Edit concept Question Editor Create issue ticket

サイトメガロウイルス網膜炎


提示

視力低下
  • 症状の現れ方 この病気の症状は、視力低下から 飛蚊症(ひぶんしょう) (コラム)に至るまで、いろいろです。これは病変が眼底のどの部位を侵すかにより決まります。進行の度合いも、網膜血管を侵して急速に進行していくタイプから、徐々に進行するものまであり、どのようなタイプで発現するかにより症状も異なります。 多くの場合、初期には片眼で発症しますが、時間とともに両眼に至ります。[medical.itp.ne.jp]
  • サイトメガロウイルス網膜炎について サイトメガロウイルス が 網膜 に感染する病気 発症 すると網膜が 壊死 に陥り失明にいたる 感染の原因 胎児が母体内にいるときに胎盤を通して感染する 先天性 のもの 何らかの原因で 免疫 力が落ちている時に、それまで 潜伏感染 していた ウイルス が症状を起こす 後天性 のもの 日本では成人の約90%が潜伏感染している ほとんどの人がウイルスを体内にもっているが、自分の免疫力のおかげで病気を発症していない状態 サイトメガロウイルス網膜炎の症状 視力低下 飛蚊症[medley.life]
  • サイトメガロウイルス 症状 【1】 視力低下 【2】 飛蚊症 【3】視野障害 徐々に進行するタイプから、急速に進行にするタイプまで様々です。 網膜剥離 の原因となる場合もあります。 治療方法 抗ウイルス薬の点滴による全身投与を行います。 予後 原因疾患の回復とともに自然治癒することもあります。 AIDSでは重症化して 網膜剥離 に至る場合もあります。 ※気になる点があった方は、新宿東口眼科医院にご来院されれば、検査の上、担当医師が説明をさせていただきます。[shec.jp]
網膜出血
  • ② 後極部血管炎型 後極部の血管に沿って網膜出血と浮腫を伴う黄白色滲出斑を生じ、欧米では“砕けたチーズ&トマトケチャップ様”などの表現が用いられる(図2)。初期には綿花様白斑を生じ、時に網膜微小循環障害との鑑別が困難となることもある(図3)。進行は比較的早く周辺に向かい扇形に拡大することが多いが、後極部近傍に出現すると、黄斑浮腫や視神経への浸潤により急激な視力低下につながるため注意が必要である。 ③ 樹氷状血管炎型 大血管を中心に網膜血管は樹氷状血管炎様に白鞘化する(図4)。[hb.acc-info.jp]
  • 森賢一郎, 吉田茂生, 小林義行, 久保夕樹, 中間崇仁, 石川桂二郎, 中尾新太郎, 久冨智朗, 石橋達朗, 園田康平, 糖尿病黄斑浮腫に対する抗VEGF薬治療の網膜出血への効果, 九州大学眼科研究会, 2018.02. 26. 石龍悠, 石川桂二郎, 向野利一郎, 藤原康太, 村上祐介, 長谷川英一, 中尾新太郎, 久冨智朗, 吉田茂生, 園田康平, 九州大学病院における5年間の強膜内陥術の手術成績, 九州大学眼科研究会, 2018.02. 27.[hyoka.ofc.kyushu-u.ac.jp]

予知

  • […] mRNA の検出はウイルスが活発に増殖していることを意味し、通常潜伏感染状態では検出されないため、感染症発症の予知、ならびに抗ウイルス剤投与中止の指標とな り得る。一方、DNA の検出においては、cell free DNA の検出や、通常は検出されない部位からの検出、PCR 法のtemplate DNA 量を適切に設定してウイルス量の定量をすること、などが重要である。[niid.go.jp]

予防

  • CMVで行われているように,HHV-6脳炎の発症予防を目的とした血漿HHV-6 DNAのモニタリングと先制治療の試みもなされているが,血漿HHV-6 DNAは,ごく短期間で大きく変動し,HHV-6 DNAの急上昇とともに脳炎の発症が見られるケースもあり,HHV-6脳炎の発症予測・予防は困難と報告されている 62, 63) 。 欧米のガイドラインでは,HHV-6脳炎予防のための抗ウイルス薬の予防投与は推奨されていない。[myschedule.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!