Edit concept Question Editor Create issue ticket

チクングニア熱


提示

  • 黄熱リスク国へ入国するときや、黄熱リスク国から次の国に入国するときに、入国条件として黄熱予防接種証明書(イエローカード)の提示を要求される場合があります。イエローカードの提示が義務づけられていない黄熱リスク国に入国する場合でも予防接種が推奨されています。黄熱リスク国及び予防接種については FORTHホームページ をご覧ください。 マラリア マラリアはアフリカ、中南米、東南アジア等を中心とした亜熱帯や熱帯地域の主として辺地で現在も大流行をしています。[pref.aichi.jp]
  • パキスタン出国時のポリオワクチン接種証明書の提示 WHOは本年5月5日にポリオの流行拡大阻止に関する声明を発表しました(WHO News 2014-5-5)。これは近年、世界的にポリオの流行が再燃しているため、ポリオの輸出国(パキスタン、シリア、カメルーン)では出国者にワクチン接種を行い、拡大を阻止することが必要とする内容です。この声明を受けて、パキスタン政府は同国からの出国者にポリオワクチン接種証明書の提示を要求しています。[tokyos.johas.go.jp]
関節痛
  • 臨床症状 潜伏期間は3 12日、発熱と関節は必発であり、発疹は8割程度に認められる。関節は四肢(遠位)に強く対称性で、その頻度は手首、足首、指趾 膝 肘 肩の順であり、関節の腫脹を伴う場合もある。 関節は急性症状が治まっても、数ヶ月から数年にわたって持続することがある。 そのほか主要な症状としては、全身倦怠・頭痛・筋肉痛・リンパ節腫脹である。また出血傾向(鼻出血・歯肉出血)や悪心・嘔吐をきたすこともある。 血液所見 リンパ球減少、血小板減少が認められる。[www0.nih.go.jp]
  • 発熱と関節、発疹(8割程度)、関節は関節の炎症や腫脹を伴う場合もあります。関節は急性症状が軽快した後も、数週間から数か月にわたって続く場合があります。「チクングニア」とは関節の痛みに身体を曲げて苦しむ患者の姿に由来している、といわれています。 治療 感染症法に基づく取扱い 4類感染症に指定されており、症状や所見及び病原体・血清学的に診断した医師は、直ちに最寄りの保健所に届出をすることが義務づけられています。[www1.pref.shimane.lg.jp]
発熱
  • 通常3 7日の潜伏期の後、急激な発熱で発症します。発熱、発疹、頭痛、骨関節痛、嘔気・嘔吐などの症状がみられますが、発熱以外の症状を認めないこともあります。通常、発病後2 7日で解熱します。感染しても発症する頻度は10 50%、予後は比較的良好ですが、まれに重症化することがあります。 対症療法を行います。有効な抗ウイルス薬はありません。[pref.tokushima.lg.jp]
  • 潜伏期間は2 15日で、発熱、頭痛、筋肉痛や皮膚の発疹等を伴って発症します。 まれに重症化して、出血やショック症状を呈するデング出血熱に移行することがあります。 チクングニア熱 これまで国内感染例は報告されていませんが、世界的に流行が拡大しており、日本においては国外感染例が確認されています。 潜伏期間は2 12日で、発熱、関節痛等を伴って発症します。 予防方法 特異的な治療法はなく、対症療法が主体となります。 現在のところ、有効な抗ウイルス薬はありません。[pref.niigata.lg.jp]
  • 2 14日(通常3 7日)の潜伏期の後、急激な発熱(40 以上の高熱がでる事も)で発症します。主な症状は発熱、発疹、頭痛、筋肉や関節の痛み、嘔吐等ですが、発熱以外の症状が現れない事もあります。 発症時には発疹は見られない事が多い(症状が現れるのは50 80%)ですが、皮膚の紅潮が見られる場合があります。 発病後2 7日で解熱(1日か2日の間で急に熱が上がって下がるという二相性を示す)しますが、経過中に一部の患者で デング出血熱 の病態を呈します。[kansenyobou.net]
