Edit concept Question Editor Create issue ticket

ムコール症


提示

発熱
  • ムコール症(接合菌症)について 主に 免疫 力が低下した人に起こる 真菌 感染症 真菌の中でも接合菌というタイプがつくり出す胞子を吸いこむこと原因で感染する 白血病 や 糖尿病 、長期間 ステロイド の投与中などの免疫力が低下した人に起こりやすい 感染する主な臓器は肺や鼻・顔面・脳・皮膚・ 消化管 など 攻撃性の強い感染が起こり、肺や鼻の組織が破壊されていく ムコール症(接合菌症)の症状 肺の ムコール症 発熱 せき 呼吸困難 喀血 鼻・脳の ムコール症 鼻や顔面の痛み 鼻から 膿 が出てくることがある[medley.life]
  • 症状として疼痛、発熱、眼窩蜂巣炎、眼球突出、膿性鼻汁など。 海綿静脈洞血栓症、失語症、片麻痺などの症状を起こすことも。 ・pulmonary zygomycosis(肺型) 侵襲性アスペルギルス症に類似する症状である。 発熱、咳嗽、血痰、胸痛、呼吸困難など。 ・gastrointestinal zygomycosis(消化管型) 腹痛、悪心、嘔吐、下痢、血便など。 zygomycosisの表現型としては最も少ないタイプである。 Clin Infect Dis.[pulmonary.exblog.jp]
  • 感染により痛み、発熱、ときにはせきが生じ、顔の構造が破壊されることがあります。 診断は、組織サンプル中の真菌を特定することで下されます。 大半の患者に対して高用量のアムホテリシンBを静脈内に投与し、感染組織や死んだ組織を取り除く手術を行います。 様々な種類の真菌がムコール症を起こします。これらの真菌は、ケカビ目と呼ばれるカビの大きなグループに属します。そのようなカビには、クモノスカビ 、リゾムコール 、ユミケカビ 、ケカビ などがあります。それぞれが同様の症状を引き起こします。[msdmanuals.com]
疼痛
  • 症状として疼痛、発熱、眼窩蜂巣炎、眼球突出、膿性鼻汁など。 海綿静脈洞血栓症、失語症、片麻痺などの症状を起こすことも。 ・pulmonary zygomycosis(肺型) 侵襲性アスペルギルス症に類似する症状である。 発熱、咳嗽、血痰、胸痛、呼吸困難など。 ・gastrointestinal zygomycosis(消化管型) 腹痛、悪心、嘔吐、下痢、血便など。 zygomycosisの表現型としては最も少ないタイプである。 Clin Infect Dis.[pulmonary.exblog.jp]
倦怠感
  • 症状は咳、痰、血痰、全身倦怠などである。ほとんどが肺疾患であるが、リンパ節結核、骨、関節結核、腎・尿路結核、腸結核など を起こすこともある。 【 バイコマイシン耐性球菌 】 バンコマイシン(MRSAの治療に用いられる抗生物質)に耐性を獲得した腸球菌。腸球菌は本来ヒトや動物の腸内に常在する菌で、健康な人が保菌していても感染症を起こすことはない。[biseibutu.co.jp]
  • ・1ヶ月以上続く咳嗽(78%)、喀痰(血痰、喀血など)、倦怠(28%)、発熱(11%)、 体重減少(94%) 、呼吸困難(50%)などを認める。 (Clin Infect Dis. 2003;37 Suppl 3:S265.) CPPAの検査所見 ・CRPや赤沈などの炎症マーカーは、上昇することが多いが、CPPAに特異的なものではない。 ・血清抗アスペルギルス沈降抗体が陽性になることが多い。 ただし、罹病期間が短い場合や、寛解例では陰性になることもある。[kameda.com]
皮膚病変
  • 1.4 食物性抗菌薬の黙示録 1.5 好中球減少患者の虫垂炎ではない 1.6 肺病変,皮膚病変,脳病変―何てこった! 1.7 好中球が減少した白血病患者の肺腫瘤: アスペルギルス症を超えて 1.8 珍しい非典型的な桿菌が主流になるとき 1.9 私の右側はどうしたんですか,先生?[medsi.co.jp]
