Edit concept Question Editor Create issue ticket

クローン病


提示

関節炎
  • 発熱、栄養障害、貧血などの全身症状や関節、虹彩炎、肝障害などの全身性合併症が起こりうる。 2.原因 原因は不明。現在のところ遺伝的因子、環境因子(ウイルスや細菌などの微生物感染、腸内細菌叢の変化、食餌性抗原など)などが複雑に関与し、免疫系の異常反応が生じていると考えられている。 3.症状 腹痛、下痢、体重減少、発熱、肛門病変などがよくみられる症状である。ときに虫垂炎に類似の症状、腸閉塞、腸穿孔、大出血で発症する。また、腹部症状を欠き、肛門病変や発熱で発症することもある。[nanbyou.or.jp]
  • 症状としては,腹痛や下痢,肛門部周囲の出血や 瘻孔 形成などの消化器症状のほか,貧血,関節,肝機能障害など全身性の異常も多くみられます.診断は,消化管造影や内視鏡検査で特徴的な所見が見られますが,おなかの中に複雑な瘻孔や膿のかたまりをつくっているときには 超音波検査 や CT 検査も必要になります.[jsps.gr.jp]
  • 腹痛 1日6回以上の下痢あるいは粘血便 肛門部病変 瘻孔 その他の合併症(ぶどう膜炎、虹彩炎、口内炎、関節、皮膚症状(結節性紅斑、壊疽性膿皮症)、深部静脈血栓症等) 腹部腫瘤 体重減少 38 以上の発熱 腹部圧痛 ヘモグロビン10g/dL以下 2019年までに完治させる治療法はないため、病気の活動性を管理して寛解(症状がないかごく弱い)の状態に導入し、維持していくことが治療目標である。[ja.wikipedia.org]
  • 主な症状 ・腹痛 ・下痢 ・発熱 ・下血 ・体重減少 ・貧血 その他の腸管外合併症 ・ろう孔/腸管などから体の表面や、その他の臓器に通じる異常な管のこと ・狭窄/消化管が狭まってしまう状態のこと ・膿瘍(のうよう)などの腸管合併症 ・関節/膝・肘などの大きな関節で多く見られる ・虹彩炎/眼の虹彩とよばれる部分におきる炎症のこと ・肛門部病/痔ろう、肛門周辺膿瘍 クローン病は、口腔から肛門に至るまでの消化管のあらゆる場所に発生しますが、特に回腸の末端から盲腸にかけて(回盲部)多く発生することが特徴[eonet.jp]
関節痛
  • 他の症状として肛門痛、排液、皮膚病変、肛門周囲膿瘍、裂肛、関節などがあります。 どんな人にクローン病が起こるのですか? クローン病はどんな年令の人にも起こりえるのですが、特に16歳 40歳の比較的若い人に多く発生します。またクローン病は涼しい気候の国に住む人に多く発生します。男性と女性では同じ位の頻度で発生し、一部では多発する家系もあります。クローン病に罹患している人のうち約20%で、近親者(兄弟や親子など)に炎症性腸疾患の人がいます。[gpro.com]
  • 関節症状:関節・関節炎(約40%) 皮膚症状:結節性紅斑、壊疽性膿皮症、Sweet病 眼症状:虹彩炎 原発性硬化性胆管炎 悪性腫瘍 大腸癌、回腸癌 CRP・赤沈が活動性に相関する検査として用いられる。また炎症反応のバイオマーカーとして「便中カルプロテクチン(FC)」・「便中ラクトフェリン(FL)」・TCP-353抗体測定評価を行うこともある。 クローン病では以下の内視鏡所見が特徴とされる。基本的に大腸内視鏡の他に上部消化管内視鏡検査も含めた全消化管検査が行われる。[ja.wikipedia.org]
筋肉痛
  • 次回の注射部位は、前回と別の箇所にします 【よく見られる副作用】 注射部位反応 感染症 【可能性のある重要な副作用】 感染症(結核、敗血症、肺炎など) 間質性肺炎 脱髄疾患 血液障害 うっ血性心不全 アレルギー反応 B型肝炎の再燃 関節痛、筋肉、皮疹(ループス様症候群) 悪性腫瘍 ラテックスアレルギー 抗TNFα抗体製剤 ヒュミラR 慢性的な炎症を引き起こす「TNFα」 免疫にかかわっている物質はいろいろありますが,大きな役割を担っているのが「TNFα※」と呼ばれるたん白質です.[satojuichi-cl.com]
