Edit concept Question Editor Create issue ticket

ホスホリラーゼキナーゼ欠乏


治療

  • 東洋医学と西洋医学の医療を組み合わせた治療はとても珍しく、世界的にも注目されており、アジアでは再生医療をこれからしようとしており、アメリカやヨーロッパでは東洋医学的な思想がないですが、 Google でもマインドフルネスを取り入れて話題になっています。あれは東洋医学の思想で第4の心理療法と言われています。臓器から一人の人間として見ていくのがテーマです。 NHK インターナショナルで僕たちの治療が放送されました。 講演も世界でしており、サーモシェイプの講演をいくつかしてきました。[elcrest.co.jp]
  • この病気にはどのような治療法がありますか? 現状では根本的な治療法はありませんが、V型(マッカードル病)ではビタミンB6の投与が行われています。 横紋筋融解症が起こったときには、腎機能障害が起きる場合がありますので、点滴などの治療を行います。 血液透析 が必要になる場合もあります。 心筋症を合併するIIIa型では心筋症の薬物療法などを行います。 9. この病気はどういう経過をたどるのですか? 運動に誘発される筋症状により、日常生活に支障をきたすことが多く見られます。[nanbyou.or.jp]

病態生理

  • これらのことからGSK-3βの活性化が 双極性障害 の病態生理に関与している可能性が考えられている。 ・カゼインキナーゼI casein kinase I:CKI セリン/スレオニンキナーゼ のひとつ 生存と増殖に必須であり、多くの細胞内基質を有することが知られている。 がん抑制遺伝子産物 APC と相互作用するキナーゼとして見出された。[shiga-med.ac.jp]

予防

  • 一次症状の予防: 肝型PhK欠損症:低血糖もしくはケトーシスが存在する場合、予防のために複合炭水化物や蛋白質を多くした食事を摂取する。 筋型PhK欠損症:出版された情報はほとんどない。 二次合併症の予防: 肝型PhK欠損症:手術によっては術前にグルコースの静注を行い、つづいて術中・術後にも低血糖を予防するために静注する。全身麻酔では悪性高熱症の予防が必要である。 定期検査: 肝型PhK欠損症:代謝内科医もしくは栄養士による定期的な評価を行う。[grj.umin.jp]
  • 筋症状の予防の基本は、強い運動を避けることです。特に重量挙げなど筋肉が強く収縮するような運動をさけることが大切です。 関連ホームページのご紹介 治験情報の検索 情報提供者 研究班名 先天代謝異常症の生涯にわたる診療支援を目指したガイドラインの作成・改訂および診療体制の整備に向けた調査研究班 研究班名簿 新規掲載日 平成27年10月13日(研究班名簿:平成30年4月更新)[nanbyou.or.jp]
  • ラクトースを含まない食事によって急性毒性を予防でき,一部の臨床像(例,白内障)が回復するが,神経認知障害は予防できないことがある。多くの患者がカルシウムおよびビタミンの補充を必要とする。エピメラーゼ欠損症の患者では,様々な代謝過程へのウリジン-5 ′ -二リン酸-ガラクトース(UDP-ガラクトース)の供給を確保するために一定量のガラクトース摂取が不可欠である。 フルクトース代謝の疾患 フルクトース代謝酵素の欠損は,無症状のことも,低血糖を引き起こすこともある。[msdmanuals.com]
  • 名古屋大学大学院医学系研究科小児科学 小児科臨床 65(2): 243 -247 2012 膵体尾部欠損を伴った糖尿病の1例 香川礼子*1, 中川朋子*2, 友森麻衣子*3, 宇都宮朱里*1, 原圭一*1, 岡田賢*1, 宮河真一郎*3, 神野和彦*4, 西美和*5 *1広島大学医学部医歯薬学総合研究科小児科学教室, *2広島市立広島市民病院小児科, *3呉医療センター・中国がんセンター小児科, *4広島鉄道病院小児科, *5広島赤十字・原爆病院小児科 小児科臨床 65(2): 248 -251 2012 予防接種[mol.medicalonline.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!