  • - 非肺炎性レジオネラ症 A50 - 先天梅毒 A50.0 - 早期先天梅毒,顕症 A50.1 - 早期先天梅毒,潜伏性 A50.2 - 早期先天梅毒,詳細不明 A50.3 - 晩期先天梅毒性眼障害 A50.4 - 晩期先天神経梅毒 A65 - 非性病性梅毒 A66 - フランベジア(yaws) A66.0 - 初期フランベジア(yaws)病変 A66.1 - 多発(性)乳頭腫及びウエット クラブフランベジア(wet crab yaws) A66.2 - その他のフランベジア(yaws)性早期皮膚病変[medicalware.org]
湿疹
  • 水疱性白癬 皮膚糸状菌症 異型白癬 トリコフィチア 白癬 表在性白癬症 その他の表在性真菌症 癜風 黒癬 白砂毛 黒砂毛 中耳真菌症 陰部真菌症 外耳道真菌症 汎発性皮膚真菌症 皮膚真菌症 耳真菌症 顔面真菌性湿疹 カンジダ性口内炎 カンジダ性口角びらん 口腔カンジダ症 口唇カンジダ症 舌カンジダ症 カンジダ性口内炎 急性偽膜性カンジダ症 歯肉カンジダ症 皮膚および爪のカンジダ症 肛囲カンジダ症 カンジダ性間擦疹 カンジダ性湿疹 会陰部カンジダ症 指間カンジダ症 爪カンジダ症 爪周囲カンジダ症[scuel.me]
頭痛
  • 肺zygomycosis患者が、頭痛、複視などを訴え始めた場合には これを考える必要がある。deferoxamine治療の患者はこのタイプの リスクファクターである。(鉄キレート剤) zygomycosisの診断 β-Dグルカンは陰性である。抗原検査もない。 なので、痰や気管支鏡で直接病原体を検出するしかないのが現状である。 血液疾患患者において疑われた症例でも、半数以下しか診断できなかった。 Haematologica. 2000;85(10):1068-71.[pulmonary.exblog.jp]
  • 急激な高熱、頭痛、悪寒、倦怠感、筋肉痛、嘔吐などの強い全身症状と鼠径部、腋窩、頸部のリンパ節腫脹がみられ、それがこわれて膿瘍が形成される。 敗血症ペスト;ショック症状、汎発性血管内凝固症候群に引き続き、手足の壊死、紫斑、昏睡がみられる。約100%の頻度。 肺ペスト;高熱、激烈な頭痛、嘔吐、呼吸困難、泡沫上の鮮紅色の血痰などが認められる。 【 細菌性赤痢 】 血清学的にS.dysenteriae(A群)、S.flexneri(B群)、S.boydii(C群)、S.sonnei(D群)の4型がある。[biseibutu.co.jp]
  • 5.4 肺炎治療中に起こったせん妄 5.5 骨髄移植病棟の工事 5.6 Clostridium diffi cileが再発し続ける: 肝臓移植レシピエント 5.7 特発性CD4陽性リンパ球減少症:めまいと頭痛 5.8 意識障害:メラノーマの患者 5.9 感染した臓器移植提供者 ―どうするべき?[medsi.co.jp]
  • クリプトコッカス症の症状は概して軽く、はっきりしないことが多いですが、髄膜炎の場合は頭痛と錯乱が起こります。肺に感染した場合も、症状はまったくないか、せきや胸痛があるくらいです。肺の重症感染症の場合は、呼吸困難が起こります。。免疫機能が低下している人では、フルコナゾール、アムホテリシンB、あるいはフルシトシンなどを用いて治療します。  ムコール症 ムコール症はフィコミコーシスとも呼ばれ、ケカビ目の真菌が起こす感染症です。 ムコール症は胞子を吸いこむことによって起こります。[mh.rgr.jp]
  • 1週間ほど前から両耳の中間あたりの頭痛を自覚しており徐々に増悪傾向。鼻汁はないが鼻閉はある。食欲低下あり。咽頭痛,呼吸困難,咳嗽,腹痛,嘔気・嘔吐,下痢,尿路症状,肛門痛,関節痛・筋肉痛なし。意識清明,血圧131/82 mmHg,脈拍数108/分,呼吸数18/分,SpO 2 97%。副鼻腔(前頭洞,上顎洞)に圧痛なし。その他,頭頸部,胸部聴診,背部,腹部,四肢,皮膚に明らかな異常なし。PICC挿入部の発赤,圧痛なし。肝機能障害,腎機能障害なし。[igaku-shoin.co.jp]
