Edit concept Question Editor Create issue ticket

カテコールアミン誘発性多形性心室性頻拍 5


提示

心房中隔欠損
  • 動脈管開存 心室中隔欠損 心房欠損 ファロー四徴 両大血管右室起始 完全大血管転位 修正大血管転位 単心室 そのほか複雑先天性心疾患 小児循環器疾患はほとんど先天的に構造異常を合併している“先天性心疾患”です。その他にも心筋症・心筋炎や小児肺高血圧など成長してから発症してくる疾患もあります。月1回、奈良医科大学小児科心臓グループと合同カンファレンスを行い、奈良県下の小児循環器医療の発展に貢献したいと考えております。[tenriyorozu.jp]

治療

  • 本院では2006年6月からカテーテルアブレーション治療を開始し、2009年7月には小児不整脈科が設立されました。 カテーテル治療だけでなく、若手医師の教育にも重点を置いて診療を行っています。 小児不整脈科では、小児の頻拍性不整脈に対するカテーテルアブレーション治療を中心に、小児の不整脈の管理・治療を行います。 また近年問題になりつつある成人先天性心疾患症例の不整脈治療も積極的に行っています。[osakacity-hp.or.jp]
  • 治療法の開発 奈良県立医科大学 松本雅則 教授 高IgE症候群の病因と病態の理解に基づく新規治療法の開発 徳島大学 峯岸克行 教授 IgG4関連疾患の新規バイオマーカーと治療ターゲット開発に関する研究 京都大学 三森経世 教授 小児神経疾患・先天代謝異常症に対する遺伝子治療法開発 自治医科大学 山形崇倫 教授 ヒストン修飾酵素異常にともなうDNAメチル化異常の治療薬探索と簡易診断法の開発 長崎大学 吉浦孝一郎 教授 石灰化抑制剤の開発 広島大学 吉子裕二 教授 希少難治性疾患に対する画期的な医薬品医療機器等[amed.go.jp]
  • 治療 治療は喘息発作時に対する急性期治療と、長期管理治療の2つに分けられます。 急性期治療 急性期治療を行うためにまずは喘息発作の察知とその重症度の把握を患者もしくは家族自身が行うことが重要です。[tenriyorozu.jp]
  • 心疾患の治療は地元で受けたいですが、不整脈の治療を静岡で受けることは出来ますか? お子さんの現在の心臓の構造や機能を情報をいただきながら詳細に検討して、当院の循環器センターチームとして最善の治療を提供したいと考えております。ご相談ください。 不整脈の治療に関してセカンドオピニオンを求めたいのですが、可能ですか? はい。セカンドオピニオン外来にて対応可能です。相談フォームからお申し込みください。 学校心臓病検診で異常を指摘されました。こども病院で精査を受けることは可能ですか? はい。[shizuoka-pho.jp]

予知

  • 回日本心臓ペーシング学会 演題 徐脈頻脈症候群における脳塞栓症の発生と予防について 開催日 1988.9.14 開催地 東京 学会名 第5回日本心電学会 演題 エルゴメーター負荷中の房室回帰性頻拍の誘発と電気生理学的指標の変化 開催日 1988.12.16 開催地 東京 学会名 第6回抗不整脈薬併用療法研究会 演題 ATPの房室伝導抑制作用に対するdipyridamoleの増強効果 開催日 1989.3.28 開催地 学会名 日本循環器学会総会シンポジウム 演題 WPW症候群における致死性心房細動の予知[jikoukai.org]
  • バイオマーカーを用いた川崎病急性期治療法選択に関する研究 日本医科大学 勝部康弘 准教授 非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)の複合的アプローチによる診断と治療向上に関する研究 東京大学 加藤秀樹 助教 難治性トゥレット症候群に対する脳深部刺激治療(DBS)のエビデンス創出 東京大学 金生由紀子 准教授 IgA腎症予後分類のブラッシュアップのための前向きコホート研究の推進とハイリスク患者の透析移行を阻止する治療法の開発 東京慈恵会医科大学 川村哲也 教授 植込型補助人工心臓装着後の出血性合併症予知[amed.go.jp]

病態生理

  • 希少難治性疾患の克服に結びつく独創的な病態解明研究 研究開発課題名 代表機関名 研究開発 代表者名 職名 Adenosine Deaminase 2 (ADA2)欠損症の病態解明と治療薬開発の基盤構築 京都大学 井澤和司 特定病院助教 RYR2遺伝子異常に起因するカテコラミン誘発性多型性心室頻拍等の遺伝性不整脈の原因解明 滋賀医科大学 大野聖子 特任講師 ゲノム編集によるアレルラベリングを利用した重症先天性好中球減少症の病態解明 広島大学 岡田賢 講師 新規修飾体リビトールリン酸の病態生理機能に着目[amed.go.jp]

予防

  • アブレーション治療の適応について WPW症候群の頻拍発作に対して予防的に内服している児は、体重が15kg以上 (3歳から4歳)になるのを待って、カテーテル治療を行なっています。治療を行えば、予防内服は不要になります。 発作性上室性頻拍の診断で、頻拍発作の予防内服を受けている体重15kg以上 (3歳から4歳)の児については、アブレーション治療を積極的に行っています。治療を行えば、予防内服は不要になります。[osakacity-hp.or.jp]
  • その他、薬物治療として、内服薬を定期的に服用して発作の予防を抑えたり、致死性不整脈が止まらない重症例では点滴を使って治療することもあります。 このように、突然死の予防は必須ですが、一旦、Brugada症候群と診断された患者さんの中には経過を追っていくと他の疾患を合併したり、心機能が低下して心不全を来す場合もあります。よって、心電図や心臓超音波検査などで、経過を見ていく必要のある場合があります。 2.早期再分極症候群 早期再分極症候群とは?[showa-cardiology.jp]
  • 予防の基礎知識 子どもの 不整脈 の症状は軽いことが多いのですが、失神や突然死のリスクのある不整脈では慎重な管理が必要です。特に、運動中または運動直後に症状がある場合には注意が必要で、不整脈に起因するものでないかどうか検討しなければなりません。 失神や突然死などの予防のためにも、以下のような検査や治療法があります。 (1)運動負荷試験 運動によって誘発される不整脈は何らかの運動制限が必要な場合があります。そこで、作為的に運動負荷をかけることで、注意すべき不整脈かどうかを確認します。[saiseikai.or.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!