発熱
  • 発熱、栄養障害、貧血などの全身症状や関節炎、虹彩炎、肝障害などの全身性合併症が起こりうる。 2.原因 原因は不明。現在のところ遺伝的因子、環境因子(ウイルスや細菌などの微生物感染、腸内細菌叢の変化、食餌性抗原など)などが複雑に関与し、免疫系の異常反応が生じていると考えられている。 3.症状 腹痛、下痢、体重減少、発熱、肛門病変などがよくみられる症状である。ときに虫垂炎に類似の症状、腸閉塞、腸穿孔、大出血で発症する。また、腹部症状を欠き、肛門病変や発熱で発症することもある。[nanbyou.or.jp]
  • 日常生活を続けるべき 労働時間制限 緩解期で発熱、下痢がある時は安静にして経過をみる 過労 疲労を避け規則正しい生活をとらせる 精神的ストレス 精神的ストレスを減らす[nivr.jeed.or.jp]
  • 典型的な症状としては、慢性の下痢(血性となることもある)、けいれん性の腹痛、発熱、食欲不振、体重減少などがあります。 大腸内視鏡検査に加え、下部消化管造影検査、CT(コンピュータ断層撮影)検査、MRI(磁気共鳴画像)検査などの画像検査を基に診断が下されます。 クローン病には根治的な治療法はありません。 治療では症状と炎症の緩和が目的となりますが、手術が必要となる場合もあります。 過去数十年間に、クローン病は世界中でより多くみられるようになりました。[msdmanuals.com]
体重減少
  • それらの病変により腹痛や下痢、血便、体重減少などが生じます。 3. この病気の原因はわかっているのですか クローン病の原因として、遺伝的な要因が関与するという説、結核菌類似の細菌や麻疹ウイルスによる感染症説、食事の中の何らかの成分が腸管粘膜に異常な反応をひきおこしているという説、腸管の微小な血管の血流障害説などが報告されてきましたが、いずれもはっきりと証明されたものはありません。[nanbyou.or.jp]
  • 3.症状 腹痛、下痢、体重減少、発熱、肛門病変などがよくみられる症状である。ときに虫垂炎に類似の症状、腸閉塞、腸穿孔、大出血で発症する。また、腹部症状を欠き、肛門病変や発熱で発症することもある。腸管外合併症として貧血、末梢関節痛炎、強直性脊椎炎、口腔内アフタ、皮膚症状(結節性紅斑、壊疽性膿皮症など)、虹彩炎、成長障害などがあり、長期経過例では腸管悪性腫瘍が問題となる。 4.治療法 本症を完治させる根本的な治療法は現時点ではない。[nanbyou.or.jp]
  • 典型的な症状としては、慢性の下痢(血性となることもある)、けいれん性の腹痛、発熱、食欲不振、体重減少などがあります。 大腸内視鏡検査に加え、下部消化管造影検査、CT(コンピュータ断層撮影)検査、MRI(磁気共鳴画像)検査などの画像検査を基に診断が下されます。 クローン病には根治的な治療法はありません。 治療では症状と炎症の緩和が目的となりますが、手術が必要となる場合もあります。 過去数十年間に、クローン病は世界中でより多くみられるようになりました。[msdmanuals.com]
貧血
  • さらに発熱、下血、腹部腫瘤、体重減少、 全身倦怠感 、貧血などの症状もしばしば現れます。またクローン病は 瘻孔 、 狭窄 、 膿瘍 などの腸管の合併症や関節炎、虹彩炎、 結節 性紅斑、肛門部病変などの腸管外の合併症も多く、これらの有無により様々な症状を呈します。 8. この病気の診断はどのようにおこなわれるのですか まず、上記の症状や貧血などの血液検査異常からクローン病が疑われ、画像検査にて特徴的な所見が認められた場合に診断されます。[nanbyou.or.jp]
