Edit concept Question Editor Create issue ticket

トパピローマウイルス感染症


提示

  • このため抗原提示細胞の活性化や抗原認識の過程が回避され、免疫が誘導されにくい。 HPV 感染の70%が1年以内に消失し、約90%が2年以内に消失する。しかし上記のメカニズムによって、一生涯有効な免疫記憶が形成されないため、自然感染後の抗体産生が十分でなく、同じHPV型への感染が何度も起こると考えられている。通常は様々な免疫が応答し体内から排除される。 生殖器へのHPVの感染は、母が感染した乳児の約73%が感染していた。[ja.wikipedia.org]
  • このため抗原提示細胞の活性化や抗原認識の過程が回避され、免疫が誘導されにくい [7] 。 HPV 感染の70%が1年以内に消失し、約90%が2年以内に消失する。しかし上記のメカニズムによって、一生涯有効な 免疫記憶 が形成されないため、自然感染後の抗体産生が十分でなく、同じHPV型への感染が何度も起こると考えられている [8] 。通常は様々な免疫が応答し体内から排除される [1] 。 生殖器へのHPVの感染は、母が感染した乳児の約73%が感染していた [2] 。[ja.wikipedia.org]
運動障害
  • の方へ(厚生労働省ホームページ) HPVワクチンの接種を受けるお子様と保護者の方へ(厚生労働省ホームページ) 副反応 2価ワクチン接種と関連性があると考えられたもの かゆみ、注射部分の痛み・赤み・腫れ、胃腸症状(吐き気、嘔吐、下痢、腹痛など)、筋肉の痛み、関節の痛み、頭痛、疲労、発疹、じんましん、注射部分のしこり、めまい、発熱、上気道感染、注射部分のピリピリ感/ムズムズ感、失神・血管迷走神経発作(息苦しい、息切れ、動悸、気を失うなど)、「ADEM」(接種後数日 2週間程度で発熱、頭痛、けいれん、運動障害[city.higashiyamato.lg.jp]
  • : 03-3506-9411 (有料) 受付時間 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く) 午前9時から午後5時 「子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進事業に基づく接種に係る医薬品副作用被害救済制度への救済給付請求に際して必要となる資料に関する留意事項について(平成28年1月14日厚生労働省事務連絡)(PDF:797KB) 医薬品副作用被害救済制度に関する業務(独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA):外部リンク) HPVワクチン接種後の痛みの診療について HPVワクチン接種後に広範な疼痛又は運動障害[pref.gunma.jp]
悪寒
  • 頻度不明:四肢痛、失神・血管迷走神経反応、AST(GOT)・ALT(GPT)の上昇等、ぶどう膜炎、角膜炎、リンパ節症 ガーダシル 重大な副反応(頻度不明) 過敏症反応(アナフィラキシー反応、アナフィラキシー様反応、気管支けいれん、じんましん等)、ギラン・バレー症候群、血小板減少性紫斑病、急性散在性脳脊髄炎(ADEM) その他の副反応 頻度10%以上:疼痛、紅斑、腫脹 頻度1 10%未満:発熱、そう痒感、出血、不快感、頭痛 頻度0.1 1%未満: 硬結、四肢痛、筋骨格硬直、下痢、腹痛 頻度不明:無力症、悪寒[city.sagamihara.kanagawa.jp]
動悸
  • Q&A(厚生労働省ホームページ) HPVワクチンの接種を検討しているお子様と保護者の方へ(厚生労働省ホームページ) HPVワクチンの接種を受けるお子様と保護者の方へ(厚生労働省ホームページ) 副反応 2価ワクチン接種と関連性があると考えられたもの かゆみ、注射部分の痛み・赤み・腫れ、胃腸症状(吐き気、嘔吐、下痢、腹痛など)、筋肉の痛み、関節の痛み、頭痛、疲労、発疹、じんましん、注射部分のしこり、めまい、発熱、上気道感染、注射部分のピリピリ感/ムズムズ感、失神・血管迷走神経発作(息苦しい、息切れ、動悸[city.higashiyamato.lg.jp]
腹痛
  • 副反応について (1)主な副反応 サーバリックス 発生頻度 50%以上 注射部の痛み・発赤・腫れ、疲労感 発生頻度 10 50%未満 痒み、腹痛、筋痛・関節痛、頭痛 など 発生頻度 1 10%未満 じんましん、めまい、発熱 など 発生頻度 1%未満 注射部の知覚異常、しびれ感、全身の脱力 発生頻度 不明 手足の痛み、失神、リンパ節の炎症 など ガーダシル 発生頻度 50%以上 注射部の痛み 発生頻度 10 50%未満 注射部の腫れ、紅斑 発生頻度 1 10%未満 注射部の痒み・出血・不快感、頭痛、[town.hinode.tokyo.jp]
  • 主な副反応 発生頻度 ワクチン:サーバリックス ワクチン:ガーダシル 50%以上 疼痛・発赤・腫脹、疲労感 疼痛 10 50%以上 掻痒、腹痛、筋痛、関節痛、頭痛など 腫脹、紅斑 1 10%未満 じんましん、めまい、発熱など 掻痒・出血・不快感、頭痛、発熱 1%未満 注射部位の知覚異常、感覚鈍麻、全身の脱力 硬結、四肢痛、筋骨格硬直、腹痛・下痢 頻度不明 四肢痛、失神、リンパ節症など 疲労,倦怠感,失神,筋痛・関節痛,嘔吐など その他、接種部位のかゆみや出血、不快感のほか、疲労感や頭痛、腹痛、筋肉[city.sendai.jp]
  • ワクチンごとの主な副反応 発生頻度 サーバリックス ガーダシル 50%以上 注射部の痛み・発赤・腫れ、疲労感 注射部の痛み 10 50%未満 痒み、腹痛、筋痛・関節痛、頭痛 など 注射部の腫れ、紅斑 1 10%未満 じんましん、めまい、発熱 など 注射部の痒み・出血・不快感、頭痛、発熱 1%未満 注射部の知覚異常、しびれ感、全身の脱力 注射部の硬結、手足の痛み、筋肉のこわばり、腹痛・下痢 頻度不明 手足の痛み、失神、リンパ節の炎症 など 疲労・倦怠感、失神、筋痛・関節痛、嘔吐 など まれに重い副反応[city.hiratsuka.kanagawa.jp]
  • サーバリックス 重大な副反応(頻度不明) ショック又はアナフィラキシーを含むアレルギー反応・血管浮腫、急性散在性脳脊髄炎(ADEM)、ギラン・バレー症候群 その他の副反応 頻度10%以上:そう痒、疼痛、発赤、腫脹、胃腸症状(悪心、嘔吐、下痢、腹痛等)、筋痛、関節痛、頭痛、疲労 頻度1 10%未満:発疹、じんましん、硬結、めまい、発熱(38 以上を含む)、上気道感染、 頻度0.1 1%未満:知覚異常、感覚鈍麻(しびれ感)、全身脱力、 頻度不明:四肢痛、失神・血管迷走神経反応、AST(GOT)・ALT[city.sagamihara.kanagawa.jp]

