Edit concept Question Editor Create issue ticket

マイコプラズマ


治療

  • 一方、検討した46症例について上気道症状の出現の後に重症肺炎が発症するまでの治療内容をみると、88%が抗菌薬による無治療群、または M. pneumoniae に抗菌作用を有しないβ-ラクタム系抗菌薬による治療群であったことより、不的確な治療も重症化の一因と考えられた。 診 断-まずは臨床的な特徴が早期診断に必要- M. pneumoniae 感染症についての確定診断は細菌学的、血清学的、遺伝子学的などにて行うが、いずれも長短あり、早期に確定診断が困難なことが多い。[idsc.nih.go.jp]
  • では、積極的な治療を選択するべきかどうか。ケースバイケースではあるが、 M.bovis で臨床症状が出て泌乳量が著しく低下している乳房炎に関しては、基本的には淘汰という選択をすることが多い。治療により一時的に排菌は止まるが、このステージに来たものは再発のリスクが高い。ただし同じ M.bovis でも臨床症状を示していないものについては、積極的に治療をする。これは高い確率で治癒をのぞむことができる(スライド5)。[bayer-chikusan.jp]
  • 風邪と同じように自然治癒する場合も少なくないのですが、肺炎を合併している場合などは、抗生物質による治療が必要となります。 一度罹(かか)ったら免疫はつくの?(また罹(かか)るの?) 免疫は持続しないため、繰り返し罹(かか)ることがあります。 どうやって診断するの? 診察やレントゲンだけでは確定することはできません。 一般的には血液検査で、肺炎マイコプラズマに対する免疫(抗体)の獲得を確認するという間接的な方法によって診断します。 治療はどうするの?[sotobo-child.com]

疫学

  • 文 献 1)成田光生, 肺炎マイコプラズマ菌のマクロライド耐性化が臨床に及ぼす影響と問題点,「百日咳菌,ジフテリア菌,マイコプラズマ等の臨床分離菌の収集と分子疫学的解析に関する研究」厚生労働科学研究費補助金(新興・再興感染症研究事業)平成17年度総括・分担研究報告書: 59-65, 2006 2)成田光生,マクロライド耐性マイコプラズマ野生株の性状解析と,その臨床医学に関わる問題点、同上、平成15年度総括・分担研究報告書: 41-48, 2004 札幌鉄道病院小児科 成田光生 今月の表紙へ戻る IASR[idsc.nih.go.jp]
  • 2 流行疫学 世界的に散発ないし流行が見られる疾患で、従来4年毎の周期で発生が増減しており、最近では1984年、1988年に大きな流行がみられました。ヒトからヒトへの鼻咽頭分泌液の飛沫感染により伝播し、家族内感染もしばしばみられます。年齢により症状の重さも異なりますが、肺炎は感染者の3 30%に発症するとされています。 3 予防と発生時の対策 流行時には手洗い、うがいを励行し、室内の換気をよくする必要があります。[kenkou.pref.mie.jp]
  • 疫学 [ 編集 ] オリンピック が行われる年に流行する(4年に1度流行する)傾向があるとして「オリンピック 熱 」とも呼ばれるが、近年はこの傾向が薄れつつある。 また 喫煙 者は感染しにくいことも報告されている。 症状 [ 編集 ] 喀痰 を伴わない「乾いた咳」(dry cough,乾性咳嗽)をすることが多い。発熱は38.5 を越えることもある。頭痛、 咽頭 痛、刺激性の咳(乾性咳嗽)、 倦怠感 などのいわゆる 感冒 様症状を呈する。[ja.wikipedia.org]
性別分布
年齢分布

予防

  • 予防法 感染予防は、通常のインフルエンザの予防策と同様です。 咳エチケットを守りましょう。(咳、くしゃみが出る場合には、ティッシュ、ハンカチなどで鼻や口を押さえ、ほかの人から顔をそむけて2メートル以上離れましょう) 帰宅後のうがいや手洗いをしましょう。 十分な栄養と休養を取りましょう。[city.higashimatsuyama.lg.jp]
  • Q4.マイコプラズマ肺炎の予防方法を教えて下さい。 マイコプラズマに対する予防接種はありません。抗菌薬の予防投与も一般に行われません。 特異的な予防方法はなく、流行期には手洗い、うがいなどの一般的な予防方法の励行と、患者さんとの濃厚な接触を避けることです。 感染を広げないためのポイントは、咳エチケットと手洗いです。 咳エチケットとは? 咳があるときはマスクを着用しましょう。 咳やくしゃみをする時はティッシュやマスクを口と鼻にあて、他の人に直接飛まつがかからないようにしましょう。[ddmap.jp]
  • 予防方法 特別な予防方法はなく、手洗い・うがいなどの一般的な予防方法の励行に心がけましょう。 登校・登園について 学校保健安全法では、学校で予防すべき感染症第一 三種に明確には規定されていません。登校登園については、急性期が過ぎて症状が改善し、全身状態の良いものは登校可能となっており、流行阻止の目的というよりも、患者本人の状態によって判断すべきであると考えられます。 参考 ・ マイコプラズマ肺炎に関するQ&A (厚生労働省) ・ マイコプラズマ肺炎とは (国立感染症研究所)[city.hiroshima.lg.jp]
  • 予防法はあるの? ワクチンはありません。濃厚接触者に対して、治療と同様の抗生物質を服用すると予防できるとの報告もありますが、一般的にはこの方法は推奨されていません。 いつから登校していいの? 学校において予防すべき感染症としては明記されていませんが、学校によっては「第三種のその他の感染症」として取り扱われる場合があります。 一般的には、発熱、咳などの症状が改善し、全身状態がよいものは登校可能です。 風邪症状程度の状態であれば、診断の確定や抗生物質による治療も必要ないと考えられます。[sotobo-child.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!