Edit concept Question Editor Create issue ticket

ダニ媒介出血熱


提示

血尿
  • 症 状 発熱、倦怠感、食欲低下、消化器症状(吐き気、おう吐、腹痛、下痢)、頭痛、筋肉痛、けいれん、意識障害、昏睡、リンパ節腫脹、出血症状(皮下出血、血尿、血便、下血) 血液所見 血小板減少(10万/mm3未満)、白血球減少(4000/mm3未満) AST、ALT、LDHの上昇 診 断 血清や咽頭ぬぐい液からのウイルス遺伝子の検出 治 療 ウイルスに対する特異的な治療法はなく、対症療法が主体となります。 現在のところ、有効な抗ウイルス薬は確認されていません。[pref.okayama.jp]
発熱
  • 国内でまだ発生が報告されていない 四類感染症 回帰熱 回帰熱ボレリア(細菌) 感染 ダニ(オルニソドロス属ダニ) 若しくは感染シラミに咬まれる アメリカ大陸、アフリカ、中東、ヨーロッパの一部 5 10日 菌血症による発熱期、菌血症を起こしていない無熱期を3 5回程度繰り返す、いわゆる回帰熱を主訴とする。発熱期には、頭痛、筋肉痛、関節痛などをともなう発熱、悪寒がみられる。また、このとき点状出血、紫斑、結膜炎、肝臓や脾臓の腫大、黄疸もみられる。[city.osaka.lg.jp]
  • 12 16日程度(平均15日)の潜伏期の後、発熱、頭痛、悪寒、筋肉痛、関節痛、全身の倦怠感などの症状が主で、時に、神経症状(意識障害、けいれん、昏睡)、リンパ節腫脹、呼吸不全、出血症状(歯肉出血、紫斑、下血)が出現します。 日本紅斑熱について 日本紅斑熱は、ウイルスを保有するマダニに刺咬されることによって感染する疾患です。2 8日の潜伏期の後、頭痛、発熱、倦怠感などの症状が出現します。つつが虫病に似ており、発疹が出ます。[city.aomori.aomori.jp]
  • 6 14日の潜伏期の後、発熱、消化器症状(嘔気、嘔吐、腹痛、下痢、下血)が出現し、ときに、筋肉痛、神経症状、リンパ節腫脹、出血症状などが出現します。 日本紅斑熱について 日本紅斑熱は、ウイルスを保有するマダニに刺咬されることにより感染する疾患です。 国内では1984年に患者が初めて報告され、それ以降も関東以西の地域で患者が確認されています。 2 8日の潜伏期の後、発熱、頭痛、倦怠感などの症状が出現します。つつが虫病に似ており、発疹が出ます。[city.hachinohe.aomori.jp]
  • STFSのほかによく知られるマダニ感染症として、高熱や発疹 (ほっしん) を伴う日本紅斑熱、発熱と頭痛および乾性咳 (がい) を伴うQ熱などがあり、これらはリケッチアが病原体となる。ほかに細菌が病原体となるものに、リンパ節炎を伴う野兎 (やと) 病、発熱と頭痛や筋肉痛を伴うボレリア症などがあり、またウイルスが病原体となるものにSFTSのほか、ダニ媒介性脳症、発熱や頭痛に出血を伴うクリミア・コンゴ出血熱がある。[kotobank.jp]
  • 《ライム病》 潜伏期間は12 15日程度で、主な症状としては発熱(微熱であることが多い)、倦怠感、慢性遊走性紅斑、まれに心筋炎、髄膜炎があります。 《回帰熱》 潜伏期間は7 10日程度で、主な症状としては39度以上の発熱、筋肉痛、関節痛、倦怠感等があります。 《ダニ媒介脳炎》 潜伏期間は7 14日程度で、主な症状は発熱、筋肉痛、麻痺、意識障害、けいれん、髄膜炎、脳炎等があります。[city.koshigaya.saitama.jp]
厳しさ
  • フラビウイルスの安全で簡便な新規血清学的診断法の開発 ダニ媒介性脳炎ウイルスは病原性が高いため、法律上取り扱いには厳しい規制があり病原体を扱うための特別な実験施設(BSL-3)が必要であるため、殆どの研究・検査機関において診断が実施できない状況でした。 我々はこの状況を改善するため、ウイルスを模した感染性を持たない人工の粒子(ウイルス様粒子)を作製し、ELISAによる新しい抗体検出方を開発しました(Inagaki et al., Ticks Tick Borne Dis. 2016)。[vetmed.hokudai.ac.jp]
斑状出血
