Edit concept Question Editor Create issue ticket

ビタミンD欠乏症


提示

  • 推奨摂取量 米国科学アカデミー医学研究所の食品栄養委員会(FNB)が設定した食事摂取基準(DRIs)には、ビタミンDや他の栄養素の推奨摂取量が提示されている[ 2 ]。DRIは、健常人の栄養摂取の計画と評価に関する一連の基準値に対する総称である。これらの基準値は年齢や性別ごとに異なり、次のような項目がある。 推奨栄養所要量(RDA):ほとんどすべての(97 98%)健常人が栄養所要量を満たすのに十分な平均1日摂取量。[ejim.ncgg.go.jp]
  • VDRは、樹状細胞やマクロファージといった制御性T細胞や抗原提示細胞などの免疫系のほとんどの細胞で発現する (9) 。特定の状況では、単球、マクロファージ、およびT細胞は25ヒドロキシビタミンD 3 -1αヒドロキシラーゼ酵素を発現させて1,25ジヒドロキシビタミンDを生成し、局所的に免疫反応の調整作用をする (10,11) 。[lpi.oregonstate.edu]
筋力低下
  • 軽症: 生化学異常を認めるものの、骨変形や成長障害、筋力低下などを認めず、日常生活に支障がない。 中等症: 骨変形や成長障害(-2.5SDから-2SDの間)、筋力低下(歩行困難)、骨痛(鎮痛剤の使用)などにより、日常生活に支障がある。低カルシウム血症による筋肉攣縮や全身けいれん、骨X線による骨折像、2次性の副甲状腺機能亢進症 重症: 骨変形(四肢の機能障害を伴う)や成長障害(-2.5SD以下)、筋力低下(立ち上がれない)、骨痛(運動制限)などにより、日常生活に著しい支障がある。[nanbyou.or.jp]
  • 筋力低下 骨痛が長く続いて体を動かせなくなることに伴い、筋力の低下がみられます。筋力低下が重度になると、松葉杖や車椅子が必要になったり、寝たきりの状態になったりする可能性があります。 ただし、筋力低下は低リン血症そのものが引き起こす症状であるという主張も存在し、原因については議論されています。 歯の異常(虫歯など) 歯の石灰化が妨げられることから、歯が抜けたり、虫歯になったりする可能性が高くなります。[medicalnote.jp]
  • 【ビタミンDの筋肉への作用】 “骨格筋にはビタミンD受容体が分布しており、ビタミンD欠乏が筋力低下に関連する” “Ⅱ型筋線維へ作用することにより体幹の揺れが減少し、転倒を抑制する”ことなどが明らかとなっています。 【ビタミンDの副作用】 ビタミンDを過剰に摂取しますと高Ca血症、高Ca尿症になります。その結果、腎機能・胃腸障害や尿路結石の危険性が高まります。また嘔吐、食欲不振、体重減少などが症状としてあらわれることがあります。 【終りに】 活性型ビタミンD製剤は骨粗鬆症治療の一翼を担っています。[kouritu-cch.jp]
  • くる病/骨軟化症の症状 くる病/骨軟化症の症状は、 低カルシウム血症 による症状:筋肉ケイレン/筋力低下、手足や口の周りのシビレ感 骨痛(大腿骨痛・腰背痛・関節痛など)、胸郭の変形(鳩胸)、脊柱の変形、偽骨(Looser’s zone) ビタミンD依存症2型の半数以上に禿頭(とくとう)(スキンヘッド;髪が全て抜けた状態)は、病態が不明で治療法がない。[nagasaki-clinic.com]
骨の痛み
  • もし痛みを感じるときは、ビタミンD不足を疑う必要があるかも。 5 of 7 【Sign3】慢性的な脱力感 ハーバード大学の研究者は、ビタミンDが筋肉の稼働力を向上させる作用があると関連づけている。一方で、脱力感を感じるときはそれが不足している可能性がある。 また、頭の発汗はビタミンD欠乏症の最初に見られる兆候のひとつとされている。アメリカのメイヨークリニックでもまた、赤ちゃんのビタミンD欠乏症を確認するためにまず頭皮を確認するのだそう。[elle.com]
