Edit concept Question Editor Create issue ticket

ガードネレラ菌膣炎


提示

  • (親)医療証 医療機関にかかる際に健康保険証と一緒に提示すると、保険診療の自己負担分の全部または一部が無料になります。(親)医療証の交付を受けるには申請が必要です。 対象者 (1)離婚や死別などの理由でひとり親家庭であるか、親が重度の障害を持つ児童で、18歳に達する日以降最初の3月31日(中度以上の障害を持つ方は20歳の誕生日の前日)までの方、(2)(1)の児童を養育している父、母、養育者。[city.mitaka.tokyo.jp]
膣分泌物
  • 検査 細菌性膣炎で行われる検査 分泌の性状を確認 臭いがあるかを確認 phの測定 顕微鏡検査 培養検査 薬剤感受性検査 細菌性膣炎の診断ではこのようなことが行われますす。 お医者さんは分泌の性状を確認したり、KOH(水酸化カリウム水溶液)を加えてアミン臭が発生するかを調べたりします。 膣内は通常は酸性なph4 5くらいなので、phを測定して膣内が正常かどうかも調べます。 また、分泌(オリモノ)を染色するなどして細菌を確認する顕微鏡検査も行われます。[se1byou.net]
  • 治療成績は、膣の臭いもしくは分泌の軽減など、1つもしくは複数のBVの症状の軽減であってもよく、あるいは、膣pH、クルー細胞の存在、またはAmsel基準により定義された臭気テスト、もしくは正常なNugentスコアの達成(Nugent治癒、 4.5、 臭気テスト陽性(膣液への10%水酸化カリウム(KOH)の添加による魚臭)が挙げられる。 BVの臨床診断のためには、4つのAmselの基準のうち3つが存在していなければならない。[biosciencedbc.jp]

治療

  • 早産マーカーの検査 腟内の細菌検査 血液検査 切迫早産の治療 切迫早産 の治療の基本は 安静 と 治療薬 です。 軽症であれば自宅安静や通院治療も可能ですが、入院治療が必要なこともあります。おなかの張りが強く繰り返しおこる場合、大目の出血や破水を疑うような場合は診察が必要です。 常位胎盤早期剥離とは? 正常な分娩ではあかちゃんが生まれてから胎盤が子宮より剥離して子宮外へ排出されます。これを後産といいます。 これに反して妊娠中や分娩中に胎盤が子宮より剥離してしまうのが 常位胎盤早期剥離 です。[yuhookai.jp]
  • 治療 検査結果をみて、原因に合わせた薬剤(膣錠や内服薬)投与をおこないます。治療予定や見通しを 医師から説明しますので、症状が和らいでも自己判断で治療を中断しないようにしましょう。 とくにクラミジアや淋菌感染については、抗生剤の投与後に再び検査をおこない完治していることをかならず確認する必要があります。完治しないまま放置しておくと子宮以外に炎症が進み不妊症の原因になります。 性感染症(STD) 性行為によって感染する疾患のことです。[megumi.or.jp]
  • 抗真菌薬にて治療をし、完治しましたが再発を心配されています。治療と再発防止にはどのような指導が有効でしょうか。 質問したいこと 膣炎の治療や予防法・再発防止のためには、どのようなことに注意をするべきでしょうか。 ひとこと回答 処方された薬を中断しない、膣の清潔は当然ですが、洗いすぎない・強い石鹸を使用しない、月経時にはタンポンやナプキンの長時間の使用を避ける、通気性のよい下着や衣類を着用するなどが挙げられます。 詳しく説明すると 膣炎とは、膣に炎症を起こした状態のことです。[kango-oshigoto.jp]
  • 細菌性膣炎の治療法は? 細菌性膣炎の原因となっている細菌は、必ずしも1種類だけというわけではなく、複数の場合がよくあります。そのため、細菌性膣炎が疑われた場合は、原因菌を突き止めるために婦人科で検査を受けましょう。 細菌性膣炎の治療には、原因となっている菌に対して効果を持つ抗菌薬を使います。一般的に、膣洗浄をしたあと膣に「膣錠」を挿入しますが、炎症が広がっている場合、飲み薬もあわせて服用することがあります。 治療薬の服用期間は、だいだい7 10日間ほどです。[192abc.com]

予防

  • 膣の健康をサポートするアイテムがいくつかあるので、細菌性膣炎を予防したい人は頼ってみるのもよいでしょう。 薬局、通販で買える細菌性膣炎の予防グッズ 膣の自浄作用をサポートして、細菌性膣炎を予防しましょう。 膣の自浄作用をサポートするアイテムは、ドラッグストアなどの薬局でも市販されていますし、通販で購入することもできます。 体全体の抵抗力を高めるサプリや、膣内に直接アプローチするアイテムなど、さまざまな方法があります。[mmccyuushin.jp]
  • 感染症の予防には清潔保持も大切ですが、病原菌と戦う免疫力を備えておくことも大切です。なので、健康維持のために食事や運動・休養のバランスを整え、ストレスを溜めないように気をつけるように指導することも大切です。 おわりに 陰部はとてもデリケートな部位であり、感染・炎症を起こしやすい部位のひとつであると考えられます。 また陰部の炎症は性交渉にも関与してくるので、パートナーとも一緒に予防したり、着用する衣類に気をつけたり、洗浄方法を見直したりなどの指導を徹底しましょう。[kango-oshigoto.jp]
  • 予防方法 健康的な生活を心がける 細菌性膣炎は治すのは簡単です。 薬がよく効くため、薬を飲めばすぐに症状が治まることが多いからです。 しかし、薬を使っても症状が治まるのは一時的で、予防にはなりません。 いくら薬がよく効くからといって抗生物質に頼りすぎると、今度は乳酸桿菌が再生できない状況が続いてしまいます。 そして、細菌性膣炎は非常に再発しやすいために、何度もくりかえして慢性化したような状態になることもあります。[se1byou.net]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!