悪寒
  • マラリア 東南アジア、アフリカ、中南米 7 40日 発熱、悪寒、倦怠感、頭痛、関節痛 マラリア原虫の種類によって、熱帯熱マラリア、三日熱マラリア、四日熱マラリア、卵形マラリアに分類される。 ウエストナイル熱 アフリカ、ヨーロッパ、西アジア、米国 2 14日 発熱、頭痛、筋肉痛、発しん 日本国内での感染例はないが、近年ヨーロッパやアメリカなど西半球で流行が拡大している。[dengue.jp]
  • 主な症状としては、突然の発熱、腫れのある又はない関節痛、悪寒、頭痛、吐き気、嘔吐、腰の痛み、発疹。チクングニアは主にアフリカやアジアの地域で発生します。2007年、イタリアで限定的にチクングニアウイルスが発生しました。 チクングニヤ熱の感染原因と症状 感染 トガウイルス科に属するチクングニヤウイルスによって引き起こされる感染症で、ウイルスを保有するネッタイシマカやヒトスジシマカなどに刺されることで感染します。 特別な治療法はなく、症状に応じた対症療法が行われます。[japantravelclinic.com]
  • 3〜6日の潜伏期間の後、発熱、頭痛、悪寒などの症状が現れます。感染しても、症状がないか軽症で改善しますが、発症者のうち約15%が重症化すると言われており、 黄疸、出血傾向を来たし、重症になった患者のうち 20 50 %の患者が死亡する致死率の高い病気です。 治療薬との方法はないので、感染した場合は対処療法になります。ワクチンによる予防が、有効となっていますので、黄熱に感染する危険のある地域に入国する前に、黄熱の予防接種が推奨されています。[city.nara.lg.jp]
  • 症状 悪寒、戦慄と共に高熱が4 5時間続き、頭痛、嘔吐、関節痛をともないます。熱発作は三日熱型や卵形では48時間、四日熱型では72時間、サルマラリア感染では24時間の間隔で起こります。熱帯型は明確な周期性を持っていません。特に、熱帯熱マラリアは重症化すると命に関わることも少なくないので、注意が必要です。 注意事項 東南アジアの観光地への旅行者は心配いりません。[pref.aichi.jp]
歯肉出血
  • また出血傾向(鼻出血や歯肉出血)、結膜炎や悪心、嘔吐をきたすこともある。また、重症例では神経症状(脳症)や劇症肝炎が報告されています。 また、チクングニアウイルスの感染は、症状があっても無症状でも、終生免疫が獲得されると考えられています。 治療方法 チクングニア熱には、ワクチンも、それ特有の抗ウイルス薬による治療法もありません。発症すると、治療は症状を和らげる対症療法が中心となります。症状により、安静、輸液、解熱鎮痛剤を用いて、熱と痛みの症状を緩和します。[city.hiroshima.lg.jp]
  • また出血傾向(鼻出血や歯肉出血)、 結膜炎や悪心・嘔吐をきたすこともある。また、重症例では神経症状(脳症)や劇症肝炎が報告されている。 病原診断 病原体診断では、血清中のRT-PCR法によるウ イルス遺伝子の 検出および蚊由来C6/36細胞やアフリカミドリザル由来のVero細 胞によりウイルス分離を行う。神経症状を呈した場合は、髄液か らもウイルス分離や遺伝子検出を実施する。 血清診断ではIgM捕捉ELISAによるIgM抗体の検出を行う。[niid.go.jp]
  • また出血傾向(鼻出血・歯肉出血)や悪心・嘔吐をきたすこともある。 血液所見 リンパ球減少、血小板減少が認められる。 実験室診断 病原体診断:ウイルス分離、ウイルス遺伝子の検出 (通常血液から分離するが、神経症状を呈した場合は髄液からも検出できる。) 血清診断:特異的IgM抗体検出(IgM 捕捉ELISA) 中和抗体価測定(ペアー血清による抗体上昇を確認する) 予防および治療法 実用化されたワクチンは無い。特異的な治療はなく対症療法。 予後は比較的良好であるが、死にいたる場合もある。[www0.nih.go.jp]
