Edit concept Question Editor Create issue ticket

サルコイドーシス


提示

倦怠感
  • 患者さんも医師に何もきかれなければ、「この倦怠や痛みの症状はサルコとは関係ないのか」と思ってしまうわけです。いわゆる「臓器特異的症状」がよくなっても、これらの「全身症状」に悩まれている患者さんはとても多いのが現状です。医療者も聞いてあげる必要がありますし、患者さんも積極的にその症状を医師に訴えることが必要です。 7.非特異的全身症状は具体的にどのようなものですか。 疲れと息切れ 「疲れ」と「息切れ」は、大体セットで訴える患者さんが多いです。[nanbyou.or.jp]
発熱
  • 発熱 発熱を訴えるサルコ患者さんはそれほど多くはありませんが、ときに遭遇します。あまり強い炎症所見はなく、高熱は少なくて微熱が多く、それほど長くは続かずに自然におさまるのが一般的です。 耳鳴、難聴 耳鳴や難聴を訴える患者さんも多く、「これはサルコが聴神経に浸潤したためである」と書かれた論文もあります。これは耳鼻咽喉科で対応していただくしかありません。 手足などのシビレ、温痛覚の低下、自律神経障害 患者さんの訴えの中には、手足のシビレ、温痛覚の低下、排尿障害、自律神経障害などもあります。[nanbyou.or.jp]
頭痛
  • 頭痛は脳内のサルコ病変や髄膜炎所見がないか、背部痛は脊髄病変がないか、筋肉通は筋肉内サルコ病変がないか、を調べる必要があります。しかし、そのような臓器特異的な所見がなくても、 頭痛、背部痛、筋肉痛などという、いわゆる全身症状としての痛みを訴える患者さんは多くおられます。 発熱 発熱を訴えるサルコ患者さんはそれほど多くはありませんが、ときに遭遇します。あまり強い炎症所見はなく、高熱は少なくて微熱が多く、それほど長くは続かずに自然におさまるのが一般的です。[nanbyou.or.jp]

治療

  • 「ATS/ERS/WASOGによるサルコイドーシスに関するステートメント」によると、心臓病変、中枢神経病変、治療抵抗性の眼病変、高カルシウム血症を認めた場合は積極的な治療適応があるとしている。治療はステロイドが一般的である。心臓や中枢神経に病変が及んだ例や、肺線維症を起こしてしまった場合は予後が悪い。 びまん性浸潤型皮膚サルコイドーシス(Lupus pernio) や神経サルコイドーシスに抗TNF-α抗体(インフリキシマブ)が有用であると報告されている。[ja.wikipedia.org]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!