腹痛
  • ・gastrointestinal zygomycosis(消化管型) 腹痛、悪心、嘔吐、下痢、血便など。 zygomycosisの表現型としては最も少ないタイプである。 Clin Infect Dis. Sep 1 2005;41(5):634-53 ・cutaneous zygomycosis(皮膚型) 全zygomycosisの20%を占める。血液疾患に続発するケースもあるが、 多くは皮膚になにかしらの外傷を負ったケースである。[pulmonary.exblog.jp]
  • 腸炭疽;悪心、嘔吐、腹痛、血便などの腸感染症症状(出血性腸炎)を起こす。咽頭部感染では咽頭炎、嚥下性障害、発熱、頸部リンパ節腫脹がみられる。 肺炭疽;インフルエンザ様症状からリンパ節腫脹、縦隔炎から急激な呼吸困難、チアノーゼ、意識障害、昏睡をきたし、死に至る。髄膜炎もみられる場合がある。 【 破傷風 】 受傷部位の不快な緊張感と発熱(第1期)で発症し、徐々に開口障害、呼吸困難、胸痛、悪心・嘔吐、腹痛、顔面筋痙攣が出現し、数日間持続する。この間、意識は清明(第2期)である。[biseibutu.co.jp]
  • 咽頭痛,呼吸困難,咳嗽,腹痛,嘔気・嘔吐,下痢,尿路症状,肛門痛,関節痛・筋肉痛なし。意識清明,血圧131/82 mmHg,脈拍数108/分,呼吸数18/分,SpO 2 97%。副鼻腔(前頭洞,上顎洞)に圧痛なし。その他,頭頸部,胸部聴診,背部,腹部,四肢,皮膚に明らかな異常なし。PICC挿入部の発赤,圧痛なし。肝機能障害,腎機能障害なし。ボリコナゾール血中濃度2.2 μg/mL(1.0 5.5),血清GM陰性。[igaku-shoin.co.jp]
  • 症状としては脳型(高熱、黒い鼻汁、顔面壊死、意識障害)、肺型(高熱、血痰、空洞形成)、皮膚型(紅班、潰瘍、 蜂窩織炎 )、消化管型(腹痛、血便、穿孔性潰瘍)、全体播種型に分類される [1] 。治療法は速やかな病変部切除、 アムホテリシンB 大量投与を行う [1] 。[ja.wikipedia.org]
  • 3.18目を覚ました敵 3.19 熱波 3.20 移植7カ月後の腹痛 SECTION 4 免疫抑制薬使用患者における 感染症 イントロダクション 免疫抑制薬使用患者における感染症 4.1 硬結に仰天 4.2 ネコとネズミのゲーム 4.3 水槽にご用心 4.4 加工食品の危難 4.5 塵が積もるとき 4.6 飲み込むのが困難な錠剤 4.7 建築工事災害 4.8 呼吸困難な外交官 4.9 ハッと息を飲む 4.10 諸刃の剣 4.11 本を表紙で判断するな 4.12 標的をとらえる:標的病変 4.13[medsi.co.jp]
嘔吐
  • ・gastrointestinal zygomycosis(消化管型) 腹痛、悪心、嘔吐、下痢、血便など。 zygomycosisの表現型としては最も少ないタイプである。 Clin Infect Dis. Sep 1 2005;41(5):634-53 ・cutaneous zygomycosis(皮膚型) 全zygomycosisの20%を占める。血液疾患に続発するケースもあるが、 多くは皮膚になにかしらの外傷を負ったケースである。[pulmonary.exblog.jp]
  • 嘔気、嘔吐、悪寒を訴えた症例もあるが、38 以上の発熱は稀である。溶血性尿毒症を伴う例もある。 【 劇症型溶血性連鎖球菌 】 「人食いバクテリア」として恐れられた。咽頭炎、創傷感染、手術創感染などに引き続いて、突然の高熱、四肢の筋肉痛、嘔吐、下痢、血圧低下などの敗血症性ショックを呈する。早期に播種性血管内凝固症候群(DIC)から肝不全、腎不全、成人呼吸窮迫症候群(ARDS)などの多臓器不全を起こして死亡する。 【 炭疽 】 3型に分けられる。[biseibutu.co.jp]
