Edit concept Question Editor Create issue ticket

ブラジル出血熱


提示

  • ペルーにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ 在ペルー日本国大使館 1 ボリビア政府による黄熱予防接種証明書(イエローカード)の提示義務 (1)ボリビア保健省は,2月1日,ペルーを含む黄熱病リスク国(※)からボリビアへ入国する方に対し,イエローカード提示を義務付けました。ただし,3月2日までは同措置の移行期間として,イエローカードを提示しなくても入国が可能となっています。[tokutenryoko.com]
  • (2)ブラジルでは、入国時に黄熱の予防接種国際証明書(イエローカード)の 提示を求められませんが、流行地域に渡航する際には、接種を推奨しています。 また、一部の国では、ブラジルからの入国者に対してイエローカードの提示を求める 国がありますので、渡航先及び経由する国における接種の必要性の有無を確認するなど、 早めの準備を心がけてください。 (3)黄熱の予防接種は、イエローカードの発行を伴うため、日本国内では指定された 全国24か所の施設以外では接種することができません。[his-brasil.com.br]
  • 黄熱リスク国へ入国するときや、黄熱リスク国から次の国に入国するときに、入国条件として黄熱予防接種証明書(イエローカード)の提示を要求される場合があります。イエローカードの提示が義務づけられていない黄熱リスク国に入国する場合でも予防接種が推奨されています。黄熱リスク国及び予防接種については FORTHホームページ をご覧ください。 マラリア マラリアはアフリカ、中南米、東南アジア等を中心とした亜熱帯や熱帯地域の主として辺地で現在も大流行をしています。[pref.aichi.jp]
  • HFVの非特異的で、且つ可変的な臨床所見は、重要な診断上の課題を提示している。急性出血熱症候群のWHOサーベイランス標準(WHO surveillance standards)に基づく臨床診断基準としては、体温が3週間未満、38.3 (101華氏度)より高いこと;重病及び出血症状の素因がないこと;並びに以下の出血症状:出血性発疹若しくは紫斑、鼻血、吐血、血尿、喀血、血便、又は代替的な確定診断のない他の出血症状の少なくとも2つが挙げられる。[biosciencedbc.jp]
筋肉痛
  • 発熱、頭痛、筋肉、嘔吐、下痢、咳、 肺水腫 、 呼吸困難 発熱、頭痛、筋肉、嘔吐など。 重症例では 黄疸 、肝不全、腎不全。発熱、頭痛、筋肉、 関節痛 、発疹、下痢、嘔吐など。 重症例では消化器からの出血を起こす。 2回目以降の感染で重症化のリスクが高まる。[konno.shop]
  • 症状 高熱(39 41 )、全身倦怠感に続き、3 4日目に大関節痛、咽頭痛、咳、筋肉、次いで心窩部痛、後胸部痛、嘔吐、悪心、下痢、腹部痛等が認められる。発症は突発的で進行は緩やかである。 予防 接触感染対策、飛沫感染対策 より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください[pref.ibaraki.jp]
  • 日本脳炎とは 国立感染症研究所 (外部リンク) マラリア ハマダラカが媒介する原虫による感染症で、7日から40日の潜伏期間の後、発熱、悪寒、頭痛、筋肉、関節痛などの症状が現れます。原因となるマラリア原虫の種類によって、熱帯熱マラリア、三日熱マラリア、四日熱マラリア、卵形マラリアに分類されます。もっとも危険なものは、熱帯熱マラリアで、適切な治療が遅れると死に至ることもあります。[city.utsunomiya.tochigi.jp]