  • しかし、出血傾向(鼻出血や歯肉出血)や結膜炎はみられることもあり、重症例では神経症状(脳症)や劇症肝炎が報告されています。 また、CHIKVの感染は、症状があっても無症状でも、終生免疫が獲得されると考えられています。 7. チクングニア熱はどうやって診断しますか? CHIKVを検出する病原体診断の方法としては、RT-PCR法を用いて血清中のウイルス遺伝子を検出する方法や、蚊由来C6/36細胞やアフリカミドリザル由来のVero細胞により血清からウイルス分離を行う方法があります。[idsc.nih.go.jp]
  • また出血傾向(鼻出血・歯肉出血)や悪心・嘔吐をきたすこともある。関節痛は急性症状のみならず、数か月 数年続くことがある。 注意事項 媒介蚊は日中に活動するため、昼間の木陰などでも刺される危険があります。予防ワクチンや特効薬はなく、流行地では蚊に刺されないよう個人による十分な対策(薬剤塗布、長袖の着用など)が必要です。 ジカウイルス感染症 ジカウイルスは1947年にウガンダ共和国ジカ森林でアカゲザルから発見され、1968年にナイジェリアで行われた研究で初めてヒトから分離されました。[pref.aichi.jp]
頭痛
  • その他の症状としては、全身倦怠感・頭痛・筋肉痛・リンパ節腫脹、血液所見では、リンパ球減少・血小板減少が認められます。重症例では神経症状(脳症)や劇症肝炎が報告されています。 感染経路 基本的には人から人へは感染しませんが、輸血や性行為によって感染する場合もあります。 多くはウイルスを持った蚊(ネッタイシマカ、ヒトスジシマカ)に刺されることで感染します。[city.sammu.lg.jp]
  • 発熱や重度の関節痛を引き起こし、筋肉痛や頭痛、悪心などの症状が現れることもある。米国疾病対策センターによると、チクングニアウイルス感染の予防ワクチンや治療薬は現時点で存在していない。 [ 記事全文 ] * 全文閲覧には、 薬事日報 電子版 への申込みが必要です。[yakuji.co.jp]
  • その他の症状としては、全身倦怠感・頭痛・筋肉痛・リンパ節腫脹である。血液所見では、リンパ球減少、血小板減少が認められる。重症例では神経症状(脳症)や劇症肝炎が報告されている。アフリカ、インド洋島嶼国、インド、東南アジアの熱帯・亜熱帯地域を中心として流行がみられている。 チクングニア熱とは(国立感染症研究所) ※ 各感染症情報については、厚生労働省のホームページより文章を引用しています。 対象感染症一覧へ[pref.okayama.jp]
  • また、蚊に刺されてから3 7日程度で高熱のほか、発疹、頭痛、関節痛、嘔吐等の症状が見られれば、デング熱の可能性もあります。デング熱患者の一部の方は、まれに重症化しデング出血熱やデングショック症候群を発症することがあり、早期に適切な治療が行われなければ死に至ることがありますので、早めに医療機関を受診してください。 海外へ渡航される方へ 平成28年7月、新潟県においてフィリピンから帰国した女性がデング出血熱を発症し、死亡する事例が発生しました。[pref.aomori.lg.jp]
  • 蚊に刺されてから2 15日後(多くは3 7日後)、高熱(38 40 )・頭痛・筋肉痛・目の奥の痛み・発しんなどの症状が表れます。予防接種や特別な治療法はなく、症状に応じた対症療法が行われますが、多くは1週間ほどで症状が回復します。 ジカウイルス感染症とは 平成28年2月、ジカウイルス感染症は中南米やカリブ海領域で流行が持続し、アジアや南太平洋地域への感染が広がりました。[city.tama.lg.jp]

