Edit concept Question Editor Create issue ticket

ブラウン・ビアレット・ヴァン・ラール症候群


提示

  • VDRは、樹状細胞やマクロファージといった制御性T細胞や抗原提示細胞などの免疫系のほとんどの細胞で発現する (9) 。特定の状況では、単球、マクロファージ、およびT細胞は25ヒドロキシビタミンD 3 -1αヒドロキシラーゼ酵素を発現させて1,25ジヒドロキシビタミンDを生成し、局所的に免疫反応の調整作用をする (10,11) 。[lpi.oregonstate.edu]
うっ血性心不全
  • うっ血心不全 うっ血心不全(心機能不全)は、脈拍が上がりその後に左心室肥大になることが特徴である。心不全は、心エコー検査(心臓超音波検査)で評価される左室駆出率(LVEF)の減少を伴う。心不全の患者には、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬(「 血圧調整 」の項参照)が、第一選択治療薬として現在使用される。[lpi.oregonstate.edu]
疲労
  • 自己免疫応答によって引き起こされ得るさらなる疾患は、ベーチェット病、慢性疲労性免疫機能障害症候群(chronic fatigue immune dysfunction syndrome(CFIDS))、コーガン症候群I、子宮内膜症、HELLP症候群、ベヒテレフ病、リウマチ性多発筋痛、乾癬、サルコイドーシスおよび白斑である。 この十年間、全身性の自己免疫疾患を治療するための新しい生物学的療法が開発されている。これらの新しい治療は、免疫応答の全てのステップを標的としている。[biosciencedbc.jp]
  • 【0065】 自己免疫応答によって引き起こされ得るさらなる疾患は、ベーチェット病、慢性疲労性免疫機能障害症候群(chronic fatigue immune dysfunction syndrome(CFIDS))、コーガン症候群I、子宮内膜症、HELLP症候群、ベヒテレフ病、リウマチ性多発筋痛、乾癬、サルコイドーシスおよび白斑である。 【0066】 この十年間、全身性の自己免疫疾患を治療するための新しい生物学的療法が開発されている。[ekouhou.net]
  • 【0040】 自己免疫応答によって引き起こされ得るさらなる疾患は、ベーチェット病、慢性疲労性免疫機能障害症候群(chronic fatigue immune dysfunction syndrome(CFIDS))、コーガン症候群I、子宮内膜症、HELLP症候群、ベヒテレフ病、リウマチ性多発筋痛、乾癬、サルコイドーシスおよび白斑である。 【0041】 この十年間、全身性の自己免疫疾患を治療するための新しい生物学的療法が開発されている。[ekouhou.net]
軍人
  • 横断研究では、子供の時に日光に当たってタラの肝油(ビタミンDが豊富)を摂取することが、再発性MSのある退役軍人の間で後の症状の発現に関連していた (116) 。さらに、MSと診断された257人の症例を含む米国軍人の症例対照研究では、血清25ヒドロキシビタミンD濃度が最上五分位(39.6ng/ml超)の白人被験者は、最下五分位(25.3ng/ml未満)の者に比べてMSの発症リスクが62%低かった (117) 。[lpi.oregonstate.edu]
運動失調
  • 、フリードライヒ失調症、異染性白質萎縮症、レフサム症候群、副腎脊髄ニューロパシー、毛細血管拡張性運動失調症、デジュリーヌ ソッタス病(限定されないが、A型またはB型が挙げられる。)、ランベルト イートン(Lambert-Eaton)症候群または脳神経の障害に由来するニューロパシー、から選択されるニューロパシーが挙げられる。 さらに、認知障害も適応症である。[biosciencedbc.jp]
心不全
  • うっ血性心不全 うっ血性心不全(心機能不全)は、脈拍が上がりその後に左心室肥大になることが特徴である。心不全は、心エコー検査(心臓超音波検査)で評価される左室駆出率(LVEF)の減少を伴う。心不全の患者には、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬(「 血圧調整 」の項参照)が、第一選択治療薬として現在使用される。[lpi.oregonstate.edu]
かすみ目
  • 合併症としては、網膜症、ニューロパシー、ネフロパシー;冠動脈疾患、末梢血管疾患および脳血管疾患が挙げられる; ・自己免疫性甲状腺炎:衰弱、便秘、息切れ、顔、手および足の腫脹、末梢性浮腫、徐脈; ・多発性硬化症:痙性、かすみ、眩暈、四肢の衰弱、感覚異常; ・ブドウ膜網膜炎:夜間視力の低下、周辺視力の損失; ・エリテマトーデス:関節痛、発疹、光過敏症、発熱、筋肉痛、手および足の腫脹、尿検査の異常(血尿、円柱尿、タンパク尿)、糸球体腎炎、認知機能障害、血管血栓症、心嚢炎; ・強皮症:レイノー病;手、腕[ekouhou.net]