  • 直腸障害 腹痛、下痢 消化器症状 腹痛、下痢という大変辛い症状 全身症状 発熱(62%)、体重減少(56%)、貧血(41%)、全身倦怠感(38%) 貧血症状 41% 食事制限 絶食となることあり。冷たい飲み物、コーヒー、アルコール、香辛料、繊維性の食物、動物性脂肪を避ける。 身体活動 緩解期には軽作業なら仕事は可能。日常生活を続けるべき 労働時間制限 緩解期で発熱、下痢がある時は安静にして経過をみる 過労 疲労を避け規則正しい生活をとらせる 精神的ストレス 精神的ストレスを減らす[nivr.jeed.or.jp]
疲労
  • 日常生活を続けるべき 労働時間制限 緩解期で発熱、下痢がある時は安静にして経過をみる 過労 疲労を避け規則正しい生活をとらせる 精神的ストレス 精神的ストレスを減らす[nivr.jeed.or.jp]
  • また、ストレスや疲労も症状悪化の誘因になります。十分な休養と睡眠をとりましょう。 なお、寛解期に妊娠した場合、正常産がもっとも多く、流産や先天性形態異常の発生率は健康人と変わりありませんから心配いりません。 出典 小学館 家庭医学館について 情報 食の医学館 の解説 くろーんびょう【クローン病】 《どんな病気か?》 若い人に多い原因不明の炎症性腸疾患。小腸と大腸に潰瘍 (かいよう) ができるのが特徴です。[kotobank.jp]
アフタ性口内炎
  • そのほかにも、アフタ口内、肝胆道系障害、結節性紅斑などがみられることがあります。 クローン病の腸管外合併症 日比紀文監修:チーム医療につなげる!IBD診療ビジュアルテキスト, p61, 羊土社, 2016 経過と予後 クローン病は、寛解(症状が落ち着いている状態)と再燃(症状が悪化している状態)を繰り返しながら慢性の経過をたどりますが、命に大きな影響を及ぼす疾患ではないと考えられています。[ibd-life.jp]
  • そのほかにも、アフタ口内、肝胆道系障害、結節性紅斑などがみられることがあります。 潰瘍性大腸炎の予後 潰瘍性大腸炎は、寛解(症状が落ち着いている状態)と再燃(症状が悪化している状態)を繰り返しながら慢性の経過をたどります。 発病後長期経過すると大腸がんを発症するリスクが高まることが知られています。特に10年以上経過した全大腸炎型に発がんリスクが高いことが知られており、定期的な内視鏡検査によって早期発見することが重要になります。直腸炎型の発がんリスクは一般人口とほぼ同じです。[ibd-life.jp]
下痢
  • その中でも特徴的な症状は腹痛と下痢で、半数以上の患者さんでみられます。さらに発熱、下血、腹部腫瘤、体重減少、 全身倦怠感 、貧血などの症状もしばしば現れます。またクローン病は 瘻孔 、 狭窄 、 膿瘍 などの腸管の合併症や関節炎、虹彩炎、 結節 性紅斑、肛門部病変などの腸管外の合併症も多く、これらの有無により様々な症状を呈します。 8.[nanbyou.or.jp]
  • Q27 エレンタールを飲むと下痢をするのですが、何か対処法はありますか? Q28 薬を飲んだら下痢も止まり、状態がよくなりました。もう通院しなくてもいいですか? Q29 薬はいつまで飲まなければならないのですか? Q30 市販の痛み止めや風邪薬を飲んでもいいのでしょうか? Q31 市販の下痢止めを飲んでいるのですが、これはクローン病に効きますか? Q32 漢方薬はクローン病に効きますか? 3-2 内科入院 Q33 どのようなとき入院治療が必要になりますか?[koubundou.co.jp]
