Edit concept Question Editor Create issue ticket

ブチリルコリンエステラーゼ欠損症


提示

  • しかし、認知症の前駆状態を定義するのは難しく、 複数の研究・医療機関がその基準を提示しているものの、診断方法の確立には至っていない。 診療ガイドラインによる主な認知機能障害まとめ 全般性注意障害 必要な作業に注意を向けて、それを維持し、適宜選択、配分することができない。いろいろな作業でミスが増える。ぼんやりして反応が遅い 遂行機能障害 物事を段取りよく進められない。[fdoc.jp]
骨粗鬆症
  • 〈参 考〉 企業報告 7 〈混合ホルモン剤〉 男性ホルモン・卵胞ホルモン混合製剤 (更年期障害及び骨粗鬆症の効能を有する製剤) [販売名] プリモジアン・デポー(日本シエーリング),ボセルモンデポー50mg(帝国臓器製薬)他 [禁忌] 動脈性の血栓塞栓疾患(例えば,冠動脈性心疾患,脳卒中)又はその既往歴のある患者 [用法・用量に関連 する使用上の注意] 「骨粗鬆症」に本剤を投与する場合,投与後6ヵ月 1年後に骨密度を測定し,効果が認められない場合には投与を中止し,他の療法を考慮すること。[mhlw.go.jp]
  • 骨粗鬆症が進行していると骨折しやすく、寝たきりになってしまう可能性もある。 室内に転びやすい箇所がないか確認し、家具の配置や動線の変更を行うことが転倒の予防に繋がる。 耳垢栓塞(じこうせんそく) 耳垢が詰まり、空気の通り道が塞がれてしまうために、一時的に耳が聞こえなくなるのが耳垢栓塞である。 耳垢とは耳垢のこと、栓塞とは外耳道を塞いだ状態という意味で耳鼻科で耳垢を取り除いてもらえば、聞こえるようになる。 高齢者は耳垢を排出する力が弱くなっているため、耳垢栓塞になりやすくなっている。[fdoc.jp]
黄疸
  • 中止9日後 : グリチルリチン・グリシン・システイン配合剤1Aを静脈内投与とし,黄疸の増悪に対しウルソデオキシコール酸150mgを投与開始した。 中止20日後 : 急性肝炎は軽快,黄疸は回復した。 中止31日後 : 肝炎の回復を認めた。[mhlw.go.jp]
  • 錯乱,視覚障害,中枢神経系の抑制,心室細動,腎障害,肝障害,肝硬変 皮膚の洗浄,酸素 ,呼吸補助,腎および肝機能のモニタリングおよび適切な治療 カルボニル鉄 「鉄」を参照 — 苛性ソーダ(水酸化ナトリウム) — 抱水クロラール クロラールアミド 眠気,錯乱,ショック,昏睡,呼吸抑制,腎障害,肝障害 心室性不整脈に対して,呼吸補助,同時摂取物の評価, β 遮断薬 塩素酸化合物および硝酸化合物 嘔吐,悪心,下痢,チアノーゼ(メトヘモグロビン),中毒性腎炎,ショック,痙攣発作,中枢神経系の抑制,昏睡,黄疸[msdmanuals.com]
痙攣
  • 」を参照 — アミノフィリン カフェイン テオフィリン 覚醒,不穏,食欲不振,嘔吐,脱水,痙攣発作,頻脈 成人では,慢性摂取に加えて急性過剰摂取後のより大きな毒性 活性炭(経口摂取に対して),薬物の中止,血中テオフィリン濃度測定,痙攣発作に対してフェノバルビタールまたはジアゼパム,輸液,血圧の維持 血清中濃度が50 100mg/L(278 555 μ mol/L)を超える場合か,アシドーシス,痙攣発作,または昏睡に対して,場合により透析 喘息のない患者に対して,場合により β 遮断薬(例,エスモロール[msdmanuals.com]
  • ・運動症状 不随運動、運動麻痺、痙攣、パラトニア(筋肉の緊張)、パーキンソニズム(パーキンソン病の症状) など ・廃用症候群 脳萎縮、低血圧、心拍出量低下、尿失禁、便秘、誤嚥性肺炎 など ・老年症候群 転倒、骨折、脱水、食欲不振、肥満、貧血、不整脈、視力低下、睡眠時呼吸障害 など 認知症の合併症 症状別に注意すべき合併症を解説する。 次のような症状を感じたり、訴えられたりしたら、以下のような病気を合併している可能性が高いと考えられる。[fdoc.jp]
  • 〈参 考〉 企業報告 [販売名] グリセオール注(大塚製薬工場)他 [重要な基本 的注意] フルクトース-1,6-ビスホスファターゼ(FBPase)欠損症の新生児,乳児,幼児に対して,脳浮腫あるいは代謝不全から誘発される脳浮腫予防のために本剤を投与して神経障害(痙攣,頻呼吸,嗜眠等)があらわれ,死亡したとの報告がある。 新生児等の脳浮腫,原因不明の意識障害に対し,本剤を投与する際には, 血糖値,血中乳酸値を測定 し,糖新生系の異常,特にFBPase欠損症の可能性が疑われる場合には投与しないこと。[mhlw.go.jp]
呼吸窮迫
  • エゼリン 「フィゾスチグミン」を参照 — エスフェンバレレート 「ピレスロイド系薬剤」を参照 — エタノール 「アルコール,エチル」を参照 — エーテル 「クロロホルム」を参照 — エチオン 「有機リン化合物」を参照 — エチルアルコール 「アルコール,エチル」を参照 — ビスクマ酢酸エチル 「ワルファリン」を参照 — エチレングリコール ジエチレングリコール 経口摂取: 酩酊がみられるが呼気にアルコール臭なし,悪心,嘔吐 後に,手足の攣縮,腰痛,尿中のシュウ酸結晶,乏尿から無尿および急性腎不全,呼吸窮迫[msdmanuals.com]

