症の発生が激減した国や地域が多くなっています。日本では根絶した、といわれていましたが![yamauchi-iin.com]

疫学

  • 2.疫学・臨床症状 初産のめん羊の妊娠末期に発症し、流産、死産、虚弱子の分娩がみられる。妊娠胎児にのみ発症し、母獣には発熱がみられる程度である。本症はヨーロッパ、北米、ニュージーランドなどで多発しているが、わが国での発生はない。 3.病理学的変化 主要病変は胎盤炎で、胎盤の絨毛膜に浮腫と壊死がみられる。流産胎子では浮腫と充血が認められる。 4.病原学的検査 遺伝子診断、胎盤及び流産胎子の塗抹標本をギムザ染色、蛍光染色によりクラミジアを検出する。[naro.affrc.go.jp]
  • 犬ブルセラ病に対するわが国での疫学調査成績によれば、少なくとも数パーセントの割合で B .Canisを保菌している犬が存在すると思われます。したがって、犬の飼い主や動物病院の獣医師などのスタッフはブルセラ病の高リスク群であることを認識する必要があります。 もし犬がブルセラ病に罹患している可能性があれば、飼い主や病院スタッフへの感染防止のため完全隔離が基本となります。その間に抗体検査とPCR検査を実施し、PCR陰性まで隔離入院が必要となります。[cvdd.rakuno.ac.jp]
  • 疫学 本病は世界中に分布しているが,地中海沿岸,中東,中南米などで多く報告されている.わが国では家畜伝染病予防法に基づき,抗体陽性の牛は淘汰されているため,現在,発生はないと考えられる.犬では2007年1月に大阪府和泉市で犬の集団感染が報告された他,2008年8月には東京都と千葉県で集団発生が報告されている. 2018年7月,長野県在住の渡航歴のない男性より既知のブルセラ属菌によるものではないブルセラ症が 報告 された.その後,病原体の遺伝子解析により自然宿主をげっ歯目とする B. suis biover[tvma.or.jp]
  • 日本では,1971年に輸入犬に起因する,実験用ビーグル犬の繁殖施設で初めて, B. canis の集団感染が報告された[5].その後も,実験用犬施設や訓練学校などでの発生が報告されたが,やがてペット用犬でも感染が広がることになった.1974 1982年の期間における種々の調査をまとめると,当時は平均8.9%の犬が感染していたことになる(表3)[6]. 2003 2006年にかけて,我々が行った首都圏の某市動物愛護センターの犬における疫学調査では,2.5%が抗体を保有していた[7].東京都による2001[nichiju.lin.gr.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • ペットからの病気を予防するには 可愛い家族の一員ですが、ペットは人間ではありません。人間は人間、動物は動物と、節度を持って接することがペットと飼い主、どちらのためでもあるのです。 また、常日頃から健康管理のために動物病院を利用し、様子がおかしければ早めにかかりつけの動物病院に相談、受診することを心がけましょう。 ペットの病気を予防する 定期的に予防薬の投与や予防接種を行う 狂犬病の予防接種や、ワクチン接種や寄生虫の駆除など、定期的に行いましょう。[eonet.jp]
  • 予防 ワクチンはあるが,日本では使用しない. 法律 家畜伝染病予防法の監視伝染病(家畜伝染病)に指定されている.対象動物は牛,めん羊,山羊,豚,水牛,鹿,いのしし.診断した獣医師は直ちに最寄りの 家畜保健衛生所へ届出 る.感染症法でも四類感染症に定められているが,動物における届出義務はない.[tvma.or.jp]
  • [治療・予防] 治療には抗生物質が使われます。現在、弱毒変異株を用いたワクチンの開発が行われていますが実用化には至っていません。実際的には人のブルセラ症の予防は感染動物の根絶および乳と乳製品の適切な加熱処理、予防接種、および検査陽性動物の殺処分(Test and Slaughter)などを始めとした獣医学的な対策が有効です。これらの方法によって人のブルセラ症の発生が激減した国や地域が多くなっています。日本では根絶した、といわれていましたが![yamauchi-iin.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!