Edit concept Question Editor Create issue ticket

バセドウ病


提示

  • これについては、日本甲状腺学会より「甲状腺疾患診断ガイドライン2013」として 「バセドウ病の診断ガイドライン」が提示されている 。 サイロキシンが過度に利用される疾患であるため、甲状腺濾胞には、光学顕微鏡下でも明らかな空泡が生じる。 甲状腺ホルモンの合成を抑える薬(抗甲状腺薬:メチマゾール(チアマゾール、メルカゾール)、チウラジール(プロバジール)を、規則的に服用する方法。定期的に甲状腺ホルモンの量を測定しながら、適切な量の薬を服用することで、血液中の甲状腺ホルモンの濃度を正常にする。[ja.wikipedia.org]
精神症状
  • 表1.小児バセドウ病の臨床症状 全身症状 全身倦怠感、疲れ易い、体重減少、身長の伸びの促進 眼症状 眼球突出、複視、まぶたの腫れ、目つきがきつい 首 甲状腺腫大 循環器症状 動悸、息切れ、頻脈、むくみ、不整脈、心不全 消化器症状 食欲の亢進、慢性の下痢 神経・精神症状 落ち着きがない、集中力低下、学力低下、情緒不安、不眠 皮膚 発汗増加、脱毛、かゆみ その他 筋力低下、脱力感、手足のふるえ(振戦) 診 断 甲状腺腫大、頻脈、眼球突出、体重減少、手指振戦、発汗増加等の症状からバセドウ病が疑われる場合[jspe.umin.jp]
  • […] β遮断薬に一般的に反応する症状:頻脈,振戦,精神症状,眼瞼遅滞(eyelid lag);まれに,暑さへの耐性低下(heat intolerance)と発汗,下痢,近位筋ミオパチー β遮断薬に一般的に反応しない症状:酸素消費,眼球突出,甲状腺腫,血管雑音,循環血液中のサイロキシン濃度,体重減少 プロプラノロールは甲状腺クリーゼに適応となる( 甲状腺クリーゼの治療 )。経口投与では通常2 3時間以内に,静注では数分以内に急速に心拍数を減少させる。[msdmanuals.com]
筋力低下
  • 表1.小児バセドウ病の臨床症状 全身症状 全身倦怠感、疲れ易い、体重減少、身長の伸びの促進 眼症状 眼球突出、複視、まぶたの腫れ、目つきがきつい 首 甲状腺腫大 循環器症状 動悸、息切れ、頻脈、むくみ、不整脈、心不全 消化器症状 食欲の亢進、慢性の下痢 神経・精神症状 落ち着きがない、集中力低下、学力低下、情緒不安、不眠 皮膚 発汗増加、脱毛、かゆみ その他 筋力低下、脱力感、手足のふるえ(振戦) 診 断 甲状腺腫大、頻脈、眼球突出、体重減少、手指振戦、発汗増加等の症状からバセドウ病が疑われる場合[jspe.umin.jp]
発汗増加
  • 表1.小児バセドウ病の臨床症状 全身症状 全身倦怠感、疲れ易い、体重減少、身長の伸びの促進 眼症状 眼球突出、複視、まぶたの腫れ、目つきがきつい 首 甲状腺腫大 循環器症状 動悸、息切れ、頻脈、むくみ、不整脈、心不全 消化器症状 食欲の亢進、慢性の下痢 神経・精神症状 落ち着きがない、集中力低下、学力低下、情緒不安、不眠 皮膚 発汗増加、脱毛、かゆみ その他 筋力低下、脱力感、手足のふるえ(振戦) 診 断 甲状腺腫大、頻脈、眼球突出、体重減少、手指振戦、発汗増加等の症状からバセドウ病が疑われる場合[jspe.umin.jp]
  • バセドウ病の診断ガイドライン 甲状腺機能低下症の診断ガイドライン 無痛性甲状腺炎の診断ガイドライン 慢性甲状腺炎(橋本病)の診断ガイドライン 亜急性甲状腺炎(急性期)の診断ガイドライン バセドウ病の診断ガイドライン a) 臨床所見 1.頻脈、体重減少、手指振戦、発汗増加等の甲状腺中毒症所見 2.びまん性甲状腺腫大 3.眼球突出または特有の眼症状 b) 検査所見 1.遊離T 4 、遊離T 3 のいずれか一方または両方高値 2.TSH低値(0.1μU/ml以下) 3.抗TSH受容体抗体(TRAb, TBII[japanthyroid.jp]