精密検査

心電図変化
  • 〈参 考〉 企業報告 [販売名] タンボコール錠50mg,同錠100mg,同注50mg(エーザイ) [重要な基本 的注意] 本剤でBrugada症候群に特徴的な心電図変化(右脚ブロック及び右側胸部誘導(V 1 V 3 )のST上昇)が顕在化したとの報告があるので,それに伴う心室細動,心室頻拍,心室性期外収縮等の発現に注意すること。[mhlw.go.jp]

治療

  • 他の研究ではBMI低値・貧血・CRP上昇している人 肺MAC症予後 10年死亡率 NB型 9% FC 38.9% 治療開始時期の考え方 年齢:比較的若年者は治療が望ましい 自覚症状:気になる自覚症状があれば治療する 画像所見:空洞や広範囲な病変および悪化傾向、手術の可能性があれば治療 基礎疾患予後:癌など終末期には無理な治療はしない 患者の希望・理解度・治療するためには理解が必要 診断後すぐに治療すべき症例 線維空洞型(FC)症例 結節気管支拡張型でも 血痰や喀血がある 塗抹抗酸菌が多く気管支拡張[tomita-clinic.com]
  • 朝田 症候学的なAD治療から一段階進んだ根本的治療(disease modifying therapy)に寄与する可能性があるという点でも,ガランタミンは注目されていますよね。 下濱 ええ。これまでADの治療薬には,"病態の進行によって生じる症状を改善する"という症候学的な治療効果が求められてきました。しかしアミロイド・カスケード仮説が確立しつつある今,"病態の進行そのものを食い止める"根本的治療薬が望まれています。[igaku-shoin.co.jp]
  • ,または鎮静薬に反応しない重度の症状の治療のために,成人は0.5 2.0mg,小児は0.02mg/kgフィゾスチグミンの静注(緩徐)を考慮 (注 : 痙攣発作—「フィゾスチグミン」を参照 ) 血糖降下薬,経口 「経口血糖降下薬」を参照 — アンチモン 咽頭収縮,嚥下困難,消化管の灼熱痛,嘔吐,下痢,消化管出血,脱水,肺水腫,腎不全,乳酸アシドーシス,肝不全,ショック ペニシラミンによるキレート化,経口薬を服用できない患者に対してはジメルカプロール,水分補給,ショックおよび疼痛の治療 抗腫瘍薬 メルカプトプリン[msdmanuals.com]
  • 開始前/Preinitiation 閲覧 履歴 UMIN000028355 2017/07/24 クローン病の症候性症小腸狭窄と予後との関連性 クローン病 滋賀医科大学 一般募集中/Open public recruiting 閲覧 履歴 UMIN000028351 2017/07/24 再生軟骨の適応外使用 真珠腫 帝京大学 一般募集中/Open public recruiting 閲覧 履歴 UMIN000028350 2017/07/24 自閉スペクトラム症児に対するチペピジンヒベンズ酸塩の治療効果[upload.umin.ac.jp]