  • おもな症状は、腹痛や下痢 (げり) 、粘血便、発熱、痔 (じ) 、吸収障害による体重減少、貧血など。日本では、1980年代後半から目立ちはじめ、患者数がふえつづけています。 《関連する食品》 〈低脂肪で消化のよいものを〉 栄養成分としての働きから クローン病の人の食事は、下痢による栄養障害を改善し、腸を安静に保つことが基本です。腸を刺激するたんぱく質と脂肪の過剰摂取は避け、低脂肪で消化のよいものをよくかんで食べるようにします。[kotobank.jp]
  • 直腸障害 腹痛、下痢 消化器症状 腹痛、下痢という大変辛い症状 全身症状 発熱(62%)、体重減少(56%)、貧血(41%)、全身倦怠感(38%) 貧血症状 41% 食事制限 絶食となることあり。冷たい飲み物、コーヒー、アルコール、香辛料、繊維性の食物、動物性脂肪を避ける。 身体活動 緩解期には軽作業なら仕事は可能。日常生活を続けるべき 労働時間制限 緩解期で発熱、下痢がある時は安静にして経過をみる 過労 疲労を避け規則正しい生活をとらせる 精神的ストレス 精神的ストレスを減らす[nivr.jeed.or.jp]
腹痛
  • その中でも特徴的な症状は腹痛と下痢で、半数以上の患者さんでみられます。さらに発熱、下血、腹部腫瘤、体重減少、 全身倦怠感 、貧血などの症状もしばしば現れます。またクローン病は 瘻孔 、 狭窄 、 膿瘍 などの腸管の合併症や関節炎、虹彩炎、 結節 性紅斑、肛門部病変などの腸管外の合併症も多く、これらの有無により様々な症状を呈します。 8.[nanbyou.or.jp]
  • 臨床症状は、発熱、疼痛性腹痛、腫瘤形成など。最初の報告者であるアメリカの医師B B クローンの名にちなむ。 出典 精選版 日本国語大辞典 精選版 日本国語大辞典について 情報[kotobank.jp]
  • 3.症状 腹痛、下痢、体重減少、発熱、肛門病変などがよくみられる症状である。ときに虫垂炎に類似の症状、腸閉塞、腸穿孔、大出血で発症する。また、腹部症状を欠き、肛門病変や発熱で発症することもある。腸管外合併症として貧血、末梢関節痛炎、強直性脊椎炎、口腔内アフタ、皮膚症状(結節性紅斑、壊疽性膿皮症など)、虹彩炎、成長障害などがあり、長期経過例では腸管悪性腫瘍が問題となる。 4.治療法 本症を完治させる根本的な治療法は現時点ではない。[nanbyou.or.jp]
血便
  • 血便 血便は、潰瘍性大腸炎の症状で最も多くみられる症状です。痔の症状と間違えがちですが、潰瘍性大腸炎の場合は血が濃く赤黒い色をしています。さらに、便を確認すると白っぽく濁った粘液が付着していることがあります。 腹痛 腹痛も下痢・血便と共に潰瘍性大腸炎で頻繁に見られる症状です。 主に、排便前に下腹部に痛みが現れます。 症状がひどい場合には排便前でなくても、ひどい痙攣性の痛みが起こることもあります。 発熱 潰瘍性大腸炎の症状がひどくなると出てくる症状の一つです。[satojuichi-cl.com]
  • クローン病 1.クローン病とは 消化管(おもに小腸と大腸)に縦長あるいは不整型の深い潰瘍を形成する慢性の病気で、腹痛、下痢、血便などの症状がみられて、発熱、全身倦怠感、体重減少といった全身症状や肛門病変をともなうこともあります。 わが国では1975年には当時の厚生省によって調査研究班が発足し、この病気の診断・治療方法の研究が継続的に進められています。[ssl.kotobuki-pharm.co.jp]
下血
  • 主な症状 ・腹痛 ・下痢 ・発熱 ・ ・体重減少 ・貧血 その他の腸管外合併症 ・ろう孔/腸管などから体の表面や、その他の臓器に通じる異常な管のこと ・狭窄/消化管が狭まってしまう状態のこと ・膿瘍(のうよう)などの腸管合併症 ・関節炎/膝・肘などの大きな関節で多く見られる ・虹彩炎/眼の虹彩とよばれる部分におきる炎症のこと ・肛門部病/痔ろう、肛門周辺膿瘍 クローン病は、口腔から肛門に至るまでの消化管のあらゆる場所に発生しますが、特に回腸の末端から盲腸にかけて(回盲部)多く発生することが特徴[eonet.jp]
