Edit concept Question Editor Create issue ticket

ウイルス性下気道感染症


提示

  • (のちにこの実験で用いた抗PSR抗体はPSRではなく, その他のアポトーシス細胞の貪食に関わる抗原を認識することが判明している.)これらの新知見から我々は重症肺炎における炎症終息・組織修復といった新たな炎症のパラダイムを提示しています.(Amano H, et. al. 2004. J.[tm.nagasaki-u.ac.jp]
肺疾患
  • 慢性閉塞性疾患(COPD)の危険因子 喫煙 受動喫煙 直ちに禁煙すれば、慢性閉塞性疾患(COPD)の発症・進行を止められます COPDの予防は、「たばこを吸わないこと」に尽きます。COPDの発症リスクは喫煙年数などに比例して高くなるので、早く禁煙すればするほど予防効果が大きくなります。 また、すでにCOPDを発症している場合でも、直ちに禁煙すれば治療効果が上がり、進行を止めることができます。[kyoukaikenpo.or.jp]
  • 高齢者では疾患、心疾患などさまざまな基礎疾患をもっている場合が多いので、これらを含めて全身的な管理を行います。 ①呼吸管理 気道の確保として頻回に喀痰の吸引除去と排泄促進を行います。動脈血のガス分析で酸素分圧(P aO2)が60Torr(トール)未満( コラム )では、酸素投与の適応になり、適正量の酸素を吸入マスクを使用して投与します。また、 呼吸不全 に備えてレスピレーター(人工呼吸器)が準備されます。[qlife.jp]
咳嗽
  • 主な症状としては咳嗽、倦怠感、発熱、ときに頭痛などがあります。急性気管支炎や上気道感染症の症状は一般的に軽度で自然に治癒します。感染した小児のおよそ10%が肺炎を来すとされています。初期は乾いた咳嗽でやがて湿った咳嗽に変わります。咳は通常3〜4週間持続し、ときにゼーゼーすることもあります。 また、感染したおよそ10%の小児にいろいろな湿疹を来すことが知られています。 潜伏期 2〜3週間(1〜4週) 合併症 マイコプラズマ感染症には多彩な症状が知られています。[sakuragaokashonika.com]
  • 【症状】 せき(長引くことも)、たん 【診療科】 呼吸器科など 急性気管支炎 きゅうせいきかんしえん 【初診に適した診療科】 小児科 【どんな病気か】 急性上気道炎症状(咳、鼻みず、発熱)に数日遅れて発症する湿性咳嗽(しっせいがいそう:痰の絡んだような咳)や発熱を伴う呼吸器疾患です。気管や気管支を中心に炎症が起こる下気道炎です。 【原因は何か】 原因の多くはウイルス性で、細菌感染はウイルス感染後の二次感染と考えられます。[yomidr.yomiuri.co.jp]
  • 初期の症状:くしゃみ,鼻汁,咽頭痛 病気が下気道にまで進むと,咳嗽,喀痰が出現し,また,発熱,頭痛,筋肉痛,倦怠感,ときに悪心,嘔吐,下痢などを伴うことがある. 二次的な細菌感染症を合併することがある(いわゆる,かぜをこじらせた状態). 基本的治療方針 : 治療は,基本的には安静のみ .もしくは, 対症的に,症状の軽減 を計る.[www-yaku.meijo-u.ac.jp]
乾性咳嗽
  • 乾性咳嗽(痰を伴わない咳)が強ければ,鎮咳薬を投与. 痰を伴った二次感染の疑いがあるときは,鎮咳薬は控えたほうが良い. 気管支炎を合併した時には,気管支拡張薬と去痰薬が有用. 多くの場合,予防的な化学療法の必要なないが,幼児,高齢者や基礎疾患のある場合は,二次的に重篤な細菌感染を起こすことがあるので,予防的に抗生物質を使用する( インフルエンザの罹患率と死亡者数 ).また,発熱と膿性分泌物を伴う場合は,二次性の細菌感染の可能性があり,抗生物質を投与する.[www-yaku.meijo-u.ac.jp]

精密検査

白血球増加
  • 初期治療の効果判定 発熱 症状(呼吸数、痰、肺雑音) 白血球 抗菌薬投与終了の目安 解熱(目安としては37度以下) 白血球増加の改善(正常化が目安) CRPの改善(最高値の30%以下への低下) 胸部Xp写真の明らかな改善 基礎疾患がなければ上記項目4項目中3項目を満たした時点で、基礎疾患があれば4項目中3項目を満たした4日後に治療を終了する。[ja.wikipedia.org]

