Edit concept Question Editor Create issue ticket

ヒト顆粒球エーリキア症


提示

筋肉痛
  • […] sennetsu neorickettsiosis) 中国地方以西の西日本で古くから知られた「腺熱」の病原体は,現在ネオリケッチア属(Neorickettsia)に分類されている(N. sennetsu).媒介動物は,魚類に寄生する吸虫であると推測されている.これまで欧米では報告されておらず,近年,日本でも腺熱の発生は認められないが,東南アジアにおける熱性疾患の一因として報告されている.腺熱は全身のリンパ節腫脹を伴う急性熱性疾患で,2 3週間の潜伏期の後,発熱,悪寒をもって発症し,全身倦怠感,頭痛,筋肉[kotobank.jp]
  • 感染すると、主に、発熱や頭痛、筋肉など風邪のような症状が出ます。 ページの先頭へ戻る 問2 ボレリア・ミヤモトイ( Borrelia miyamotoi )とは、どのような細菌ですか? 答 ボレリア・ミヤモトイ( Borrelia miyamotoi )は、1995年に北海道で発見された新種のボレリア菌です。[mhlw.go.jp]
  • エーリキア症の症状 エーリキア症の主な症状は、病原菌の媒介であるマダニの刺咬後の発熱や頭痛、筋肉とされています。 しかし、同じエーリキア族病原体であっても形態の僅かな違いから、感染したヒトに見られ主な症状は、ヒト単球性エーリキア症とヒト顆粒球性エーリキア症の2種類に分けられます。 単球性型の前者は、感染から凡そ5日から10日の潜伏期間を経て発症するとされています。[doctors-me.com]
関節痛
  • […] sennetsu neorickettsiosis) 中国地方以西の西日本で古くから知られた「腺熱」の病原体は,現在ネオリケッチア属(Neorickettsia)に分類されている(N. sennetsu).媒介動物は,魚類に寄生する吸虫であると推測されている.これまで欧米では報告されておらず,近年,日本でも腺熱の発生は認められないが,東南アジアにおける熱性疾患の一因として報告されている.腺熱は全身のリンパ節腫脹を伴う急性熱性疾患で,2 3週間の潜伏期の後,発熱,悪寒をもって発症し,全身倦怠感,頭痛,筋肉痛,関節[kotobank.jp]
  • ページの先頭へ戻る 答 発熱、頭痛、悪寒、筋肉痛、関節、全身の倦怠感などの症状が主で、時に、神経症状(意識障害、けいれん、昏睡)、リンパ節腫脹、呼吸不全、出血症状(歯肉出血、紫斑、下血)が出現します。 ページの先頭へ戻る 答 限られた情報しかありませんが、肝機能異常を示すAST、ALTの上昇が報告されています。また米国の2症例では、血小板減少、好中球数減少と核の左方移動が報告されています。[mhlw.go.jp]
発熱
  • (Vol.27 p 44-45:2006年2月号) 新興感染症「アナプラズマ症」はマダニにより媒介される発熱性疾患で、その病原体は顆粒球に特異的に感染する偏性寄生性のグラム陰性桿菌である( 図1 )。1994年、米国で発熱性疾患患者の好中球の中にエーリキア様細菌の感染が認められ、ヒト顆粒球エーリキア症病原体[Human Granulocytic Ehrlichiosis (HGE) agent]と呼ばれるようになった。[idsc.nih.go.jp]
  • ,悪寒をもって発症し,全身倦怠感,頭痛,筋肉痛,関節痛などを伴う.発熱は回帰性を示す.治療は,ほかのリケッチア性疾患と同様にテトラサイクリン系抗菌薬が有効である. (2)ヒト単球エーリキア症(human monocytic ehrli-chiosis:HME) Ehrlichia chaffeensisをもつマダニの刺咬5 10日後,発熱,頭痛,筋肉痛,倦怠感,悪心,下痢,白血球減少,血小板減少などを呈する.発疹はまれである.不適切な治療や易感受性宿主では,発熱の継続,腎障害,DICなど重症化し,[kotobank.jp]
  • 症例:6歳男児 発熱・嘔吐・腹痛 JAMA Pediatrics October 2015 Volume 169, Number 10 生来健康な6歳男児が、6日持続する発熱(最高40 )、断続的嘔吐、4日前からのび漫性腹痛を認めた。身体診察では、グッタリしていて、両側の結膜炎、両側前頚部リンパ節腫脹、び漫性腹痛(右上腹部最強点)、反跳痛・筋性防御を認めた。両頬に樹枝状・紅斑性発疹を認め、胸部や腹部、前腕、下肢にも紅斑性発疹を認めた。手掌や足底、踵部分は発熱時にも発疹認めなかった。[tyabu7973.hatenablog.com]
悪寒
  • 発症は突然で,発熱,悪寒,頭痛,および倦怠感がみられる。 E. chaffeensis はヒト単球エーリキア症を引き起こす。エーリキア症症例の大半は,媒介する節足動物(ローンスターダニ)が蔓延する米国の南東部および中南部で同定されている。 Anaplasma phagocytophilum (以前は E. phagocytophila )は,ヒト顆粒球アナプラズマ症を引き起こすが,この疾患はその媒介節足動物(マダニ)が固有種である米国北東部,中部大西洋沿岸,中西部の北部,および西海岸で発生する。[msdmanuals.com]