  • 縦走潰瘍 敷石状病変 狭窄 クローン病の症状 クローン病の主な症状は腹痛、下痢、全身倦怠感、、発熱、肛門病変(痔ろう・裂肛など)、腹部腫瘤、栄養障害、貧血などがあります。症状は病変部位(小腸型、小腸・大腸型、大腸型)によって異なる場合があります。 また、結節性紅斑や関節炎など消化管外合併症が出現することもあります。 クローン病の病変部位 小腸型 小腸・大腸型 大腸型 クローン病の診断のポイント 腸粘膜に、クローン病特有の縦走潰瘍などがみられます。[nomu-capsule.jp]
  • さらに発熱、、腹部腫瘤、体重減少、 全身倦怠感 、貧血などの症状もしばしば現れます。またクローン病は 瘻孔 、 狭窄 、 膿瘍 などの腸管の合併症や関節炎、虹彩炎、 結節 性紅斑、肛門部病変などの腸管外の合併症も多く、これらの有無により様々な症状を呈します。 8. この病気の診断はどのようにおこなわれるのですか まず、上記の症状や貧血などの血液検査異常からクローン病が疑われ、画像検査にて特徴的な所見が認められた場合に診断されます。[nanbyou.or.jp]
  • 炎症性腸疾患:Inflammatory Bowel Disease: IBD 炎症性腸疾患(IBD)は原因不明で、消化管:小腸や大腸に潰瘍ができ 発熱、下痢、腹痛、体重減少、などが主な症状の病気です。潰瘍性大腸炎とクローン病がその多くを占めます。欧米諸国に多く日本では以前は稀な病気でしたが年々患者数は増加し、2014年時点で潰瘍性大腸炎:16万人 クローン病:4万人となっています。今後も患者数の増加が見込まれています。[ishidaibd.com]
腹部腫瘤
  • 縦走潰瘍 敷石状病変 狭窄 クローン病の症状 クローン病の主な症状は腹痛、下痢、全身倦怠感、下血、発熱、肛門病変(痔ろう・裂肛など)、腹部、栄養障害、貧血などがあります。症状は病変部位(小腸型、小腸・大腸型、大腸型)によって異なる場合があります。 また、結節性紅斑や関節炎など消化管外合併症が出現することもあります。 クローン病の病変部位 小腸型 小腸・大腸型 大腸型 クローン病の診断のポイント 腸粘膜に、クローン病特有の縦走潰瘍などがみられます。[nomu-capsule.jp]
  • さらに発熱、下血、腹部、体重減少、 全身倦怠感 、貧血などの症状もしばしば現れます。またクローン病は 瘻孔 、 狭窄 、 膿瘍 などの腸管の合併症や関節炎、虹彩炎、 結節 性紅斑、肛門部病変などの腸管外の合併症も多く、これらの有無により様々な症状を呈します。 8. この病気の診断はどのようにおこなわれるのですか まず、上記の症状や貧血などの血液検査異常からクローン病が疑われ、画像検査にて特徴的な所見が認められた場合に診断されます。[nanbyou.or.jp]
  • (1)腹痛 (2)1日6回以上の下痢あるいは粘血便 (3)肛門部病変 (4)瘻孔 (5)その他の合併症(ぶどう膜炎、虹彩炎、口内炎、関節炎、皮膚症状(結節性紅斑、壊疽性膿皮症)、深部静脈血栓症等) (6)腹部 (7)体重減少 (8) 38 以上の発熱 (9)腹部圧痛 (10)ヘモグロビン10g/dL以下 ※診断基準及び重症度分類の適応における留意事項 1.病名診断に用いる臨床症状、検査所見等に関して、診断基準上に特段の規定がない場合には、いずれの時期のものを用いても差し支えない(ただし、当該疾病[nanbyou.or.jp]

精密検査

大腸炎