  • 重症例では出血症状(鼻出血、斑状出血、点状出血、吐血)や脳炎を起こす可能性があり、致死的な転帰をとる可能性があります(致死率は25%程度にのぼると報告されています[5-8])。ラクダと羊がALKVの自然宿主であると考えられますが、他の哺乳動物が感染サイクルにかかわっているかどうかについては、まだわかっていません。ALKV RNAは、最近、サウジアラビアのジェッダ( Jeddah )近郊で採取されたダニ( Ornithodoros savignyi )で検出されました[9]。[forth.go.jp]
黄疸
  • ダニ媒介感染症 疾患名 病原体 感染経路 発生地域 潜伏期間 症状 治療・予防方法 日本国内での発生状況 一類感染症 クリミア・コンゴ出血熱 クリミア・コンゴ出血熱ウイルス ・感染 マダニ に咬まれる ・感染動物の血液や組織と接触する ・感染者や患者の血液、血液の混入した排泄物、汚物などに接触する アフリカ大陸、東ヨーロッパ、中近東、中央アジア諸国、中国西部 2 9日 発熱、頭痛、悪寒、筋肉痛、関節痛、腹痛、嘔吐がみられ、続いて咽頭痛、結膜炎、黄疸及び種々の知覚異常が現れる。[city.osaka.lg.jp]
低血圧
  • これらは出血傾向,血圧,白血球減少,および血小板減少を伴う急性熱性疾患であり,一部の患者は3週目に脳炎を発症する。死亡率は,オムスク出血熱で3%未満,Kyasanur Forest病で3 5%である。予防法は,ダニ刺咬および感染動物の回避である。 リフトバレー熱 この感染症は蚊によって広がり,感染した動物の血液または臓器との直接的または間接的接触(例,殺処分,肉の解体,もしくは獣医学的処置の際),感染性エアロゾルの吸入,または感染動物の生乳を摂取することで伝播する可能性がある。[msdmanuals.com]
腹痛
  • 主な症状は、発熱、嘔気、嘔吐、腹痛、下痢、下血などです。 腹痛、筋肉痛、神経症状、リンパ節腫脹、出血症状などが起こることもあります。 潜伏期間(症状が出るまで)は、6 14日です。 西日本を中心に患者の報告があります。死亡例も報告されています。[city.yokkaichi.lg.jp]
  • SFTSは、病原体を保有するマダニに咬まれることで感染し、発熱や倦怠感、消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)などが現れ、血小板や白血球が減少し、重症の場合は、肝腎障害や多臓器不全を来して死に至ることもあります。 (マダニからの感染が一般的とされていますが、SFTSを発症した動物からも感染するおそれがあります。) 作業やレジャーなどで、林や草むら、河川敷など、ダニの生息地域に立ち入るときは、ダニに咬まれないよう注意してください。(「 SFTS 予防のポイント 」をご覧ください。)[pref.okayama.jp]
  • どのような症状が出ますか 潜伏期間は6日から2週間で、主な症状は発熱と消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)です。 時に頭痛、筋肉痛、神経症状(意識障害、けいれん、昏睡)、リンパ節腫脹、呼吸器症状(咳など)、出血症状(紫斑、下血)を起こします。重症化し、死亡することもあります。 予防するためには マダニに咬まれないようにすることが重要です。 特にマダニの活動が盛んな春から秋にかけては注意しましょう。[city.shinagawa.tokyo.jp]
下血
  • マダニ媒介性の回帰熱 ダニに刺されてから、12 16 日程度(平均15 日)に 発熱、頭痛、悪寒、筋肉痛、関節痛、全身の倦怠感などの風邪のような症状が主で、時に、神経症状(意識障害、けいれん、昏睡)、リンパ節腫脹、呼吸不全、出血症状(歯肉出血、紫斑、)が現れます。 いずれの疾患も、症状には個人差があり、ダニに刺されたことに気がついていなかったり、刺し口が見つからなかったりする場合も多くあります。見た目だけでの診断が困難です。[kansen-wakayama.jp]
  • 12 16日程度(平均15日)の潜伏期の後、発熱、頭痛、悪寒、筋肉痛、関節痛、全身の倦怠感などの症状の出現が主で、ときに、神経症状(意識障害、痙攣、昏睡)、リンパ節腫脹、呼吸不全、出血症状(歯肉出血、紫斑、)が出現します。 クリミア・コンゴ出血熱について クリミア・コンゴ出血熱は、ウイルスを保有するマダニに刺咬されたり、感染動物(特にヒツジなどの家畜)と接触したりした場合に感染する疾患です。[city.hachinohe.aomori.jp]
