Edit concept Question Editor Create issue ticket

バリン血症


提示

疲労
  • アミノレバンには、各種アミノ酸が配合されており、またバリン、ロイシン、イソロイシンといった 分枝鎖アミノ酸(BCAA)を特に高濃度に含んでいるため、運動後の筋肉疲労や、 肝臓が弱っている方、お酒を良く飲む方の疲労回復に抜群の効果を発揮します。 アルブミン点滴(アドオンメニュー)(10000円) アルブミンの喪失時、アルブミン合成低下(肝硬変など)による低アルブミン血症に有効とされています。 体重減少の著しい方、病中・病後など、特に衰弱の目立つ方向け。[koboriclinic.com]
成長障害
  • 生まれて数日以内に発症する重症のお子さんや成長障害・繰り返す嘔吐などの症状で後から見つかる比較的緩やかな経過のお子さんもいます。新生児マス・スクリーニング検査の対象とされています。 4. この病気の原因はわかっているのですか メチルマロン酸は、4種類のアミノ酸(バリン、イソロイシン、スレオニン、メチオニン)の代謝、コレステロールの代謝、そして(奇数鎖)脂肪酸の代謝に関わっているメチルマロニルCoAムターゼという酵素の異常のために体内にメチルマロン酸が蓄積する病気です。[nanbyou.or.jp]

精密検査

  • なお、再検査または精密検査が必要な場合は、速やかに医療機関からご連絡します。精密検査等が必要な場合は、県厚生センターまたは富山市保健所から連絡し、保健師が相談に応じます。 検査費用 無料(ただし、医療機関での採血料は自己負担となります) 問い合わせ先 富山県厚生部健康課 母子・歯科保健 TEL 076-444-3226[pref.toyama.jp]

治療

  • 4)症状 乳幼児期の感染症罹患などを契機に大脳基底核病変を生じ、脳性麻痺に似た永続性の運動障害を来しますが、早期治療により発症を防ぐことが出来ます。 5)治療 治療用特殊ミルクを使用して関連アミノ酸を制限する低蛋白食療法を行い、カロリーを充分に補給し、有機酸を解毒するカルニチンの薬剤を使って治療します。カゼをひいたりして食事が充分に摂れない時には、ブドウ糖の点滴治療などが必要です。[med.u-fukui.ac.jp]

疫学

  • 疫学 真性多血症は赤血球数と 総血液量の絶対的増加を特徴とする多能性造血幹細胞レベ ルでの異常によって生じる 慢性骨髄増殖性疾患の一つです。発症頻度は本邦において は実際的な疫学調査が行われておらず、実情はわかりません。近年、日本臨床血液学 会が疾患登録事業を始めており、その発症頻度が近いうちに判明するかも知れませ ん。[med.osaka-cu.ac.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患克服研究事業):原発性高脂血症に関する調査研究 H23-難治-一般-01、H26-難治-一般-056」 厚生労働省「医療技術実用化総合研究事業(臨床研究・治験推進研究事業):PCSK9をターゲットとした核酸医薬の薬事申請を目指した治験に橋渡しするための非臨床試験 H26-医療技術-一般-003」 厚生労働省「創薬基盤推進研究事業:アポC3をターゲットとした高中性脂肪血症、動脈硬化症に対する革新的核酸医薬の開発 H23-政策探索-一般-004」 循環器病開発費「心血管疾患関連蛋白質の病態生理的意義[ncvc.go.jp]

予防

  • これを予防するために、ロイシンというアミノ酸を除去したミルクを用いたり、感染症にかかった時は早めに点滴をうけるようにします。 筋緊張低下 ライ症候群 1:16万 複合カルボキシラーゼ血症※ 母乳やミルクに含まれるたんぱく質から生じる酸性の物質が血液中に増加し、新生児のうちに重度の体調不良(ケトアシドーシス)を生じます。これを予防するために、ビオチンというビタミン剤を服用します。[pref.toyama.jp]
  • たまごに含まれるアミノ酸の種類とその機能 分岐鎖アミノ酸(BCAA) (イソロイシン、ロイシン、バリン) ・筋タンパク分解抑制 ・肝保護 ・インスリン分泌促進 ・糖尿病改善 スレオニン ・胃炎改善 ・筋緊張亢進の抑制 メチオニン ・肝保護 ・成長ホルモン分泌促進 ・腎炎改善 ・動脈硬化抑制 フェニルアラニン ・抗うつ作用 ・発がん抑制 トリプトファン ・催眠導入効果 ・鎮痛作用 ・抗うつ作用 リジン ・糖尿病性白内障予防 ・骨粗鬆症予防 ヒスチジン ・亜鉛不足による記憶障害の改善 ・抗うつ作用 アルギニン[jpa.or.jp]
  • また、 心臓 病やがんなどの疾病でみられる悪液質(筋肉量の減少を特徴とする体重減少)を予防する働きがある。 【 肝臓 】 人での研究をもとに、犬や猫の肝疾患でも肝性脳症の改善のために、食事にBCAAを添加することがあるが研究結果は様々である(Als-Nielsen 2003, Marchesini 2003)。 現時点で、有益な効果は主に栄養状態(タンパク質・エネルギー利用)の改善によるものと考えられており(Bianchi 2005)犬の研究でも同様の報告がある(Meyer 1999)。[royalcanin.co.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!