Edit concept Question Editor Create issue ticket

クロニジン中毒


提示

  • 栗原ら 8)9)16)17) は、Geller型、Vogel 型、高張食塩水型および受動的回避型コンフリクト実験を行い、ニコチン (0.1 1 mg/kg)を皮下投与すると0.3 mg/kg をピークとして一部のマウスにおいて罰提示によって生じる行動抑制が軽度ながら防止され、同一条件下でジアゼパム (0.5 4 mg/kg)を皮下投与すると、大多数のマウスでさらに顕著な抑制防止効果が生じることを認めた。すなわち、マウスは罰の提示にもかかわらず報酬獲得を志向したことになる。[srf.or.jp]

治療

  • これまでの治療や服用中の薬のことを、治療に関わっている医師や補完代替療法のセラピストへ伝える。 妊娠中、授乳中、または妊娠する予定がある場合はその旨を伝える。 自分の身体面の健康状態とアレルギーに関して伝えておく。 治療について心配なことがあったら相談する。 普段と異なる症状が出たら、医師に相談する。 治療を受ける際はきちんと時間を取る。 治療についての情報は、信用できる情報源から入手する。 すべきではないこと かかりつけ医に相談せずに服用中の薬を止める。[rcpsych.ac.uk]
  • 40)低血糖の治療 41)糖尿病細小血管合併症(神経障害、網膜症、腎障害)の治療 42)糖尿病大血管合併症の治療 43)妊娠糖尿病、糖尿病合併妊娠の治療 44)肥満症の食事、運動、行動療法 45)肥満症の薬物療法 46)高脂血症の薬物療法 47)高尿酸血症の薬物療法 48)代謝症候群の生活指導および薬物療法 (5)その他(患者教育など)の経験すべきこと 1)糖尿病教室、生活習慣病教室などの教育活動 2)学会報告、論文執筆など。[kyumed.jp]

疫学

  • 下垂体性ADH分泌異常症(指定難病72) 下垂体性TSH分泌亢進症(指定難病73) 下垂体性PRL分泌亢進症(指定難病74) クッシング病(指定難病75) 下垂体性ゴナドトロピン分泌亢進症(指定難病76) 下垂体性成長ホルモン分泌亢進症(指定難病77) 下垂体前葉機能低下症(指定難病78) 5.予後 ホルモン補充療法(副腎皮質ステロイド、甲状腺ホルモン)が適切に行われている場合、予後は一般健常者とほとんど差がないことが近年の疫学的調査により確認されている。[nanbyou.or.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • ・興奮作用がありますので、不眠を予防するため午後以降の服用は原則としてできません。 ・乱用すると依存症になりますので、医師の指示を絶対に守ってください。 ・クロニジンという高血圧の治療薬と併用した場合、突然死のリスクがあります。 ストラテラの特徴 前頭葉のノルアドレナリン濃度を高める リタリンやコンサータは脳の中枢神経を刺激することでドーパミンの放出を促しますが 、ストラテラは脳の前頭葉のノルアドレナリンのみへ作用します。[allin1.co.jp]
  • モルヒネ 耐性の予防及びすでに発現したモルヒネ耐性を回復させる作用があり、経口投与が可能であることから、モルヒネとの併用投与が行われる。 主な欠点は、抗精神作用と単回投与後の鎮痛作用持続時間が短いことである。上快な精神的副作用は、 ミダゾラム などの即効性 ベンゾジアゼピン に先だって、あるいは同時に投与することによって防ぐことができる。しかし、精神的副作用が生じた後に、神経遮断薬や催眠薬を投与したのではあまり効果はない。[shiga-med.ac.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!