  • 潜伏期間は7 14日で、初期症状として突然の発熱、筋肉、悪寒、背部痛、消化器症状がみられる。3 4日後には衰弱、嘔吐、目まいなどが出現し、重症例では高熱、出血傾向、ショックが認められる。歯肉縁の出血が特徴的とされるが、その後皮下や粘膜からの出血に進展する。神経症状を呈することもあり、舌や手の振戦から、せん妄、こん睡、痙攣に至る。致死率は30%に上るとされる。回復例では発症後10 13日頃から寛解傾向がみられるが、最終的には数ヶ月かかることが多い。[pref.okayama.jp]
点状出血
  • 抄録 症例は27歳,女性.発熱,筋肉痛を主訴に来院し,血清蛋白の低下,血小板減少,出血を認め,デングウイルスpolymerase chain reaction(PCR)にてデングウイルス3型が陽性であり,デング出血熱と診断された.補液のみの経過観察にて発症10日後に症状改善した.熱帯・亜熱帯地方への旅行者が増加しており同地方からの帰国者の発熱には本疾患も鑑別する必要があると考える.[jstage.jst.go.jp]
  • 出血、躯幹部出血に続き、消化管出血があらわれる( 図5 )。死亡例の90%以上で重篤な出血が見られているとの報告もあるが、2000年のウガンダ(グル地区)におけるアウトブレイクでは呼吸不全による死亡が多く、終末期に出血症状を示したのは20%程度であった。致死率は50 90%、平均約70%と極めて死亡率が高い。[h-crisis.niph.go.jp]
  • 出血が一般的にみられ、進行すると紫斑も生ずる。特に針を刺した部位から拡がる。重症化するとさらに全身出血、血管虚脱を来し、死亡例では消化管出血が著明である。肝・腎不全も出現することがある。初期症状は特異的ではない。時に突発的に発生する 予防 接触感染対策 痘そう(天然痘) Smallpox 病原体 痘そうウイルス 潜伏期 12日(7 17日) 感染経路 ヒトが唯一の自然宿主である。主に、飛沫感染によりヒトからヒトへ感染する。患者や汚染された物の(直接)接触により感染することもある。[pref.ibaraki.jp]
皮疹
  • ・微熱、関節痛、頭痛、、結膜充血などです。比較的軽度のようです。 ・潜伏期間は2-7日間です。 ・デング同様 人から人への感染はありません。 インフルエンザやエボラ出血熱 ( )と違うところですね。 ・デングと比べて 結膜充血 が高頻度に見られるようです。 ・ はデング(や麻疹:熱が下がってから出ることが多い)と異なり、発熱中に出現することが多いです。 ・デングで注意すべき血漿漏出症候群・出血性合併症(デング出血熱)の報告はありません。一般に予後は良好なようです。[kontaniclinic.jp]
  • 発症数日後に消化器症状(水様下痢、嘔吐、腹痛など)、5-7日目に(びまん性紅斑や掻痒のない丘疹)が出現することがある。出血の頻度は高くないが末期には約20%に出血(消化管出血、点状出血、穿刺部からの出血、粘膜出血など)がみられる。その他、吃逆、胸痛、呼吸苦、頭痛、意識障害、痙攣、脳浮腫などを伴うことがある。結膜充血も頻度が高い。もっとも頻度の高い症状は発熱(87%), 頭痛(80%)、倦怠感(76%), 嘔吐(68%)、下痢(66%), 食欲不振(65%) である。[h-crisis.niph.go.jp]
発熱
  • 発熱、頭痛、嘔吐など。 重症例では腎不全と消化器からの 出血 がみられる。発熱、頭痛、筋肉痛、嘔吐、下痢、咳、 肺水腫 、 呼吸困難 発熱、頭痛、筋肉痛、嘔吐など。 重症例では 黄疸 、肝不全、腎不全。発熱、頭痛、筋肉痛、 関節痛 、発疹、下痢、嘔吐など。 重症例では消化器からの出血を起こす。 2回目以降の感染で重症化のリスクが高まる。[konno.shop]
  • ., Emerg Infect Dis 16(7): 1087-1092, 2010 発熱を伴う血小板減少症候群ウイルス 2011年中国疾病防疫センターにより、発熱を伴う血小板減少症候群(severe fever with thrombocytopenia syndrome, SFTS)の原因ウイルスとして新種のブニヤウイルス(SFTSウイルス、SFTSV)が分離、同定された。[idsc.nih.go.jp]
