Edit concept Question Editor Create issue ticket

ナイセリア


提示

  • PCRによる髄膜炎菌の同定はいくつかの論文で報告されているが、いまのところWHOを含めた国際医療機関において統一された方法の提示はない。 また、髄液中の細菌抗原を検出する方法も行われており、ラテックス凝集法による診断キットがSlidex(Bio-Merieux社)として販売されている。ただし、このキットにはA, B, C群に対する抗体し か含まれていないので、その点に留意する必要がある。 治療・予防 第一選択薬はペニシリンGで ある。[niid.go.jp]

治療

  • 治療を受け る際には、パートナーも一緒に治療がを受ける必要がある。 *分離した淋菌がPPNGか否かを検査することは治療上重要である。 β‐ Lactamase の産生を検出する方法として、迅速ヨード法, acidometric 法、 chromogenic 法, cepharosporin 法などがあり、いずれも純培養の菌が、 あれば迅速に判定できる。 米国ではプロベネシッド1g内服後、ペニシリンG480万単位を両側殿筋 に分注する方法が取られている。[microbio.med.saga-u.ac.jp]
  • 隔離解除 有効な抗菌薬治療または鼻腔保菌治療から24時間経過した後、鼻腔スワブ培養を提出する。鼻腔スワブ培養の陰性を確認し、感染対策を終了とする (詳細はICTの院内ホームページ12-19参照)。情報は常にICTと共有する。 検査・診断 髄液や血液から分離培養を行い、グラム染色による検鏡及び生化学的性状により髄膜炎菌であることを確定する。血清群型別は型別用の抗血清を用いて、凝集反応の有無によって検査を行う。 治療 第一選択薬はペニシリンGである。[dcc-irs.ncgm.go.jp]

疫学

  • 最近の疫学的研究によれば、淋菌感染によりHIV の感染が容易になると報告されており、その意味でも重要な疾患である。 図1. 淋菌感染症発生動向 b.月別の定点当たり報告数 a.定点からの年度別報告数 図2. 男性尿道炎患者からの尿道分泌物の塗抹標本(グラム染色) 左:淋菌を貪食している白血球(好中球)。胡麻のように見えるのが淋菌で、2 個対になっている。 右:貪食をしていない通常の白血球。[niid.go.jp]
  • 世界の髄膜炎菌性感染症の疫学 日本においては年間20例にも満たない希有な感染症であり人々の関心を集めていないが、世界的にみれば髄膜炎菌に因る症例はWHO によれば毎年50万人に上り、その10%にあたる5万人もの人々が命を落としている。髄膜炎菌性感染症の起炎菌として認められる5群(A、B、C、Y、W-135)の中でも特にA、B、C群髄膜炎菌が大規模流行の起炎菌である場合が多い。 血清群別発生状況の概略を 図1 に示した。[idsc.nih.go.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 〈 淋病の予防 〉 性病の予防としてコンドームを使用すること。 膿漏眼の予防のためには、新生児に 1 2 %の硝酸銀の点眼をする。最近は ペニシリンあるいはテトラサイクリン系抗生物質の点眼に代えられている。 〈 淋病の治療 〉 飲酒・刺激性飲食物・性交・運動を禁止する。淋病はペニシリン系薬剤に感 受性が高く第一選択剤として用いられている。しかし、ペニシリンに耐性のペ シリナ-ゼ産生淋菌( PPNG )が発見された。[microbio.med.saga-u.ac.jp]
  • また、 こうした 髄膜炎菌 を原因とする感染症は、 現代の日本 においては ほとんど流行的な感染は見られないものの 、現代においても、 中東 や アフリカ などを中心とする地域では、しばしば流行が見られていて、 特に、 10 代以下の小児や若者 において感染例が多く、髄膜炎や脳炎などを発症した場合の 致死率も 10 %近くにおよぶ ことになるため、 これらの地域に旅行 する際などには、 予防注射などの対策 をとっておくことが必要な比較的 危険な細菌の種類 として位置づけられることになるのです。[information-station.xyz]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!