  • 咽頭痛,呼吸困難,咳嗽,腹痛,嘔気・嘔吐,下痢,尿路症状,肛門痛,関節痛・筋肉痛なし。意識清明,血圧131/82 mmHg,脈拍数108/分,呼吸数18/分,SpO 2 97%。副鼻腔(前頭洞,上顎洞)に圧痛なし。その他,頭頸部,胸部聴診,背部,腹部,四肢,皮膚に明らかな異常なし。PICC挿入部の発赤,圧痛なし。肝機能障害,腎機能障害なし。ボリコナゾール血中濃度2.2 μg/mL(1.0 5.5),血清GM陰性。[igaku-shoin.co.jp]
  • 慢性下痢・嘔吐から、DIC(播種性血管内凝固症候群)へ進展し生命の危険を招きます。 原発性甲状腺機能低下症 、 肺結核 を合併し、 抗HTLV-1抗体陽性(ATLV carrier) の糞線虫症例が報告されています。(肺結核を合併した糞線虫症,ATLVキャリアの一例 昭医会誌第51巻第3号〔331-335頁,1991〕) ジアルジアは、ランブル鞭毛虫とも呼ばれ、塩素消毒に強い抵抗性があります。熱帯・亜熱帯地域の汚染水で感染する旅行者下痢症です。[nagasaki-clinic.com]
血便
  • ・gastrointestinal zygomycosis(消化管型) 腹痛、悪心、嘔吐、下痢、血便など。 zygomycosisの表現型としては最も少ないタイプである。 Clin Infect Dis. Sep 1 2005;41(5):634-53 ・cutaneous zygomycosis(皮膚型) 全zygomycosisの20%を占める。血液疾患に続発するケースもあるが、 多くは皮膚になにかしらの外傷を負ったケースである。[pulmonary.exblog.jp]
  • 発熱、悪寒、全身倦怠感で発症し、1 2日後から水様性下痢、腹痛、膿粘血便、しぶり腹などの症状が出現する。極期は膿粘血や血液のみを少量頻回に排出する。潜伏期は、通常1 3日である。 【 コレラ 】 病原体は血清型O1型とO139型の2種類である。激しい下痢と嘔吐で発症する。下痢は水様性から特徴的な「米のとぎ汁」と形容される無臭できわめて大量の白色水様便となる。発熱、腹痛、血便は本来みられない。大量の下痢による水分喪失のために、脱水、循環器障害、無尿、低カリウムによる腓腹筋や大腿筋の痙攣がみられる。[biseibutu.co.jp]
  • 症状としては脳型(高熱、黒い鼻汁、顔面壊死、意識障害)、肺型(高熱、血痰、空洞形成)、皮膚型(紅班、潰瘍、 蜂窩織炎 )、消化管型(腹痛、血便、穿孔性潰瘍)、全体播種型に分類される [1] 。治療法は速やかな病変部切除、 アムホテリシンB 大量投与を行う [1] 。[ja.wikipedia.org]
吐き気
  • ニューモシスチス肺炎の予防 難治性・再発性の 亜急性甲状腺炎 で30mg以上の大量のプレドニゾロンが必要とされる場合、ニューモシスチス肺炎の予防に ST合剤(バクタ ):最も有効な抗菌薬だが、副作用の頻度が高い(発熱、発疹、消化器症状、血球減少) アトバコン(サムチレール ):ニューモシスチスに特化した抗真菌薬で、ST合剤に比べて副作用が出にくい (吐き気・下痢、まれに白血球減少) サムチレール内用懸濁液15%;1日1回10mL 糖尿病の人はハトに餌をあげちゃダメ![nagasaki-clinic.com]
複視
  • 肺zygomycosis患者が、頭痛、などを訴え始めた場合には これを考える必要がある。deferoxamine治療の患者はこのタイプの リスクファクターである。(鉄キレート剤) zygomycosisの診断 β-Dグルカンは陰性である。抗原検査もない。 なので、痰や気管支鏡で直接病原体を検出するしかないのが現状である。 血液疾患患者において疑われた症例でも、半数以下しか診断できなかった。 Haematologica. 2000;85(10):1068-71.[pulmonary.exblog.jp]