  • ※1980年5月WHO世界根絶宣言 症状 前駆期:急激な発熱(39 前後)、頭痛、四肢痛、腰痛などで始まり、発熱は2 3日で40 以上に達する。第3 4病日頃には、一時解熱傾向となり、発疹が出る。 発疹期:発疹は、紅斑 丘疹 水疱 膿疱 結痂 落屑と規則正しく移行する。その時期に見られる発疹はすべて同一のステージで進行することが特徴である。第9病日頃に膿疱となるが、この頃には再び高熱となり、結痂するまで続く。疼痛、灼熱感が強い。 回復期:2 3週間の経過で、脱色した瘢痕を残し治癒する。[pref.ibaraki.jp]
  • 潜伏期は3 7日で,発熱,関節痛等がみられ,時に発疹を伴います。予防接種や治療薬はありませんので,蚊に刺されないことが大切です。 (3)ジカウイルス感染症 蚊の媒介で発症するウイルス感染症です。2015年5月にブラジル国内での感染例が初めて確認され,その後中南米地域を中心に感染が拡大しました。潜伏期間は2 12日(多くは2 7日)で,軽度の発熱,発疹,結膜炎,疲労感,筋肉痛,関節痛等を起こしますが,通常は重症化せず死亡することは稀です。[mofa.go.jp]
  • チクングニア熱 ヒトスジシマカやネッタイシマカが媒介するウイルス感染症で、3日から7日の潜伏期間の後、発熱、関節痛、発疹などの症状が現れます。また、出血傾向(鼻出血、歯肉出血)をきたすこともり、重症化した場合は神経症状や劇症肝炎に進行することもあります。 その他、蚊が媒介する主な感染症 日本脳炎 コガタアカイエカが媒介するウイルス感染症で、1週間から2週間程度の潜伏期間の後、発熱、頭痛、吐き気、めまい等の症状が現れます。[city.utsunomiya.tochigi.jp]
高熱
  • 目次 [ 非表示 ] 1 病原体 2 感染経路 3 症状 4 予防方法 南米出血熱 (なんべいしゅっけつねつ)は、 中南米 で発生している、 高熱 と重篤な 出血 症状を伴う ウイルス 感染症 の総称である。 病原体 南米出血熱を起こすウイルスは以下の4種類である。[dic.pixiv.net]
  • 潜伏期は5 16日で高熱で発症します。予防は、夜間(夕方暗くなりかけから明け方まで)蚊に刺されないように注意することです。ブラジル保健省によればアマゾニア地域への観光旅行では予防薬は必要ないとされていますが,熱帯地方で蚊に刺された後高熱が出た場合は必ず速やかに医療機関で検査を受けて下さい。各地にはマラリア専門の公立医療機関があり、マラリアの診断が確定されれば無料で治療薬を出してくれます。 黄熱病 ブラジル特にゴイアス州、ブラジリア連邦区から北部のアマゾニア地方は黄熱病汚染地域です。[br.emb-japan.go.jp]
歯肉出血
  • また、出血傾向(鼻出血、歯肉出血)をきたすこともり、重症化した場合は神経症状や劇症肝炎に進行することもあります。 その他、蚊が媒介する主な感染症 日本脳炎 コガタアカイエカが媒介するウイルス感染症で、1週間から2週間程度の潜伏期間の後、発熱、頭痛、吐き気、めまい等の症状が現れます。感染しても発症するのは、100人から1000人に1人程度で、ほとんどの方は症状が出ることはありません。[city.utsunomiya.tochigi.jp]
  • また出血傾向(鼻出血・歯肉出血)や悪心・嘔吐をきたすこともある。関節痛は急性症状のみならず、数か月 数年続くことがある。 注意事項 媒介蚊は日中に活動するため、昼間の木陰などでも刺される危険があります。予防ワクチンや特効薬はなく、流行地では蚊に刺されないよう個人による十分な対策(薬剤塗布、長袖の着用など)が必要です。 ジカウイルス感染症 ジカウイルスは1947年にウガンダ共和国ジカ森林でアカゲザルから発見され、1968年にナイジェリアで行われた研究で初めてヒトから分離されました。[pref.aichi.jp]
頭痛