疫学

  • UMIN000028299 2017/07/21 バイオフィードバックを用いたShort Foot exercise 健常成人 県立広島大学 参加者募集終了‐試験継続中/No longer recruiting 閲覧 履歴 UMIN000027940 2017/07/21 近視進行抑制多焦点コンタクトレンズトライアル 近視 京都府立医科大学 一般募集中/Open public recruiting 閲覧 履歴 UMIN000028310 2017/07/20 度島におけるOcular surface疫学調査[upload.umin.ac.jp]
  • [その他の注意] 卵胞ホルモン剤を長期間使用した閉経期以降の 女性 では,子宮内膜癌を発生する危険性が対照群の 女性 に比較して高く,この危険性は,使用期間,使用量に相関して上昇し, 黄体ホルモン剤の併用により抑えられることを示す 疫学調査の結果が報告されている。[mhlw.go.jp]
  • 国内では、この慢性の神経毒性についてあまり重要視されていませんでしたが、海外 の研究は、疫学的な研究を既に終え、研究の主体は、遺伝学的や生理学の研究に移って きています。また、欧米の研究によれば、有機リンは、アセチルコリンエステラーゼ、 NTE(神経障害標的エステラーゼ:この酵素の阻害がOPIDNを引き起こす)やブチリルコ リンエステラーゼにとどまらず、これらを含む広範囲なセリン加水分解酵素を阻害し、 体内で様々な代謝の異常を起こすことが、次々に報告されています(図1)。[hukoukisaibai.blog.fc2.com]
  • 世界における認知症の有病率 1980 2004年の疫学調査(Delphiコンセンサス研究)によると、60歳以上の推定認知症有病率は3.9%と報告されている。 認知症発症には様々な要因が関連するため地域差があるものの、先進国において高く、発展途上国において低い傾向にある。 しかしこの差は、「先進国の人は認知症リスクが高い」ということではない。 先進国の方が発展途上国に比べて、平均寿命が長く医療制度が整っているため、「認知症と診断される人が多い」ということを表している。[fdoc.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • アルツハイマー病の発症・進行に関する研究のほか、根本治療薬や予防薬の開発を目指している。 世界4地域(日本、アメリカ、EU、オーストラリア)において実施されている大規模な臨床研究で、アルツハイマー病の情報を蓄積することによって、治療法を確立することが期待されている。 予防 認知症を必ず予防できる方法はないが、生活習慣病の予防がそのまま認知症予防にもなる。 血管性認知症は動脈硬化が原因で起こる、脳梗塞や心筋梗塞を元に発症する。[fdoc.jp]
  • — 飛行機の接着剤またはセメント(模型作成) 「アセトン」,「ベンゼン(トルエン)」,「石油蒸留物」を参照 — アルコール,エチル(エタノール) 情緒不安定,協調運動障害,紅潮,悪心,嘔吐,昏迷から昏睡,呼吸抑制 支持療法,低血糖予防のためのブドウ糖静注 アルコール,イソプロピル めまい,協調運動障害,昏迷から昏睡,胃腸炎,出血性胃炎,低血圧 アシドーシスを伴わないケトーシス 網膜損傷およびアシドーシスはみられない 支持療法,ブドウ糖の静注,脱水および電解質異常の是正 胃炎に対して,H 2 受容体拮抗薬[msdmanuals.com]
  • 再発・再発予防 トフラニール・パキシル・エフェクサーなど 急性期治療で寛かい後約半年までの継続治療により予防 継続療法で回復後 さらに半年以上の維持療法により病相再発予防効果 1種類で十分な抗うつ薬に反応約30-40% これらの人を治療抵抗性・難治性うつ病 第一選択剤で十分に反応しなかった場合の大うつ病の薬物治療戦略 他の抗うつ薬に変更する 同じクラスの抗うつ薬に変更 異なるクラスの抗うつ薬に変更 抗うつ薬でない薬を併用し効果増強を図る 第一選択薬の抗うつ薬に第二選択薬の抗うつ薬を併用する エビデンスレベル[tomita-clinic.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!