呼吸困難
  • ムコール症(接合菌症)について 主に 免疫 力が低下した人に起こる 真菌 感染症 真菌の中でも接合菌というタイプがつくり出す胞子を吸いこむこと原因で感染する 白血病 や 糖尿病 、長期間 ステロイド の投与中などの免疫力が低下した人に起こりやすい 感染する主な臓器は肺や鼻・顔面・脳・皮膚・ 消化管 など 攻撃性の強い感染が起こり、肺や鼻の組織が破壊されていく ムコール症(接合菌症)の症状 肺の ムコール症 発熱 せき 呼吸困難 喀血 鼻・脳の ムコール症 鼻や顔面の痛み 鼻から 膿 が出てくることがある[medley.life]
  • 発熱、咳嗽、血痰、胸痛、呼吸困難など。 ・gastrointestinal zygomycosis(消化管型) 腹痛、悪心、嘔吐、下痢、血便など。 zygomycosisの表現型としては最も少ないタイプである。 Clin Infect Dis. Sep 1 2005;41(5):634-53 ・cutaneous zygomycosis(皮膚型) 全zygomycosisの20%を占める。血液疾患に続発するケースもあるが、 多くは皮膚になにかしらの外傷を負ったケースである。[pulmonary.exblog.jp]
  • 胸痛、呼吸困難、たんを伴うせき、たんを伴わないせきもみられます。 アムホテリシンBの静脈注射か、イトラコナゾールの内服で治療します。  コクシジオイデス症 コクシジオイデス症はサンホアキン熱や渓谷熱とも呼ばれ、コクシジオイデス‐イミティスという真菌によって主に肺に起こる感染症です(真菌性肺炎)。 米国南西部に発生します。[mh.rgr.jp]
  • 肺炭疽;インフルエンザ様症状からリンパ節腫脹、縦隔炎から急激な呼吸困難、チアノーゼ、意識障害、昏睡をきたし、死に至る。髄膜炎もみられる場合がある。 【 破傷風 】 受傷部位の不快な緊張感と発熱(第1期)で発症し、徐々に開口障害、呼吸困難、胸痛、悪心・嘔吐、腹痛、顔面筋痙攣が出現し、数日間持続する。この間、意識は清明(第2期)である。続いて、全身骨格筋強直性痙攣が反復出現し、1 3週間持続(第3期)する。窒息死をまぬがれれば徐々に回復(第4期)する。[biseibutu.co.jp]
咳嗽
  • 発熱、咳嗽、血痰、胸痛、呼吸困難など。 ・gastrointestinal zygomycosis(消化管型) 腹痛、悪心、嘔吐、下痢、血便など。 zygomycosisの表現型としては最も少ないタイプである。 Clin Infect Dis. Sep 1 2005;41(5):634-53 ・cutaneous zygomycosis(皮膚型) 全zygomycosisの20%を占める。血液疾患に続発するケースもあるが、 多くは皮膚になにかしらの外傷を負ったケースである。[pulmonary.exblog.jp]
  • 軽度の乾性咳嗽と食欲低下あり。頭痛,鼻汁・鼻閉,咽頭痛,呼吸困難,腹痛,嘔気・嘔吐,下痢,尿路症状,肛門痛,関節痛・筋肉痛なし。意識清明,血圧118/68 mmHg,脈拍数112/分,呼吸数20/分,体温38.2 ,SpO 2 99%。口腔内に軽度の粘膜障害あり。その他,頭頸部,胸部聴診,背部,腹部,四肢,皮膚に明らかな異常なし。PICC挿入部の発赤,圧痛なし。肝機能障害,腎機能障害は見られない。[igaku-shoin.co.jp]
  • 1.10 血液腫瘍患者に芽を出す頭痛 1.11 弱小グラム陽性球菌の驚きのリベンジ 1.12 好中球減少性発熱中の上気道症状 1.13 好中球減少のある白血病患者における多数の皮膚病変: 点と点をつなげ 1.14 新たな「赤潮」: 免疫不全患者における多剤耐性グラム陰性感染症 1.15 肉腫の患者における咳嗽と呼吸困難: 「感染への欲望」 1.16 悪いニュース:ブレークスルー真菌血症 1.17 体中にできた痛みを伴う皮疹 1.18 がん患者の傷:薬に気をつけろ![medsi.co.jp]