  • 発熱、頭痛、筋肉痛、 結膜炎 、 紫斑 、 鼻血 など。 肝不全や腎不全もみられる。 出血熱の中で最も 出血傾向 が顕著である。発熱、腹痛、下痢、嘔吐など。 重症例では消化器から出血することもある。 消化器症状が強いので ノロウイルス などとの鑑別が重要。発熱、頭痛、嘔吐など。 重症例では腎不全と消化器からの 出血 がみられる。発熱、頭痛、筋肉痛、嘔吐、下痢、咳、 肺水腫 、 呼吸困難 発熱、頭痛、筋肉痛、嘔吐など。 重症例では 黄疸 、肝不全、腎不全。[konno.shop]
  • 発熱、悪寒、頭痛、筋肉痛、皮膚粘膜発疹、咽頭結膜炎に続き、重症化すると下痢、鼻口腔・消化管出血が見られる(エボラ出血熱に類似する)。 予防 接触感染対策 ラッサ熱 Lassa fever 病原体 ラッサウイルス 潜伏期 7 18日 感染経路 ウイルスを保有しているマストミス(齧歯類)に咬まれたり、尿や血液に触れたることにより感染する。また、ヒトへの感染は発症者の血液、体液、排泄物等に直接接触し感染する。[pref.ibaraki.jp]
  • その他、蚊が媒介する主な感染症 日本脳炎 コガタアカイエカが媒介するウイルス感染症で、1週間から2週間程度の潜伏期間の後、発熱、頭痛、吐き気、めまい等の症状が現れます。感染しても発症するのは、100人から1000人に1人程度で、ほとんどの方は症状が出ることはありません。 日本脳炎とは 国立感染症研究所 (外部リンク) マラリア ハマダラカが媒介する原虫による感染症で、7日から40日の潜伏期間の後、発熱、悪寒、頭痛、筋肉痛、関節痛などの症状が現れます。[city.utsunomiya.tochigi.jp]
  • 黄熱は熱帯アフリカと中南米の風土病で、発熱や悪寒、頭痛、吐き気などの症状がある。致死率が高く、5 10%といわれる。 事前に情報チェック W杯会場となる都市の一部は予防接種の推奨地域内にある。日本チームの1次リーグでは、24日の第3戦が開催されるクイアバが含まれる。接種して10日後から有効だが、早めの準備が必要。観戦で渡航する人は地域や時期に応じて必要な対応をすでにしていることだろう。 ブラジルはデング熱の危険地域でもある。[style.nikkei.com]
痙攣
  • 神経症状がおこると、舌や手の振戦から、せん妄、こん睡、痙攣に至ります。致死率は30%とされています。 特別な治療法はなく、症状に応じた対症療法が行われます。 国内で利用できる予防接種はありません。 流行している地域ではネズミ類がいるような不衛生な場所に近寄らないようにすることや汚染された食品を摂取しないようにすることが重要です。 診断は、病源体の検出、病原体の遺伝子の検出、抗原検査あるいは抗体検査によります。[idsc.tokyo-eiken.go.jp]
  • 神経症状を呈することもあり、舌や手の振戦から、せん妄、こん睡、痙攣に至る。致死率は 30% に上るとされる。回復例では発症後10 13日頃から寛解傾向がみられるが、最終的には数ヶ月かかることが多い。 ①. 患 者(確定例) 医師は、 (2)の臨床的特徴を有する者を診察した結果、症状や所見から南米出血熱が疑われ、かつ、次の表の左欄に掲げる検査方法により、南米出血熱患者と診断した場合には、 法第12条第1項の規定による届出を直ちに行わなければならない。[labo-tech.co.jp]
  • 神経症状を呈することもあり、舌や手の振戦から、せん妄、こん睡、痙攣に至る。致死率は30%に上るとされる。回復例では発症後10 13日頃から寛解傾向がみられるが、最終的には数ヶ月かかることが多い。 (3) 届出基準 ア 患者(確定例) 医師は、(2)の臨床的特徴を有する者を診察した結果、症状や所見から南米出血熱が疑われ、かつ、次の表の左欄に掲げる検査方法により、南米出血熱患者と診断した場合には、法第12条第1項の規定による届出を直ちに行わなければならない。[mhlw.go.jp]