  • 一方、顆粒球性型の後者の場合も、感染初期の頃はインフルエンザ同様の病状が確認されますが、悪寒よりも発熱が主であったり、消化器系と同時に呼吸器系にも症状が現れるなど違いがあります。 エーリキア症の原因 エーリキア症の発病にいたる主な原因は、マダニを媒介とするグラム陰性細菌の感染とされています。 病原菌であるグラム陰性細菌とは、以前まではリケッチア科に属するエーリキア族の病原菌とされてきましたが、現在ではアナプラズマ科に属する病原菌と考えられています。[doctors-me.com]
  • (リケッチア感染症) (1)腺熱(sennetsu neorickettsiosis) 中国地方以西の西日本で古くから知られた「腺熱」の病原体は,現在ネオリケッチア属(Neorickettsia)に分類されている(N. sennetsu).媒介動物は,魚類に寄生する吸虫であると推測されている.これまで欧米では報告されておらず,近年,日本でも腺熱の発生は認められないが,東南アジアにおける熱性疾患の一因として報告されている.腺熱は全身のリンパ節腫脹を伴う急性熱性疾患で,2 3週間の潜伏期の後,発熱,悪寒[kotobank.jp]
  • ページの先頭へ戻る 答 発熱、頭痛、悪寒、筋肉痛、関節痛、全身の倦怠感などの症状が主で、時に、神経症状(意識障害、けいれん、昏睡)、リンパ節腫脹、呼吸不全、出血症状(歯肉出血、紫斑、下血)が出現します。 ページの先頭へ戻る 答 限られた情報しかありませんが、肝機能異常を示すAST、ALTの上昇が報告されています。また米国の2症例では、血小板減少、好中球数減少と核の左方移動が報告されています。[mhlw.go.jp]
頭痛
  • (sennetsu neorickettsiosis) 中国地方以西の西日本で古くから知られた「腺熱」の病原体は,現在ネオリケッチア属(Neorickettsia)に分類されている(N. sennetsu).媒介動物は,魚類に寄生する吸虫であると推測されている.これまで欧米では報告されておらず,近年,日本でも腺熱の発生は認められないが,東南アジアにおける熱性疾患の一因として報告されている.腺熱は全身のリンパ節腫脹を伴う急性熱性疾患で,2 3週間の潜伏期の後,発熱,悪寒をもって発症し,全身倦怠感,頭痛[kotobank.jp]
  • 感染すると、主に、発熱や頭痛、筋肉痛など風邪のような症状が出ます。 ページの先頭へ戻る 問2 ボレリア・ミヤモトイ( Borrelia miyamotoi )とは、どのような細菌ですか? 答 ボレリア・ミヤモトイ( Borrelia miyamotoi )は、1995年に北海道で発見された新種のボレリア菌です。[mhlw.go.jp]
  • 症状の現れ方 発熱、頭痛、貧血、 白血球減少 、血小板減少など、 インフルエンザ と似た症状を示します。通常は軽症ですが、免疫抑制状態にある患者さんや、治療が遅れた患者さんの場合は重篤で、時に死亡することもあります。 検査と診断 患者さんからの菌検出や血清抗体で診断しますが、特殊検査となり、一部の研究機関でのみ可能です。 治療・予防の方法 有効な抗菌薬による治療と、全身状態を改善する治療が行われます。 (執筆者:岡山県環境保健センター所長 岸本 寿男)[qlife.jp]
  • 症状の現れ方 発熱、頭痛、貧血、白血球減少、血小板減少など、インフルエンザと似た症状を示します。通常は軽症ですが、免疫抑制状態にある患者さんや、治療が遅れた患者さんの場合は重篤で、時に死亡することもあります。 検査と診断 患者さんからの菌検出や血清抗体で診断しますが、特殊検査となり、一部の研究機関でのみ可能です。 治療・予防の方法 有効な抗菌薬による治療と、全身状態を改善する治療が行われます。 (岡山県環境保健センター所長 岸本寿男)[katei-igaku.jp]
嘔吐
  • 感染初期の病状はインフルエンザに類似する反応が現れますが、約半数の感染者には悪心や嘔吐、下痢といった消化器系の不調が現れるようになります。 一方、顆粒球性型の後者の場合も、感染初期の頃はインフルエンザ同様の病状が確認されますが、悪寒よりも発熱が主であったり、消化器系と同時に呼吸器系にも症状が現れるなど違いがあります。 エーリキア症の原因 エーリキア症の発病にいたる主な原因は、マダニを媒介とするグラム陰性細菌の感染とされています。[doctors-me.com]
  • その他、吐き気、嘔吐、下痢などの消化器症状を呈することもあります。 またかゆみを伴わない発疹が生じることもあります。エーリキア症は無治療でも治ることがあります。しかし、なかには重症化し、腎不全・肝不全・髄膜炎・呼吸障害・意識障害を合併して死に至ることもあります。 検査・診断 エーリキア症の診断は、問診で臨床症状を確認するほか、ダニに噛まれた、野外活動を行ったなどの思い当たる行動を確認します。[medicalnote.jp]
吐き気
  • その他、吐き気、嘔吐、下痢などの消化器症状を呈することもあります。 またかゆみを伴わない発疹が生じることもあります。エーリキア症は無治療でも治ることがあります。しかし、なかには重症化し、腎不全・肝不全・髄膜炎・呼吸障害・意識障害を合併して死に至ることもあります。 検査・診断 エーリキア症の診断は、問診で臨床症状を確認するほか、ダニに噛まれた、野外活動を行ったなどの思い当たる行動を確認します。[medicalnote.jp]