  • ・1ヶ月以上続く咳嗽(78%)、喀痰(血痰、喀血など)、倦怠感(28%)、発熱(11%)、 体重減少(94%) 、呼吸困難(50%)などを認める。 (Clin Infect Dis. 2003;37 Suppl 3:S265.) CPPAの検査所見 ・CRPや赤沈などの炎症マーカーは、上昇することが多いが、CPPAに特異的なものではない。 ・血清抗アスペルギルス沈降抗体が陽性になることが多い。 ただし、罹病期間が短い場合や、寛解例では陰性になることもある。[kameda.com]
風邪
  • 急激に発症する 劇症1型糖尿病 では 糖尿病 発症前、70%に発熱,上気道炎など風邪症状を伴い、風邪ウイルスが 1 型糖尿病 発症の原因に疑われます。 また従来の 1 型糖尿病 もウイルス感染説が見直され、サイトメガロウイルスもEpstein-Barr ウイルスと共に候補にあがっています。 サイトメガロウイルス感染は、自己免疫性甲状腺疾患( 橋本病 、 バセドウ病 )に合併する自己免疫性肝炎の誘因になります。[nagasaki-clinic.com]
  • 事前に気をつけておくこと 風邪や胃腸炎などになって自宅で療養する場合、体調によっては食事も十分に摂取できないときもあるでしょう。糖尿病をお持ちの方が感染で体調が悪くなった状態は“シックディ”といい、お薬の使い方や療養の仕方に工夫が必要です(詳しくは こちら をご覧ください)。事前に、主治医に使用しているお薬をどのように調整するとよいか、相談しておきましょう。 感染症の治療で大切なこと 治療は感染の部位や病原菌ごとに異なり、適切な抗菌薬・抗真菌薬などの治療が必要となります。[dmic.ncgm.go.jp]
  • 3 7日間の潜伏期の後、悪寒・戦慄、頭痛、筋肉痛などの風邪様症状で発症する。局所の表在リンパ節腫脹と痛み、特に腋下のリンパ節腫脹が多い。4 5日後、いったん解熱した後、再び高熱が持続する。病原体は野兎病菌。哺乳類、鳥類の剥皮からの接触感染あるいは動物に噛まれたり保菌動物の調理によって汚染された器具から他の食材が汚染されての経口感染などがある。 【 鼠咬症 】 ネズミのほかマウス、ラット、リス、イタチ、ネコによるひっかき傷から感染、発症する。[biseibutu.co.jp]
喀血
  • ムコール症(接合菌症)について 主に 免疫 力が低下した人に起こる 真菌 感染症 真菌の中でも接合菌というタイプがつくり出す胞子を吸いこむこと原因で感染する 白血病 や 糖尿病 、長期間 ステロイド の投与中などの免疫力が低下した人に起こりやすい 感染する主な臓器は肺や鼻・顔面・脳・皮膚・ 消化管 など 攻撃性の強い感染が起こり、肺や鼻の組織が破壊されていく ムコール症(接合菌症)の症状 肺の ムコール症 発熱 せき 呼吸困難 喀血 鼻・脳の ムコール症 鼻や顔面の痛み 鼻から 膿 が出てくることがある[medley.life]
  • 結核はかぜに似た症状のほか、喀血 〈かっけつ〉 など。ただし、これらの症状が出るのは発病後かなり経過してから。 対策 こまめにうがいをする。うがい薬を用いればなお良い。 インフルエンザのシーズン前には、なるべく予防接種を受ける。 かぜだと思っても症状をあまくみない。かぜより重い病気にかかっている可能性もあるので、医師の指示に沿い、必要ならレントゲン検査などを受ける。 歯周病 歯周病は、口の中の細菌による歯茎の慢性感染症です。[dm-net.co.jp]