  • 神経症状を呈することもあり、舌や手の振戦から、せん妄、こん睡、痙攣に至る。致死率は30%に上るとされる。回復期では発症後10 13日頃から寛解傾向がみられるが、最終的には数ヶ月かかることが多い。 (3)届出基準 ア 患者(確定例) 医師は、(2)の臨床的特徴を有する者を診察した結果、症状や所見から南米出血熱が疑われ、かつ、次の表の左欄に掲げる検査方法により、南米出血熱患者と診断した場合には、法第12条第1項の規定による届出を直ちに行わなければならない。[pref.ehime.jp]
構音障害
  • 「なんべい【南米】」の全ての意味を見る 南米出血熱 のカテゴリ情報 出典: デジタル大辞泉 (小学館) #医学 #病気 #名詞 [医学/病気]カテゴリの言葉 障害 視力障害 分裂病 虫気 鬱血性心不全 南米出血熱 の前後の言葉 軟文学 南米 南米航路 南米出血熱 南米南部共同市場 何遍 軟便 新着ワード スマイル 死戦期呼吸 エルピーワン アグアスカリエンテス メガパーセク 国際航空連盟 悪石島 な なん なんべ 辞書 国語辞書 医学 病気 「南米出血熱」の意味 このページをシェア Twitter[dictionary.goo.ne.jp]
嘔吐
  • 発熱、頭痛、嘔吐など。 重症例では腎不全と消化器からの 出血 がみられる。発熱、頭痛、筋肉痛、嘔吐、下痢、咳、 肺水腫 、 呼吸困難 発熱、頭痛、筋肉痛、嘔吐など。 重症例では 黄疸 、肝不全、腎不全。発熱、頭痛、筋肉痛、 関節痛 、発疹、下痢、嘔吐など。 重症例では消化器からの出血を起こす。 2回目以降の感染で重症化のリスクが高まる。[konno.shop]
  • 症状 高熱(39 41 )、全身倦怠感に続き、3 4日目に大関節痛、咽頭痛、咳、筋肉痛、次いで心窩部痛、後胸部痛、嘔吐、悪心、下痢、腹部痛等が認められる。発症は突発的で進行は緩やかである。 予防 接触感染対策、飛沫感染対策 より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください[pref.ibaraki.jp]
  • 症状は主に下痢と嘔吐。症状の軽いものから、多量の水様便による脱水症を起こしショックを起こすこともあります。 コレラ菌の保菌者の便、尿や嘔吐で感染されている水や食物の飲食によって感染します。 スナノミ 海辺等を裸足で歩くとハエが足の親指に卵を産み付ける。希ではない。[br.emb-japan.go.jp]
  • 発症数日後に消化器症状(水様下痢、嘔吐、腹痛など)、5-7日目に皮疹(びまん性紅斑や掻痒のない丘疹)が出現することがある。出血の頻度は高くないが末期には約20%に出血(消化管出血、点状出血、穿刺部からの出血、粘膜出血など)がみられる。その他、吃逆、胸痛、呼吸苦、頭痛、意識障害、痙攣、脳浮腫などを伴うことがある。結膜充血も頻度が高い。もっとも頻度の高い症状は発熱(87%), 頭痛(80%)、倦怠感(76%), 嘔吐(68%)、下痢(66%), 食欲不振(65%) である。[h-crisis.niph.go.jp]
  • 3 4日後には衰弱、嘔吐、目まいなどが出現し、重症例では高熱、出血傾向、ショックが認められる。歯肉縁の出血が特徴的とされるが、その後皮下や粘膜からの出血に進展する。神経症状を呈することもあり、舌や手の振戦から、せん妄、こん睡、痙攣に至る。致死率は30%に上るとされる。回復例では発症後10 13日頃から寛解傾向がみられるが、最終的には数ヶ月かかることが多い。 ※ 各感染症情報については、厚生労働省のホームページより文章を引用しています。[pref.okayama.jp]
腹痛
  • 発熱、腹痛、下痢、嘔吐など。 重症例では消化器から出血することもある。 消化器症状が強いので ノロウイルス などとの鑑別が重要。発熱、頭痛、嘔吐など。 重症例では腎不全と消化器からの 出血 がみられる。発熱、頭痛、筋肉痛、嘔吐、下痢、咳、 肺水腫 、 呼吸困難 発熱、頭痛、筋肉痛、嘔吐など。 重症例では 黄疸 、肝不全、腎不全。発熱、頭痛、筋肉痛、 関節痛 、発疹、下痢、嘔吐など。 重症例では消化器からの出血を起こす。 2回目以降の感染で重症化のリスクが高まる。[konno.shop]
