Edit concept Question Editor Create issue ticket

タンパク尿


精密検査

  • 血清クレアチニン値 身長 (m) x 0.3 (上記数値に x1.4 超は明らかな異常) B.精密検査の対象は? 以下の場合には精密検査の対象となります。 1.早朝尿蛋白および尿タンパク/クレアチニン比 (U-prot/Cr)が 1 程度,0.2 0.4 g/gCrは,6 12ヵ月程度で紹介 2 程度,0.5 0.9 g/gCrは,3 6ヵ月程度で紹介 3 程度,1.0 1.9 g/gCrは,1 3ヵ月程度で紹介 また、以下の状態があれば,早期に精密検査を行うことになります。  [tomimoto.jp]
  • 痛みなどの症状がなくても精密検査を受ける必要があります。 尿の異常が消える前に検査を 尿の色の異常に気づいた時に注意して頂きたいのは、薬を飲んだり、点滴を受けている場合です。薬によっては尿の色が変わることがあります。いずれにせよ、おかしいなと思ったらすぐにコップに尿をとって、その尿を調べてもらうことです。時が経つと一見正常に戻っていることも多く、病気を見逃す危険があるからです。 このページの先頭へ 【関連記事】 検尿異常:蛋白尿とは 検尿異常:血尿とは 急性腎不全[plaza.umin.ac.jp]
  • 尿蛋白が陽性( 2)以上の場合には、腎臓の病気が疑われ、二次検査(再検査・精密検査)が必要となります。 病気以外にも尿蛋白陽性の原因はある? 長時間立ったままでいたり、激しい運動、入浴などによって、尿蛋白は一時的に陽性になり、擬陽性( )と判定されることもあります。また、発熱、多汗・下痢・脱水による尿の濃縮や、精神的なストレスが原因となる場合もあります。 そもそも腎臓の働きって? 腎臓には、私たちの健康はもちろんのこと生命の維持に必要な役割があります。[kenko-nenrei.jp]

治療

  • 腎臓病は早期治療が最も重要ですから、発見が遅れると治療も遅れ、それだけ重症になってしまいます。気をつけなければならないのは、慢性腎疾患(Chronic kidney disease:CKD)を見逃すことです。 A.慢性腎疾患(CKD)の定義は?[tomimoto.jp]
  • 前述したように持続する蛋白尿は末期腎不全の発症に強く関与するため、しっかり調べて早期に治療を行う必要があります。 治療法を判断する目的で腎臓の組織を一部取って顕微鏡で見る検査(腎生検)などを行うこともあります。 検尿で3 といった高度の蛋白尿を認めて、全身のむくみを伴っている場合、ネフローゼ症候群という病気の可能性があります。 前述した通り、高度の蛋白尿が持続する場合、中等度以下の蛋白尿に比べてより早期に末期腎不全を発症する可能性が高く、早期に診断を確定して治療を開始することが重要です。[tokyobay-mc.jp]

予防

  • CKD(慢性腎臓病)の予防、治療 CKDの治療の目標は、末期腎不全への進行を遅らせることと、心血管イベントを予防することにあります。
そのためには、関節リウマチに合併している高血圧や糖尿病などの生活習慣病は、きちんと治療をしておくことが大切です。関節リウマチの治療も生物学的製剤の登場により大きく進歩したとはいえ、まだまだ治療には様々な薬剤を必要とします。投与された薬剤の排出路として腎臓は非常に重要な臓器ですので腎臓を守ることはリウマチの治療を続けるうえでも重要なことと思います。 前へ 次へ[doh-racenter.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!