  • 甲状腺腫大、眼球突出、頻脈、体重減少、手指振戦、発汗増加等の甲状腺中毒症所見などからバセドウ病が疑われる場合、血中の甲状腺ホルモン測定などにより判断する。 甲状腺ホルモン:freeT4、freeT3の高値、TSHの異常低値。ただしeuthyroid Graves' diseaseの場合はホルモン正常であるので注意。 自己抗体:抗TSH受容体抗体(TRAb)陽性、または抗TSH受容体刺激抗体(TSAb)陽性。 甲状腺機能の亢進:甲状腺シンチでの摂取率高値、エコーでの血流増加。[ja.wikipedia.org]
疲労
  • 甲状腺血流測定 ・尿中ヨウ素の測定 が無痛性甲状腺炎との鑑別に有用である ※ 赤字:2013年6月24日 改定 甲状腺機能低下症の診断ガイドライン 【原発性甲状腺機能低下症】 a) 臨床所見 無気力、易疲労感、眼瞼浮腫、寒がり、体重増加、動作緩慢、嗜眠、記憶力低下、便秘、嗄声等いずれかの症状 b) 検査所見 遊離T 4 低値およびTSH高値 原発性甲状腺機能低下症 a)およびb)を有するもの 【付記】 1.[japanthyroid.jp]
  • 典型的な症状は、 心拍数の増加と血圧上昇 不整脈 大量発汗と体のほてり 手の振戦(ふるえ) 神経過敏と不安・焦燥感 睡眠障害(不眠症) 食欲が亢進するにもかかわらず、体重が減少する 疲労や脱力を感じるにもかかわらず活動レベルが高まる 排便回数増加(ときに下痢を伴う) 生化学的検査上のコリンエステラーゼの低下(検診結果を解釈する上で、この所見を認めた際、甲状腺機能亢進状態も鑑別診断に挙げる必要がある) この疾患は、患者のおかれた社会的立場にも影響を及ぼす。 性格に驚くほどの変化をきたすことが多い。[ja.wikipedia.org]
  • 症状は多数あり,頻脈,疲労,体重減少,神経過敏,振戦などを呈する。診断は臨床的に行い,甲状腺機能検査を用いる。治療は原因により異なる。 病因 甲状腺機能亢進症は,血中の甲状腺刺激物質または自律的な甲状腺機能亢進が原因で,甲状腺での 甲状腺ホルモンの合成と分泌 (サイロキシン[T 4 ]およびトリヨードサイロニン[T 3 ])が亢進した結果生じる。また,合成の亢進がない状態での甲状腺からの甲状腺ホルモン過剰放出によっても引き起こされる。[msdmanuals.com]
体重減少
  • 表1.小児バセドウ病の臨床症状 全身症状 全身倦怠感、疲れ易い、体重減少、身長の伸びの促進 眼症状 眼球突出、複視、まぶたの腫れ、目つきがきつい 首 甲状腺腫大 循環器症状 動悸、息切れ、頻脈、むくみ、不整脈、心不全 消化器症状 食欲の亢進、慢性の下痢 神経・精神症状 落ち着きがない、集中力低下、学力低下、情緒不安、不眠 皮膚 発汗増加、脱毛、かゆみ その他 筋力低下、脱力感、手足のふるえ(振戦) 診 断 甲状腺腫大、頻脈、眼球突出、体重減少、手指振戦、発汗増加等の症状からバセドウ病が疑われる場合[jspe.umin.jp]
  • 症状は多数あり,頻脈,疲労,体重減少,神経過敏,振戦などを呈する。診断は臨床的に行い,甲状腺機能検査を用いる。治療は原因により異なる。 病因 甲状腺機能亢進症は,血中の甲状腺刺激物質または自律的な甲状腺機能亢進が原因で,甲状腺での 甲状腺ホルモンの合成と分泌 (サイロキシン[T 4 ]およびトリヨードサイロニン[T 3 ])が亢進した結果生じる。また,合成の亢進がない状態での甲状腺からの甲状腺ホルモン過剰放出によっても引き起こされる。[msdmanuals.com]
  • バセドウ病の診断ガイドライン 甲状腺機能低下症の診断ガイドライン 無痛性甲状腺炎の診断ガイドライン 慢性甲状腺炎(橋本病)の診断ガイドライン 亜急性甲状腺炎(急性期)の診断ガイドライン バセドウ病の診断ガイドライン a) 臨床所見 1.頻脈、体重減少、手指振戦、発汗増加等の甲状腺中毒症所見 2.びまん性甲状腺腫大 3.眼球突出または特有の眼症状 b) 検査所見 1.遊離T 4 、遊離T 3 のいずれか一方または両方高値 2.TSH低値(0.1μU/ml以下) 3.抗TSH受容体抗体(TRAb, TBII[japanthyroid.jp]
  • 甲状腺腫大、眼球突出、頻脈、体重減少、手指振戦、発汗増加等の甲状腺中毒症所見などからバセドウ病が疑われる場合、血中の甲状腺ホルモン測定などにより判断する。 甲状腺ホルモン:freeT4、freeT3の高値、TSHの異常低値。ただしeuthyroid Graves' diseaseの場合はホルモン正常であるので注意。 自己抗体:抗TSH受容体抗体(TRAb)陽性、または抗TSH受容体刺激抗体(TSAb)陽性。 甲状腺機能の亢進:甲状腺シンチでの摂取率高値、エコーでの血流増加。[ja.wikipedia.org]