  • 症状は発熱(ほぼ必発)、疼痛(頭痛、筋肉痛、胸痛、腹痛など)、無力症が多い。 2 3日で急速に悪化し、死亡例では約1週間程度で死に至ることが多い。出血は報告にもよるが、主症状ではないことも多い(2000年ウガンダの例では約20%)。 ザイール型では致死率は約90%、スーダン型では致死率は約50%である。 ヒトからヒトへの感染は血液、体液、排泄物等との直接接触により、空気感染は否定的である。 予防 流行している地域への旅行を控える。野生動物や患者に直接触れない。洞窟に入らない。[pref.ibaraki.jp]
  • 感染性胃腸炎 ウイルス、細菌、真菌、原虫などが原因で起こり、下痢、腹痛、嘔吐、発熱などの症状を呈し、食べ物や水から感染します。初期は脱水などに対する対症療法を行いますが、症状が強い時は医者にかかって下さい。 寄生虫症 回虫、糞線虫などの寄生虫疾患がまだ多いです。現地の医師は消化器症状の患者には駆虫薬を処方することが多いようですが、できれば検便を受けてから駆虫薬を服用することを勧めます。生野菜などは流水でよく洗って食べて下さい。[br.emb-japan.go.jp]
吐き気
  • 黄熱は熱帯アフリカと中南米の風土病で、発熱や悪寒、頭痛、吐き気などの症状がある。致死率が高く、5 10%といわれる。 事前に情報チェック W杯会場となる都市の一部は予防接種の推奨地域内にある。日本チームの1次リーグでは、24日の第3戦が開催されるクイアバが含まれる。接種して10日後から有効だが、早めの準備が必要。観戦で渡航する人は地域や時期に応じて必要な対応をすでにしていることだろう。 ブラジルはデング熱の危険地域でもある。[style.nikkei.com]
  • その他、蚊が媒介する主な感染症 日本脳炎 コガタアカイエカが媒介するウイルス感染症で、1週間から2週間程度の潜伏期間の後、発熱、頭痛、吐き気、めまい等の症状が現れます。感染しても発症するのは、100人から1000人に1人程度で、ほとんどの方は症状が出ることはありません。 日本脳炎とは 国立感染症研究所 (外部リンク) マラリア ハマダラカが媒介する原虫による感染症で、7日から40日の潜伏期間の後、発熱、悪寒、頭痛、筋肉痛、関節痛などの症状が現れます。[city.utsunomiya.tochigi.jp]
  • また、頭痛、めまい、寒気、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛がみられることもあります。初期の症状が現れてから4 10日後に呼吸困難や血圧低下が起こり、死亡することもあります。致死率は35%から50%に達します。 10 月17日付で公表された汎米保健機関(PAHO)の情報によりますと、アルゼンチン、ボリビア、ブラジル、カナダ、チリ、エクアドル、パナマ、パラグアイ、米国、ウルグアイ、ベネズエラで、過去数年間にハンタウイルス肺症候群の患者が発生しました。[jomf.or.jp]
目の充血
  • ジカウイルスの感染では、頭痛、発熱、発疹、充血、疲労感、筋肉・関節痛 といった症状が起こりますが、たいていは軽症ですみます。しかし、 2013 年に起こったフランス領ポリネシアでの流行の際には、 42 人が自己免疫疾患であるギランバレー症候群を発症しました( 1 万人感染で 42 人がギランバレーを発症したとすれば、発症率は 0.42 %です)。これが、ジカウイルス感染により重症化しうる最初の例でした。 ギランバレー症候群は末梢神経系に対して自分の免疫細胞が攻撃することにより起こります。[ayyoshi.com]
鼻出血