治療

  • 通常は軽症ですが、免疫抑制状態にある患者さんや、治療が遅れた患者さんの場合は重篤で、時に死亡することもあります。 検査と診断 患者さんからの菌検出や血清抗体で診断しますが、特殊検査となり、一部の研究機関でのみ可能です。 治療・予防の方法 有効な抗菌薬による治療と、全身状態を改善する治療が行われます。 (執筆者:岡山県環境保健センター所長 岸本 寿男)[qlife.jp]
  • 通常は軽症ですが、免疫抑制状態にある患者さんや、治療が遅れた患者さんの場合は重篤で、時に死亡することもあります。 検査と診断 患者さんからの菌検出や血清抗体で診断しますが、特殊検査となり、一部の研究機関でのみ可能です。 治療・予防の方法 有効な抗菌薬による治療と、全身状態を改善する治療が行われます。 (岡山県環境保健センター所長 岸本寿男)[katei-igaku.jp]
  • 通常は軽症ですが、免疫抑制状態にある患者さんや、治療が遅れた患者さんの場合は重篤で、時に死亡することもあります。 検査と診断 患者さんからの菌検出や血清抗体で診断しますが、特殊検査となり、一部の研究機関でのみ可能です。 治療・予防の方法 有効な抗菌薬による治療と、全身状態を改善する治療が行われます。 エーリキア症の初診に適した診療科目 iタウンページの検索結果へ遷移します。 選択した科目のiタウンページ都道府県選択へ遷移します。 内科 内科 かかりつけ医をもとう![medical.itp.ne.jp]

疫学

  • 疫学 :2000年に300人台だった患者発生数が、2008年には1,000人を越えた。Figure 3では、米国での発生分布地図。米国中部から北東部の州に多い。これはライム病の分布(ダニIxodes scapularis等により媒介される。本ダニは別名、Blacklegged Tickとも呼ばれる)と重なる。また別にバベシア症も媒介する(Babesia species)。[blog.livedoor.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 答 回帰熱は、ヒトからヒトには感染しませんが、発熱期患者の血液には回帰熱の病原体が存在するので、標準予防策を遵守してください。 ページの先頭へ戻る ホーム 政策について 分野別の政策一覧 健康・医療 健康 感染症・予防接種情報 動物由来感染症 回帰熱について 回帰熱に関するQ&A[mhlw.go.jp]
  • 予防法 定期的なマダニ駆除薬の使用により、マダニに咬み付かれるのを防ぎ、感染予防を図ります。 犬に寄生するエールリヒア・カニス( E. canis )は人には感染性を示しません。 人には E. chaffeensis が感染し病原性を示します。(ヒト単球性エールリヒア症) 媒介マダニ種である Amblyomma americanum (Lone Star Tick)が主にアメリカに生息しており、この疾患も主としてアメリカにおいて人獣共通感染症として報告があります。 (文責 獣医学博士 佐伯英治)[bayer-pet.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!