治療

  • 治療 デングウイルス・チクングニアウイルスに対する特別の治療はないため、対症療法(病気の根本的な治療ではなく、その時の症状を軽くするために行われる治療法)が中心です。 症状は、デング熱でおおむね1週間程度、チクングニア熱でおおむね2週間程度で回復することがほとんどです。 現在のところ、抗ウイルス薬はありません。 予防法 蚊に刺されることで感染しますので、蚊に刺されないように工夫しましょう。[city.sammu.lg.jp]
  • 治療法が存在しないため、症状緩和のための対症療法が中心となります。蚊の繁殖場所が人間の生活圏から近いことが、チクングニア熱の重大なリスク因子となります。 Zydus Cadila社について インドのアフマダーバードに本社を置くZydus Cadila社は、革新的なグローバル製薬会社で、幅広いヘルスケア領域における治療法の開発、製造、販売に従事しています。本グループの従業員数は世界で19,000人を超えています。[takeda.com]
  • 治療方法 チクングニア熱には、ワクチンも、それ特有の抗ウイルス薬による治療法もありません。発症すると、治療は症状を和らげる対症療法が中心となります。症状により、安静、輸液、解熱鎮痛剤を用いて、熱と痛みの症状を緩和します。 感染した人は、感染の連鎖を断ちきり、感染した蚊による流行が広がらないようにするために、少なくとも症状がある最初の数日は家の中にいて、蚊帳の中にいるなどして、それ以上蚊に刺される事がないようにすることが望まれます。 予防方法 蚊に刺されないように注意しましょう。[city.hiroshima.lg.jp]
  • 診断 、 治療 、 予防 症状だけでデング熱などと区別するのは困難なので、 血液 検査 をしてウイルスを調べる。 チクングニア熱を起こすウイルスを殺す 薬 は存在しないので、 点滴 などをして自然に治るのを待つ。 予防のためには 肌 の露出を控え、 蚊 に刺されないようにすることが大切。[dic.pixiv.net]
  • 治療 ウイルスに対する治療薬はありません。症状に応じた対症療法が行われます。デング熱と同様に、出血傾向をきたすことがあるためサリチル酸系の解熱・鎮痛剤を避け、アセトアミノフェンを服用します。 予防 ワクチンや予防薬はありません。虫除け対策が唯一の予防法です。肌が露出する服装で野外を行動することは避けましょう。 危険のある地域 かつては、アジア、アフリカの熱帯・亜熱帯が流行地域でした。しかし、最近は中南米の各地に流行地が広がり、今も拡大を続けています。[forth.go.jp]

病因学

  • 1 病因的特徴 CHIKの病原体であるチクングニアウイルス(Chikungunya virus,CHIKV)は、プラス鎖RNAウイルスでトガウイルス科アルファウイルス属に分類され、pH 7 8の弱アルカリ性環境下で安定的に生存し、酸性環境下で急速に不活化する。熱・乾燥への抵抗性を持たず、 58 の環境下で不活化する。[spc.jst.go.jp]

疫学

  • さらに、不顕性感染症例は典型症例より多いため、典型的なCHIK患者に比べ、重要な疫学的意義がある。 2.3.1.2 動物宿主 ジャングル型感染地域においては、CHIKの主な感染源はCHIKVに感染したサル、オランウータン、マントヒヒ等の野生霊長類であり、感染経路は動物-蚊-動物である。[spc.jst.go.jp]
  • 疫学 [ 編集 ] 症例が報告された国々(1952-2018年)を緑で示す。 サハラ砂漠 以南のアフリカ、 インド 、 東南アジア などで発生している。アフリカでは サル を 自然宿主 とする 森林サイクル が存在しているが [13] 、東南アジアでの感染サイクルは主にヒト-蚊-ヒトである。人間から人間への感染は認められない。 雨期が終わり媒介蚊が増えるとともに流行が始まる。流行は普通は数年の間隔をあけて繰り返し、沈静期にはサル、ネズミ、その他の野生動物が保有宿主になっていると考えられている。[ja.wikipedia.org]
性別分布
年齢分布

予防

  • 予防 ワクチンや予防薬はありません。虫除け対策が唯一の予防法です。肌が露出する服装で野外を行動することは避けましょう。 危険のある地域 かつては、アジア、アフリカの熱帯・亜熱帯が流行地域でした。しかし、最近は中南米の各地に流行地が広がり、今も拡大を続けています。[forth.go.jp]
  • 診断 、 治療 、 予防 症状だけでデング熱などと区別するのは困難なので、 血液 検査 をしてウイルスを調べる。 チクングニア熱を起こすウイルスを殺す 薬 は存在しないので、 点滴 などをして自然に治るのを待つ。 予防のためには 肌 の露出を控え、 蚊 に刺されないようにすることが大切。[dic.pixiv.net]
  • 予防法 現時点で有効なワクチンはありませんので、予防にはヒトスジシマカ等の蚊に刺されないようにすることが重要です。 具体的には、肌を露出しないように、長袖、長ズボンを着用し、裸足でのサンダル履きを避けるようにしましょう。 また、蚊の忌避剤の利用も効果的です。(子供に使用する場合は、必ず大人が付けるようにしましょう。また、説明書の注意書きをよく読んでからご使用ください。)[pref.aomori.lg.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!