  • 症状 [ 編集 ] 全ての年齢層で、筋肉痛、筋力低下、痛みなどが起きる可能性がある。 骨変形 頭部 – 頭蓋癆( 頭蓋骨 の軟化)、 大泉門 解離・閉鎖不全 胸部 – くる病数珠(肋骨の骨軟骨結合部の拡大)、 漏斗胸 、鳩胸 四肢 – O脚 、 X脚 脊柱 – 側彎、前彎、後彎 歯 – エナメル質 の形成不全 筋緊張低下 低Ca血症 副甲状腺機能亢進症 テタニー その他に、低成長、蛙腹、不穏などの症状を引き起こす。[ja.wikipedia.org]
筋肉痛
  • ビタミンD欠乏症は、子供と成人に筋衰弱と筋肉をもたらします (79, 80) 。ランダム化比較試験では、高齢者女性への1日当たり800 IUのビタミンDおよび、1日当たり1,200ミリグラムのカルシウム投与を3ヶ月間続けた結果、カルシウムサプリメントのみの投与に比較して著しく筋力を増強させかつ、転倒のリスクを50%減少させたことが判明しました (81) 。[nutri-facts.org]
  • 症状 [ 編集 ] 全ての年齢層で、筋肉、筋力低下、骨の痛みなどが起きる可能性がある。 骨変形 頭部 – 頭蓋癆( 頭蓋骨 の軟化)、 大泉門 解離・閉鎖不全 胸部 – くる病数珠(肋骨の骨軟骨結合部の拡大)、 漏斗胸 、鳩胸 四肢 – O脚 、 X脚 脊柱 – 側彎、前彎、後彎 歯 – エナメル質 の形成不全 筋緊張低下 低Ca血症 副甲状腺機能亢進症 テタニー その他に、低成長、蛙腹、不穏などの症状を引き起こす。[ja.wikipedia.org]
  • 筋力低下と筋肉 ビタミンD欠乏症は、子供や成人に筋力低下や筋肉を引き起こす。デンマークに住むアラブ人およびデンマーク人のイスラム教徒女性の研究で、筋肉や筋力低下はビタミンD欠乏症の顕著な症状であった (22) 。持続する非特異性の筋骨格痛を診てもらうのにミネソタ州の診療所を訪れた150人の連続症例の横断研究では、93%が血清中の25ヒドロキシビタミンD濃度が20ng/ml以下で、平均で12.1ng/mlであり、これはビタミンD不足を呈している (23) 。[lpi.oregonstate.edu]
体重減少
  • 【欠乏】 くる病(犬および猫では稀)、体重減少および骨軟化症による 関節 および筋肉の痛み、骨折。 ロイヤルカナンの 製品はこちら[royalcanin.co.jp]
  • また嘔吐、食欲不振、体重減少などが症状としてあらわれることがあります。 【終りに】 活性型ビタミンD製剤は骨粗鬆症治療の一翼を担っています。重度の骨粗鬆症ではビスホスホネート製剤との併用が有効との報告があります。ビタミンDを上手に摂取し、骨粗鬆症を克服していきましょう。ご質問のある方はお近くの整形外科専門医を受診してください。 整形外科部長 角南 勝利[kouritu-cch.jp]
  • ビタミンD過剰摂取による健康上のリスク ビタミンD中毒は食欲不振、体重減少、多尿、心臓不整脈などの非特異的症状を引き起こす場合がある。より深刻な場合には、カルシウムの血中濃度を上昇させ、血管や組織の石灰化を招き、その結果、心臓、血管、腎臓を傷害する[ 1 ]。7年間にわたって実施された「女性の健康イニシアチブ」試験では、閉経後女性がカルシウム(1,000mg/日)とビタミンD(400 IU)のサプリメントを摂取した結果、腎臓結石リスクが17%増大しました[ 65 ]。[ejim.ncgg.go.jp]