治療

  • A-DROPシステムの点数でどのような治療を行うべきかも述べられており、 A-DROPスコア 重症度 治療場所 0 軽症 外来 1 2 中等症 外来あるいは入院 3 重症 入院 4 5 超重症 ICU とされている。入院治療が必要なのは重症度で重症以上または、全身状態不良や外来治療不良の場合である。それ以外は外来でのフォローアップが可能である。その他の重症度のスコアとしてはPSI、CURB-65などが知られている。[ja.wikipedia.org]
  • 治療】 ①対症療法 原因菌の多くはウイルスであることから、インフルエンザを除いて病原体に特異的な治療薬はありません。このため、安静、水分栄養補給などの対症療法が中心になります。 ②細菌感染が疑われた場合 適宜、抗菌薬を使用します。 【生活上の注意】 かぜ症候群と同様に普段から感染予防をすることが大切です。マスク着用や手洗い、うがい、咳エチケットを励行してください。 【予後】 基礎疾患を有する患者に細菌感染を合併したような症例を除けば、一般的に予後は良好です。[jrs.or.jp]
  • 治療 特別な治療法はなく、対症療法での改善を待ちます。呼吸困難があるときは入院治療になります。特に低月齢や免疫不全児、2500g未満の低出生体重児、心臓・呼吸器系に疾患のある赤ちゃんは注意を要します。 予防 大人がRSウイルスに感染しても軽微な鼻風邪程度で済むことが多いです。従って、接触する大人や年長のお子さん(兄弟姉妹)が感染源となるということに、まずは関心をもつことです。[tokeidai-mc.jp]

疫学

  • 疫学】 かぜ症候群はあらゆる年齢層に発症し、健常な人の大半が罹患するごく普通の疾患です。 【原因】 かぜ症状群の原因微生物は、80 90%がウイルスといわれています。主な原因ウイルスとしては、ライノウイルス、コロナウイルスが多く、RSウイルス、パラインフルエンザウイルス、アデノウイルスなどが続きます。ウイルス以外では、一般細菌、肺炎マイコプラズマ、肺炎クラミドフィラなど特殊な細菌も原因となります。[jrs.or.jp]
  • 疫学】 急性上気道炎が気管から気管支まで波及し、せきやたんを伴うようになったものを急性気管支炎と診断するため、その頻度は極めて高いとされています。 【原因】 原因微生物としては、かぜ症候群と同様にウイルスによるものが多いといわれています。肺炎マイコプラズマや肺炎クラミドフィラなどの非定型病原体が原因となる場合もあります。一部では、ウイルス感染に引き続いて、二次性の細菌感染が起こる場合もあります。[jrs.or.jp]
  • ),SARSコロナウイルスなどが呼吸器感染症の原因ウイルスとして新たに発見され,研究が進められている. hMPV は,パラミクソウイルス科,ニューモウイルス亜科,メタニューモウイルス属に分類され,同じパラミクソウイルス科のパラインフルエンザウイルスやRSウイルスとは近縁である.平成13年にオランダの研究グループ 1) により小児の呼吸器感染症患者の鼻咽頭から分離されたウイルスで,SARS流行時には一時期病原体として疑われたこともある.国内においても,平成15年以降, hMPV の分離報告あるいは疫学調査報告[eiken.pref.kanagawa.jp]
  • 監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏 更新:2014/10 情報元:[kosodateouendan.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 病態生理 潜伏期間は2 8日間,通常4 6日間である.母体からの移行抗体はRSV感染を十分に予防できないが,高い血中中和抗体を有していると重症化予防効果が認められている.RSVはまず鼻粘膜に感染して上気道炎症状が出現する.その後感染性分泌物を下気道に吸引し,細気管支炎の症状が出現する.初感染では20 30%の児が下気道炎を発症する.RSV細気管支炎に罹患すると,その後反復性喘鳴や反応性気道疾患,肺機能の異常などの合併症を発症することがある.RSV感染が直接の原因ではなく,アレルギー素因をもった乳幼児[kotobank.jp]
  • (PDF) 文責 田中健之 2008年10月(2014年3月一部改訂) 最近の当科の肺免疫の研究の流れ 呼吸器疾患における宿主の免疫反応がどのように疾患の病態生理に関与しているのか? 感染症疾患や慢性炎症性疾患における宿主の反応が炎症の終息過程でどのように制御されているのか? リサーチグループ(山下嘉郎、高木理博、田中健之、森本浩之輔) 当科の呼吸器免疫の研究の流れは、微生物側の観点に加えて、ここ最近では宿主側の観点から進めてきました。[tm.nagasaki-u.ac.jp]

予防

  • 感染症例には標準予防策を基本としますが、小児の場合には接触予防策を考慮します 6) 。 病院感染予防策 以上のように、かぜ症候群の原因となるウイルスの伝播経路は接触伝播である場合が多く、標準予防策が基本となりますが、小児症例の場合には接触予防策を行うことが勧告されています 6) 。特にRSウイルスの場合には、積極的に接触予防策を行うことが勧告されています 12) 。[yoshida-pharm.com]
  • 清潔にすることがこれらの感染症の最善の予防法で、定期予防接種を受ければインフルエンザを予防できることがあります。 治療の目標は症状を緩和することです。 小児は平均して年に6回、ウイルス性気道感染症にかかります。 ウイルス性気道感染症は一般的には以下のものに分けられます。 上気道感染症: 症状は主に鼻とのどで起こります。ウイルス性上気道感染症はいずれの年齢でも起こる可能性があり、 かぜ と インフルエンザ などがあります。 下気道感染症: 症状は気管、気道、肺で起こります。[msdmanuals.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!