  • 潰瘍性大腸にも適応。 アダリムマブ(ヒュミラ):抗TNF薬。潰瘍性大腸にも適応。 ウステキヌマブ(ステラーラ):抗IL-12/23p40モノクローナル抗体製剤。日本で未承認の分子標的治療薬セルトリズマブ(シムジア):抗TNF薬。日本で未承認。米国ではクローン病に対して承認あり。日本では関節リウマチのみ適応。 トファシチニブ(ゼルヤンツ) :日本で未承認。JAK阻害剤。日本では未承認。(潰瘍性大腸は承認されている)カンナビノイド 主に痛みの緩和、抗炎症作用等、症状の緩和に用いられる。[ja.wikipedia.org]
  • Janovitz Division of Gastroenterology, The Mount Sinai Hospital 炎症性腸疾患 (IBD) 炎症性腸疾患の概要 クローン病 潰瘍性大腸 クローン病(限局性腸炎、肉芽腫性回腸炎、回結腸炎)は、腸壁の慢性炎症で、典型的には小腸の下部、大腸の上部、またはその両方に生じますが、消化管のどの部分にも現れる可能性があります。 正確な原因は分かっていませんが、免疫システムが正常に機能していないことでクローン病が起こる可能性があります。[msdmanuals.com]
  • 直腸炎型 左結腸炎型 全大腸型 潰瘍性大腸の原因 中国やアフリカなどの発展途上国では、潰瘍性大腸の患者さんが少ないため、小さい頃に清潔な食べ物しか食べてこなかったことが原因という説が一部でありますが、原因は不明です。 原因不明だが免疫機能に異常 潰瘍性大腸の原因については、まだはっきりとわかっていません。 しかし、最近の研究で、潰瘍性大腸患者さんの腸管では免疫に異常がみられ、そのことで自分の腸を傷つけてしまう(炎症が起こる)ことがわかってきました。[satojuichi-cl.com]
  • はじめに 1.肛門疾患 痔疾患の自己診断法 痔疾患を悪化させないためには 2.大腸ポリープ 3.大腸癌 4.潰瘍性大腸 5.クローン病 6.感染性大腸 7.虚血性大腸 8.薬剤性大腸 9.その他 おわりに 5.クローン病 潰瘍性大腸と並んで代表的な非特異性炎症性腸疾患です。原因は不明です。症状は下痢、下腹痛などの腸管の炎症に伴う下腹部症状(潰瘍性大腸と異なっ てあまり出血はみられない)と、全身あるいは局所の合併症があります。[hiroshima.med.or.jp]

治療

  • この病気にはどのような治療法がありますか クローン病の治療としては、内科治療(栄養療法や薬物療法など)と外科治療があります。内科治療が主体となることが多いのですが、腸閉塞や穿孔、膿瘍などの合併症には外科治療が必要となります。 【栄養療法・食事療法】 栄養状態の改善だけでなく、腸管の安静と食事からの刺激を取り除くことで腹痛や下痢などの症状の改善と消化管病変の改善が認められます。 栄養療法には経腸栄養と完全中心静脈栄養があります。[nanbyou.or.jp]
  • 診断と治療 クローン病の診断基準 特定疾患情報 -クローン病- 難病情報センター 消化器学 潰瘍性大腸炎 クローン病 MSDマニュアル家庭版 クローン病の治療指針 日本メディカルセンター クローン病 - 難病情報センター、2018年10月11日閲覧[ja.wikipedia.org]
  • クローン病には根治的な治療法はありません。 治療では症状と炎症の緩和が目的となりますが、手術が必要となる場合もあります。 過去数十年間に、クローン病は世界中でより多くみられるようになりました。しかし、北欧系とアングロサクソン系の人に最も多くみられます。男女間に頻度の差はなく、しばしば家族内に起こり、アシュケナージ系ユダヤ人に多くみられるようです。クローン病の発症は、ほとんどが30歳になるよりも前で、通常は14 24歳にみられます。[msdmanuals.com]

疫学

  • 3 参考文献 潰瘍性大腸炎およびクローン病の有病者数推計に関する全国疫学調査および追跡調査計画. 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」総合研究報告書 (平成26-28年度) p7-11 米国クローン病・大腸炎財団『クローン病とは何か?』掲載先: .[janssen.com]