精密検査

カルシウムの減少
  • 骨中のカルシウム減少することが主な原因だが、ビタミンDには腸からのカルシウム吸収を促進する働きがある。ビタミンDが骨粗鬆症の発症を食い止められるというエビデンスはないが、潜在的なダメージを軽減できる場合が多い。 国際骨粗鬆症財団によれば、「 ビタミンDは、骨と筋肉の発達、機能、維持を助ける栄養素 です。その意味で、骨強度を維持し、転倒や骨折を予防するうえで欠かせません。……ビタミンD欠乏を防ぐことは、転倒・骨折の予防に多大な効果があります。[diamond.jp]

治療

  • 4.治療法 ビタミンD依存症1型 生理量のビタミンD投与に抵抗する(3,000 4,000単位ビタミンDの4週間の治療に反応しない)のに対し、活性型ビタミンDを治療に用いれば通常量で治癒させうる。アルファカルシドールで初期量約0.1µg/kg/日、維持量0.05µg/kg/日程度投与すると、早期に血清カルシウム値は増加し、2 3か月でくる病の骨所見の改善がみられる。[nanbyou.or.jp]

病因学

  • 6-12ヶ月 10 400 10 400 幼児 1-3歳 15 600 15 600 子供 4-8歳 15 600 15 600 子供 9-13歳 15 600 15 600 青少年 14-18歳 15 600 15 600 成人 19-70歳 15 600 15 600 成人 71歳以上 20 800 20 800 妊婦 全年齢 - - 15 600 授乳期 全年齢 - - 15 600 疾病予防 骨粗しょう症 骨粗しょう症の原因には多くの因子があるが、年配の成人にはビタミンDの不足が重要な病因的要素[lpi.oregonstate.edu]

疫学

  • 訳注: 《実施組織》厚生労働省「「統合医療」に係る情報発信等推進事業」(eJIM:)[2018.2.28] 《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、eJIM事務局までご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。[cochrane.org]
  • 適切なビタミンD 状態がさまざまな癌に対して保護作用を示すというエビデンスは、数多く存在する(入手可能なデータのほとんどは疫学研究によるものではあるが)8,9。無作為化対照比較試験でも、1,100 IU/日のビタミンD3 補充により血中25- ヒドロキシビタミンD 値が上昇し、腫瘍の発現に対していくらか保護作用がみられたことが確認されている10。ビタミンDが本当に癌に対して保護作用を示すかどうかは、今後、大規模な無作為化対照比較試験を実施して明らかにすべきである。[natureasia.com]
  • がん 臨床検査値、動物モデルによるエビデンス、また疫学データが示唆するところでは、体内のビタミンDステータスは発がんリスクに影響を与える。生物学的および機構論的根拠が強く示唆するところでは、ビタミンDは大腸癌、前立腺癌および乳癌の予防に関与している。最新の疫学データは、ビタミンDに大腸癌に対する防御効果があるかもしれないことを示唆しているが、前立腺癌や乳癌に対する防御効果についての説得力はさほど強くなく、また、その他の部位におけるがんの防御効果についても一貫していない[ 1, 46, 47 ]。[ejim.ncgg.go.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • これにより、血液中のカルシウムの濃度を高めて、破骨細胞の働きを抑制することで骨を丈夫にし、骨折を予防すると考えられます。 免疫機能を調節する ビタミンDには、「免疫機能を調節する」働きもあります。体内に侵入したウイルスや細菌などに対して、過剰な免疫反応を抑制し、必要な免疫機能を促進します。このため、かぜやインフルエンザ、気管支炎や肺炎などの感染症の発症・悪化の予防にも関与することが分かってきました。 その他、がんや高血圧など、さまざまな生活習慣病を予防する効果も期待されています。[zenyaku.co.jp]
  • 母乳育児とクル病予防;日光浴とビタミンD 大阪市立十三市民病院 小児科 平林 円 母乳には赤ちゃんの健やかな成長に必要な多くの栄養素と赤ちゃんを様々な感染症から守る免疫物質が含まれており、お母さんの乳がんや卵巣がん、糖尿病を予防し母子関係にもよい影響があることから母乳育児は世界中で推奨されています。 ビタミンDは腸からのカルシウム吸収を高めるなどの作用があり、赤ちゃんの骨の発育に必要です。[bonyu.or.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!