Edit concept Question Editor Create issue ticket

ネコ回虫


提示

腹痛
  • しかし、幼犬に多数の成虫が寄生した場合は、腹部の異常膨大、呼気の特異的甘臭、異嗜、元気消失、発育不良、削痩、貧血、皮膚弛緩、被毛粗剛、 食欲不振、便秘、下痢、腹痛、嘔吐を起こす。 体内に幼虫が寄生している雌イヌが妊娠すると、胎盤や乳汁などを通して子イヌに感染する。 発生状況 世界的に発生している。日本では1965年 1991年の間に、イヌ回虫による症例が96例、ネコ回虫による症例が21例報告されている。幼・小児に多く発生するといわれていたが、高齢層の発生も増加傾向にある。[med.akita-u.ac.jp]
  • 初期には、上腹部の不快感・膨満感の症状で、さらに進行すると肝腫大、腹痛、黄疸、肝機能障害などが現れる。 予防方法 キタキツネなどとの接触をできるだけ避ける。 感染した犬に駆虫薬を使用する。 流行地では、犬が野ネズミを食べない様に注意する。[pref.gunma.jp]

治療

  • 組織内に寄生した幼虫に対しては、確実な治療法は存在しない。 眼移行例の治療法も確立していない。 動物の症状 感染していても症状が現れない「不顕性感染」がほとんど。 しかし、幼犬に多数の成虫が寄生した場合は、腹部の異常膨大、呼気の特異的甘臭、異嗜、元気消失、発育不良、削痩、貧血、皮膚弛緩、被毛粗剛、 食欲不振、便秘、下痢、腹痛、嘔吐を起こす。 体内に幼虫が寄生している雌イヌが妊娠すると、胎盤や乳汁などを通して子イヌに感染する。 発生状況 世界的に発生している。[med.akita-u.ac.jp]
  • 治療法 体内の組織内に寄生した幼虫に対しては、確実な治療法は存在しない。 眼移行型の治療法も確立されていないが、レーザーによる凝固法がおこなわれる。 予防法 人に感染した場合、治療が難しいため、CDC(米国疾病予防管理センター)の推奨プログラム ※ に準拠したペットの予防的あるいは定期的な駆虫が重要。 ※「ペットから人への腸内寄生虫感染をどのようにして防ぐか?」CDC 1995年 泥遊びや砂遊び、あるいは子犬と遊んだ後には必ず手を洗う。 レバーの生食を避ける。 (文責 獣医学博士 佐伯英治)[bayer-pet.jp]

疫学

  • しかしながら、まだ疫学上不明な点が多い。 ヒトの症状 全身性の疾患で、特徴的な紅斑いわゆる遊走性紅斑を特異症状とする。 予防・治療 マダニ対策が必要である。欧米では吸血防止として忌避剤の使用が奨励されている。ヒトの治療にはテトラサイクリン、ドキシサイクリンなどが有効とされている。 ネコ引っ掻き病 病原体・保有動物・症状 グラム陰性桿菌( Bartonella hensellae )が病原体であり、この菌に感染したネコは一般には発症しない。[shinonomekai.net]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • マウス 体重35.7g 酸素消費量 1.59ml/g体重/h ラット 体重545g 酸素消費量 0.84ml/g体重/h 東京大学大学院農学生命科学研究科比較病態生理 桑原正貴 ご質問 はじめまして 某自治体の保健衛生部に所属しております。 いつも貴重な情報ありがとう御座います。 じつは、「公衆衛生情報 2月号」という全国で広く読まれている雑誌に、生労働省技官による覆面座談会「崖っぷちの公衆衛生」という記事が掲載されています。 その文中に保健所の獣医師の業務に関する不愉快な発言があります。[jsvetsci.jp]

予防

  • 予防・治療 イヌ・ネコとの接触後や砂場で遊んだ後は石鹸でよく手洗いし、虫卵の経口摂取を避ける。 子イヌの飼育を始めるときには糞便検査をし、獣医師の指示のもと定期的に駆虫薬を投与する。 ※駆虫後に虫卵が排出されていない(成虫が駆虫された)ことを確認する。 イヌ・ネコともに感染予防のためのワクチンはない。[med.akita-u.ac.jp]
  • 現在は、予防薬が発売されていますので、蚊の出現する時期(4月 11月)にきちんと投与することで、ほぼ100%予防することが出来ます。 毎月1回、飲み薬や滴下薬を投与したり、1年に1回注射する等の予防薬があります。 当院のお勧めの投薬期間は、5月中旬から11月中旬以降まで(気候によっては、12月まで)毎月の計7 8回投与です。 注射の場合は、混合ワクチンとの同時接種はできませんが、それ以外ならば年一回いつ接種しても予防できますので便利です。[anne-pet.com]
  • コクシジウム 経口感染 下痢、血便、消化不良、衰弱がみられる ※ここに挙げた病気についての詳しい情報(予防方法・予防接種・治療方法)は、掛りつけの動物病院にご相談ください。[cs-jp.net]
  • 多頭飼いの家庭の場合は、他の猫にも感染している可能性があるので、すべての猫の検査を行うか、予防的に駆虫薬を投与することが大切です。 【予防】飼育環境を清潔に保ち、定期的に便検査を 回虫症を予防するためには、定期的に便検査を行って寄生虫がいないか確認をすることが大事です。 また、 フィラリア 予防薬には回虫など線虫類と呼ばれる寄生虫の駆虫効果があるため、 フィラリア 予防薬を定期的に投与するのも予防となります。[petwell.jp]
  • 予防方法 犬 狂犬病予防法により91日齢以上の犬は、登録(生涯1度)、狂犬病ワクチンを打つこと(年1回)が義務づけられています。 人 狂犬病のおそれのある動物にかまれたら、すぐに傷を水でよく洗い、信頼できる病院でできるだけ早く傷の処置とワクチンを接種します。 発症したら治療法はありません。 その他 狂犬病は、人と動物の共通感染症で、世界各地ではいまだに流行が続いています。[pref.gunma.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!