Edit concept Question Editor Create issue ticket

ニューロパチー


提示

疲労
  • 一連の検査で異常がみられない場合でも、強い疲労感や動悸など、体の不調を呈しているときには自律神経のバランスが崩れていると考え、心療内科など(※)で不調に対する治療を行います。 ※末梢神経障害は一般的に神経内科で診断・治療を行いますが、自律神経失調症の治療を専門的に行なう診療科は心療内科などさまざまです。 重篤な自律神経障害の症状 自律神経が障害されている場合に現れる症状は、軽い起立性低血圧症や便秘などから重篤な症状まで、幅が広いという特徴があります。[medicalnote.jp]
  • 睡眠不足や疲労の蓄積を避け、神経のはたらきに欠かせないビタミンB群を十分とるようにしましょう。 また、病気がおさまった後の機能回復には、リハビリテーションが欠かせません。 捕捉性(ほそくせい)ニューロパチー(機械的神経障害(きかいてきしんけいしょうがい)) 末梢神経幹(まっしょうしんけいかん)が周りの組織に圧迫されておこるニューロパチーです。機械的神経障害、あるいは絞扼性神経障害(こうやくせいしんけいしょうがい)とも呼ばれます。[kotobank.jp]
  • モダフィニルが疲労感の治療に用いられている[Carter et al 2006]. 続発的合併症の予防 アキレス腱の短縮を予防するためのストレッチ体操と,手の筋力低下を予防するための両手の握りしめ体操を毎日行うことが望ましい[Vinci et al 2005b]. 回避すべき薬剤・環境 肥満は歩行をより困難にするので避けるべきである. CMT患者に毒性を有することがわかっている薬剤や毒性を起こす可能性がある薬剤のリスクの程度は様々である. 確実に高リスクの薬剤.[grj.umin.jp]

治療

  • ④ 免疫抑制剤療法 病気の原因である自己抗体の産生を抑えるための治療法で、他の治療法によっても治療効果が得られない場合において行われる治療法です。免疫抑制剤は単独または他剤と併用し、症状に応じて増減します。 埼玉医科大学教授 野村 恭一先生 監修 ページトップ[ketsukyo.or.jp]
  • 通常は1クールでの治療で比較的早期(数週間程度)に効果が認められますが、再発をきたした際には再度IVIg療法を行います。IVIg療法は効果が副腎皮質ステロイドより早くに認められる反面、治療後の再発率が高いことが報告されています。なおIVIg治療治療効果が認められない患者さんには副腎皮質ステロイド療法や血漿交換療法など別の治療法を試みることがあります。 C 血漿浄化療法 血液中の血漿成分に含まれると推定される病気の原因物質を分離、除去したのちに体内に戻す治療法です。[nanbyou.or.jp]
  • 2つの病気をあわせて、平成28年には全国で4,900人ほどの方が治療を受けています。 Q3.どのような治療を行いますか? A3. CIDPやMMNの治療は症状などにあわせて、担当の医師により選択されます。 次のような治療法があります。 CIDPの治療 血漿 ( けっしょう ) 交換 ( こうかん ) 療法 ( りょうほう ) や、免疫グロブリン療法、ステロイド療法が有効とされています。 ・血漿交換療法は血液成分の中の血しょうに含まれる病気の原因物質を分離・除去する治療法です。[nihon-pharm.co.jp]
  • 著者(発表者) 桑原基ほか 所属施設名 近畿大学医学部神経内科 表題(演題) Nivolumabによる治療中に発症した急性脱髄性ニューロパチーの1例 雑誌名(学会名) 神経治療学 34(6) S203 (2017.11) 第35回 日本神経治療学会総会 (2017.11.16-18)[imic.or.jp]

疫学

  • 1)Joint Task Force of the EFNS and the PNS. : J Peripher Nerv Syst. 15 : 79-92, 2010 2)梶 龍兒, ほか : 多巣性運動性ニューロパチー(MMN)の全国疫学調査―我が国における現状―. 厚生労働省科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 免疫性神経疾患に関する調査研究班 2010年度研究報告書 : 124-125, 2011[jbpo.or.jp]
  • 4.研究の方法について ① 九州大学神経内科より全国の神経内科専門医および小児神経専門医に案内状と全国疫学調査一次調査票を送付します。 ② 診断基準に合致し、現在各施設に通院中で血液検査可能な症例数を診療担当医師が記載し九州大学神経内科へ報告します。[neuro.med.kyushu-u.ac.jp]
  • この病気はどのような人に多いのですか いままでの疫学的な検討では、男性に若干多い傾向が報告されており、発症年齢は2 70歳までとかなり広い年齢層にまたがることが知られています。ギラン・バレ 症候群との違いとして、上気道感染や下痢などの先行感染がみられない場合がほとんどで、発症に強く関わっている環境的な要因は報告されていません。 4. この病気の原因はわかっているのですか 発症の原因はまだはっきりしていません。[nanbyou.or.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 参考書、参考文献など 平成18年度日本内科学会生涯教育講演会5、末梢神経障害の臨牀:神田隆 頭痛、めまい、しびれの臨床―病態生理学的アプローチー植村研一医学書院 植村研一:痛みしびれの病態生理と臨床評価 PTジャーナル 第42巻第2号 2008年2月 頸肩腕障害の診断と治療:金原出版 整形外科プライマリーケア―ハンドブック:南江堂 誤診しやすい神経疾患:南江堂 末梢神経障害神経の診かた:HBJ出版局 HOPPENFELD整形外科医のための神経学図説:南江堂 しびれと痛み末梢神神経絞扼障害:金原出版[yamamotoclinic.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!