Edit concept Question Editor Create issue ticket

グラント症候群


治療

  • 治療 [ 編集 ] おおまかに2つの臨床症状に対して治療がなされる。下記の臨床症状がでておらず、抗リン脂質抗体(ループスアンチコアグラントも含む)のみが陽性である場合に、治療を行うかどうかはいまだ議論の分かれるところである。 血栓症 [ 編集 ] 血栓症の進行を防ぐため、すなわち2次血栓予防のために薬剤が投与される。脳梗塞などの動脈系の血栓であれば アスピリン などの抗血小板薬が使用される。下大静脈血栓や、動脈血栓で効果が足りないときには ワルファリン を投与する。[ja.wikipedia.org]
  • 結果詳細 2015年度 事業:新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業 種別:- 募集機関 日本医療研究開発機構 課題詳細 1)一類感染症等の新興・再興感染症の診断・治療・予防法の研究 2)重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に対する診断・治療・予防法の開発及びヒトへの感染リスクの解明等に関する研究 3)高病原性鳥インフルエンザ感染症の臨床病理学的解析に基づく診断・治療に関する国際連携研究 4)新興・再興エンテロウイルス感染症の検査・診断・治療・予防法の開発に向けた研究 5)結核菌初回感染[info-innovation.jp]
  • 多臓器梗塞をみるcatastrophic APSは予後不良である。  要件の判定に必要な事項 1.患者数 約10,000人(研究班による) 2.発病の機構 不明 3.効果的な治療方法 未確立(根治療法なし。) 4.長期の療養 必要(継続した治療が必要で障害を残しうる。)[nanbyou.or.jp]

疫学

  • 抗リン脂質抗体症候群 (Antiphospholipid syndrome, APS) 1.概念および疫学 抗リン脂質抗体症候群(APS)は、抗リン脂質抗体(aPL)を有し、動静脈血栓症、血小板減少症、習慣流産といった臨床症状を呈する症候群である。ほかの血栓性素因と比べて、動脈系血栓をきたすことが特徴的である。[ryumachi.umin.jp]
  • の解明等に関する研究 3)高病原性鳥インフルエンザ感染症の臨床病理学的解析に基づく診断・治療に関する国際連携研究 4)新興・再興エンテロウイルス感染症の検査・診断・治療・予防法の開発に向けた研究 5)結核菌初回感染・再燃発症を標的とした予防法及び多剤耐性結核菌に有効な治療薬の開発に向けた研究 6)新規結核ワクチンの開発に向けた研究 7)真菌感染症の病態解明及び検査・診断・治療法の確立に関する研究 8)わが国における熱帯病・寄生虫病の最適な診断・治療体制の構築に関する研究 9)トキソプラズマの分子疫学調査[info-innovation.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 結果詳細 2015年度 事業:新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業 種別:- 募集機関 日本医療研究開発機構 課題詳細 1)一類感染症等の新興・再興感染症の診断・治療・予防法の研究 2)重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に対する診断・治療・予防法の開発及びヒトへの感染リスクの解明等に関する研究 3)高病原性鳥インフルエンザ感染症の臨床病理学的解析に基づく診断・治療に関する国際連携研究 4)新興・再興エンテロウイルス感染症の検査・診断・治療・予防法の開発に向けた研究 5)結核菌初回感染[info-innovation.jp]
  • 血栓の再発を予防するためには抗凝固療法、抗血小板療法の継続が必要である。 1)一次予防 抗リン脂質抗体が検出されただけでは前述の診断基準における確定診断にならず、血栓症の既往がなければ経過観察で良いが、LAC陽性あるいはaCLIgGまたはaCLβ2GPI抗体高力価の場合で、妊娠中、SLE、APSに合致する血小板減少・皮膚症状、等のケースでは、アスピリンアレルギーのない限り、低用量アスピリンを投与することが推奨される。 2)血栓症 A. ヘパリン;急性期血栓症に対して投与される。[ryumachi.umin.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!