  • ・1ヶ月以上続く咳嗽(78%)、喀痰(血痰、喀血など)、倦怠感(28%)、発熱(11%)、 体重減少(94%) 、呼吸困難(50%)などを認める。 (Clin Infect Dis. 2003;37 Suppl 3:S265.) CPPAの検査所見 ・CRPや赤沈などの炎症マーカーは、上昇することが多いが、CPPAに特異的なものではない。 ・血清抗アスペルギルス沈降抗体が陽性になることが多い。 ただし、罹病期間が短い場合や、寛解例では陰性になることもある。[kameda.com]
鼻閉
  • 鼻汁はないがはある。食欲低下あり。咽頭痛,呼吸困難,咳嗽,腹痛,嘔気・嘔吐,下痢,尿路症状,肛門痛,関節痛・筋肉痛なし。意識清明,血圧131/82 mmHg,脈拍数108/分,呼吸数18/分,SpO 2 97%。副鼻腔(前頭洞,上顎洞)に圧痛なし。その他,頭頸部,胸部聴診,背部,腹部,四肢,皮膚に明らかな異常なし。PICC挿入部の発赤,圧痛なし。肝機能障害,腎機能障害なし。ボリコナゾール血中濃度2.2 μg/mL(1.0 5.5),血清GM陰性。[igaku-shoin.co.jp]

治療

  • […] zygomycosisの治療 血球異常や血糖異常はすぐに是正すべきである。 これにより予後は改善する。 本症の治療としては外科的治療またはAMPH-B の投与が有効とされている。 病変が限局し、全身状態が改善した例では外科治療の対象となる。 Ann Thorac Surg 1994 ; 57 : 1044―1050. アムホテリシンBの総使用量1000 mg 以上を用いた方が予後が良いとされている。[pulmonary.exblog.jp]
  • 治療はアムホテリシンBの静注と壊死組織除去のため手術による。積極的な治療を行っても,死亡率が高い。 易感染者,コントロール不良の糖尿病患者(特にケトアシドーシス患者),および鉄キレート薬のデフェロキサミンが投与されている患者で最も感染の頻度が高い。 ムコール症で 最も頻度の高い病型 は次のものである: ただし,ときに初感染で皮膚,肺,または消化管に病変が出現し,他の部位への血行性播種が起きる場合もある。[msdmanuals.com]
  • 点滴で高用量のアムホテリシンBを使用する 正しい治療をしてもうまくいかない場合が多く、抗 真菌 薬を適切に使用して死に至ることが多い 複数ある抗真菌薬の中でもアンホテリシンBという点滴薬が唯一治療効果が期待できる 日本では使用の認可が2017年11月現在は下りていないが、ポサコナゾールという抗真菌薬もムコール 感染症 に対して有効と報告されている 感染している部位を切除する処置(デブリードマン)を行う[medley.life]
  • 鉄過剰の治療にデフェロキサミンを使用している。 ムコール症は次の経路で発生することがあります。 カビが作り出す胞子を吸い込む(最も一般的な原因) カビの胞子が皮膚の傷口から体内に入る 胞子を吸い込むことで、次の数種類の感染症につながります。 感染が最もよく起こるのは、鼻、副鼻腔、眼、脳です。これは鼻脳型ムコール症という重度の感染症で、しばしば死に至ります。 胞子が肺に入ることがあり、肺ムコール症の原因になります。 口に入った胞子を飲み込むと、消化管に感染症が生じる場合があります。[msdmanuals.com]
  • アムホテリシンBの静脈注射か、イトラコナゾールの内服で治療します。  コクシジオイデス症 コクシジオイデス症はサンホアキン熱や渓谷熱とも呼ばれ、コクシジオイデス‐イミティスという真菌によって主に肺に起こる感染症です(真菌性肺炎)。 米国南西部に発生します。 軽度の肺感染症で治療をしなくても自然に治るもの(急性原発性コクシジオイデス症)と、重症で進行性の感染症で全身に広がりしばしば致死性のもの(進行性コクシジオイデス症)があります。[mh.rgr.jp]

疫学