甲状腺腫
  • 単結節性または多結節性の中毒性甲状腺(プラマー病) はときに,TSH受容体遺伝子の突然変異が甲状腺の持続的な活性化を引き起こすことにより生じる。中毒性結節性甲状腺の患者には,バセドウ病患者にみられる自己免疫症状や血中抗体はみられない。また,バセドウ病とは対照的に,単結節性および多結節性の中毒性甲状腺は通常寛解しない。 炎症性甲状腺疾患(甲状腺炎) には,亜急性肉芽腫性甲状腺炎,橋本甲状腺炎,および橋本甲状腺炎の亜型である 無痛性リンパ球性甲状腺炎 などがある。[msdmanuals.com]
  • 高齢者の場合、臨床症状が乏しく、甲状腺が明らかでないことが多いので注意をする。 5. 小児では学力低下、身長促進、落ち着きの無さ等を認める。 6. 遊離T 3 (pg/ml)/遊離T 4 (ng/dl) 比は無痛性甲状腺炎の除外に参考となる。 7.[japanthyroid.jp]
体重増加
  • 甲状腺血流測定 ・尿中ヨウ素の測定 が無痛性甲状腺炎との鑑別に有用である ※ 赤字:2013年6月24日 改定 甲状腺機能低下症の診断ガイドライン 【原発性甲状腺機能低下症】 a) 臨床所見 無気力、易疲労感、眼瞼浮腫、寒がり、体重増加、動作緩慢、嗜眠、記憶力低下、便秘、嗄声等いずれかの症状 b) 検査所見 遊離T 4 低値およびTSH高値 原発性甲状腺機能低下症 a)およびb)を有するもの 【付記】 1.[japanthyroid.jp]
虚弱
  • 心拍数の増加と血圧上昇 不整脈 大量発汗と体のほてり 手の振戦(ふるえ) 神経過敏と不安 睡眠障害(不眠症) 食欲が亢進するにもかかわらず体重が減少する 疲労や脱力を感じるにもかかわらず活動レベルが高まる 排便回数増加(ときに下痢を伴う) 甲状腺機能亢進症の高齢者では、このような特徴的な症状が現れず、虚弱、錯乱、引きこもり、抑うつといった、いわゆる無欲性甲状腺機能亢進症または潜在性甲状腺機能亢進症と呼ばれる状態になることがあります。[msdmanuals.com]
錯乱
  • 心拍数の増加と血圧上昇 不整脈 大量発汗と体のほてり 手の振戦(ふるえ) 神経過敏と不安 睡眠障害(不眠症) 食欲が亢進するにもかかわらず体重が減少する 疲労や脱力を感じるにもかかわらず活動レベルが高まる 排便回数増加(ときに下痢を伴う) 甲状腺機能亢進症の高齢者では、このような特徴的な症状が現れず、虚弱、錯乱、引きこもり、抑うつといった、いわゆる無欲性甲状腺機能亢進症または潜在性甲状腺機能亢進症と呼ばれる状態になることがあります。[msdmanuals.com]
不眠症
  • 典型的な症状は、 心拍数の増加と血圧上昇 不整脈 大量発汗と体のほてり 手の振戦(ふるえ) 神経過敏と不安・焦燥感 睡眠障害(不眠症) 食欲が亢進するにもかかわらず、体重が減少する 疲労や脱力を感じるにもかかわらず活動レベルが高まる 排便回数増加(ときに下痢を伴う) 生化学的検査上のコリンエステラーゼの低下(検診結果を解釈する上で、この所見を認めた際、甲状腺機能亢進状態も鑑別診断に挙げる必要がある) この疾患は、患者のおかれた社会的立場にも影響を及ぼす。 性格に驚くほどの変化をきたすことが多い。[ja.wikipedia.org]
  • 心拍数の増加と血圧上昇 不整脈 大量発汗と体のほてり 手の振戦(ふるえ) 神経過敏と不安 睡眠障害(不眠症) 食欲が亢進するにもかかわらず体重が減少する 疲労や脱力を感じるにもかかわらず活動レベルが高まる 排便回数増加(ときに下痢を伴う) 甲状腺機能亢進症の高齢者では、このような特徴的な症状が現れず、虚弱、錯乱、引きこもり、抑うつといった、いわゆる無欲性甲状腺機能亢進症または潜在性甲状腺機能亢進症と呼ばれる状態になることがあります。[msdmanuals.com]
下痢