  • 早期から白血球減少があり,第5病日のころが最も著しく,出血症状として出血や吐血などが見られます。通常,第7病日から治癒に向かい,致命率は5 10%ですが,重篤な場合には50%にも達し,ウイルス性出血熱の病態を示します。 (3)治療方法 現在までに,黄熱に有効な対処治療薬はなく,脱水,呼吸不全,発熱に対する支持療法があるだけです。 (4)予防 黄熱予防接種は1回の予防接種で黄熱に対し十分な免疫が獲得され,終生免疫を獲得することができます。[tokutenryoko.com]
  • また、出血傾向(出血、歯肉出血)をきたすこともり、重症化した場合は神経症状や劇症肝炎に進行することもあります。 その他、蚊が媒介する主な感染症 日本脳炎 コガタアカイエカが媒介するウイルス感染症で、1週間から2週間程度の潜伏期間の後、発熱、頭痛、吐き気、めまい等の症状が現れます。感染しても発症するのは、100人から1000人に1人程度で、ほとんどの方は症状が出ることはありません。[city.utsunomiya.tochigi.jp]
  • 早期から白血球減少があり、第5病日のころが最も著しく、出血症状として出血や 吐血などが見られます。通常、第7病日から治癒に向かい、致命率は5 10%ですが、 重篤な場合には50%にも達し、ウイルス性出血熱の病態を示します。 (3)治療方法 現在までに、黄熱に有効な対処治療薬はなく、脱水、呼吸不全、発熱に対する支持 療法があるだけです。 (4)予防 黄熱予防接種は1回の予防接種で黄熱に対し十分な免疫が獲得され,終生免疫を獲 得することができます。[his-brasil.com.br]
  • また出血傾向(出血・歯肉出血)や悪心・嘔吐をきたすこともある。関節痛は急性症状のみならず、数か月 数年続くことがある。 注意事項 媒介蚊は日中に活動するため、昼間の木陰などでも刺される危険があります。予防ワクチンや特効薬はなく、流行地では蚊に刺されないよう個人による十分な対策(薬剤塗布、長袖の着用など)が必要です。 ジカウイルス感染症 ジカウイルスは1947年にウガンダ共和国ジカ森林でアカゲザルから発見され、1968年にナイジェリアで行われた研究で初めてヒトから分離されました。[pref.aichi.jp]

治療

  • 有効な治療薬はありません。咬傷後すぐに予防接種を受けること(暴露後接種)が重要ですので, 狂犬病が疑われる動物に咬まれた時は,すぐに傷を流水と石鹸で洗い医療機関を受診してください。 (12)シャーガス病 吸血昆虫のサシガメが媒介する感染症です。潜伏期(1 2週)の後に発熱や発疹で発症します。初期に治療しないと10 20年後に心臓病などを起こすことがあります。サシガメは,日中は地方の人家の土壁の割れ目などに生息し,夜間に人家内に出没し睡眠中のヒトに吸血行動をとります。[mofa.go.jp]
  • TOP 治療 薬物療法(抗菌薬療法) エボラ出血熱 補助的治療として体液喪失に対する補液(経口あるいは経静脈的)と電解質異常の補正が重要である。承認されているエボラウイルスに対する治療薬や、曝露後予防薬は存在しない。しかし、2014年の西アフリカでの大規模流行において、いくつかの実験的な治療薬がcompassionate useとして患者に投与されており、その効果について現在検証中である。[h-crisis.niph.go.jp]
  • エボラ出血熱の研究は未だ初期段階であり、ウイルスがいかに働くかについての知識は不十分です」(バデリア博士) 「とはいえ、こういった発見は、今後の治療の可能性を探る 重要な手がかり であり、現在も複数の方法からなる治療法の開発に力を尽くしています。そのうち1つが、細胞内に侵入したウイルスの自己複製を抑止する方法です。この方法では、ウイルスが新しいウイルスを作りだすための遺伝子物質の複製を完全に抑止します。[huffingtonpost.jp]

疫学

