Edit concept Question Editor Create issue ticket

ウルシ皮膚炎


治療

  • • 軽症時は一般用医薬品や医薬部外品、化粧品のケアです、悪化した場合は瘢痕が残り、治療が困難になることから、医療機関での早期治療が大切です。 治療 抗炎症作用を有するアダパレン(商品名ディフェリン)と、外用および内服抗菌薬の併用療法などが用いられてきました。 しかし海外では抗菌薬の長期使用による薬剤耐性P.acnesの出現が大きな問題となっており、耐性菌の懸念がない過酸化ベンゾイル含有製剤の使用が現在の標準治療となっています。[minami-cl.net]
  • 治療の基本は、原因物質(接触源)の検出と除去です。 経過、環境、皮疹の部位などにより、原因物質はある程度は推測できますが、貼布試験(パッチテスト)が必要な場合もあります。貼布試験は、接触皮膚炎の 原因と疑われる接触源(アレルゲン)を一定時間皮膚に作用させ、反応をみる方法で、原因がはっきりしない場合、専門の皮膚科の病院、医院でしてもらうのが 再発予防のためには大切です。 ただ、急性期の場合には、検査よりもまず速やかな治療が必要です。[hiroshima.med.or.jp]
  • ―接触性皮膚炎の治療法― 1)外用ステロイドを使用するのが一般的ですが、皮膚の炎症の程度に合わせたステロイド剤を使いわける必要があり、自己判断の治療は悪化したり慢性化したりする懸念があるため、主治医の先生に一度よく見てもらいましょう。 2)かゆみがひどい場合は抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬の投与を行います。 問題となるのは、職業の特性に基づいた接触性皮膚炎です。一日中石鹸やシャンプーなどを使わざるを得ない美容師は手袋をすることもままならず、美容師という職業そのものを断念せざるを得ない人もいます。[mta.or.jp]

予防

  • ウルシかぶれの予防方法 登山などでウルシ科の植物がある可能性のある野山に入る際は「長そで長ズボン」は鉄則ですが、体質によっては接近するだけでかぶれてしまう人もおり、かぶれを予防するのはなかなか難しいです。 一番の予防法は、 かぶれる可能性のある植物に近寄らない事 です。[inakasensei.com]
  • 日常生活でできる予防法 1 原因となる物質には触らない かぶれを初めから予防することは難しいので、一度かぶれたことのあるものには触らないようにすることが一番の予防法といえるでしょう。 原因がはっきりしない場合は、かぶれる可能性がありそうなものにはなるべく接しないようにすることも大切です。 もし家族や親族で特定のアレルギー反応を持っている人がいる場合は、同じ原因物質が疑われることもあります。[takeda-kenko.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!