  • 疫学 現在日本では2万人以上が罹患しているとされています。若年層での発症が顕著で、若干男性に多い傾向を認めます。 原因は、さまざまな遺伝的素因、免疫系の異常、食餌(動物性蛋白質や脂質など)や喫煙などの環境的因子が関係しているのではないかと考えられています。 炎症性腸疾患:Inflammatory bowel disease (IBD) 症状 腹痛、便通異常(特に頻回の下痢)、発熱、体重減少、肛門症状等々、症状は炎症の部位や合併した病態により多岐にわたります。 分類 1.[med.nagoya-u.ac.jp]
  • 訳注: 《実施組織》厚生労働省「「統合医療」に係る情報発信等推進事業」(eJIM:)[2015.12.31] 《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、eJIM事務局までご連絡ください。なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。[cochrane.org]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 病態生理 病態生理はあまり解明されていないが,好中球走化性に関する問題が関与している可能性がある。病変内ではIL-8が過剰発現している。約30%の患者では,皮膚に外傷ないし損傷が生じた後に壊疽性膿皮症の潰瘍化がみられ,この現象はパテルギーと呼ばれている。 症状と徴候 ほとんどの場合,壊疽性膿皮症は炎症性の紅色丘疹,膿疱,または結節として始まる。[msdmanuals.com]

予防

  • (難病情報センター) 治療の目的 活動期 ・速やかな寛解導入 寛解期 ・再燃、再発の予防 ・合併症の治療 ・発癌の予防 ・栄養状態の改善 ・QOLの改善 定期的な通院 医師の指導のもと、服薬の遵守 病気の進展予防 炎症性腸疾患の再燃因子 上気道感染 薬剤(抗生物質や非ステロイド系消炎鎮痛剤など)の服用 過労や寝不足 精神的ストレス 就学,就職,転職, 結婚などによる生活環境の変化 妊娠や出産 過食や過飲 治療の中断 潰瘍性大腸炎の食事療法 1)高エネルギーの確保 糖質(主食)をしっかり摂取 2)脂質[bouquet-v.com]
  • [7] 効果減弱と対応 [8] 副作用 8.免疫調節薬 [1] 適応および投与方法 [2] 寛解導入 [3] 寛解維持 [4] 瘻孔に対する効果 [5] 手術再発予防 [6] 抗TNF-α抗体製剤との併用の有用性 [7] 副作用 Topics 新しい治療法-漢方薬- 第5章 外科的治療 1.腸管病変 [1] 手術適応と手術のタイミング [2] 術前検査 [3] 手術術式 [4] 術後経過 2.肛門病変 [1] 外科的治療の選択 [2] 外科的治療の実際 [3] クローン病肛門病変に対する治療指針[bunkodo.co.jp]
  • 食事としては西欧化に伴い、牛肉、チーズなどが増えてきておりこれらの食べ過ぎが起こしやすくなるとも言われ、また漬物、日本茶、山菜など日本的なものが予防になるとも言われています。 診断 は大腸内視鏡検査による観察や組織検査や小腸造影,大腸造影により行います。 治療 は食事療法を中心として行い、それに薬物療法を組み合わせて治療を行います。食事療法は脂肪の少ない栄養剤を経口的にあるいは経腸栄養といって鼻からチュ ブを胃内に挿入し、チューブから栄養を入れます。[nho-kumamoto.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!