  • 南米出血熱 South American hemorrhagic fever 1類感染症 病原体 アレナウイルス属のウイルスによる出血熱の総称 主な症状 発熱・筋肉痛・悪寒・背部痛・衰弱・ショックなど 感染経路 創傷・接触感染 潜伏期 7 14日 疫学的特徴 その他の情報 学校保健感染症(第1種) 検査診断・届出の流れ 直ちに情報提供 確定後、直ちに 検出方法 遺伝子検査/抗体検出 主な検体 血液・髄液・尿/血清 採取容器及び量 保管方法 採取タイミング 注意事項 リンク 届出基準 / PDF 発生届[kansen-wakayama.jp]
  • ボストン・メディカルセンターの病院疫学医師で、ボストン大学国立新興感染症研究所 の感染管理所長のナイード・バデリア博士は、「90%の致死率は、一切の治療を受けない場合の数値だからです」と述べた。 バデリア博士はまた、ハフィントンポストUS版の取材に対し「現在は対症療法が行われており、実際の致死率は60%です」と述べた このウイルスは、どのようにしてひどい症状を引き起こすのだろうか? エボラ出血熱は、目や耳から出血し、死に至ることで恐れられている。[huffingtonpost.jp]
  • 米国厚生省のCDC が西アフリカ最西端のシエラレオネに調査研究基地を置き、1976年以来20年間にわたって調査した結果、致死率は感染者の1〜2%であることも疫学的に 判明した。本症の非流行地への輸入例は現在まで23 例みられる。 18 例目としては、わが国でシエラレオネから帰国した人に1987 年3 月ラッサ熱が発症したが、幸い回復した。19例目は米国で、1989 年1 月ナイジェリアからの帰国者において死亡6 時間前に診断が確定された。[niid.go.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • (4)予防 黄熱予防接種は1回の予防接種で黄熱に対し十分な免疫が獲得され,終生免疫を獲得することができます。ワクチンにより接種した人の99%が30日以内に効果のある免疫を得ます。 外務省海外旅行登録「たびレジ」について 「たびレジ」は,いざという時,在外公館から滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発生時の連絡メールなどが受け取れるシステムです。是非御利用ください。[tokutenryoko.com]
  • 流行情報に注意し、リスク時に四価(A/C/Y/W125)製剤 麻疹、風疹、水痘おたふくかぜ 予防接種を受けていないか1回だけ受けた人、 特に20歳未満の発病歴が無い人 コレラ 流行情報に注意し、リスク時には経口製剤 インフルエンザ 60歳以上 (毎年受けていれば必要なし) 肺炎球菌(23価) 65歳以上 4. 同伴されるお子様の予防接種(接種時期、回数) 外国では日本の定期予防接種だけでは不十分な場合があります。必要な予防接種の種類と回数は旅行期間などにより違います。[traveller-vaccination.jp]
  • 予防接種で予防可能なので、森林地帯に入る観光客には予防接種が必須です。 急性肝炎 A型肝炎ウイルスが原因で食べ物や水から感染するA型肝炎(潜伏期1 2ヶ月)とB型肝炎ウイルスが原因で血液や体液から感染するB型肝炎(潜伏期1 6ヶ月)があり、発熱、全身倦怠感、食欲不振などの症状と黄疸が表れます。A、B型肝炎ともに予防接種で予防が可能です。 狂犬病 多くはありませんが、野犬やコウモリを介して発症する例が報告されています。狂犬病ウイルスに感染している動物に咬まれて発症します。[br.emb-japan.go.jp]
  • (4)予防 黄熱予防接種は1回の予防接種で黄熱に対し十分な免疫が獲得され,終生免疫を獲 得することができます。ワクチンにより接種した人の99%が30日以内に効果のある免疫を得ます。 3 – その他の感染症 黄熱と同様に蚊(ネッタイシマカやヒトスジシマカ)が媒介とするその他の感染症 (ジカウイルス感染症及びデング熱など)も発生しており、注意が必要です。[his-brasil.com.br]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!