Edit concept Question Editor Create issue ticket

トルサード・ド・ポワント


提示

頻拍
  • 心電図上では特徴的な多形性心室を示す。1932年に初めて報告された。Torsades de Pointes とは「棘波の捻れ」を意味するフランス語である。 なお「de」の部分は「デ」と表現されたり、「Pointes」の部分は「ポアント」「ポアンツ」「ポワンツ」などど表記されたりもする。 ほとんどの症例で、自発的に正常洞調律に復帰する。症状としては、動悸、眩暈、立ち眩み(短時間)、失神(長時間)、突然死がある。[ja.wikipedia.org]
  • 心電図 上では特徴的な多形性 心室 を示す。1932年に初めて報告された。Torsades de Pointes とは「棘波の捻れ」を意味する フランス語 である。 なお「de」の部分は「 デ 」と表現されたり、「Pointes」の部分は「 ポアント 」「 ポアンツ 」「 ポワンツ 」などど表記されたりもする。 症状・兆候 [ 編集 ] ほとんどの症例で、自発的に正常洞調律に復帰する。症状としては、 動悸 、 眩暈 、立ち眩み(短時間)、 失神 (長時間)、 突然死 がある。[ja.wikipedia.org]

精密検査

  • 専門医の診察を受け、必要に応じて入院、精密検査ののち方針を立てるべきかも知れません。 薬としてはアミオダロン、ソタロールなどのIII群抗不整脈薬がよく使われます。β遮断薬やワソランなども活躍します。副作用に注意しながら使うことも大切です。 CRTDの本体です。年々小さくなっています。 薬だけでは効果不十分な場合、ICD(植込み型除細動器)あるいはCRT-D(除細動機能付き両室ペースメーカー)が役に立つことがあります。突然死しやすい状況の方に有用です。[allabout.co.jp]
QT間隔延長
  • 医薬品による心電図の QT間隔延長 が, トルサード・ド・ポアント の心室頻拍や突然死といった重篤な 副作用 を誘発する可能性があるため,医薬品開発過程で重要視されている。[pharm.or.jp]
  • 【禁忌】及び「9.適用上の注意」の項参照] 過量投与 徴候・症状 過量投与時に報告された症状は頭痛、視覚障害、心血管虚脱、痙攣、低カリウム血症並びに心肺停止により突然死に至る可能性のあるQT間隔延長、トルサード・ド・ポアント、心室頻拍、心室細動などのリズム伝導異常などであった。これらの症状は過量投与後すぐにあらわれることがあるので、異常が認められた場合は、直ちに適切な処置を行うこと。[kegg.jp]
心電図変化
  • 多くのたこつぼ心筋障害は一過性の心筋の収縮異常で、心電図変化も数か月以内に消失します。 しかし、発症後急性期にはQT時間が延長するため、「トルサード・ド・ポアンツ」(一過性心室細動)から突然死を起こす場合があって、予後が良好とは限らないことがわかってきました。 図8 たこつぼ心筋障害 特発性心室細動 これまでに述べたような病気がなく、普段の心電図がほぼ正常で、心臓の機能もまったく正常なのに、突然死を起こす病態です。[ncvc.go.jp]
  • 無症候性に虚血性心電図変化がフルオロウラシルの持続点滴中に68%の患者に起こり、時に血清マーカーの上昇も伴うことが指摘されている[ 2, 9 ]。通常、フルオロウラシルの投与終了にて虚血の徴候はおさまるが、再投与で繰り返されると考えられる。シスプラチンとの併用や冠動脈疾患の併存でリスクが高まる[ 8 ]。フルオロウラシルの心毒性のリスクは蓄積量に関係なく、持続点滴での治療の患者に多い[ 2, 12 ]。[medical.nikkeibp.co.jp]

治療

  • 心臓電気軸の急激な回転 QT時間 延長( QT延長症候群 )は短連結性異型TdPでは通常見られない 先行性のRR間隔延長・短縮は短連結性異型TdPでは見られない 期外収縮 (R-on-T PVC)が起因と成る 治療 [ 編集 ] 治療法は、原因薬物の除去と、 硫酸マグネシウム の静注 [7] [8] によるカルシウムの阻害、 抗不整脈薬 の投与である。 交感神経β受容体作動薬 の オルシプレナリン ( 英語版 ) を投与して心拍数を増加させても良い。[ja.wikipedia.org]
  • アリゾナ治療教育研究センター(CERT)にQT延長を起こす薬剤がまとめられている。 下記にトルサード・ド・ポワントの危険因子とされているものを挙げる。 低カリウム血症 低マグネシウム血症 低カルシウム血症 徐脈 心不全 左室肥大 低体温症 クモ膜下出血 甲状腺機能低下症 女性 TdPの心電図波形は、QRS群の捻れを伴う多形性心室頻拍を錯覚させる。すなわち、波形のピークが上下の畝りを見せる。血行動態的に不安定であり、動脈圧が突発性に低下し、眩暈、失神を引き起こす。[ja.wikipedia.org]

予防

  • トルサード・ド・ポアンツの治療 先天性の場合には薬剤による発作の予防,二次性の場合にはQT延長を起こしている原因の除去を行います。 先天性では,タイプによりβ遮断薬やメキシレチンの内服が有効ですが,薬剤が有効でない場合やハイリスク例では突然死予防のため,植込型除細動器(ICD)を考慮します。 二次性では,原因除去と並行して,硫酸マグネシウムの投与やペーシング治療にてトルサード・ド・ポアンツの発生を予防します。[kango-roo.com]
  • 治療 電気ショックを与えて心拍を正常なリズムに戻す(除細動) 発作の予防 心室細動が生じた場合は 除細動 が必要になります。ときに、硫酸マグネシウムを投与することもあります。 薬が原因である場合は、その使用を中止します。[msdmanuals.com]
  • 心毒性のリスクの高い抗がん剤治療中の患者に対し、心保護の目的でアンギオテンシン変換酵素阻害薬やアンギオテンシンII受容体拮抗薬、β遮断薬を使用した場合、心イベントの発生率が下がるようであるが、これは心筋障害の予防を反映したものではなく代償メカニズムの関与によるものである可能性が高い[ 30, 31 ]。 最も合理的な予防法はアントラサイクリン系薬剤を使用しないことであろう。[medical.nikkeibp.co.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!