Edit concept Question Editor Create issue ticket

グリセロールキナーゼ不足


提示

  • 波多 伸彦 (東大大学院・講師) 1,000 01-012 生活習慣病予防及び治療のためのライフスタイル改善システムの開発-特に運動習慣の獲得支援プログラムの開発について- 檜垣 靖樹 (佐賀医大・講師) 1,000 01-013 プローブ型皮膚弾性率非侵襲計測システムの開発:皮膚各層の力学特性の分離計測法の確立 松本 健郎 (東北大大学院・助教授) 1,000 01-014 MRE を用いた弾性特性の計測に基づく人体組織の触感提示システム構築に関する研究 水田 忍 (京大大学院・助手) 1,000[suzukenzaidan.or.jp]

治療

  • 新しい治療法の確立 鄭 忠和 (鹿児島大大学院・教授) 2,000 03-002 遺伝子組み換え菌を固定化したマイクロバイオチップを用いた長期埋込型血糖測定システム 山口 昌樹 (富山大・助教授) 2,000 03-003 遺伝子情報に基づく結核治療の個別適正化のための調査研究 東 純一 (阪大大学院・教授) 1,000 03-004 がんの根治的治療を目指したマイクロ波組織内加温法と高線量率小線源治療法の併用による新しい低侵襲治療システムの構築 伊藤 公一 (千葉大・教授) 1,000 03-005[suzukenzaidan.or.jp]
  • 治療が軌道に乗った後も、発熱などのストレスにさらされた際には副腎不全を起こして 重篤 な状態に陥ることがあるため、ストレス時にはグルココルチコイドの内服量を通常の2 3倍服用する。適切な治療が行われれば 予後 は比較的良好である。低ゴナドトロピン性性腺機能低下症に対しては、hCG-HMG療法あるいはテストステロン療法が必要となる。これらの治療により二次性徴は順調に進行するが、精子形成能を獲得することは困難である。 8.[nanbyou.or.jp]
  • シトリン欠損症に対する治療: 我々はシトリン欠損症のモデルマウスにおいて肝灌流実験を行いピルビン酸と投与の効果を検証した。(J Hepatol 44:930-938,2006)。成人発症2型シトルリン血症(CTLN2)はミトコンドリアのアスパラギン酸/グルタミン酸輸送体(AGC)をコードするSLC25A13遺伝の変異によって生じる。[med.osaka-cu.ac.jp]

予知

  • 新規転写共役因子の機能解析と発癌への関与 山口 憲孝 (千葉大学・助教) 1,000 17-092 がん遺伝子 yorkieの翻訳抑制機構の解明 吉田 英樹 (京都工芸繊維大学・助教) 1,000 17-093 PIポリアミドによる病因性ミトコンドリアDNA変異関連疾患の治療法の検討 渡部 隆義 (千葉県がんセンター・研究員) 1,000 17-094 アラーミンによる自然炎症の誘導機序解明と制御法開発 王 静 (徳島大学・特任助教) 1,000 17-095 急性冠症候群の超早期診断および発症予知[suzukenzaidan.or.jp]

疫学

  • 教授) 1,000 16-059 TRAF6シグナルによって制御される Th17細胞の遊走性と自己反応性の分子メカニズムの解明 神山 長慶 (大分大学・助教) 1,000 16-060 認知症治療を目指した経鼻投与型インクレチン脳内送達法の開発 亀井 敬泰 (神戸学院大学・助教) 1,000 16-061 糖脂質を利用したネフリン・リン酸化制御機構の解明と慢性腎臓病治療薬 川島 永子 (北里大学・非常勤講師) 1,000 15-001 日本人固有の心臓突然死に関連するリスク遺伝子を解明するゲノム疫学研究[suzukenzaidan.or.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 解明と臨床応用に向けた新規癌転移抑制療法の開発 石兼 真 (産業医科大学・助教) 1,000 17-045 家族性不整脈・突然死・歯骨格異常を伴う心臓コネキシン症候群の病態マウス樹立と治療法開発への応用 石川 泰輔 (長崎大学・講師) 1,000 17-046 サルコペニアの病態マーカーの同定 伊豆 弥生 (千葉科学大学・講師) 1,000 17-047 天然物の搭載による次世代核酸医薬の開発 市川 聡 (北海道大学・教授) 1,000 17-048 自己免疫疾患における細胞内コレステロール代謝の病態生理的意義[suzukenzaidan.or.jp]

予防

  • 18-007 咀嚼嚥下機能支援機器の開発 井上 誠 (新潟大学・教授) 1,000 18-008 カフ圧迫によるストレスがない、心地よい24時間連続血圧モニターの開発 上村 和紀 (国立循環器病研究センター・室長) 1,000 18-009 身体活動度の経時的変化が、生活習慣病データ(血圧・脈拍・体重・糖脂質代謝等)や循環器臓器障害・死亡・その他の疾患に及ぼす影響の包括的解析 浦田 秀則 (福岡大学 筑紫病院・教授) 1,000 18-010 スマートフォンによる青年期の QOL向上およびうつ病予防[suzukenzaidan.or.jp]
  • 筋症状の予防の基本は、強い運動を避けることです。特に重量挙げなど筋肉が強く収縮するような運動をさけることが大切です。 関連ホームページのご紹介 治験情報の検索 情報提供者 研究班名 先天代謝異常症の生涯にわたる診療支援を目指したガイドラインの作成・改訂および診療体制の整備に向けた調査研究班 研究班名簿 新規掲載日 平成27年10月13日(研究班名簿:平成30年4月更新)[nanbyou.or.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!