  • 表1.小児バセドウ病の臨床症状 全身症状 全身倦怠感、疲れ易い、体重減少、身長の伸びの促進 眼症状 眼球突出、複視、まぶたの腫れ、目つきがきつい 首 甲状腺腫大 循環器症状 動悸、息切れ、頻脈、むくみ、不整脈、心不全 消化器症状 食欲の亢進、慢性の下痢 神経・精神症状 落ち着きがない、集中力低下、学力低下、情緒不安、不眠 皮膚 発汗増加、脱毛、かゆみ その他 筋力低下、脱力感、手足のふるえ(振戦) 診 断 甲状腺腫大、頻脈、眼球突出、体重減少、手指振戦、発汗増加等の症状からバセドウ病が疑われる場合[jspe.umin.jp]
  • 典型的な症状は、 心拍数の増加と血圧上昇 不整脈 大量発汗と体のほてり 手の振戦(ふるえ) 神経過敏と不安・焦燥感 睡眠障害(不眠症) 食欲が亢進するにもかかわらず、体重が減少する 疲労や脱力を感じるにもかかわらず活動レベルが高まる 排便回数増加(ときに下痢を伴う) 生化学的検査上のコリンエステラーゼの低下(検診結果を解釈する上で、この所見を認めた際、甲状腺機能亢進状態も鑑別診断に挙げる必要がある) この疾患は、患者のおかれた社会的立場にも影響を及ぼす。 性格に驚くほどの変化をきたすことが多い。[ja.wikipedia.org]
  • […] β遮断薬に一般的に反応する症状:頻脈,振戦,精神症状,眼瞼遅滞(eyelid lag);まれに,暑さへの耐性低下(heat intolerance)と発汗,下痢,近位筋ミオパチー β遮断薬に一般的に反応しない症状:酸素消費,眼球突出,甲状腺腫,血管雑音,循環血液中のサイロキシン濃度,体重減少 プロプラノロールは甲状腺クリーゼに適応となる( 甲状腺クリーゼの治療 )。経口投与では通常2 3時間以内に,静注では数分以内に急速に心拍数を減少させる。[msdmanuals.com]
動悸
  • 表1.小児バセドウ病の臨床症状 全身症状 全身倦怠感、疲れ易い、体重減少、身長の伸びの促進 眼症状 眼球突出、複視、まぶたの腫れ、目つきがきつい 首 甲状腺腫大 循環器症状 動悸、息切れ、頻脈、むくみ、不整脈、心不全 消化器症状 食欲の亢進、慢性の下痢 神経・精神症状 落ち着きがない、集中力低下、学力低下、情緒不安、不眠 皮膚 発汗増加、脱毛、かゆみ その他 筋力低下、脱力感、手足のふるえ(振戦) 診 断 甲状腺腫大、頻脈、眼球突出、体重減少、手指振戦、発汗増加等の症状からバセドウ病が疑われる場合[jspe.umin.jp]
頻拍
  • […] β遮断薬が禁忌の患者では,カルシウム拮抗薬により性不整脈を調節することがある。 ヨウ素 薬理学的用量のヨードは,T 3 およびT 4 の放出を数時間以内に抑制しヨードの有機化を阻害するが,数日から1週間持続する一過性の効果であり,その後これらの効果は通常消失する。ヨードは,甲状腺クリーゼの緊急治療や,甲状腺以外の緊急手術を受ける甲状腺機能亢進症患者,甲状腺摘出術を行う甲状腺機能亢進症患者に対する術前処置(甲状腺の血管分布を減少させるため)に用いられる。[msdmanuals.com]
複視
  • 表1.小児バセドウ病の臨床症状 全身症状 全身倦怠感、疲れ易い、体重減少、身長の伸びの促進 眼症状 眼球突出、、まぶたの腫れ、目つきがきつい 首 甲状腺腫大 循環器症状 動悸、息切れ、頻脈、むくみ、不整脈、心不全 消化器症状 食欲の亢進、慢性の下痢 神経・精神症状 落ち着きがない、集中力低下、学力低下、情緒不安、不眠 皮膚 発汗増加、脱毛、かゆみ その他 筋力低下、脱力感、手足のふるえ(振戦) 診 断 甲状腺腫大、頻脈、眼球突出、体重減少、手指振戦、発汗増加等の症状からバセドウ病が疑われる場合[jspe.umin.jp]

病態生理

  • 病態生理 甲状腺機能亢進症では血清T 3 の上昇がT 4 の上昇を通常上回るが,これはおそらくT 3 の分泌の亢進,および末梢組織でのT 4 からT 3 への変換によるものである。一部の患者では,T 3 のみが上昇する(T 3 中毒症)。T 3 中毒症は,バセドウ病,多結節性甲状腺腫,自律機能性の単発性甲状腺結節など,甲状腺機能亢進症をもたらす一般的な疾患のいずれでも発現する可能性がある。[msdmanuals.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!