治療

  • また、接種前に感染している発がん性HPVを排除したり、発症している子宮頸がんや前がん病変の進行を遅らせたり、治療することはできません。 ワクチンの概要 現在国内で接種できるHPVワクチンは、次の2種類です。 1.サーバリックス 約15種類の高リスク型HPVのうち、国内外で子宮頸がん患者から最も多く検出されるHPV16型及び18型のウイルス様粒子を含む2価ワクチンで、16型と18型HPVの感染を予防します。[town.hatoyama.saitama.jp]
  • 副反応により、医療機関での治療が必要になった場合には、法律に基づく救済が受けられます。 副反応によって、医療機関での治療が必要になったり、生活に支障が出るような障がいが残る等の健康被害が生じる場合には、法律に基づく救済が受けられます。 下記相談窓口(平塚市健康課)へご相談ください。 なお、救済を受けるには、健康被害が予防接種によって引き起こされたものか、別の要因によるものかを、専門家からなる国の審議会で審議し、設定される必要があります。[city.hiratsuka.kanagawa.jp]
  • 子宮頸がんを予防するには、検診によって前がん病変を早期に発見し、治療することが必要です。 市が実施する子宮頸がん検診は、20歳以上を対象として2年に1回の受診間隔で実施されます(申込制)ので、10代でワクチンを接種しても20歳を過ぎたら定期的に子宮頸がん検診を受けましょう。 子宮頸がん検診のご案内 参考 子どもの予防接種[city.higashiyamato.lg.jp]
  • 従って、この間に子宮頸がん検診によって前癌病変を早期発見し、治療することが可能です。 子宮頸がんの予防については、ワクチン接種だけでは十分ではありません。20歳を過ぎたら、定期的に子宮頸がん検診を受診しましょう。 PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。 Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。[city.takayama.lg.jp]

疫学

  • 海外の疫学調査では、HPVワクチンの導入により、導入前後で、HPVの感染率や子宮頚部の前がん病変が減少したとの報告があります。 現在使用されているHPVワクチンは、子宮頸がんの原因の50 70%を占める2つのタイプ(HPV16型と18型)のウイルスの感染を防ぎます。 HPVに感染しても多くの場合は自然に排除されますが、感染が続くと、その一部が前がん病変になり、さらにその一部ががんになります。また、HPVの感染は、一生のうち何度も起こりえます。[city.sendai.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 予防接種・ワクチン分科会 副反応検討部会(厚生労働省) 医薬品等安全対策部会安全対策調査会(厚生労働省) 参考:子宮頸がん予防接種に使用するワクチン サーバリックス ワクチン添付文書(PDF:559.4KB) ガーダシル ワクチン添付文書(PDF:838.6KB) 予防接種健康被害救済制度 定期の予防接種による副反応が原因で病気になり治療が必要になった、又は障害が残る状態になったなどの健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく補償を受けることができます。[town.hatoyama.saitama.jp]
  • 予防接種健康被害救済制度 予防接種は感染症を防ぐために重要なものですが、極めてまれに健康被害の発生が見られます。 万が一、定期の予防接種による健康被害が発生した場合には、国による救済給付制度があります。 予防接種健康被害救済制度について (PDFファイル125キロバイト) ※予防接種について、ご不明な点等がありましたら健康づくり課までお問い合わせください。 また、お子さまの体調等については、かかりつけの医師にご相談ください。 本文ここまで[city.wakkanai.hokkaido.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!