Edit concept Question Editor Create issue ticket

パピローマウイルス科


提示

  • このため抗原提示細胞の活性化や抗原認識の過程が回避され、免疫が誘導されにくい [7] 。 HPV 感染の70%が1年以内に消失し、約90%が2年以内に消失する。しかし上記のメカニズムによって、一生涯有効な 免疫記憶 が形成されないため、自然感染後の抗体産生が十分でなく、同じHPV型への感染が何度も起こると考えられている [8] 。通常は様々な免疫が応答し体内から排除される [1] 。 生殖器へのHPVの感染は、母が感染した乳児の約73%が感染していた [2] 。[ja.wikipedia.org]
咽頭炎
  • ⑦劇症型溶血性レンサ球菌感染症(五類、全数把握)、A群溶血性レンサ球菌咽頭(五類、定点把握) 病原体: 化膿レンサ球菌( Streptococcus pyogenes )-グラム陽性球菌 感染対策: 標準予防策、場合により飛沫予防策を追加 消毒法: 一般細菌を対象とする方法 化膿レンサ球菌は、A群レンサ球菌(Group A streptococci)とも呼ばれる。創傷感染、咽頭、扁桃炎、猩紅熱、リウマチ熱、急性糸球体腎炎を引き起こす病原菌であるが、時に劇症となり死因となることもある。[yoshida-pharm.com]

精密検査

  • 日本産婦人科医会編「子宮がん検診手帳」より 検診でNILM以外の診断をされた方は、精密検査が必要です。また、精密検査で異常が指摘された方は、治療や経過観察が必要です。主治医の指示に従って下さい。 体がん検診の細胞診の判定は、陰性・疑陽性・陽性の3つに大別され、疑陽性と陽性の方は、精密検査が必要となります。 コルポスコープ 子宮頸部の精密検査では、コルポスコープという装置を用いて、子宮腟部を拡大して観察します。[osaka-ganjun.jp]
  • 従ってさらに精密検査を行い診断することが必要です。精密検査はまずコルポスコピ-を行います。これは子宮口を拡大してみるものです。 コルポスコピ-でみると、病巣は白く見えます。そこでこの部分を米粒程の大きさに切除します。 これを生検といいます。 生検を顕微鏡でみることを病理診断といいますがこれが最終診断となります。 異形成・上皮内癌の取扱い 軽度異形成(CIN1) 半分程度は自然に軽快するので様子を見ます。[tokudai-sanfujinka.jp]
  • 結果は現在では以前の5段階の分類ではなく、パピローマウイルスが感染しているかどうか、また更に精密検査が必要かどうかが分かる分類です。 精密検査はコルポスコピーという腟拡大鏡による検査が必要であり、病理組織学的に確定診断を行います。 がんが進行すると、その程度によりますが、子宮はもちろん卵巣や周囲のリンパ節を摘出したり、さらに放射線や抗がん剤による治療が必要になることもあります。 検診はごく初期のがんになる前に頚部の変化を見つけて治療するために行うものですが、まだ検診率が低いのが現状です。[takai-clinic.jp]
  • 症状が出ないからこそ定期的に検診を受けましょう もし、検診で異常が見つかった場合は、以下のような精密検査を受けることになります。いずれも、入院する必要はありません。 コルポスコピー検査 子宮頸部を拡大鏡で観察します。 生検 コルポスコピーをしながら、病変と思われる組織を採取し、病理検査を行います。 ハイリスクHPV検査 子宮頸部の細胞を採取し、ハイリスクHPVの遺伝子があるかどうかを調べます。医療機関によってはできないところがあります。 子宮頸がんは初期の自覚症状がほぼありません。[sbisonpo.co.jp]

治療

  • 治療法 各治療法の治療可能な範囲を示しました。もしあなたが上皮内癌といわれたなら、1)レ-ザ-蒸散、2)円錐切除、3)単純子宮全摘術のどれかを選択しなければなりません。ご自身の価値観にあった治療法を選択される必要があります。 1)レ-ザ-蒸散 病巣をレ-ザ-で蒸発させる方法です。局所麻酔で行い、2日間の入院で可能です。 95%くらいの方がこの治療で治ります。蒸発させるので組織の検査ができなくなります。 術前に確実な診断が必要です。[tokudai-sanfujinka.jp]
  • 一方浸潤がんに対しては根治手術(子宮や卵巣・リンパ節を広く摘出)や放射線治療・抗がん剤による化学療法が選択されます。子宮頸がんの治療成績はかなり向上してきていますが、依然として進行症例の予後は不良であり、またこれらの治療により救命できたとしても、妊娠ができなくなったり、排尿障害、下肢のリンパ浮腫、ホルモン欠落症状など様々な後遺症で苦しむ患者さんも少なくありません。 2. HPVワクチン 1)日本で承認されているHPVワクチンはどのようなものですか?[jsog.or.jp]

疫学

  • 第1章 性器ヘルペス 入門編 はじめに 1.臨床症状 2.診断 3.治療 臨床所見 A 初発 HSV-1 による初感染初発 HSV-2 による初感染初発 HSV-1 による非初感染初発 HSV-2 による非初感染初発 B 再発 HSV-1 による再発 HSV-2 による再発 C 子宮腟部・腟病変 D 妊娠中の性器ヘルペス E 誤診例 基礎 1.感染病理 2.臨床検査 3.治療 4.予防とカウンセリング 5.性器ヘルペス合併妊娠の取り扱い 6.性器ヘルペスの疫学 第2章 尖圭コンジローマ 入門編 はじめに[kanehara-shuppan.co.jp]
  • また平成28年12月に厚生労働省研究班(祖父江班)の全国疫学調査の結果が報告されました。これによると、HPVワクチン接種歴のない女子でも、HPVワクチン接種歴のある女子に報告されている症状と同様の「多様な症状」を呈する人が一定数(12 18歳女子では10万人あたり20.4人)存在しました。 (全国疫学調査結果) (HPVワクチン接種歴のない12歳 18歳の女子においても、「多様な症状」を呈する人が10万人あたり20.4人存在することが判明しました。)[jsog.or.jp]
  • A A01 レトロウイルス A02 オルトミクソウイルス A03 肝炎ウイルス A04 DNAウイルス A05 プラス鎖RNAウイルス A06 マイナス鎖RNAウイルス A07 2本鎖RNAウイルス A08 その他(プリオン、ウイロイド、ファージなど) B B01 構造 B02 細胞侵入 B03 ゲノムと遺伝子発現 B04 粒子形成と放出 B05 ウイルスゲノム複製 B06 ウイルス伝播 B07 病原性 B08 発癌 B09 疫学 B10 多様性、進化 B11 自然免疫 B12 獲得免疫とワクチン[c-linkage.co.jp]
  • 性行為と子宮頸癌との関係は、百年以上前から疑われていましたが、1960年代には、疫学的調査研究により確立されています。1980年代初めには子宮頸癌の癌細胞がヒトパピローマウイルス(HPV)のDNA(遺伝子)を含んでいることが判明し( 子宮頸癌を起こすHPVの発見の功績でドイツのウイルス学者Harald zur Hausen氏が2008年ノーベル医学生理学賞を受賞しました[ノーベル財団のページ:英語]。[city.yokohama.lg.jp]
性別分布
年齢分布

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!