  • 時に頭痛、筋肉痛、神経症状(意識障害、けいれん、昏睡)、リンパ節腫脹、呼吸器症状(咳など)、出血症状(紫斑、)を起こします。重症化し、死亡することもあります。 予防するためには マダニに咬まれないようにすることが重要です。 特にマダニの活動が盛んな春から秋にかけては注意しましょう。これは、重症熱性血小板減少症候群だけではなく、国内で毎年多くの報告例がある、つつが虫病や日本紅斑熱など、ダニが媒介する他の疾患の予防のためにも有効です。[city.shinagawa.tokyo.jp]
  • 時に頭痛,筋肉痛,神経症状(意識障害,けいれん,昏睡),リンパ節腫脹,呼吸器症状(咳など),出血症状(紫斑,)を起こします。 4.広島県におけるマダニの生息状況とその予防法 (1)マダニとは マダニとは,食品等に発生するコナダニや衣類や寝具に発生するヒョウダニなど,家庭内に生息するダニとでは種類が異なります。マダニ類は,固い外皮に覆われた比較的大型(吸血前で3 4mm)のダニで,主に森林や草地等の屋外に生息しており,市街地でも見られます。日本全国に分布しています。[jinsekigun.jp]
吐血
  • 重症例では出血症状(鼻出血、斑状出血、点状出血、吐血)や脳炎を起こす可能性があり、致死的な転帰をとる可能性があります(致死率は25%程度にのぼると報告されています[5-8])。ラクダと羊がALKVの自然宿主であると考えられますが、他の哺乳動物が感染サイクルにかかわっているかどうかについては、まだわかっていません。ALKV RNAは、最近、サウジアラビアのジェッダ( Jeddah )近郊で採取されたダニ( Ornithodoros savignyi )で検出されました[9]。[forth.go.jp]
羞明
  • ロシア春夏脳炎では、7 14日間の潜伏期間の後、突然の頭痛・発熱・悪心・が出現し、その後は中央ヨーロッパダニ媒介脳炎のように二相性の経過を取らずに脳炎を発症する。初期症状のみで脳炎を発症せずに回復するケースもある。脳炎発症時の症状は精神錯乱などの精神症状の他に痙攣や昏睡などがみられる。脳炎発症後の致死率は15 20%で、脳炎からの回復例では30 40%に神経学的後遺症を残す。 TOP 臨床検査所見 特異的な所見はない。[h-crisis.niph.go.jp]
  • ロシア春夏脳炎では、突然に高度の頭痛、発熱、悪心、などで発症し、その後順調に回復する例もありますが、他では髄膜脳炎に進展し、項部硬直、痙攣、精神症状、頚部や上肢の弛緩性麻痺などがみられます。致死率は20%に上り、生残者の30 40%では神経学的後遺症を来たします。 感染経路 ヒトへの感染は主に、ウイルスを保有するマダニに刺咬されることによって感染します。逆に言えば、ウイルスを保有したマダニがいない地域では感染がおきません。[city.kumamoto.jp]
鼻出血
  • 重症例では出血症状(出血、斑状出血、点状出血、吐血)や脳炎を起こす可能性があり、致死的な転帰をとる可能性があります(致死率は25%程度にのぼると報告されています[5-8])。ラクダと羊がALKVの自然宿主であると考えられますが、他の哺乳動物が感染サイクルにかかわっているかどうかについては、まだわかっていません。ALKV RNAは、最近、サウジアラビアのジェッダ( Jeddah )近郊で採取されたダニ( Ornithodoros savignyi )で検出されました[9]。[forth.go.jp]
咽頭痛
  • ダニ媒介感染症 疾患名 病原体 感染経路 発生地域 潜伏期間 症状 治療・予防方法 日本国内での発生状況 一類感染症 クリミア・コンゴ出血熱 クリミア・コンゴ出血熱ウイルス ・感染 マダニ に咬まれる ・感染動物の血液や組織と接触する ・感染者や患者の血液、血液の混入した排泄物、汚物などに接触する アフリカ大陸、東ヨーロッパ、中近東、中央アジア諸国、中国西部 2 9日 発熱、頭痛、悪寒、筋肉痛、関節痛、腹痛、嘔吐がみられ、続いて咽頭、結膜炎、黄疸及び種々の知覚異常が現れる。[city.osaka.lg.jp]