  • [的] 《形》 epidemiology疫学、流行病学 epidermomycosis表皮真菌症 epididymitis精巣上体炎、副睾丸炎 Epstein-Barr virus (EB virus; EBV)EBウイルス、エプスタインバーウイルス eruption (rash)皮疹、発疹 erysipelas丹毒 erythema紅斑 exanthema発疹、皮疹 exotoxin外毒素 exudate滲出液、滲出物 exudative滲出性 《形》 f febrile[有]熱性 《形》 fever[tokyo-med.ac.jp]
  • 〈松永晶子,米田 誠〉 事項索引 薬剤関連索引 すべて見る 執筆者一覧 鈴木則宏 慶應義塾大学医学部神経内科教授 シリーズ監修 亀井 聡 日本大学医学部神経内科教授 編集 森田昭彦 日本大学医学部内科学系神経内科学分野准教授 奥野英雄 国立感染症研究所感染症疫学センター 石川晴美 国立病院機構埼玉病院神経内科医長 高橋健太 国立感染症研究所感染病理部 片野晴隆 国立感染症研究所感染病理部室長 長谷川秀樹 国立感染症研究所感染病理部部長 三木健司 医療法人崇徳会長岡西病院神経内科リハビリセンター長[chugaiigaku.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 肺Mucor症の病態生理 肺Mucor症は胞子の吸入により発症する。 健常人で発症することは稀でであり、糖尿病や腎不全、白血病などの 免疫不全をきたす基礎疾患を持つ患者に発症する。 経過は急速であり、また血管侵襲性が強いため、生前診断が困難で予後不良である。 血管浸潤による血栓形成と梗塞を特徴とした、壊死性血管炎が特徴的である。 zygomycosisの症型・症状 ・rhinocerebral zygomycosis(鼻脳型) 鼻脳型は、もっともよくみられるパターンである。[pulmonary.exblog.jp]

予防

  • 該当する方は、予防摂取を受けましょう 糖尿病をお持ちの方は免疫が低下していることがあるため、重症な感染を予防するためにワクチンの接種をしておいた方がよい場合があります。主治医とよく相談しましょう。 インフルエンザワクチン 糖尿病をお持ちの方は、インフルエンザワクチンの接種が推奨されています。 特に、65歳以上の方、60 64歳で心臓や腎臓、呼吸器などのご病気をお持ちの方、免疫が弱くなるご病気や治療を行なっている方はインフルエンザワクチンの定期予防接種が推奨されています。[dmic.ncgm.go.jp]
  • 抗真菌薬としてフルコナゾールが予防投与されていますが,カンジダには活性があるものの糸状菌には効果がないことに注意が必要です。 AMLで非常に頻度の高いIMDは侵襲性アスペルギルス症(Invasive Aspergillosis;IA)であり,頻度は10%程度,死亡率は27%にも上ります 2) 。そのため早期診断と早期治療が必要になるのです。[igaku-shoin.co.jp]
  • 注目キーワード 薬局 東京 ドックベスト歯科 インプラント 予約のできる歯医者 リハビリ病院 腰痛治療 不妊治療 審美歯科 ホワイトニング神奈川 歯科矯正 CT病院 更年期障害 漢方病院 針治療 予防接種[scuel.me]
  • 、保護、防護 《形》 2.予防薬、コンドーム prophylaxis予防[法] proteaseプロテアーゼ、蛋白[質]分解酵素〈総称名〉 protection防護、防御 protective1.保護、防護、防御 《形》 2.保護薬、被包薬 Pseudomonas シュードモナス[属] pus膿 putrescent (putrid)腐敗[性] 《形》 pyelitis腎盂炎 pyelocystitis腎盂膀胱炎 pyelonephritis腎盂腎炎 pyogenesis膿形成、化膿 pyogenic[tokyo-med.ac.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!