Edit concept Question Editor Create issue ticket

ジェジュニ菌


治療

  • 治療・予防 患者の多くは自然治癒し、予後 も良好である場合が多く、特別治療を必要としないが、重篤な症状や敗血症などを呈した患者では、対症療法と共に適切な化学療法が必要である。第一選択薬剤 としては、エリスロマイシン等のマクロライド系薬剤が推奨される。セフェム系薬剤に対しては自然耐性を示すため、治療効果は望めない。 ニューキノロン系薬剤に対しては近年耐性菌が増加しており、世界的な問題となっている。[niid.go.jp]
  • 厚生労働省ホームページ「カンピロバクター食中毒予防について(Q&A)」のページ こちら へ [症状] ヒトのカンピロバクター感染症では、発熱、腹痛、下痢、血便を伴う腸炎症状がみられ、治療をすれば2-5日で回復することが多いのですが、時に症状が 長引く場合もあります。また、まれに虫垂炎や腹膜炎等の下痢症以外の症状がみられることもあります。菌が体内に侵入してから発症するまでの潜伏期間が 比較的長く、一般に2-7日間かかるのも特徴です。[biomute.jp]

疫学

  • 目次 Ⅰ 食中毒総論 1 食中毒概論 食中毒の変遷、食中毒処理手続きに関する法令上の規定、食中毒の病因物質、食品からみた危害要因、食中毒の予防・対策 他 2 疫学調査概論 疫学調査の概念、調査方法、調査事例 Ⅱ 食中毒各論 A 微生物類による食中毒 1 細菌 サルモネラ、黄色ブドウ球菌、ボツリヌス菌、腸炎ビブリオ、腸管出血性大腸菌、下痢原生大腸菌、ウェルシュ菌、セレウス菌、エルシニア、カンピロバクター・ジェジュニ/コリ、ナグビブリオ、リステリア・モノサイトゲネス、その他の食中毒起因菌、経口感染症起因菌[haccp.shokusan.or.jp]
  • しかし、患者並びに推定原因 施設等の疫学調査結果からは、鶏肉調理食品の喫食、及びその調理過程の不備が原因であったことが強く示唆されている。欧米では生牛乳による事例もあるが、 我が国では加熱殺菌乳が流通しており、同様な事例はみられていない。この他、井水、湧水および簡易水道水を感染源とした水系感染事例が、我が国では少なく とも12例確認されており、その原因の大部分は不十分な消毒であった。 病原体 C. jejuni は長さ0.5〜5μm、幅0.2〜0.4μmのグラム陰性らせん状桿菌である。[niid.go.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 予防方法など] 鶏卵,食肉の生食は避け,十分加熱する。 鶏卵,食肉を扱った器具,手指はその都度洗浄,消毒する。 食品は低温で保存する。[pref.hiroshima.lg.jp]
  • 食中毒予防必携 -第3版- 書籍名 食中毒予防必携 -第3版- 著者・編集・監修 渡邊治雄、山本茂貴、米谷民雄 ほか 発行年 2013年3月 発行所 (社)日本食品衛生協会 価 格 5,400円(税込) 書籍の内容 食品衛生業務に携わる方や、食品衛生学の分野をもつ大学等の教育機関で、日常業務・授業等に使用できるように、食中毒の起因となる微生物、化学物質などについてわかりやすく解説。[haccp.shokusan.or.jp]
  • カンピロバクター食中毒の予防も、原則的には他の細菌食中毒と同様であるが、特に念頭に置かなければならないのは、本菌は家畜や家禽、ペット動物などに広く分布し、食肉や調理施設や器具等の汚染の機会の多いことである。 十分な加熱調理は本菌による中毒予防に最も有効な手段であるが、次に記載するように、本菌の感染・発症はごく微量の菌量 で起こるので、調理施設での二次汚染の防止対策、使用水、ことに井戸水などの完全消毒に十分留意する必要がある。 カンピロバクター食中毒の感染経路と 予防対策2)を図2に示した。[asama-chemical.co.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!