Edit concept Question Editor Create issue ticket

クロロピクリンへの露出


治療

  • 分暴露 0.665mg/L(100ppm) 亜急性毒性(最大無作用量): 吸入 ラット 4.7mg/m3 がん原生 : なし 変異原生 : DNAs修復試験 陰性 クロルピクリンの気中濃度と人に対する 影響 0.1ppm 長時間作業における無影響レベル 約 1ppm 長時間作業における無影響レベル 約 2ppm 催涙濃度 約 5ppm 不耐濃度 約 10ppm 長時間暴露による致死濃度 約100ppm 短時間暴露(30分)による致死濃度 約300ppm 極めて短時間暴露(10分)による致死濃度 【 治療[naitoh.co.jp]

疫学

  • 有害性情報(人についての症例、疫学的情報を含む) 皮膚腐食性 : あり 刺激性(皮膚、眼) : 非可逆性の極めて強い刺激性を有する。[naitoh.co.jp]
性別分布
年齢分布

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!