治療

  • 早期に本症を疑い、テトラサイクリン系の抗菌薬による治療を行うことが重要。ワクチンはない。 国内での発生があり、毎年多くの患者が報告されている。 日本紅斑熱 リケッチア・ジャポニカ 感染 マダニ に咬まれる 日本 2 8日 頭痛、発熱、倦怠感を伴って発症し、ツツガムシ病と同じく、発熱、ダニの刺し口、発疹を主症状とする。 早期に本症を疑い、テトラサイクリン系等の抗菌薬による治療を行うことが重要。ワクチンはない。 国内での発生があり、毎年患者が報告されている。[city.osaka.lg.jp]
  • 致死率は、海外の報告によると、適切な治療を行わない場合で5%未満といわれています。 感染経路 回帰熱を引き起こす病原体であるボレリア属菌が、ダニ若しくはシラミにより媒介され、感染します。 国内では、ボレリア・ミヤモトイ( B.miyamotoi )を保有するシュルツェ・マダニに咬まれることにより感染します。 治療方法 回帰熱には抗菌薬による治療が有効です。 PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。[city.sapporo.jp]
  • 潜伏期間:7 14日 治療法:特異的な治療方法はありません。 日本国内では、平成5年、平成28年に北海道で1例、平成29年に北海道で2例、平成30年に北海道で1例が確認されています。 ダニ媒介脳炎に関するQ&A (参考)厚生労働省ホームページ 「ダニ媒介感染症」[city.yatsushiro.lg.jp]
  • 治療:特異的な治療方法はなく、対症療法となります。 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)とは 重症熱性血小板減少症候群(Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome:SFTS)は、SFTSウイルスを保有しているマダニに咬まれることにより感染する病気です。 潜伏期間:マダニに咬まれてから6日 2週間 主な症状:発熱、消化器症状(食欲低下、嘔吐、下痢など) 重症化し、死亡することもあります。[city.gifu.lg.jp]
  • 比較的新しい感染症であるため,現在のところ治療法が確立されておらず,治療は対症療法となります。現在,ファビピラビルという抗ウイルス薬を対象に臨床研究が行われています。 福山市内においては,2013年以降,患者の発生が2件報告されています。 予防方法 ワクチンがありませんので,ダニ類に刺されないことが唯一の予防方法です。 野山や畑,草むらなど,ダニ類の生息場所に出かける際は,ダニ類に刺されないよう次のことを心がけましょう。 長袖,長ズボンを着用しましょう。[city.fukuyama.hiroshima.jp]

疫学

  • (3) 患者発生地区における疫学調査 1995年には当地区においてイヌを歩哨動物として疫学調査を実施した (表2) 。患者発生農家の隣接農家でイヌ10頭を放し飼いにし4月22日から毎週一回採血し中和抗体の測定とウイルス分離に供した。4月22日では全例中和抗体10倍以下の陰性であったが、5月4日には2頭が陽転し、5月27日には5頭が抗体陽性となった。イヌの血液につき哺乳マウスの脳内接種法でウイルス分離を試みたところ、3頭からウイルスが分離された 3) 。[hdkkk.umin.jp]
  • 疫学ならびに生態 1) 患者発生状況 世界におけるダニ媒介性脳炎の患者発生数は、患者数の集計が整った1990年以降、毎年6,000人以上であり、1993年と1994年には10,000人前後に増加している。ロシアにおける患者数は全体の50%以上を占めており、さらに1999年には9,955名、2000年には5,931名、2001年には6,399名と依然多発傾向にある。 2) ウイルスの生態 ウイルスの感染環は、以下の様である。[jsvetsci.jp]
  • 近年はダニ の体内での垂直伝播も知られ、今後疫学的にも最も注意していくべき感染症のひとつである。 疫 学 CCHF が世界中に知られるようになったのは、中央アジアのクリミア地方で野外作業中の旧ソ連軍兵士の間で、1944 〜45年にかけて重篤な出血を伴う急性熱性疾患が発生した時のことである。この折に患者血液やダニからウイルスが分離され(クリミア出血熱ウイルス)、そ のウイルスが1956年アフリカのコンゴで分離されたウイルス(コンゴウイルス)と同一であることがCasals 博士により明らかにされた。[niid.go.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 感染経路:飛沫(唾液のしぶきなどヒトからヒトへ) 潜伏期間:2 3週間 主な症状:高熱、発疹、リンパ節の腫れ 予防法:風しんの流行と先天性風しん症候群の発生を防ぐために予防接種を受けましょう。また、外出時のマスクの着用や、外出後の手洗いやうがいを心がけましょう。 予防接種を受けることが望まれる方 1.妊婦の夫、子どもおよびその他の同居家族 2.10代後半から40代女性 特に妊娠希望者または妊娠する可能性の高い方は、予防接種を受けることを検討しましょう。[city.sunagawa.hokkaido.jp]
  • ペットに対するダニ対策を行うとともに野生動物との接触は避け、動物に触った後は、必ず手洗いをするなど感染予防に努めましょう。 SFTS啓発チラシ(岡山県) 野外で活動する際の予防のポイント マダニは、主に草むらや藪・森林にいます。このような場所で長時間地面に直接寝転んだり、座ったりするのは止めましょう。 草むらなどに入るときは、 長袖、長ズボン、手袋、長靴等を着用 しましょう。 また、色の薄い服はくっついたダニを見つけやすくなります。[pref.okayama.jp]
  • 関連リンク 厚生労働省ホームページ 予防法などのQ&A(重症熱性血小板減少症候群に関するQ&A) 国立感染症研究所ホームページ(マダニ対策今できること)[city.shinagawa.tokyo.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!