治療

  • 抗がん剤はしばしば、患者に用量を制限したり治療をやめさせたりするように強いるかもしれない様々な副作用を呈する。タモキシフェンで90日間治療を受けた78人の閉経後の乳がん患者にリボフラビン(10 mg/日)、ナイアシン(50 mg/日)、およびコエンザイムQ 10 (100 mg/日)を同時投与しての抗酸化効果が評価された。この補給によって、タモキシフェン治療に伴う酸化ストレスが効果的に防がれた (79) 。[lpi.oregonstate.edu]

病因学

  • 6-12ヶ月 10 400 10 400 幼児 1-3歳 15 600 15 600 子供 4-8歳 15 600 15 600 子供 9-13歳 15 600 15 600 青少年 14-18歳 15 600 15 600 成人 19-70歳 15 600 15 600 成人 71歳以上 20 800 20 800 妊婦 全年齢 - - 15 600 授乳期 全年齢 - - 15 600 疾病予防 骨粗しょう症 骨粗しょう症の原因には多くの因子があるが、年配の成人にはビタミンDの不足が重要な病因的要素[lpi.oregonstate.edu]

疫学

  • 白内障有病率の疫学的研究で、1.6 2.2 mg/日のリボフラビン摂取で加齢による白内障の発症リスクが下がるかもしれないことが示された。また、急性虚血性脳卒中を患う年配者はリボフラビンが不足していることがわかり (88) 、リボフラビン欠乏症はMTHFR677T変異を持つ閉経後の女性の骨折リスクが高いことと関連付けられている (89) 。[lpi.oregonstate.edu]
  • したがって、自己免疫疾患の予防や治療にビタミンD補給が有効であると結論づけられないものの、ビタミンD不足を解消し充分な濃度を維持することが疾患のリスクを下げることに役立つ可能性があることを、ヒトでの疫学的研究のエビデンスは示している (144) 。 心血管疾患 高血圧 高血圧は心血管疾患(CVD)のリスク要因としてよく知られている (145) 。[lpi.oregonstate.edu]
性別分布
年齢分布

予防

  • ある無作為化プラセボ対照試験で、偏頭痛の再発の履歴がある54人の男女における片頭痛予防に関して、3ヶ月間400 mg/日のリボフラビンを摂取する効果が調べられた (51) 。リボフラビンはプラセボに比べて発作頻度と頭痛のある日を減らすことにおいてかなり良好であったが、有益な効果は治療の3ヶ月目に最も顕著であった。[lpi.oregonstate.edu]
  • 興味深いことに、これらのデータに10の追加的試験のデータを加えて統合解析したところ、ビタミンDのボーラス投与量は低容量を毎日補給することよりもURTIの予防にはだいぶ非効果的かもしれないことが示唆された (203) 。メタ解析では、ビタミンD 3 の予防効果によって全体でURTIリスクが減少36%したと報告された。[lpi.oregonstate.edu]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!